経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
第6回新横浜ユーザビリティー研究会 速報
■日時:8月31日(水)16:00〜18:00
■場所:横浜デジタルアーツ専門学校新横浜2号館704教室
■テーマ:hcdvalue特集
■内容:
第一部 hcdvalueの紹介
16:00〜16:20
1) hcdvalueとは

第二部 HCD/UX翻訳プロジェクト
16:20〜16:45
2) UX白書の翻訳と概要
16:45〜17:10
3) ISO9241-210の概要紹介(ISO9241-210読書会より)

第三部 ヒューマンインターフェース学会プレ発表
17:10〜17:30
4) 人間中心設計(HCD)導入の価値マップ作成による啓蒙活動の検討
17:30〜17:50
5) 協働によるデザイン案検討におけるペーパーホワイトボードプロトタイピングの検討

※hcdvalueとは
 2011年2月、産業技術大学院大学履修証明プログラム「人間中心デザイン」のメンバーが中心となり立ち上げた「現場で使えるHCD(人間中心設計)の実践」をコンセプトとしたコミュニティ。

※申し込み
 8月3日(水)09:00よりこくちーずで募集開始致します。

※過去に本研究会を無断キャンセルした方は、申し込みを受け付けません。

◇新横浜ユーザビリティ研究会 アーカイブ
2010年08月31日(火)第1回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1611
2010年09月29日(水)第2回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1644
2010年12月07日(火)第3回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1721
2011年02月08日(火)第4回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1788
2011年05月10日(火)第5回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1888
posted by アサノ | 00:20 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
第5回新横浜ユーザビリティ研究会 報告
IMG_9597.jpg
 新横浜ユーザビリティ研究会も、もう5回目になりました。
 今回はU'eyes Designさん特集。
IMG_9586.jpg
 今回から募集ツールを「こくち〜ず」にしたら、募集2~3日で35名定員があっというまに埋まってしまった。
 リコー・京セラ・パナソニックらのメーカーさん、インターソフトやU'eyes Designさんのような評価会社。今回は京都からオーバルプランの田輪さんや静岡工業技術研究所の易さまで来てくださいました。
IMG_9580.jpg
 第一弾は、尾形さんの Usability decade
 〜U'eyes Designにおけるプロダクト系ユーザビリティ活動の10年を振り返る〜
IMG_9588.jpg
 これは面白かった。U'eyes Designの歴史が、日本のユーザビリティの歴史だものね。
IMG_9590.jpg
 本当にこの10年間でユーザビリティを取り巻く環境は変わった。
IMG_9593.jpg
 ・開発関係者(部門)の拡大→上流工程からの検討
 ・HCD手技法の充実 → HCD教育体系の基盤
 ・HCD適応範囲の拡大 → 多様な業種でのHCD適用
IMG_9598.jpg
 続いて、伊藤英明 さんの“物語”を重視した取扱説明書デザインの取組み紹介。
IMG_9599.jpg
 U'eyes Designさんてマニュアルもやるのですね。
IMG_9602.jpg
 今回も産技大履修生から活発な質問が飛ぶ。
 大学院で講義を受けたことが、こういう場でどんどん深く理解し定着して行く。
 君達は恵まれているよ。多分先駆者達が10年かかったこと以上の情報をこの1年で得てるはず。
 後は咀嚼がそれに着いて行っているかだけだ。
IMG_9605.jpg
 ラストは、三澤さんのユーザエクスペリエンスデザインのための発想法「XB法」のご紹介。
IMG_9613.jpg 
 最近割とよく会ってる気がする。。
IMG_9606.jpg
 XB法は発想法。構造化シナリオ法でアクティビティとインタラクションを明確にして、プロトタイピングする流れが、今一番使い勝手も良く日本型ペルソナ/シナリオ法になる可能性がある。
IMG_9609.jpg
 iPhoneアプリ「発想会議」。XB法のエッセンスが詰まって、翌日から東京ビッグサイトである「スマートフォン&モバイルEXPO」で発表予定。
P1190250.JPG
 この会は、懇親会の方が盛り上がる。
 今回幹事をして下さったインターソフト五十嵐さんのお陰で、素晴らしい大宴会になりました。
 尚、新横浜ユーザビリティ研究会懇親会幹事のタスクは「3時間飲み放題・3500円以内」という厳しいハードルである。素晴らしい!
P1190252.JPG
 宴会中もブレストする産技大履修生と三澤さん。これはもう趣味の領域。。

