経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
小松誠さんのチャポット
P1030421.JPG
 3月27日(日)、数年ぶりに小松誠さんの「cha-pot」を新調した。 
 なかなか見つからなかった「つる首」があったので買ってしまったのだ。 
 ノーマルタイプは、どうしても尻漏れするので、断然こちらの方がいいな。 
 私はお茶飲みなので、日に3回は使う。w 

 ちなみに、ポットが乗っている椅子は、工業デザイナー秋岡芳夫さんの「あぐらのかける男の椅子 」。
 これも日本の初期の工業デザインだ。
 テーブルとこの椅子は、クツを履かない生活用で。通常のテーブルが高さ70〜72cmあるのに対して60cmぐらいで、イスの座面も35cmととても楽チンだ。
 うちの子ども達は、これで育った。w

posted by アサノ | 06:13 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
PANASONIC LUMIX DMC-GX7と12-35mm / F2.8 ASPH
DSC00001.JPG
 台湾に行くためにPANASONIC LUMIX DMC-GX7用のレンズを買った。
 思い切って買った。w
DSC00007.JPG
 今回は一人なので、荷物も少なくしなくてはいけなくて。
 昨年大活躍したCanon KissX7とSIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSMでは、全然大きさが違う。
 重さはあるのだが、このコンパクト性は貴重だ。
 マイクロフォーサーズだがボケ具合も良くて、明るいF2.8通しのズームレンズはかなり期待できるかも。w


◇カメラ遍歴アーカイブ
2007年02月:Canon G7
2008年03月:Canon EOS Kiss X2
2008年10月:SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM
2009年02月:Panasonic DMC-LX3
2010年08月:リコー CX2
2011年03月:SONY NEX-5
2012年05月:リコー CX5
2012年07月:Canon S100
2013年03月:Canon EOS 60D 
2013年05月:Panasonic DMC-LX3液晶にヒビ
2013年05月:Canon S110
2013年10月:SONY DSC-RX100
2014年03月:FUJINON XF35mmF1.4R
2014年04月:SONY NEX-5T
2015年10月:LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH
2016年02月:PANASONIC LUMIX DMC-GX7と12-35mm / F2.8 ASPH
posted by アサノ | 06:13 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM
DSC06192.JPG
 少し前の話しになってしまうが、今年の5月に交換レンズを1本買った。
 「SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM」というやつだ。
DSC06195.JPG
 8月にカホちゃんとイタリアに行くことになったので、1人旅なら軽いものを持って行くのだが。
 折角行くならきれいな写真を撮ろうと、昨年買ったCanon EOS Kiss X7に着けるズームレンズを買うことにした。
DSC06193.JPG
 もともと軽量のEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II という標準レンズが付いていたのだが。
 やはり全域F2.8は欲しいよね、ということでこんな大口径のレンズになってしまった。w
 折角ボディはKiss X7という超軽量一眼なのにね。。
DSC00090.JPG
 それでは8月に行ったイタリアトスカーナのサンジミニャーノで撮った写真を紹介しよう。
IMG_5524.JPG
 美しい屋根瓦の向こうにトスカーナの丘陵が見える。
IMG_5554.JPG
 近いものにピントが合えば、後ろはきれいにボケる。
IMG_5674.JPG
 この土地の土は黄色くて、練って壁に塗れば黄土色、焼けばテラコッタのレンガ色だ。
IMG_5515.JPG
 人物を撮るのもGood!。
IMG_5610.JPG
 鎧戸の窓と黄土の壁。
 ここに来て初めて、我が家が同じ仕様なのか分かったらしい。w
IMG_5645.JPG
 ポートレートにもうしろがボケていいね。
IMG_5656.JPG
 猪のサラミソーセージを食べて、トスカーナワインを飲めば。
 この世の天国みたいな村だ。
IMG_5676.JPG
 別にハイテクやイノベーションが無くとも人間は幸せなんだと思う。
IMG_5694.JPG
 この子達は後10年経つと日本はどうなるんだろう。
 カメラのインプレッションなのに、いらんことを考える。w
IMG_5715.JPG
 日本も早くこういう成熟モデルになるといいな。

