経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
日本デザイン学会第60回春季研究発表大会 2日目 打ち上げ


IMG_0427.JPG
 6月22日(土)、学会の懇親会が終わった後に、発表が終わったメンバーで打ち上げに来た。
IMG_0422.JPG
 昨夜偵察を完了しているSEIYUの地下である。w
IMG_0413.JPG
 学生ばかりなので、一番安そうな店に入る。
IMG_0414.JPG
 彼女達は飲むより食う方が嬉しいようだ。ww
IMG_0416.JPG
 ほとんど注文するものは炭水化物。ww
IMG_0417.JPG
 なぜに筑波で「チキン南蛮」。。
IMG_0418.JPG
 まあ、女の子って居酒屋さんのおつまみ類が好きだよね。
IMG_0420.JPG
 〆にラーメン。ww
IMG_0421.JPG
 取りあえず明日も学会はあるので、おひらきに。
 一人分で2000円いかなかった。安い!
IMG_0423.JPG
 あれだけ食べてもスレンダー。w
IMG_0424.JPG
 安武先生、お疲れさまです。
IMG_0425.JPG
 SEIYUの地下の飲み屋街。
IMG_0426.JPG
 ほらほら帰るぞ。
IMG_0428.JPG
 ぞろぞろ。
IMG_0431.JPG
 雨もやんで、気持ちの良い夜です。
IMG_0439.JPG
 いいホテル泊ってんな。
IMG_0434.JPG
 彼らと別れて、ホテル前のランドスケープを見たら。
IMG_0435.JPG
 おお!これって有名な長澤英俊さんの「アポロンとダフネ」じゃないか。
 私の大好きなミラノ在住の彫刻家です。
IMG_0436.JPG
 今日はいいものを見せてもらいました。

◇日本デザイン学会第60回春季研究発表大会アーカイブ
 6月21日(金):1日目移動
 6月22日(土):2日目発表
 6月22日(土):2日目打ち上げ
 6月23日(日):3日目座長
posted by アサノ | 00:10 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本デザイン学会第60回春季研究発表大会 2日目 発表
DSC02955.JPG
 6月22日(土)筑波大学に到着。
DSC02957.JPG
 7〜8年ぶりに来ました。相変わらず広いですね〜。
DSC02959.JPG
 この辺りが芸術系の校舎でしょうか。
DSC03007.JPG
 おお、こっちこっち。
DSC02963.JPG
 レジストレーションを済ませて。
 私の発表は9時スタートのセッション。

 京セラ渡辺さんの撮ってくださった写真を拝借。
 質疑応答では、社会人と学生混合のワークショップは珍しいらしい。
14.jpg
 こちらは常葉大学の山嵜さんの撮ってくれた写真。
DSC02965.JPG
 今回は常葉大学の安武先生との共同研究をダブル発表。
 「ユーザーエクスペリエンスデザインを学ぶワークショップ」
 (1)の総論が私で、(2)のリアルタイムドキュメンテーションが安武先生。
DSC02983.JPG
 こちらはポスター発表会場。
DSC02987.JPG
 常葉女子も発表中。
15.jpg
 もうこちらは発表が終わっているから、言いたい放題。ww
DSC02988.JPG
 学会で発表すると、いろいろな意見を頂けて研究が前に進む。
 午後はカホちゃんの発表を見に行く。
 これも京セラ渡辺さんが撮って下さった写真。「親子真剣勝負」とか。
 しかしあいつは私の発表見てないし。ww
DSC02989.JPG
 「文化特性を考慮した観察分析手法としてのKH法の提案」
 新しいエスノグラフィの手法に自分の名前をつけて発表するずうずうしさが素晴らしい。w
DSC02991.JPG
 もう、かなり慣れた様子。
DSC02995.JPG
 未来大の姜先生の質問。
DSC02994.JPG
 「う〜ん、それはいい質問ですね。」
DSC02976.JPG
 続いて「学生交流ワークショップ」を見に来た。

