経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< BEATセミナーに行ってきました | TOP | ペーパープロトタイプを使った簡易ユーザテスト >>
授業ネタ募集
 後期に行うプロジェクト型授業「情報デザインC」の課題を構想中です。

 昨年は「あと2年後に紙のマニュアルが無くなるので、どうしましょう?」という企業さんの「困ったこと」を頂いて問題発見の授業を行いました。
 今年も後期15週/150分、1年生44名で行います。1年生の後期の授業ですから、アウトプットとしてはしょぼいものですが、HCDプロセスを通じて「問題発見」と「問題解決」の過程をトレースします。

 条件としては、最初の授業で「困っていること」と「制約条件」を説明すること。最終のプレゼンで、学生の成果物に対して講評することです。

 昨年の企業の方は、かなり面白かったらしいですよ。いかがでしょうか?
posted by アサノ | 23:02 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site