経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< コロナウィルスとの闘い日誌(ついに発症!) | TOP | コロナウィルスとの闘い日誌(発症3日目) >>
コロナウィルスとの闘い日誌(発症2日目)

 

 04月13日(月)、発症して2日目。

 06:30 起床 体温36.5度 3階で隔離状態。

 尿が濃い色 身体が重い 喉は小康状態なのが助かる。 

 持病の方は、耳鳴り・左手麻痺・腰下部と左太もも裏激痛。 

 気分は不安で押しつぶされそうだ、胸が苦しくて白湯を飲むのが苦しい。

 

 昨日の東京都の感染者は166名だという、そろそろ医療崩壊が近いか。

 家には妻がいるので、それが一番心配だ。

 もし私が入院などしてから、自宅に一人でいて発症したら助からない。

 

 カルボシステイン(気管支・痰切り)は手持ちが6錠ぐらいしか無いのだが、朝食後と就寝前に飲む。勝負がこの数日のはずだから。

 11:30 体温36.8度 身体がだるい ポカリスエットが飲み易くて美味い 痰からむ

 13:30 昼食冷やし中華さっぱりして食べ易い 

 14:00 体温37.3度 身体の節々が痛い 頭ボ〜とする 寒気がする

 

 2時間ぐらい妻のいないダイニングで仕事、ちょうどメールや電話が来て良かった。

 慶應義塾大学病院の主治医の先生から電話が来た、状況を伝える。

 大学病院ではPCR検査が出来ないので、とりあえず様子見です。

 

 17:30 体温37.1度、咳は出ないが胸が苦しい、いつ咳き込み始めるのか恐怖でしかない。 

 19:30 夕食小さなおにぎり2個 味覚は大丈夫 食欲は無い

 20:00 体温37.1度 風邪をひいたときの喉の痛みと違って気管支や肺が痛い感じ

 21:00 体温36.9度 ちょっと楽になったと思ったら。。

 22:00 体温37.4度 0.5度ぐらいの変化でもかなり身体に響くんだよな〜。

 23:00  体温36.7度 1時間前にカルボシステイン(痰切)を飲んだから熱が下がったのか?

 00:00  ブロチゾラムOD(眠剤)を半錠飲んで寝る。長い一日だった。

 

◇コロナウィルスとの闘い

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌552日目(発症2日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌551日目(ついに発症!

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌549日目(やはりコロナに罹っていたか?)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌546日目(久しぶりに不安でまんじりともしない夜)

 

坐骨神経痛回復日誌

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌543日目(全身麻酔と酸素吸入)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌542日目(急遽コロナで退院することに)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌540日目(手術の為に入院しました)

posted by アサノ | 07:38 | 病院好き | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site