経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< コロナウィルスとの闘い日誌(発症11日目) | TOP | コロナウィルスとの闘い日誌(発症13日目) >>
コロナウィルスとの闘い日誌(発症12日目)

 4月23日(木)、病院を退院してから20日、発症してから12日目だ。

 06:00 起床 体温36.4度 睡眠は体力だというが、だいぶ眠れるようになってきた。うれしい

 07:00 体温36.6度 08:00 体温36.5度 朝食はクラムチャウダーとサラダ・バゲット1切れ・コーヒーもちろん完食。

 09:00 体温36.1度 10:00 体温36.8度 11:00 体温36.7度 12:00 体温36.8度 

 そういえば持病である坐骨神経痛と、2週間前までは歩くのもままならなかった梨状筋断裂も、今はほとんど痛みが消えた。

 手術入院以来1ヶ月近くほとんど歩かずに休養したという、なんとも皮肉な結果で痛みが緩和したらしい。神様ありがとう。w

 手の荒れがずいぶん治まって来た。しかしあの荒れ方は、本当に薬用ハンドソープのせいなのかな。ああいう状態が体内で起きてるとしたら怖いね。

 14:00 体温37.0度 う〜ん、まだ37度台が出るか。感覚的には一日ごとに0.1度ずつぐらい熱が下がっている感じ。 

 15:00 体温37.4度 耳鳴りが大きいなと思ったら、やはりまた熱が上がって来た。まだまだ先は長い。

 

軽症だとして自宅待機中だった埼玉県白岡市の50代の男性が死亡した

 11日に発症して、21日に亡くっている。明日は我が身か。。

 女優の岡江久美子さん(63才)も亡くなった。

 

 16:00 体温37.3度 17:00 体温37.2度 18:00 体温37.0度 19:00 体温37.0度 20:00 体温36.9度 

 恒例無人の夜道で深呼吸。夜になると、本当に人がいない。

 21:00 体温36.6度 22:00 体温36.6度 23:00 体温36.4度

 就寝前になると、咳が出て痰が絡む。やむなくアネトンせき止め顆粒(今夜で4晩目)を飲んで寝る。

 なんで夜になると耳鳴りが轟音のように響くのだろう、結構メンタルがやられる。

◇今回あって良かったもの(8)

 このブログのために毎日写真を撮っているカメラ。

 「Canon PowerShot G1 X Mark II

 コンパクトでレンズも明るく、デスク周りでも寄って撮れるので、とても重宝している。

 先代のモデルからの愛用者で、「SONY RX100 VII」シリーズよりボケにくいがカチッと撮れるので、よく海外に行くときのサブカメラとして使っている。

 

◇コロナウィルスとの闘い

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌562日目(発症12日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌561日目(発症11日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌560日目(発症10日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌559日目(発症9日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌558日目(発症8日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌557日目(発症7日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌556日目(発症6日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌555日目(発症5日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌554日目(発症4日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌553日目(発症3日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌552日目(発症2日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌551日目(ついに発症!

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌549日目(やはりコロナに罹っていたか?)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌546日目(久しぶりに不安でまんじりともしない夜)

 

坐骨神経痛回復日誌

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌543日目(全身麻酔と酸素吸入)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌542日目(急遽コロナで退院することに)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌540日目(手術の為に入院しました)

posted by アサノ | 07:44 | 病院好き | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site