経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ケツを割る | TOP | 東京ゲームショー2008 >>
情報デザインB 2回目
 本日は「オブザベーション(観察法)の授業。
 まず最初、自由に「BAND AIDのデザイン」をしてもらう。

 かなり「コスメティック」なデザインが多い。これは想定内というか。思うつぼだ。(笑)
 続いて、オブザベーションを実施。

 左手を使ってBAND AIDを貼る。
 結構みんな大喜びだ。

 4人で1チームを作り、交互に作業をしてもらう。

 作業ステップを時系列に記述する。
 書いたら、「気がついたエラー」と「改善案」をチーム内でまとめる。

 ユーザを想定して「仮説ペルソナ・シート」を記述。
 ここで「誰のためにデザイン」するかが決まる。

 そして、もう一度デザインしてみる。
 授業の最初に描いたものと比較し、「デザインには必然性」があることを学ぶ。

 うう、ここまでやっても「かわいい系デザイン」は多いのね。

 お互いの作品は、必ず見て参考にする。
 良いところは取り入れ、自分のオリジナルは深める。思ったより真似はしないものだ。

 本日のまとめ。いきなり「コンセプト」から始めるのではなく、「観察」→「分析」から始めよう。
posted by アサノ | 04:29 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site