経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< GREENS Coffee RoasterのETIOPIA(神戸) | TOP | 坐骨神経痛回復日誌464日目(スポーツジムとヨガ) >>
Xデザイン学校2019年ベーシックコース #09 ユーザー評価法 アフターデジタルと野菜食 

 01月18日(土)、東京のベーシックコースも残すところあと2回だ。

 今日はユーザー評価法、前回作った簡易ストーリーボードと構造設計のワイヤーフレームを、更に詳細にしてユーザー評価を行う。

 事前に、先日ラスベガスで行われたCES2020の話をして、世界はビフォーデジタルからアフターデジタルへ移行したので、スマホのサービスだけに頼らないようにとお願いしました。

 スマホ+アプリがサービスみたいなところから、付け焼刃でほんの少しだけピボットして顔認証やちょっとだけデバイスを増やした感じでしたが。w

 それを言われてすぐ臨機応変に対応出来るのが構造化シナリオの強みなのだ、そのためにはアクティビティシナリオをきちんとインタフェース用語なしで書いてないといけない。

 そこのところが少しでも分かったら、今回は成功である。ww

 今後はこの技法が、それぞれの受講生たちの業務の中でずしんと効いて来るに違いないよ。

 今夜の懇親会は、流石に皆さん年度末進行なのか参加者が少なかったのですが。

 大きなテーブルに10人ぐらいで、一つの話題で話すのは楽しい。

 私は結構懇親会という大勢がそれぞれ別の話をしている場が、どうも馴染めなくてよくお断りしている。

 今日のメンバーは面白くて、ほぼ全員が「大勢で飲むのが嫌いだ。」と言う。

 じゃあ、なんで来たんだよ。ww

 お野菜いっぱいのお店で。

 しかも、ここは山崎先生のスマートプランター「プランティオ」で栽培してる野菜でした。w

 

◇Xデザイン学校2019 ベーシックコース・アーカイブ

 05月25日(土):#01ブートキャンプ

 06月22日(土):#02ビジネスインタビュー

 07月27日(土):#03エスノグラフィ

 08月24日(土):#04質的調査の価値分析

 09月21日(土):#05ユーザーインタビュー

 10月26日(土):#06ペルソナ作成

 11月30日(土):#07構造化シナリオ

 12月21日(土):#08プロトタイピング

 01月25日(土):#09ユーザー評価法

 02月22日(土):#10発表と講評

posted by アサノ | 07:32 | Xデザイン研究所 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site