経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 上賀茂神社と社家町と中華のサカイ | TOP | Xデザイン学校大阪分校ベーシックコース#09 体験プロトタイピング >>
坐骨神経痛回復日誌449日目(もう手立てが無いのか?)

 2020年01月01日、年末から突如の尻下部から両足太もも裏側・ふくらはぎが激痛で歩けなくなってしまった。

 やむなくコルセットをして、鎮痛剤(ロキソニン)を飲んでいる。

 ロキソニンは、患部に効いて痛みを和らげるのではなく、脳の痛み中枢に作用して痛みを感じさせなくするだけだ。

 飲むのが習慣化してしまえば、抗精神薬や睡眠薬と同じで脳が憶えてしまい徐々に効かなくなり量が増える危険性がある。

 どうも、暮れに夜テレビで観た「美木良介のロングブレス」をやってみた翌々日からだ。

 使わない筋肉を使ったので、筋肉痛かと思ったがなかなか治らない。

 治まるのに1週間ぐらいかかった。

 これに懲りて、いろいろ本を買ってきて、身体に負担なく出来るストレッチを試している。

 もう、地道にこつこつと身体の筋肉を柔らかくするしか無いのかと思っている。

 しかしなんで突然坐骨神経痛になんかなったのだろう。

 これも、神が与えた試練なのか。

 

坐骨神経痛回復日誌

2020年01月:坐骨神経痛回復日誌449日目(もう手立てが無いのか?)

2019年12月:坐骨神経痛回復日誌430日目(神経ブロック注射よりもYouTube)

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年10月:脳震盪後遺症回復日誌366日目(神医者に肩透かしを食う)

2019年09月:脳震盪後遺症回復日誌341日目(坐骨神経痛で歩けない)

2019年08月:脳震盪後遺症回復日誌300日目(侵襲とは)

2019年07月:脳震盪後遺症回復日誌267日目(鍼に行って来た)

2019年06月:脳震盪後遺症回復日誌247日目(食後高血糖を疑う)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌230日目(症状が固定して来た)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌204日目(台北で気功治療を受けた)

2019年04月:脳震盪後遺症回復日誌184日目(地獄からの生還)

2019年03月:脳震盪後遺症回復日誌154日目(揺り戻しか)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:34 | 病院好き | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site