経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 情報デザインC 10回目 プロトコル分析 | TOP | 日立インターメディックス(株) 近藤さんの特別講義 >>
情報デザインB 10回目 フィールドワーク

 後期最後の課題「来年流行るものを見つける」というニーズ探索を6週間で行います。本日は、新横浜の街に出て「今流行っているもの」の写真を撮るフィールドワーク。1週間前から考えてもらっていたのですが、ついつい駅ビルに足が向きますね。それより、もう少しメタな視点を持って歩道橋の上から周りを見回してごらん。

 男どもはワラワラとコンビニに殺到。普段の世界観が垣間見えますな。

 今回はフィールドワークといっても、対象者が観察をされていることを知らないシチュエーションです。インタビューもし難いし、撮影も制限されることがあるので、データが採りづらく苦労します。
 大抵のフィールドワークってこんな条件なんですけど。そういう場合は「トライアンギュレーション(三角測量)」と言って、単一出所のデータに頼らずいくつかの異なるデータを合わせて仮説の確かさを高めようとします。Webや雑誌を調べるのも良いし、他のクラスの学生にインタビューするのもいいですね。それをしようと思うか「こんなもんでいいや。」と思うかは、その人達のセンスかな。

 来週は、撮ってきた写真をプリントしてカードソートとマップの制作です。どんな写真を撮ってくるのか、楽しみ楽しみ。
posted by アサノ | 02:42 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site