経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< コンプライアンスとアドヒアランス | TOP | 情報デザインB 3回目 参与観察 >>
情報デザインC 第3回目 シャッフルディスカッション
http://www.asanoken.com/2008id/k03/index.htm

第3回目の課題
 携帯電話に「このような機能があったら、ユーザがハッピーになるだろう。」というシステムを実装したい。グループのメンバーで議論し、提案を発表してください。

条件:
・ 1時限目:アイディアスケッチを描く
・ 2時限目:シャッフルディスカッションを行う
・ 3時限目:ユーザの経験(その携帯を使うことによりハッピーになる過程)を4コマ漫画で表現提して下さい。

アイディアスケッチは、マーカーではっきり描いた方が、ディスカッションしやすいですよね。

その次の時間に「シャッフルディスカッション」を3セット。

最後に、その携帯電話を利用するシーンを4コマ漫画にします。
ターゲットユーザは、自分達とは違うセグメントで考えることになっています。
おじいさんや子ども等「どんなふうに思うだろう?」とわざと若者が簡単に想像できないユーザにしています。

詳しい授業内容
posted by アサノ | 03:48 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site