経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 良いデザインをするには | TOP | 横浜ワークショップ2008:フォローアップ講習会終了 >>
センスを磨く
 昨日の「良いデザインをするには」の補足。よく聞かれることに「どうやったら、センスが良くなりますか?」というのがある。
 デザインの学校だから、センスを良くする授業があってもよさそうだけど。それだけの授業は無い。

 ではどうするのかというと、真似をするしかない。田舎からセンスの悪い服装の男の子が都会に出てきたと仮定してください。都会にはかっこいい人もいるし、テレビに出てくる芸能人もいます。まずは、そういった人達の着ている服と同じものを探して着ましょう。それを繰り返します。

 意外と人間て「収まり」をつける能力があるらしく、いつまでも芸能人のコピーのようには見えないものなのです。少しずつ、自分らしい着こなしになってくる。
 1年ぐらい経つと「○○君、随分センス良くなったね♪」ということになってめでたしめでたし。

 作品も同じで、良いと思う先達の作品をどんどん真似よう。必ずいつのまにかコピーとは思われないような個性が出てくるものなのです。
posted by アサノ | 05:30 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site