 多摩美の須永先生、吉橋先生が主催されています。
DSC02996.JPG
 グラグリッドの三澤さんもファシリテーターとして参加中。
DSC03002.JPG
 カホちゃん、多摩美のシンシンと。
DSC03005.JPG
 アラン・ニーノとも。
DSC03009.JPG
 バス停に行ったら、専修大学の上平先生が今頃到着。ww

◇学会公式サイト:日本デザイン学会第60回春季研究発表大会
◇概要集論文:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jssd/-char/ja/

◇日本デザイン学会第60回春季研究発表大会アーカイブ
 6月21日(金):1日目移動
 6月22日(土):2日目発表
 6月22日(土):2日目打ち上げ
 6月23日(日):3日目座長
posted by アサノ | 00:10 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本デザイン学会第60回春季研究発表大会 1日目
IMG_1261.JPG
 6月21日(金)、本日より筑波大学で日本デザイン学会第60回春季研究発表大会が始まる。
 私は明日土曜日朝一に発表があるので前入りの予定。
 明日午後発表の娘と自宅近所のマックに入ってLサイズ100円のコーラとメガポテトを二人で平らげる。ww
IMG_1262.JPG
 翌日朝来るという娘を残して、私は初めてのつくばエクスプレスでつくばを目指す。
 エクスプレスというから成田エクスプレスを想像していたが、いたって普通の電車なんですね。
 以前、東京駅から高速バスで来ていた頃とは違い、あっというまに到着。
 道路をロボットが通るなんて、流石に研究学園都市。。
04.jpg
 夕方駅前のホテルに入る。
IMG_0410.JPG
 とりあえずはスライドの推敲と、座長をするセッションの論文に目を通す。
IMG_1280.JPG
 夜遅くなってから食事に出ようと思い、facebookで誰か同伴者を探すが、都心から近いせいか前入りしている人もおらず。。
 小雨の中をフラフラ歩いていたら、SEIYUに怪しい匂いを感じる。
IMG_1274.JPG
 あったあった、大学や研究施設に用事があった人では無く、地元の人たちが来る飲食店が沢山あった。
IMG_1273.JPG
 ワイン酒場「びすとろ椿々」という店を見つけてドアを開けたら、満員で入れず。
 良さそうだから、次回は団体で来よう。
IMG_1279.JPG
 SEIYUの地下にあったスペインバル「ONCE」に入れた。
 こういう一人の時はカウンターで飲み食い出来るスペインバルは重宝する。
03.jpg
 金曜日の夜はお客さんが満員で、料理に手が回らない様子。
02.jpg
 軽くつまんで飲んで出て来た。
IMG_1270.JPG
 腹が減っているので、やはりSEIYUの駐車場にある「中華そば青葉」に入る。
01.jpg
 つけ麺のスープのような魚介系の味。
 ラーメン食って、今日は寝る。

◇日本デザイン学会第60回春季研究発表大会アーカイブ
 6月21日(金):1日目移動
 6月22日(土):2日目発表
 6月22日(土):2日目打ち上げ
 6月23日(日):3日目座長
posted by アサノ | 00:11 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
Future Sync vol.3 参加しました

