経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< デザイン科学フォーラム2008 - 人間中心のデザイン科学がひらくみらい | TOP | 若手教員に読んでもらいたいエントリー >>
次年度の情報デザインの授業
 来年の情報デザインの授業の計画を立てています。本校では、1年生の後期にその授業が15週間あります。19年度は、ゲーム科とWeb科が履修していたのですが、20年度からは「論理的思考力」をつけさせる為に全学科が履修することになりました。

□情報デザインA:ミュージック科
□情報デザインB:グラフィック科・CG科
□情報デザインC:ゲーム科・Web科

 というラインナップになります。本当にこの人達に情報デザインの素養が必要なの?という印象はあるのですが。私のテーマは「万人のための情報デザイン教育」ですから、頑張りましょう。

内容はというと。
■情報デザインA:観察からのデザイン
フィールドワーク・ペルソナ/シナリオ法・認知的ウォークスルー法など
■情報デザインB:伝えることのデザイン
インフォメーショングラフィックス・地図・料理のレシピ・ダイアグラムなど
■情報デザインC:経験のデザイン
ラピッドプロトタイプ・プロトコル分析など

 本来なら一人の学生が縦列や並列で学ぶ事柄ですが、翌年の21年度には初中上級のメソッドとして応用できればと考えています。「情報デザインA」あたりは、高校の教科情報の情報デザインでも使えるコンテンツに出来るかなと思ったりして・・・。
posted by アサノ | 12:30 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site