経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Xデザイン学校2019年ベーシックコース #08 プロトタイピング スマホ大好きすぎる  | TOP | 山形の地酒とそばの店ふくや(三条菱屋町) >>
坐骨神経痛回復日誌430日目(神経ブロック注射よりもYouTube)

 

 11月23日(土)410日目、金沢にいます前々日に京都の整形外科で2度目の神経ブロック注射を打ってもらって、坐骨神経痛の痛みを抑えて来ました。

 前回は、打ってから効き目が1週間続いたのですが、今回は倍の薬を入れても3日しか持たなかった。そういう場合は手術しなくてはいけないと言われていた。

 脊柱管狭窄症の手術はリハビリも含めて1ヶ月ぐらい入院すると聞いていたので、調べてみた。

 どうやら内視鏡の手術もあって、FESS(フェス)という低侵襲な手術もあるらしい。

 もう手術しかないかと、診察の予約を入れた。

◇岩井FESSクリニック:https://www.iwai-fess.com/

 12月13日(金)430日目、なんとなくYou Tubeを開いたら、目の前にこの「坐骨神経痛を3秒で消す方法」というのが出ていて、思わず観てしまった。

 坐骨神経が痛いのは、骨と筋肉があって、筋肉が原因な場合は手術をしなくて良いという。

 どうも私は筋肉の方らしい、そこでこのストレッチをやったらなんと!今までいろいろな病院や整体、鍼治療、などなどの方法を試してもダメだった坐骨神経痛が治っちゃった。www

 まあ、完璧に治った訳ではないが、ストレッチをやれば確実に痛みが和らぐ。

 これを続けながら、少しづつ腹筋を鍛えて行こうと思う。

 とりあえずFESSはキャンセルしました。

 

坐骨神経痛回復日誌

2019年12月:坐骨神経痛回復日誌430日目(神経ブロック注射よりもYouTube)

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年10月:脳震盪後遺症回復日誌366日目(神医者に肩透かしを食う)

2019年09月:脳震盪後遺症回復日誌341日目(坐骨神経痛で歩けない)

2019年08月:脳震盪後遺症回復日誌300日目(侵襲とは)

2019年07月:脳震盪後遺症回復日誌267日目(鍼に行って来た)

2019年06月:脳震盪後遺症回復日誌247日目(食後高血糖を疑う)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌230日目(症状が固定して来た)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌204日目(台北で気功治療を受けた)

2019年04月:脳震盪後遺症回復日誌184日目(地獄からの生還)

2019年03月:脳震盪後遺症回復日誌154日目(揺り戻しか)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:32 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site