経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 日経情報ストラテジー ペルソナマーケティングセミナー | TOP | 閾値(しきいち) >>
外化(がいか)
認知科学用語

 自分の考えを他者に説明するために文章を書いたり、図を作ったりして理解の過程を見えるようにすること。これによってメタ認知が促進される。とりあえず「脳から出してみる」こと。

脳科学者茂木健一郎氏曰く
 やっぱり、メタ認知というか、気づきというか。これはアインシュタインが残した言葉ですけれど、「人間の価値はその人がどれくらい自分自身から解放されているかによって決まる」ということを言ってまして。

 これは要するに、生まれたばかりの子どもというのは、自我に没入しているというか、自分の世界なわけですよね。徐々に他者から自分を客観的に見るという視点が出てくるわけですけれど、それにわれわれが言うメタ認知というのが、一番前頭葉を使うわけですよ。

 たとえば自分がやるべき仕事はなにである、とかね。自分にとって、自分が見えている世界がどうだ、というだけじゃなくて、それが、他の人から見てどうなのかとか、他の国から見てどうなのか、他の文化から見てどうなのかということを常に問いかけるというのが、ぼくは一番、前頭葉を創造的な意味で使う行為なんだろうと思うんですよね。


 学生はまだこれが出来ない人が多い。大人でもついつい、外化を通じた「ふりかえり」や「気づき」のチャンスを逃しているものです。

 僕が自分にブログを毎日書くことを強いているのも、この「外化」の要素が強い。先日カミヒラ先生も書いてくださいましたが、私の授業では、必ず学生にブログを立ち上げさせ、何でも書かせます。

情報デザイン(レポート)
http://ameblo.jp/b-design/entry-10051237543.html

情報デザイン・ワークショップ(リフレクション)
http://idws.exblog.jp/6601301/

 自分の行動を一度書いて眺めてみるのは、自分の成長に繋がります。自分のブログの一番のユーザって、自分だと思う。
posted by アサノ | 04:31 | 情報デザイン 用語集 | comments(2) | trackbacks(1) |
コメント
横浜清陵総合高校の五十嵐です。
いつも楽しく、興味深く拝見させていただいています。

私もブログを書き始めてもうすぐ1年。ブログに「外化」したことで、実践したことをより深く理解できました。また、記録としていつでも引き出せるのも便利ですね。

文章作成能力についてはまだ納得できていませんが。
2007/10/19 23:59 by 五十嵐
私も、最近作る教材は、自分のブログのコピペが多いです。
便利ですよね。

だから、出来るだけ気になったことは書いておこうと思います。
2007/10/21 17:26 by アサノ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/549
トラックバック
2008/03/22 19:35
「外化」という言葉があります。 認知科学や教育心理学でよく使われる言葉だと思いますが 自分の考えを脳の中に閉じ込めたままにせず、文...
あなぐまのマスコミ塾〜テレビ局のこと、教えます。
Search this site