 福岡で行われるFuture Sync vol.3に参加します。
DSC02068.JPG
 土曜日の朝東京羽田空港を出て、昼頃福岡空港に着きました。
DSC02069.JPG
 天神のホテルに荷物を置いて、PCだけ持って高速バスに乗る。
DSC02072.JPG
 バスに乗ること30分弱で九州産業大学に到着。
DSC02077.JPG
 広くて綺麗な大学ですね。
 やはり九州には土地があるのか。
DSC02080.JPG
 学内が広すぎて迷っていたら、おお看板があった。
DSC02085.JPG
 私は14時から登壇。
 学外のココイチでカレー食べてたら、実行委員の金内さんから「14時ですよ!」と催促が入る。ww
03.jpg
 部屋は結構人がいっぱいだ。
 3つのセッションが同時進行で、参加者が300人いたそうだ。
 セッションはIT関係だけではなく多岐に渡っており、福岡人のインテリジェンスの深さを感じる。
02.jpg
 大会専属のカメラマンしげおかけんじさんが撮って下さった写真。
 意外と自分がしゃべっている写真て持ってないものなのです。
 本当にありがとうございました。
DSC02086.JPG
 私のセッションの後には、ネットイヤーグループの坂本さんが登壇。
 お互いに九州はアウェーの地なので、終了後は二人だけで話していた。w
IMG_0036.jpg
 学内を散歩したら美術館があった。
IMG_0038.jpg
 芸術学部デザイン学科があるんだ。
IMG_0052.jpg
 そして学食で打ち上げ!
 若い主催者たちが頑張ってやっているので、本当に「ご苦労さま!」って感じです。
IMG_0048.jpg
 凄い盛り上がりでついて行けず。w
 翌日もワークショップがあるので早々にお暇しました。
 主催者の皆さん、とても良い経験をさせて頂きました、ありがとうございました。

