経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 情報デザインC 第6回目 中間発表会 | TOP | 情報デザインB 学食のダイアグラム講評会 >>
WCMF Experience Seminar -Design Innovation-

 火曜日「情報デザインC」の授業が終わると同時に、ドコモ野秋、富士通在家のお二人と大急ぎで新宿に向かう。「WCMF Experience Seminar -Design Innovation-」という、ウイルコムさんと千葉工業大学の共同プロジェクト授業の成果発表会を見るためである。
 前半部の講演は、山崎先生棚橋さんといういつものメンバーなので、コメントはパス。(笑)最後にお話された竹村譲さん(富山大学 芸術文化学部 非常勤講師)の話がめちゃめちゃ面白かった。

 続いて千葉工業大学3年生の「情報デザイン論及び演習1」。ウイルコムの「W-SIM(ダブリュウシム)」を搭載した、「患者にうれしいデザイン提案」です。

 僕の仲良しのカオリちゃんチームのプレゼン。午前中1年生のアクティングアウトを見てきた野秋・在家二人の目には、3年生のアクティングアウトはどう映ったのでしょうか・・・。汗

 3年生と比較すると、4年生のプレゼンは安心して見れる。深井くんの「母子健康手帳の電子化」は、抜群に完成度が高かったよ。

 プレゼン終了後、パネルの前で説明を受ける。是非うちの学生にも聞かせたい。

 4年生青木君の提案もレベル高かった。大人から「もっとこうした方がいいよ。」とアドバイスが沢山出るということは、拡張性の高い作品だからだと思います。テクノロジーに流されていないのが良い。

 帰りの西新宿の「一滴八銭屋」で、今日一日のリフレクション。後期の「情報デザインC」が終わったら、「選抜チームで千葉工大に道場破りに行こう。」ということになる。来週から、もっと気合を入れた授業をしよう。
posted by アサノ | 03:58 | 情報デザイン 授業事例 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
浅野先生、野秋さん、生徒のみなさん

11日はありがとうございました。
とても参考になる内容で、成長の糧をいただけました。
新宿のおでん、時間がなくて食べられなくて残念。

ぜひ次回の現像会にて、
よろしくお願いします。
2008/11/13 16:17 by ありや@富士通デザイン
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site