経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 坐骨神経痛回復日誌449日目(もう手立てが無いのか?) | TOP | 茶そば いな垣(世田谷松原) >>
Xデザイン学校大阪分校ベーシックコース#09 体験プロトタイピング

 01月11日(土)、もう余すこと2回となってきました。

 今回は次に迫った発表会に向けて発表の仕方と、その時に行うアクティングアウトの講義。

 アフターデジタルの世界に入ると、スマホとアプリの世界(ビフォーデジタル)の世界とは違い、身の回りのありとあらゆるものがデジタルとして包括的に繋がって行く。

 今勉強として、企業のゲームチェンジを考えるならスマホとアプリ(これはこれでまだまだ続くが)だけでは無く、あらゆるデバイスを使ったものを考えるべきだ。

 発表会に向けてアクティングアウトの練習をしたチームのうち2チームがウォークスルー(立ち稽古)をしてくれた。

 そこで、やっとひらめいた!w

 今回の課題となった企業さんは、ほとんど他社との差別化が出来る要素技術を持っていない。

 あるのは、なぜだか分からないがアジアでも通用する高級ブランドとしての認知だけだ。

 このアセットが消えて無くなるまでの数年のうちにゲームチェンジをしなくてはならない。

 ここで、あるチームのサービスをアクティングアウトで見える化して貰ったことでひらめいたのだ!!!

 その受講生チームは、たぶん本質が分かってないのだろうサービスだったが。ww 

 砂金掘りは、金網に入れた泥を川の水で洗って金の粒を見つける。

 だけどこのチームは、折角の金の小粒が網の隙間から泥と一緒に流れちゃった感じだね。

 しかし、そこがアクティングアウトの受容性評価の凄い所で、ピボットするポイントが分かっちゃう。

 質的な調査は、手を変え品を変えて果てしなく続く、それをThinking Marathonと呼ぶ。

 やっと9回目で答えにたどり着いた。www

 ヒントはSDGsだ。答えは発表会で。

 

◇受講生のブログ

・石原さん:Xデザイン学校第9回:体験プロトタイピング

・平井さん:第9 回 体験プロトタイピング 1月11日(土)

・末吉さん:プロトタイピングは繰り返すことに意味がある

・黒澤さん:X DESIGN 09 Experience Prototyping

・山縣先生:めぐりめぐりて穴に逢う。Xデザイン学校大阪分校第9回

 

◇2019年Xデザイン学校大阪分校ベーシックコース・アーカイブ

03月02日(土):#00 ビジネスとこれからのデザイン

04月13日(土):#01 ブートキャンプ

05月11日(土):#02 オブザベーション

06月08日(土):#03 ビジネスインタビュー

07月13日(土):#04 ユーザー情報の可視化

08月03日(日):#05 ペルソナ/シナリオ法

09月14日(土):#06 ストーリーテリング

11月09日(土):#07 ペーパープロトタイピング

12月07日(土):#08 ユーザー評価法

01月11日(土):#09 体験プロトタイピング

02月08日(土):#10オズの魔法使いと成果発表

posted by アサノ | 07:35 | Xデザイン研究所 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site