経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< フィードバックがないよ〜。 | TOP | フォトカードソートWS フィールドワーク編 >>
プロトコル分析の入門書

 先日の高校教員対象ワークショップで「プロトコル分析の入門書を教えて欲しい。」という要望があり。終了後本の表紙をコピーしたものをお持ちしたのですが、もうお帰りになった後でした。ので、ここに記します。

プロトコル分析入門(発話データから何を読むか)
 海保博之・原田悦子 新曜社 1993年刊 古典的良書です。

ユーザ工学入門(使い勝手を考える・ISO13407への具体的アプローチ)
 黒須正明他 共立出版 1999年刊

ユーザビリティテスティング(ユーザ中心のものづくりに向けて)
 黒須正明編著 共立出版 2003年刊

 知識以上の実務的なことを学びたい場合は、樽本徹也さんの「ユーザビリティエンジニアリング」が、分かりやすくて良いと思います。もっと知りたい場合は、論文を読むしかないかもしれませんね。
posted by アサノ | 04:57 | 情報デザイン 関連図書 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site