◇カメラ遍歴アーカイブ
2007年02月:Canon G7
2008年03月:Canon EOS Kiss X2
2008年10月:SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM
2009年02月:Panasonic DMC-LX3
2010年08月:リコー CX2
2011年03月:SONY NEX-5
2012年05月:リコー CX5
2012年07月:Canon S100
2013年03月:Canon EOS 60D 
2013年05月:Panasonic DMC-LX3液晶にヒビ
2013年05月:Canon S110
2013年10月:SONY DSC-RX100
2014年03月:FUJINON XF35mmF1.4R
2014年04月:SONY NEX-5T
2015年10月:LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH
posted by アサノ | 06:18 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
GIANT FIXER (シングルスピードバイク)
 2014年11月に、大阪に住んでいる娘が自転車が無いと不便と言うので、自転車を買いに来た
 最初は、女の子が近所を走るぐらいだからFujiのSTROLLぐらいがいいかなと思っていたのだが。
 なんと店にあったGIANTのシングルスピードバイク FIXER がいいという。
 アルミフレームは好きでは無いが、どうせ彼女たちは分かるまい。
 サイズはXSサイズがあったので、小さい女の子でも乗れそう。
 アーロンチェアを買ってあげるお金を持っていたので、代わりに買ってやった。むしろ安く済んでほくそ笑む。w
 街中を走るには、よほど車道を早いスピードで走らない限りは、若干太めのタイヤとサスがあった方が歩道の段差を越えたりするのにはいいのだけど。
 これも勉強だな。
 走る時は、せめてヘルメットでなくとも毛糸のワッチキャップぐらいは被って欲しいぞ。
 
◇最近買った自転車
2012年05月:ラーレー Trent Sport Mixte700(世田谷家族)
2013年03月:FUJI FEATHER(世田谷自分)
2013年03月:FUJI PALETTE(京都息子)
2013年12月:FUJI COMMET(京都自分)
2014年06月:Jam Bikes(世田谷家族)
2014年11月:GIANT FIXER(大阪娘) 
posted by アサノ | 06:25 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
Canon KissX7 EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM/ EF-S24mm F2.8 STM
DSC03399.JPG
 私が持っていた一眼レフを、Canon EOS60Dを息子に、Canon KissX2を娘にとあげてしまった。
 特に息子はSIGMA 30mm F1.4単焦点とTAMRON SP AF 17-50mm F2.8ズームを付けてやったので、京都で撮りまくっているらしい。w
DSC03410.JPG
 やはり1台も無いのは不便だなと思っていた矢先に。
 早朝、何の気なしにAmazonを見たらタイムセールで「あと14分」とか出ていたので、以前からコンパクトで気になっていたCanon KissX7をぽちっとしてしまった。
DSC03411.JPG
 そして、早速暮れも押し迫った12月29日に届いたのがこれ。
DSC03407.JPG
 標準でついて来るEF-S18-55mm F3.5-5.6のズームも、以前持っていたものよりはかなりコンパクトになっている。
 これなら海外に持って行くのにも良いかも。
DSC03400.JPG
 そして、同時に「カメラのきたむら」で購入した、新型の単焦点レンズEF-S24mm F2.8 STMがなかなかの優れものらしい。
 現在ミラーレス2台と、今回の一眼レフで3台持ちだ。
 これ以外に、かなり使用頻度の高いコンデジが2台ある。
 昨年カンボジアに行く時に買ったNEX-5は、とても良い旅カメラだ。
 どこでもちゃんと写るし、携帯性も良い。
 但し写真に味が無い。
 FujiのX-E1は明るい単焦点を着けていると、今日はちゃんと撮るぞという時に威力を発揮する。
 いわゆる神レンズというやつだ。但しAFがとろいので、動く被写体はきつい。
IMG_0014.JPG
 ちょっと持ち出して撮ってみた。
 まだ癖が分からないので、しばらく使ってみよう。
IMG_0027.JPG
 ボケ具合がなかなかである。
IMG_0036.JPG
 かなりよれる(9cm)ので、食べ物を写すのにもいいかも。
 1年間働いたご褒美でした。w

