経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
2011年GW 香港・マカオ旅行 第3日目 香港の中の外国1 ハリウッド・ロード

P1180537.JPG
 地下鉄で香港島の終点「上環」で降りる。
 坂を登って行くと、キャットストリートというガラクタ屋の通りがある。
P1180535.JPG
 日本人の観光客も、ここまではあまり来ない。
P1180532.JPG
 骨董品街だとは思うのだが、何の役に立つのか分からないものも多い。
P1180533.JPG
 これ、売ってるの・・・。
P1180534.JPG
 これも買う人いるのか??
P1180538.JPG
 欧米人の観光客多し。
P1180541.JPG
 更に坂を上がると、大きな道に出る。
P1180542.JPG
 ここがハリウッド・ロード(骨董通り)だ。
 英国人が最初に開いた地域でもある。
P1180545.JPG
 廟の中の、蚊取り線香みたいな線香。
 欧米人が喜びそうなエキゾシズムだ。
P1180546.JPG
 香港の喧騒から、ちょっと逃れられる静かな地域。
P1180547.JPG
 ハリウッド・ロードを中環(セントラル)方面に向かって歩く。
 観光客・在住の人、欧米人が多い。
P1180555.JPG
 九龍の騒がしさに疲れた時は、ここに来るとよい。
 穏やかな良い道である。
P1180352.JPG
 中環(セントラル)辺りまで来ると、欧米人向けのレストランやバーが軒を並べる。
P1180357.JPG
 雑貨屋にワインやシャンパンが置いてあるのも、ここならではか。(笑)
P1180353.JPG
 坂の街って、なんだかいいよね。
P1180367.JPG
 ヒルサイド・エスカレーターまで来た。
P1180346.JPG
 エスカレーター沿いにも、欧米人向けバーが並ぶ。SOHO地区。
P1180344.JPG
 エスカレーターからの景色。
 坂の多い街の住人は大変だ。
 それにしても、イギリス人は山手の家を建てるのが好きだ。
P1180339.JPG
 石畳もいい感じです。
P1180568.JPG
 そろそろ中環(セントラル)の駅も近くなってきた。
P1180363.JPG
 徐々に香港の街に降りてきた感じ。
P1180364.JPG
 屋台にも白人がいます。
P1180556.JPG
 静かなバーで昼から一杯。
P1180562.JPG
 そろそろ上環から中環までの山手を歩くハリウッド・ロードの散歩終了。
P1180565.JPG
 どうも私は香港の喧騒が性に合わないみたいなので、この辺りを歩いてホッとしました。
 観光に来られたら、お薦めです。
 ちなみに、この坂道の左側が、香港クリエーティブ産業のランドマーク「原創坊」の再開発計画用地「旧・既婚者用警察官舎」のはず。

◇2011年GW 香港・マカオ旅行 アーカイブ
4月29日(金)第1日:怪しい路地好き(香港九龍旺角)
4月30日(土)第2日:市場好き(香港九龍旺角街市)
4月30日(土)第2日:地下鉄に乗って郊外へ
5月01日(日)第3日:香港デザインインスティテュート
5月01日(日)第3日:香港の中の外国1 ハリウッドロード
5月01日(日)第3日:香港の中の外国2 重慶大厦

posted by アサノ | 00:07 | 2011年GW 香港・マカオ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011年GW 香港・マカオ旅行 第3日目 香港デザインインスティテュート
P1180468.JPG
 5月1日(日)の朝。香港ではiPad2の発売日だったようだ。
P1180474.JPG
 長蛇の列は何処も同じ。。
P1180516.JPG
 地下鉄に乗り、九龍郊外の調景嶺へ。
P1180514.JPG
 調景嶺駅。
P1180518.JPG
 駅を出るとすぐの場所。
P1180517.JPG
 ここに今回の旅の主目的地「香港デザインインスティテュート(香港知専設計学院)」がある。
 P1180484.JPG
 駅を出ると正面にドカ〜ン!と超未来的な校舎が目に入ります。
 創立2007年(職業訓練校から昇格)、学生数1500名。
P1180485.JPG
 香港には以前大学が二つしか無かったのですが。
 近年国策的に教育に力を入れ、職業訓練校であった学院をいくつか大学に昇格させました。
 香港大学は、先日の国際大学ランキングでは日本の東大を抜いたのも耳に新しい。
P1180488.JPG
 香港ではデザインを教えているのは。
 香港理工大学とこの香港知専設計学院の2校のみ。
 昨年AXISで行われた「金の卵展」には両校とも出展していましたね。
P1180490.JPG
 今回は話を聞きに来ただけなので、学会でもワークショップでもありません。
P1180492.JPG
 なので作品の写真も無し。
 香港の地場産業や大陸向けのデザインワークが主なので、ファッションやジュエリーなどにも力を入れている。
P1180493.JPG
 素晴らしい設備ですが、まだ情報デザインに関しては未成熟分野の印象を受けました。
P1180494.JPG
 学校の周りは、高層アパート群。
P1180495.JPG
 まだ開発中のベイサイドである。
P1180502.JPG
 向かいのショッピングモールから。パチリ!

