経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 坐骨神経痛回復日誌496日目(ストレッチと好転反応?) | TOP | Xデザイン学校2019年ベーシックコース #10 発表と講評 >>
Mel Coffee Roasters(大阪新町)Ethiopia Guji-Wolichu Wachu G1 (Light)

 ちょっと日にちが経ってしまったのですが、大阪の堤 俊介さんから頂いたcoffeeのレビュー。
 流石に彼は私を研究しているらしく、大好きな浅煎りのエチオピアでもシダモ地方のイルガチェフ農園から、ちょっとずらしたグジ地方のワチュ農園の豆を下さいました。G1は最高グレードです。
 今回のコーヒーは、さっぱりとして、少し冷めてからほんのりとフルーツの香りが立ってくる味わいでした。
 https://melcoffee.stores.jp/

 イルガチェフはコーヒーの実を収穫した後に果肉を剥かず天日で乾燥させるナチュラル製法が多いのですが、今回のワチュは果肉を剥いてから水洗いして乾かすウオッシュド製法です。

 ナチュラルは原始的で失敗の確率も高いのですが豆本来の美味しさが出ます、ウオッシュドは世界中の標準的な手法で失敗が少なくさっぱりめです。
 私は雑味を楽しみたい派なので、イルガチェフのナチュラルを飲むことが多いです。

 こちらのカメラは、東京でのメイン機であるFUJIFILM X-E3FUJIFILM XF23mmF1.4 R

 カメラもコーヒーも、懲り始めると「沼」の世界ですね。w

 

posted by アサノ | 07:34 | B級グルメ | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site