経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< MUJI AWARD 03 | TOP | 年末特集 今年の露出 >>
茶ポットを買いに行く

 長年使っていた小松誠さんの茶ポットの取っ手が取れてしまった。とても気に入っていたものだったので、同じものが手に入らず2ヶ月ぐらい困ってました。
 やっと銀座松屋のデザインコレクションに行く機会があり、もう灰釉のものが無かったが骨灰のものを購入。以前は注ぎ口の長いものだったが、短いものを買ったら失敗らしく尻漏りする。プロダクトは難しい・・・なんちゃって。
posted by アサノ | 02:05 | 道具好き | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
おお〜〜!我が家も小松誠さんの茶ポットですっ!
灰釉で注ぎ口が短いタイプ。2代目。
初代は横浜高島屋で購入、蓋にヒビが入って2代目を通販で購入しました。手で洗いやすく、食洗器でも洗えて、シンプルな優れものですね。中のステンレスの茶こしだけ買い替えています。切れの悪さは入れる湯量と注ぐ角度のコツを覚えて何とかいなしてます。
2008/12/27 17:55 by kojicozy
そうなんです、意外とシンプルで良いポットって無いんですよ。
あとコーヒーは、絶対にケメックス派です!
http://asanoken.jugem.jp/?eid=195
これもたまに割ります。
2008/12/28 12:38 by アサノ
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site