経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬16日目) | TOP | ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬18日目) >>
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬17日目)

 おはようございます              

 6月19日(金)、病院を退院してから77日、発症してから69日目、減薬してから17日目。

 

 昨夜23時に床に入り、03時まで一度も起きずに眠る。睡眠時間約4時間だ。

 その後、06時まで床の中でうつらうつらする。咳き込まないで済んだのは幸いだ。

 体調は、耳鳴りが大きい。気分はあまり良くなく、若干頭のくらくらと足元のふらつきがある。

 咽・咳と痰は相変わらず具合悪く、胸も少し苦しい。パルスオキシメータは99/75。

 

 08時、すさまじい倦怠感が来た、気持ちが悪い。

 体温36.8度なのに、午前中にこういう状態は今までは無かったのに、なんだろう。朝食はほとんど食べれなかった。

 午前中、 ​銀行に行くために外出。

 かなりひどい目まいと足のふらつきに悩まさせられる。今までは、午前中は調子が比較的良かったのだが、今日は違う。

 特別なことって、昨日の点滴だが、生理食塩水とブドウ糖、ビタミン以外には胃の活動を活性化させる「プリンペラン注射液10mg」だけだ。薬はほんの少量でも恐ろしい。

 昨夜テレビで、英国のチャールズ皇太子が、コロナに罹ってから3ヶ月間後遺症で匂いや味覚が戻らないとやっていた。

 多くの軽症罹患者が、その後の後遺症で悩んでいるらしい。私もそれか?

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌619日目(減薬17日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌618日目(減薬16日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌617日目(減薬15日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌616日目(減薬14日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌615日目(減薬13日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌614日目(減薬12日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:33 | 病院好き | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site