 2012年から香港島のセントラル(中環)に香港デザインセンターや香港理工大学と組んで、クリエーティブ産業のランドマークの再開発計画を行う予定。
 東アジアのデザイン地図が変わりそうな勢いです。

◇関連情報:
・香港知専設計学院 Wikipedia
・香港知専設計学院 公式サイト

◇2011年GW 香港・マカオ旅行 アーカイブ
4月29日(金)第1日:怪しい路地好き(香港九龍旺角)
4月30日(土)第2日:市場好き(香港九龍旺角街市)
4月30日(土)第2日:地下鉄に乗って郊外へ
5月01日(日)第3日:香港デザインインスティテュート
5月01日(日)第3日:香港の中の外国1 ハリウッドロード
posted by アサノ | 00:20 | 2011年GW 香港・マカオ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011年GW 香港・マカオ旅行 第2日目 地下鉄に乗って郊外へ

 外国に旅すると、地下鉄に乗るのが好きだ。
 好きだというよりも、空港と地下鉄を見るとその国民の情報デザイン・リテラシーがはっきりと分かる。
 最近では非接触式のカードの登場で、券売機のシステムにあまり労力を割かなくて良くなった。
 問題は路線図と乗り換えのシステムである。

 香港の非接触式カードは「オクトパス」と言って、韓国の「Tマネー」ぐらい汎用性があり便利。
 これでスタバのコーヒーも飲める。
 最初に買う時には150HK$が必要だが、帰る時空港駅で精算してデポジット50HK$返してくれる。
P1180313.JPG
 こちらは一般的な券売機。路線が少ないこともあり、かなり分かりやすい。
 乗り換えも、慣れると結構スムーズ。

 では改札を通ります。ピッ!
P1180316.JPG
 ホームはどこもガラス張りの安全自動ドア方式。
P1180317.JPG
 線路側にデジタルサイネージがあり、スモークガラスにはその画面しか映らない。これかっこいいね。

 絶対近い将来日本にもデジタルサイネージの時代が来ると思う。
P1180519.JPG
 それも映像が主流だ。
P1180318.JPG
 郊外の駅に到着。
P1180319.JPG
 このあたりは「新界」と呼ばれる新興住宅街だ。
P1180321.JPG
 ここも新築ラッシュ。
P1180322.JPG
 凄い数の高層マンションが立ち並ぶ。
P1180324.JPG
 駅前のショッピングモールに入ったら、東日本大震災の募金箱が。ありがとうございます。
P1180326.JPG
 フードコートで昼食。
P1180325.JPG
 鴨肉のぶつ切り定食コーラ付き。30ドル(420円)ごはんが不味い。
P1180327.JPG
 携帯電話屋を覗く。ノキア・モトローラ対サムスン・LGの韓国勢対決。そこに台湾HTC食いこむみたいなスマートフォン戦争。
 街にはiPhone持ってる人が圧倒的に多い。
P1180328.JPG
 いつも思うんだけど、中国って耐震設計してるのかな?
P1180329.JPG
 それと、これだけ建築ラッシュで施工技術者ってそんなに大勢いるのか??
P1180331.JPG
 高度成長期の日本もこんな感じだったかな。。

◇2011年GW 香港・マカオ旅行 アーカイブ
4月29日(金)第1日:怪しい路地好き(香港九龍旺角)
4月30日(土)第2日:市場好き(香港九龍旺角街市)
4月30日(土)第2日:地下鉄に乗って郊外へ
5月01日(日)第3日:香港デザインインスティテュート
posted by アサノ | 00:31 | 2011年GW 香港・マカオ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011年GW 香港・マカオ旅行 第2日目 市場好き(香港九龍旺角街市)
P1180300.JPG
 朝ホテルを出ると、目の前が露店のマーケットになっていた。
P1180301.JPG
 腸詰だ。

 生きた鶏を商うお店。それを選んで買って行く主婦達。さすが中国人。。
P1180303.JPG
 市場に来ると、その土地の野菜が見れるのが楽しい。

 中国人は、青菜炒めしか食べないと思っていたが、結構いろいろな野菜がある。
 泥つき根菜がこれだけ並んでいるの見たのも初めて。

 魚は干物みたいなものも多い。
P1180305.JPG
 やはり南の国なんですね。果物もいっぱい。

 ドリアンの本物が並んでいるのも初めて見た。
 以前見た映画で、ドリアンで頭を殴るのがあったが、それはご免こうむりたいぐらいトゲが堅そう。
P1180306.JPG
 土曜の朝だからか、人がいっぱい。

 ランガムプレイスという巨大ショッピングモールの裏。
P1180308.JPG
 おお、肉屋さんが路上で仕込み中。
P1180309.JPG
 こういう肉って冷蔵庫に入ってなくとも新鮮そうなんだよね。
 見ただけで美味そう。
P1180310.JPG
 中国人の設計する建物は、奇抜なものが多い。
 バウハウスからの卒業なのか。
P1180311.JPG
 旺角の駅から地下鉄に乗る。明日は朝ごはん、ホテルじゃなくて街で食おう。