◇5月福岡の旅アーカイブ
 5月11日(土):Future Sync vol.3 参加しました
 5月11日(土):怪しい路地好き(福岡ぎんなん通り)
 5月12日(日):UX福岡#09午前フィールドワーク編
 5月12日(日):UX福岡#09午後カスタマージャーニーマップ編
 5月12日(日):懇親会(博多駅裏)
 5月13日(月):他のコースをトレースしてみた番外編
 総集編:2013年5月の福岡めし
posted by アサノ | 00:13 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本デザイン学会 プロダクト/サービスデザイン研究部会
DSC00731.JPG
 1月27日(日)、茗荷谷の拓大に来ました。
DSC00732.JPG
 お昼ご飯に時間がなくマクドナルドに入ったら、常葉の杉田嬢にばったり会い、連れて行ってもらう。w
 拓大キャンパスでは無くて、国際教育会館というところらしい。
DSC00733.JPG
 おお、ここか。
DSC00736.JPG
 すげ〜、昭和というか明治な建物だ。
 神奈川県庁みたい。
DSC00737.JPG
 本日は、日本デザイン学会のプロダクト/サービスデザイン研究会
 一昨日京都で会ったばかりの山崎先生が「今やプロダクトもサービス抜きでは語れないので、一緒に考えなくては。」とスピーチ。
DSC00739.JPG
 今日の目玉基調講演、パロアルト研究所の佐々牧雄さんの「デザインとエスノグラフィ」。
DSC00740.JPG
 マーガレット・ミードの言葉。
01.jpg
 小原くんが撮った写真。私の髪の毛真っ白だね。。
DSC00762.JPG
 筑波の山中先生「感性とサービス」。
DSC00763.JPG
 この話は目からウロコ。。
 教えて分かるのでは無く、教師はトリガーなだけだそうだ。
DSC00768.JPG
 富士通デザインの上田さん。
DSC00773.JPG
 ええ、こんなに細かくやってるの。。
 名塚は大丈夫だろうか?
IMG_0453.jpg
 僕の隣は長谷川さん。隣りなのにfacebookで喋ってる。w
 向こうに見えるのは日立の篠倉さん。彼女にもfacebookで「後ろから見てますよ。」とか。ww
posted by アサノ | 00:13 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
2012年秋ISIDC台南 3日目 ISIDC2012
P1280327.JPG
 10月23日の朝、朝食を食べたらホテルから歩いて5分ぐらいの会場に向かう。
P1280330.JPG
 途中に国立成功大学の正門がある。
P1280331.JPG
 ここがISIDC2012の会場「ゼンダスィーツ(成大会館)」。
P1280332.JPG
 要するに成功大学のカンファレンスを行ったり、ゲストを泊めたりする会館なのだね。
 どうりでネットのホテルリストを探しても載っていないはずだ。
P1280334.JPG
 今朝は無事にレジストレーションを済ます。
 学生の参加費は300ドル。
P1280336.JPG
 自分の発表する会場を確認。
P1280339.JPG
 メイン会場に着いたら、いるのは日本人ばかり。勤勉だね。
 相模女子大学の田中みなみ先生にバッタリ。学生さんと来ていました。
P1280340.JPG
 始まりはじまり。。
P1280341.JPG
 最初のキーノートスピーチは、台湾の史欽泰先生の「Moving toward "innovation Economy" -- Taiwan's challenge」。
P1280342.JPG
 最近の台湾には元気な企業が多い。
P1280343.JPG
 韓国でも台湾でもSmart Cityの概念が重要視されている。
P1280344.JPG
 「スマートメディアサービス」がメディア、コンテンツ、デバイスを消費者と結ぶ。
 あたりまえだが、日本できちんと説明した人を見た事が無かった。
P1280347.JPG
 休憩。だいぶ人が増えて来た。
P1280348.JPG
 そろそろ次のキーノートスピーチ。
P1280352.JPG
 次は我らが日立インターメディックス近藤朗さんです。
 「Approaches of Japanese Business Organization for Service Innovation Design」。
P1280358.JPG
 膨大な日本の事例を使って説明。
 もったいないから、日本でも講演して欲しい。
P1280360.JPG
 キーノートスピーチ中も、人の話を聴いて自分の発表の構成を修正中。
P1280365.JPG
 次回のISIDC2014はマレーシアのボルネオ・クチンだそうだ。
 「もう首狩りはやっていないので、安心して来て下さい。」とか。。
P1280368.JPG
 ランチが出るとは聞いていたので、テーブルにサンドイッチとコーヒーポットを普通に想像していたら。
 まさにお弁当が出た。。
P1280371.JPG
 日本式のお弁当。
P1280381.JPG
 美味しかった。
P1280366.JPG
 ロビーでお弁当を食べる和歌山大山岡先生発見!
P1280367.JPG
 日本の先生方もちらほらと。
P1280430.JPG
 午後は東北工大の堀江先生の発表を聴く。
P1280421.JPG
 「Process of the User Experience Design for a Mobile Application for Tourism」。
 観光客向けのモバイルアプリの研究はデザイン学会でも継続的に発表していますね。
P1280433.JPG
 オーディエンスは若い女性研究者が多い。
P1280436.JPG
 発表者もスタッフも若い女の子が多い。
 これからのアジアはどこも女性優位か。。
P1280438.JPG
 我々のセッションHはサービスデザイン。
 最初は女の子。
P1280439.JPG
 2番手も中国系の人だったが、二人ともスライドがテキストばかりで図や写真が全然無い。
 そういうのって国民性なのか?
P1280440.JPG
 3番手の韓国人は発表者が来ずに、仲間が持ってきたPCでビデオ発表。
 こんなんでいいのか。ww
P1280445.JPG
 4番手は僕らの発表。発表者はカホちゃん。
P1280451.JPG
 カホちゃんの学会育成計画。
 1)学部2年で国際学会見学
 2)学部3年でPacific Rim 6でアートセンターカレッジオブデザインに短期留学
 3)学部4年で卒業研究
 4)修士1年でデザイン学会ポスター発表
 5)修士1年で国際学会共同研究を口頭発表
 6)修士2年で国際学会単著で口頭発表(予定)
P1280456.JPG
 発表は「Method Study of Creaiting Service Innovation Design-Proposing Storyboarding」。
 ここ数年、いろいろなIT系企業の方々と共同研究している「ストーリーボーディング」の話。
P1280462.JPG
 それまで全然質疑応答が静かだったのに、急に質問が飛び交い出す。
P1280485.JPG
 4人のオーディエンスがコメントを譲り合う場面も。w

