経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬21日目) | TOP | ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬23日目) >>
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬22日目)

 おはようございます              

 6月24日(水)、病院を退院してから82日、発症してから74日目、減薬してから22日目。

 

 23時から05時までで2回起きて、約5時間の睡眠。目が覚めたら、歯を食いしばっていた。あまり質が高くない睡眠だ。

 体調は、眼の焦点合わず、耳鳴り、気持ちが悪い、呼吸が浅い。体重66.0kg(増えないな)

 めまいやふらつきはだいぶ良くなったが、足の筋肉痛は相変わらずで、坐骨神経痛と相まって今一番の不安点か。

 午前中から京都に移動する。なんとか最悪の状態では無いが、気温が高く湿度も多い場所での3泊はやはり心細い。

 昼頃、新幹線に乗るころから目の焦点が合わなくなってきて、耳鳴りが大きく、冷や汗がどばっと出てくる。

 一昨日の点滴の後になったような状態だ。

 医院の先生が言うように、あれは点滴のせいでは無かったのか。

 死にそうな体でなんとか京都までたどり着く。空いている時間帯の列車で良かった。

 京都に着いて、マンションでしばらく休んだら少し落ち着いた。

 道路を渡った目の前に病院があるので、3分ぐらいで到着。

 先生の話では、点滴を早いスピードで入れると、身体がついて行けなくて吐き気がしたりと、何らかの引き金になることはあるそうだ。

 確かにあの時は点滴の量が多いので、看護婦さんが「早くしよう。」と薬の落ち方を早めていたな。

 

 夕食は自分でカレーを作ったが、なんだか食欲が無く、あまり食べられなかった。

 なにしろ、目の焦点が合わなくてパニックになりそうだ。

 明日は大阪まで行かなければならない。

 なんとか無事に仕事を終えたい。

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌624日目(減薬22日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌623日目(減薬21日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌622日目(減薬20日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌621日目(減薬19日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌620日目(減薬18日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌619日目(減薬17日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌618日目(減薬16日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌617日目(減薬15日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌616日目(減薬14日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌615日目(減薬13日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌614日目(減薬12日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:37 | 病院好き | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site