経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Xデザイン学校2019年ビギナーコース#12 発表と講評 | TOP | 久しぶりの京都でワインを飲む >>
坐骨神経痛回復日誌512日目(急展開 次々と苦難が襲う)
DSCF1582.JPG

 03月02日(月)510日目。

 いつになっても太もも裏からふくらはぎの激痛が治まらないので、整形外科に行ってみる。

 相変わらずの「腰椎すべり症から来る座骨神経痛」みたいなことを言う。

 そこで「その話は右足で、左足はヨガで痛めたので2つの問題があるんです!」と言って腫れあがった患部を触らせた。

 やっと先生は「梨状筋断裂で血腫が出来ている」と、神経ブロック注射かロキソニンより強い脳神経に効く痛み止めを飲むかしかないと言う。

 結局西洋医学って痛かったら痛み止めみたいな対症療法しかないのが良く分かったので、日柄ものと諦めてしばらくおとなしくすることにしました。
 そして帰ろうとしたら「そうそうこのレントゲン写真も見ておこう」と、ついでに撮った骨盤の写真を見ると。
 「おお!」と言って、なんかやばいが自分では判断つきかねるからMRI撮って、それなりの専門的な病院で見て貰いましょうとのことになった。。なんだ?
DSCF1577.JPG
 3月03日(火)511日目。
 メディカルスキャンニングでMRIを撮って貰う。
DSCF1576.JPG

 その後、MRIのCD-ROMを持って整形外科に行き、結果を聞くと。

 「右腸骨の広範な骨髄浮腫・外傷か病的骨折を除外できない」「右大転子滑液包炎の疑い」ということなので、即刻大学病院で精密検査を受けろという事になった。

 左足は「梨状筋断裂」で、右足は「骨髄浮腫(腫瘍)」だ。。

 次々と苦難が襲う。

 

坐骨神経痛回復日誌

2010年01月:坐骨神経痛回復日誌464日目(スポーツジムとヨガ)

2020年01月:坐骨神経痛回復日誌449日目(もう手立てが無いのか?)

2019年12月:坐骨神経痛回復日誌430日目(神経ブロック注射よりもYouTube)

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年10月:脳震盪後遺症回復日誌366日目(神医者に肩透かしを食う)

2019年09月:脳震盪後遺症回復日誌341日目(坐骨神経痛で歩けない)

2019年08月:脳震盪後遺症回復日誌300日目(侵襲とは)

2019年07月:脳震盪後遺症回復日誌267日目(鍼に行って来た)

2019年06月:脳震盪後遺症回復日誌247日目(食後高血糖を疑う)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌230日目(症状が固定して来た)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌204日目(台北で気功治療を受けた)

2019年04月:脳震盪後遺症回復日誌184日目(地獄からの生還)

2019年03月:脳震盪後遺症回復日誌154日目(揺り戻しか)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:32 | 病院好き | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site