 「おお、それはいい質問ですね。」
 落ち着いて答えてます。

 おお、近藤さんまで。w
P1280489.JPG
 終了後も韓国の先生にずっとシナリオについて指導を受ける。ww
P1280494.JPG
 我らは呑気に、学会終了後に駆けつけた国立雲林大学の楊先生(右端)と記念撮影。パチリ

◇2012年秋ISIDC台南アーカイブ
1日目:台北到着
2日目:高鐡で台南に移動
2日目:国立成功大学
3日目:ISIDC2012
3日目:打ち上げ会
4日目:台北に戻る
4日目:龍山寺と西門町
5日目:帰国
posted by アサノ | 00:12 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
HIS2012福岡研究発表
DSC09115.JPG
 9月5日(水)福岡の九州大学大橋キャンパスにやって来ました。眠い眠い
DSC09117.JPG
 九州大学に統合される前は「九州芸術工科大学」です。
DSC09122.JPG
 「多次元デザイン実習棟」が大会事務局らしい。
DSC09123.JPG
 レジストレーションを済ませて、自分の発表会場に向かう。
DSC09125.JPG
 事務局の女子学生に案内されて。。というのはウソで、行く方向が同じだけ。
DSC09129.JPG
 いつも学会で使う5号館へ。
DSC09131.JPG
 私の会場に着いたら、だれもおらず。。汗
 取りあえずPCとプロジェクターの動作チェックをしたら、大橋駅のドトールまでコーヒーを買いに行く。
 どこででもコーヒーが買えないのが、大橋キャンパスの弱点だな。以前も苦労した経験がある。w
DSC09132.JPG
 発表スタート。
 私達のセッションは「ユーザビリティ1」。
 以前は「情報デザイン」というセッションがあったのだが、発表が少なくなったのか消滅。
 最初の発表は、山崎和彦先生(千葉工業大学)の「ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリーテリングの活用の提案」。
DSC09134.JPG
 座長はソニーの伊藤潤さん。
 発表者も座長もHCD-Netの理事ばかり。ww
 初日の朝一のセッションだったが、徐々にオーディエンスが増えて満席に。
DSC09137.JPG
 3番手のHCD-Net理事長黒須先生(放送大学)は「人工物デザインの三軸ー意味、品質、感性」。
 発表者で1件キャンセルがあったため、他の発表者全員がその分を奪い合うように延長しまくる。ww
01.jpg
 そして私の発表は「サービスイノベーションデザインをワークショップで学ぶ」。
 質疑応答もかなりエキサイティングで楽しかった。
DSC09138.JPG
 お昼ごはんは九州大学のスタッフが作ってくれた「ランチマップ@オオハシ」を参照してとんこつラーメンのお店に。
DSC09145.JPG
 大橋で最もポピュラーな博多ラーメン「てん」の博多ラーメン。
DSC09140.JPG
 「辛子高菜」と「紅しょうが」食べ放題。
DSC09148.JPG
 ミスドでコーヒーを飲んでから戻ると、対話発表が始まっていた。
DSC09149.JPG
 成安造形大学の大草先生。
 最近、HCD教育で頻繁に発表されている。
DSC09152.JPG
 ケンウッドの和井田さん。
 HCD-Net理事ここでも活躍中。
DSC09153.JPG
 ヒューマンインタフェース・シンポジウムの対話発表は変な機械が出てくるから子どもも大喜び。w
DSC09170.JPG
 ルンバにiPadが乗ったロボット。ww
DSC09160.JPG
 hcdvalueからも2件発表が。
DSC09166.JPG
 対話発表しながら、うれしそうに長谷川さんからの電話に出ている日本一忙しい男「安藤准教授(千葉工業大学)」。
DSC09167.JPG
 いや〜、今回のシンポジウムは今日に全て関係発表がまとまった感じで効率が良かった。
 久しぶりに堪能しました。
posted by アサノ | 00:45 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本デザイン学会 3日目 自分の発表
DSC07851.JPG
 6月24日(日)学会最終日。
 昨夜は1時半ぐらいまで飲んでいたので、ちょっと二日酔い。
DSC07852.JPG
 今日は昼ごろ私の口頭発表がある。
 二日酔いぐらいの方が、緊張しなくて良いかも。。
DSC07856.JPG
 企業出展のブース。
 JIDAのブースでは「プロダクトデザイン」の本がまだ売れ続けているようです。
DSC07865.JPG
 午前中のセッションでは、多摩美の植村先生の子どものワークショップの観察ツールの発表が参考になった。
 子ども達の学びの軌跡をリアルタイム・ドキュメンテーションで記述しようと試みているが、こういうツールも使ってみたい。