◇2011年GW 香港・マカオ旅行 アーカイブ
4月29日(金)第1日:怪しい路地好き(香港九龍旺角)
4月30日(土)第2日:市場好き(香港九龍旺角街市)
4月30日(土)第2日:地下鉄に乗って郊外へ

◇市場好きアーカイブ
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 00:19 | 2011年GW 香港・マカオ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011年GW 香港・マカオ旅行 第1日目 怪しい路地好き(九龍旺角)
P1180270.JPG
 深夜12時頃やっとホテルに着いた。
 とはいえ、香港は空港から市内へのアクセスが良いから助かった。
P1180274.JPG
 今回の宿は九龍の旺角(モンコック)。
 東洋一人口密度が高い街と言われている。
P1180273.JPG
 いちつレやせ・・・。
P1180276.JPG
 旺角は九龍地区で観光地化してしまった尖沙咀より、ずっと庶民的な街。
 特に女人街があるのとは彌敦道(ネイザンロード)を挟んだ反対側のランガムプレイスのあたりは、本当に怪しい路地裏。
P1180277.JPG
 金曜日の夜なので、深夜1時を過ぎても裏通りは人の波。
P1180279.JPG
 おお、何を食べようかな。
P1180281.JPG
 怪しげなマッサージ屋や夜総会というナイトクラブが軒を並べる。

 いらフレやいませ すとてのへうくろ

 いらっしゃいませ ずとてのぺうくろ ・・(爆)
P1180291.JPG
 大勢地元客のいる店にしよう。
P1180283.JPG
 蒸した魚とビールで乾杯!香港は台湾と違ってビールが美味いのがありがたい。
P1180285.JPG
 初めて食べた鴨の首。コラーゲンたっぷりって感じ。
P1180289.JPG
 しめは「胡椒猪肝湯」。胡椒とパクチーが効いてて美味い!!
P1180290.JPG
 これで全部で250香港ドル(4000円ぐらい)かな。結構いい値段とられた。。
 その後は一度も飲み食いして100ドル以上取られたこと無いから、今夜はかなりオノボリサンの雰囲気満載だったのだろうなぁ。
P1180293.JPG
 いい気分で裏通りをフラフラ。
 雰囲気を知りたければ、イー・トンシンの「旺角黒夜(ワンナイト・イン・モンコック)」を観るのがお薦め。香港ノワールの名作です。
P1180295.JPG
 こういうの危険なんだよね。
P1180296.JPG
 むとこのらレえん 安心して遊べます 人気急上昇
 こういう所にも日本人来るのか?ww

 夜猫ですか・・・。

 おお、危ない危ないコンビニで水買ってホテルに帰ろう。

◇2011年GW 香港・マカオ旅行 アーカイブ
4月29日(金)第1日:怪しい路地好き(香港九龍旺角)
4月30日(土)第2日:市場好き(香港九龍旺角街市)

怪しい路地好きアーカイブ
香港九龍旺角
新宿ゴールデン街
京都先斗町13番路地
東京恵比寿横丁
大阪新世界ジャンジャン横丁
大阪ミナミ法善寺横丁
名古屋伏見みその小路
野毛のハーモニカ横町
堀切菖蒲園
京成立石仲見世
京都リド飲食街
台南赤崁東路
横浜橋商店街
有楽町ガード下焼き鳥ストリート
横浜狸小路
静岡青葉おでん街
広島猿猴橋町愛友横丁
浅草初音小路飲食街
下北沢駅前食品市場
三軒茶屋すずらん通り
秋葉原電気街
菊名西口商店街
品川駅前
ソウル江南
新宿思い出横丁
新宿歌舞伎町
溝の口西口商店街
町田仲見世商店街
posted by アサノ | 00:17 | 2011年GW 香港・マカオ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
深夜特急1 香港・マカオ


 私の生涯を通じた愛読書のひとつに沢木耕太郎の「深夜特急」がある。
 乗り合いバスを乗り継ぎながらアジアからヨーロッパを横断して、最後にロンドンの中央郵便局で「ワレ成功セリ」と電報を打つまでの旅を描いた名旅行記である。
 ちょっと若い人には猿岩石の元ネタといえば分かり易いかもしれない。
 今までにも、この本の断片的なコピー旅行はしてきた。
 タイのバンコックからシンガポールまでの乗り合いバスの旅は面白かった。その時も、デイパックの中にはこの文庫本が。

 久しぶりにこの本が読みたくなり、アマゾンのマーケットプレイスで購入。
 長い旅を何年にも分けて書いたために、徐々に文筆家としてのテクニックがついてしまい、徐々に瑞々しい文章が影をひそめて行くのが悲しい。
 なんと言っても、この第一便という最初の本が若さに溢れ感動的である。行動することに躊躇う若者は、是非手に取って読んでもらいたい。

 実は、4月の29日(金)から私は香港とマカオに旅をしています。昔ほど身軽では無いが、出来るだけ名所旧跡などは巡らない庶民の中に身を置くエスノグラフィックな旅をして来よう。

posted by アサノ | 00:05 | 2011年GW 香港・マカオ旅行 | comments(1) | trackbacks(0) |
Search this site