◇カメラ遍歴アーカイブ
2007年02月:Canon G7
2008年03月:Canon EOS Kiss X2
2008年10月:SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM
2009年02月:Panasonic DMC-LX3
2010年08月:リコー CX2
2011年03月:SONY NEX-5
2012年05月:リコー CX5
2012年07月:Canon S100
2013年03月:Canon EOS 60D 
2013年05月:Panasonic DMC-LX3液晶にヒビ
2013年05月:Canon S110
2013年10月:SONY DSC-RX100
2014年03月:FUJINON XF35mmF1.4R
2014年04月:SONY NEX-5T
posted by アサノ | 07:06 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
PATAGONIA TRANSPORT ROLLER 35L
IMG_4453.JPG
 パタゴニアから「トランスポート・ローラー35L」が届いた。
IMG_4458.JPG
 最近、年をとったせいか2011年に買ったジュラルミンのRIMOWAが重くなってきて。
 軽くて機内持ち込みが可なのが欲しいと思っていたところ。
IMG_4457.JPG
 パタゴニアでいいものを見つけた。
 特にホイールが径も大きくスムーズで静かなのが良い。
 以前の「MLC ウィリー」は背負えるように、格納式のショルダーベルトが付いていたが、今回のは無いな。
IMG_4456.JPG
 容量は35Lというから、大きめのデイパックと同じぐらいか。
 夏の旅行でも、デイパックが重くてホイールとハンドルが付いていればいいのにと思ったぐらいだ。w
IMG_4459.JPG
 夏のフィリピン旅行の時にカホちゃん用に買ったパタゴニアのデイパックが、丁度刺さるように出来ている。
 最近はバッグパック旅行といっても、道が良いからキャリーでも良い場所が多い。
IMG_4461.JPG
 この2つ合わせれば30L+35L=65Lなので、かなりの量が運べる。
 カギが付いていないので、キャリーには衣類を入れてPCやiPadはディパックに入れればいい。
 重量は3.0kgで、リモアTOPAS BUSINESS TROLLY 92840が3.9kgで内容量が23Lだったので、少しだけ軽くなって荷物も沢山運べる訳だ。
 気になるのは宅急便料金が100㎤なのか120㎤なのかだね。
 アメリカの面白いところは、こんな誰でも使えそうなものにも使用説明ムービーがあること。w

後日談:
 早速使ってみたが、大変具合が良い。w
 サイドになにかタブがあると思ったら。
 ちゃんとネームタグが付いていました。
 海外に持って行く時は必要だね。
 遺失物係が気がつけばだが。w

◇カバン好きアーカイブ
2012年04月:TUMI Alpha T-Pass 26516DH 

posted by アサノ | 06:13 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
5.11 Tactical Rush Moab 6
IMG_3840.JPG
 7月11日(金)、高円寺で便利そうな肩掛けバッグがあったの買ってしまった。
 プライスタグも付いていなかったので訊くと「今入荷したばかりなので、これから付けるところでした。」と言う。
 帰って来て、どんなメーカーのものか調べたら。
 どうも、イラクやアフガニスタンで働くアメリカの軍事会社のオペレーター用の装備品だったらしい。
 ちゃんとピストルを入れるポケットが付いているが、それは入れません。w
 5.11というのは、ロッククライミングのデシマル・グレードで言うところの最難度クラスの事。
 元は登山用品メーカーなのか?
 流石アメリカ製で、やたら使い方のムービーが出回っている。ww
 カメラがすっぽり入るのと、電車の中でパックの部分を胸側に簡単に持ってこれるので重宝している。

◇カバン好きアーカイブ
2012年04月:TUMI Alpha T-Pass 26516DH 
2014年08月:5.11 Tactical Rush Moab 6

posted by アサノ | 06:22 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
ハリオのコーヒードリッパーV60
IMG_3460.JPG
 我が家のもう何代目か分からない「CHEMEX / ケメックス」コーヒーメーカーが、食洗機に入れたらヒビが入ってしまい、今にも割れそうな風前の灯状態となっている。
 もうかれこれ20年近く、ケメックスで淹れたコーヒーを朝飲むのが日課になっている。
 あの分厚いペーパーフィルターが、コーヒーの雑味や苦味を吸収してまろやかな味に仕上げてくれるのだ。
 しかし高い!
 そこで、最近海外で人気に火が付き、日本に逆輸入されてきた「ハリオV60」のドリッパーを試しに買ってみることにした。
 価格で言えば5分の1以下か。ww
IMG_3461.JPG
 ケメックスはいかにもアメリカ人が作ったらしい、単純で贅沢なプロダクトだ。
 ハリオは、これはまた日本人じゃなくては出来ないような工夫に満ちている。
 この円錐形のペーパーフィルターもその一つだ。ネルドリップに一番近いらしい。
IMG_3462.JPG
 ケメックスのサーバーは8600円、ハリオは1300円。ww
IMG_3464.JPG
 早速淹れてみました。
IMG_3466.JPG
 お湯の落ち方が、ケメックスに比べると格段に速い。
IMG_3465.JPG
 飲んでみたけど、同じ豆でもケメックスより苦く感じる。
 恐るべし、古き良き贅沢なアメリカ。ww
 割れるまではケメックスを使おう。ペーパーフィルターもアマゾンで大量買いしちゃったし。ww