 自分が発表する第5会場に移動し、前のセッションを見る。
 座長をしていた札幌大谷大学の女性の先生が若いのにしっかりしていて面白かったので、後で聞いたらうちの若手の先生達と同じムサビ出身の人だった。
 札幌にも情報デザインを教えられる方が市立大の福田先生以外にもいらっしゃるのですね。そういえば福田先生もムサビ出身だ。
DSC07894.JPG
 ついに私の発表だ。
 演題は「ユーザーエクスペリエンスを検討するためのプロトタイピング手法」。
DSC07882.JPG
 ここ最近取り組んでいるストーリーボーディングに関する研究です。
DSC07900.JPG
 座長からの質問。多摩美吉橋先生。
DSC07896.JPG
 無事、質疑応答もクリア。w
 まあまあ、上手くいったのではないでしょうか。
DSC07904.JPG
 多摩美のM1、アラン・ニーノとシンシン。
DSC07912.JPG
 さて、それでは撤収。
DSC07921.JPG
 廊下で多摩美永井先生と小早川さんと記念撮影。
 オジサンとオバサンは無防備だが、オネエサンはしっかりカメラ目線だ。w
DSC07923.JPG
 それでは帰るぞ〜。
 途中、いつも辛口コメントの東北工大両角先生に「実用的で良い発表でした。」とお褒めをいただく。ありがとうございます。
 本学会の参加者数は530名、発表件数は291件だったとのこと。情報デザイン系の発表が多かったですね。
DSC07925.JPG
 カホちゃんと、レンタカーで支笏湖を回って空港に向かう。
DSC07933.JPG
 子どもの頃は、夏休みというとよく北海道に連れて来たものだが、久しぶりの親子で原生林ドライブ。
DSC07937.JPG
 途中で回転ずしを食べて、新千歳空港に到着。
DSC07939.JPG
 出発までカードメンバーラウンジで仕事をしようと思ったら激混みなので、フードコートに来た。
DSC07941.JPG
 こちらの方が空いていて、開放的で気持ちが良い。
 コーヒーはフレッシュネス・バーガーがあるので、問題なしだ。
 20時ぐらいには家に着いた。お疲れさま。

◇2012年日本デザイン学会参加アーカイブ
6月22日(金)1日日:UX北海道で講演
6月22日(金)1日目:前夜祭
6月23日(土)2日目:ポスター発表など
6月23日(土)2日目:情報デザインのワークショップ編集会議
6月23日(土)2日目:怪しい路地好き(札幌すすきの)
6月24日(日)3日目:自分の発表
番外編:今月の札幌めし

◇カホログ:日本デザイン学会 3日目
 ほとんど同じ写真使っとる。w
posted by アサノ | 00:07 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本デザイン学会 2日目 ポスター発表など
DSC07853.JPG
 6月23日(土)本日より各発表が始まる。
DSC07855.JPG
 前日借りておいたレンタカーで、札幌芸術の森にある札幌市立大学にやって来た。

 まずは受付でレジストレーションを済ませて、学会本部に顔出し。
 この日のプログラムでは、朝から面白そうなセッションや知り合いの発表が目白押しだが、自分が座長をするセッションがありどれも見ることが出来ずがっかり。。
DSC07743.JPG
 午前中のセッションを何とか終えて、ポスター発表会場へ。
DSC07744.JPG
 吹き抜けの大きな会場で気持ちが良い。
DSC07753.JPG
 カホちゃんは、今回が学会デビュー
 流石にいつもよりは神妙に各先生方のコメントを聴いている。
DSC07757.JPG
 カホちゃんの多摩美時代の同級生アラン・ニーノくんも学会デビュー。
DSC07751.JPG
 今年は、久しぶりに多摩美から沢山のエントリーがあり、頼もしい。
DSC07768.JPG
 専修大学の上平先生のポスターには、多くの人が集まっている。
DSC07775.JPG
 やはりポスター会場は広くないと。
 この広さでも、この日だけでは無く翌日も行われました。
 今年は学生の発表が多かった印象。良いことだ。
DSC07771.JPG
 段々慣れて笑顔もこぼれる。。
DSC07780.JPG
 静岡の常葉の学生達も来ていました。
 学部生時代にこんな経験が出来てうらやましい。
DSC07784.JPG
 昼食後、午後のセッションでは未来大原田泰先生のドキュメントウォールの発表を見る。
 なぜ発表しないで座っているかというと、座長がトイレに行っているため一時中断中。ww
DSC07818.JPG
 一通りの発表が終わり、学生交流ワークショップを見に来た。
DSC07811.JPG
 本当にこの大学は素晴らしいスペースが多い。w
DSC07824.JPG
 今回のテーマは「音の鳴る玩具」だ。
DSC07812.JPG
 学生が一生懸命何かを作っている姿を見るのは楽しい。
 昨年の学生交流セッション:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1933
DSC07814.JPG
 最近よく会う京都大学の森山くんも参加中。
 決して彼女とペアルックで参加している訳では無い。。
DSC07831.JPG
 札幌市立大学の福田先生が進行役。
 主催校の若手教員は学会では死にそうになるほど働く。ww
DSC07845.JPG
 完成したら講評会。
 見たところ、ちょっとモノからの発想が多いかな。
 1日で学生が考えて作るのだから、良いものが出来るはずは無いので、今後デザインを学んで行くためのプロセスを身に着けた方が良いと思う。
 デザイン教育のワークショップは「アウトプット指向」では無く「プロセス指向」で行こう。
DSC07846.JPG
 最後に名古屋学芸大の黄ロビン先生が「コト」と「大勢のユーザー」を考えなさいと言っていたのが印象的。
 終わってホテルに戻ったら20時を過ぎていた。ああ、疲れた。。

◇2012年日本デザイン学会参加アーカイブ
6月22日(金)1日日:UX北海道で講演
6月22日(金)1日目:前夜祭
6月23日(土)2日目:ポスター発表など
6月23日(土)2日目:情報デザインのワークショップ編集会議
6月23日(土)2日目:怪しい路地好き(札幌すすきの)
6月24日(日)3日目:自分の発表
番外編:今月の札幌めし

◇カホログ:日本デザイン学会2日目
posted by アサノ | 00:04 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒューマンインタフェースシンポジウム2012 福岡 発表プログラム

 9月の4日4(火)から7日(金)まで、福岡の九州大学で開催される HIS2012の発表プログラムが公開された。
 このくらい手前で教えてもらえると、予定を立て易くてありがたい。
 特に航空券の予約は2ヶ月前から開始なので、ピンポイントで参加することが出来るのだ。

 私の発表は2日目の9月5日(水)の午前中。
 山崎先生、黒須先生、ユーアイズデザインの伊藤さんなどHCD-Netのメンバーが固まったセッションだ。ww
 当日はポスターの対話発表もあり、結構知り合いが大勢発表するので、その夜は中州で打ち上げかな。
 まだ全然概要集論文に手がついていないのだが、締切日7月17日(火)に向けて、自分に鞭をくれなくてはいけないぞと。

◇ヒューマンインタフェースシンポジウム2012公式サイト:http://www.his.gr.jp/sympo/his2012.html
posted by アサノ | 00:07 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site