◇関連情報:コーヒーの第3の波
posted by アサノ | 06:14 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
小径タイヤのママチャリを買いました
DSC02450.JPG
 妻が今のバイクだと荷物を積む時に安定が悪いと言うので、最近流行りの小径タイヤ・ママチャリを買ってやった。
 電動アシスト付きはいっぱい出回っているのだが、意外とノーマルなものは無い。
 どうせ、家から100mぐらいしか離れていないスーパーか、遠くとも経堂のOXに行くぐらいだから、ランニングコストを考えたら、これで充分だ。
DSC02451.JPG
 やっと見つけて買ったのが「Jam Bikes」というやつ。
 タイヤも太くてしっかりしている。
 サドルが背の低い女性向きなのが良い。
 今までは「ママチャリなんかダサくて。」とか言ってマウンテンバイクばかり乗っていたが、年を取って見栄より実利が大切になって来たようだ。ww
DSC02452.JPG
 ハンドルを私のピストバイクについていたライザーバーに換えたり。
 前カゴをスーパーの駐輪場に留め易いように小さいものに換えたりとカスタマイズを施し。w
 ライトは暗くなると点くそうだ。w
DSC02454.JPG
 ということで、彼女が乗っていたラーレーは私がいただき。
 フェンダーを外すとか、少しずつカスタマイズを行う。
DSC02455.JPG
 そのうち、これに乗って遠出してみようかと思ってます。
DSC02457.JPG
 いつも乗っているピストバイクは、ハンドルバーをママチャリにあげたので、ブルホーンバーに付け換えた。
 ちょっとカッコよくなった。ww

◇いつも自転車を買うお店:サイクルパラダイス経堂店
 
◇最近買った自転車
2012年05月:ラーレー Trent Sport Mixte700(世田谷家族)
2013年03月:FUJI FEATHER(世田谷自分)
2013年03月:FUJI PALETTE(京都息子)
2013年12月:FUJI COMMET(京都自分)
2014年06月:Jam Bikes(世田谷家族)
 
posted by アサノ | 06:09 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
カンボジアに持って行くものリスト4(ガジェット)
IMG_2279.JPG
 今回紹介するのはガジェット類。
 飛行機も手荷物だけなので、あまりヘビーなものは持って行かない。
 まずはSIMフリーのiPad mini(16GB)と機種変更してiPod化したiPhone5(64GB)。
 ほとんど宿かカフェのWiFi利用なので、iPad miniは情報検索と読書用。
IMG_2276.JPG
 iPhone5は64GBあるので写真のバックアップ用&iPod兼非常用カメラ。
 音声通話は、道端ですることは無いのでWiFiのある所でSkypeかFace timeで充分だ。
 しかし、こういう小さい電子機器は盗難リスクを考えると、持って行くべきかギリギリまで迷うな。
DSC00209.JPG
 これが今回の秘密兵器。ww
 バッファローの「スマートフォン/タブレット用USB充電器 4ポートタイプBSMPBAC02」。
IMG_2274.JPG
 iPhone/iPad2台+Androidスマートフォン2台の合計4台の機器を同時に急速充電できる優れものだ。
 しかも、当たり前だが変圧も100V〜240Vで大丈夫。
DSC00219.JPG
 最近のSONYのデジタルカメラは、充電器がいらずUSBケーブルで済むので助かる。
 CANON S110はちょっと古いので充電器あり。小さいから許す。w
 SDカードは、写真をある程度撮ったら、保護の為に入れ替える用。
 これは持って行くか行くまいか迷っている最近人気のAnker「Anker Astro 3E 10000mAh 大容量モバイルバッテリー」。
 これさえあれば、持って行っているガジェット(カメラ含む)は全部充電出来ちゃう。
 安心と重さ(246g)のトレードオフだね。普段はもっと小さなAnkerの5200mAhのものを持ち歩いている。
DSC00214.JPG
 ホテルの部屋には日本みたいに沢山の電源が無いので、コンパクトなテーブルタップ(3口)。
 タイ・カンボジア・ベトナムのプラグはCタイプか日本と同じAタイプのはず。
 「これがあったら便利」とか「もしかしたらいるかも」というのは持たない主義。
 身軽こそが「楽しい旅」の最大条件である。
 てか、結構あるな。ww

追記:
 結局、iPhoneとモバイルバッテリーは置いていった。
 結果としては、やはりiPhoneは持って行った方が便利だったと思う。
 モバイルバッテリーは小さい5200mAhのものを持って行った。
 使ったのは、LEDの懐中電灯機能だけだった。w

◇2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
3月19日:アンコールワットに行きたい
4月30日:バンコク到着
posted by アサノ | 00:12 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site