 次回は7月ぐらいに、社会人・学生のための「夏休みユーザビリティ評価・ブートキャンプ」みたいなものを土日を使ってやってみたいと思ってます。道具眼の古田さんやリコーの島村さんと。
 また第6回は秋に、京都オーバルプラン田輪さんの「シーズ・ニーズマトリックス法」とリコー早川さんの「構造化シナリオ法」&私の「ストーリーボーディング」の予定。
 そろそろ講演者を新横浜以外からも呼びたいので、若干有料制にすることも考えなくてはいけないかな。

◇関連情報:
・トゥギャッター:第5回新横浜ユーザビリティ研究会
・WarlockReport :5月10日 第5回新横浜ユーザビリティ研究会に行ってきました
・隣り合わせの灰と青春:第5回 新横浜ユーザビリティ研究会 

◇新横浜ユーザビリティ研究会 アーカイブ
2010年08月31日(火)第1回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1611
2010年09月29日(水)第2回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1644
2010年12月07日(火)第3回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1721
2011年02月08日(火)第4回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1788
2011年05月10日(火)第5回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1888
posted by アサノ | 00:42 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
第5回新横浜ユーザビリティ研究会のお知らせ
 

■日時:5月10日(火)16:00〜18:00
■場所:横浜デジタルアーツ専門学校701教室(新横浜)
■内容:
 今回はU'eyes Designさん特集です。
 http://www.ueyesdesign.co.jp/

・16:00~16:30
  Usability decade
 〜U'eyes Designにおけるプロダクト系ユーザビリティ活動の10年を振り返る〜
 尾形慎哉

・16:30~17:00
“物語”を重視した取扱説明書デザインの取組み紹介 伊藤英明

・17:00~17:30
 ユーザエクスペリエンスデザインのための発想法「XB法」のご紹介 三澤直加

■定員:35名
■会費:無料

■申し込み:満員のため締切ました。
posted by アサノ | 00:19 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
第4回新横浜ユーザビリティ研究会 報告
IMG_8996.jpg
 2月8日(火)の夕方より、本校701教室にて第4回目の「新横浜ユーザビリティ研究会」が行われました。
IMG_8999.jpg
 今回は新横浜のユーザ調査・評価の老舗事務所「インターソフト」さん特集です。
 トップバッターは所長の尾上さんの「フィールドにおける利用状況調査」。以前聞いたことがあり、今旬な長期観察の話題なのでお願いして話してもらった。
IMG_9016.jpg
 今回は前回特集の京セラさんなどのオリジナルメンバーに加えて、パナソニックさんや産技大履修証明プログラムの履修生さん達が大挙して来てくださった。総勢23名
IMG_9017.jpg
 2番手はインターソフトの人見さんの「開発初期段階におけるUI印象評価」。
 多摩美情デの卒業生だとのこと。
IMG_9022.jpg
 SD法を使ってユーザビリティを測る取り組みの話し。
 うちのゼミでもWebサイトの印象はSD法で測っていたが、ユーザビリティは他の手法で評価していた。なるほどと感心。

 発表者がかわいい女の子だと急に質問を連発しだす産技大履修証明プログラム履修者達。(笑)

 というのはウソで、先週の講義でSD法が出たばかりだったらしい。
 なので「形容詞対の選択方法は?」とか、突っ込みも鋭い。。。
IMG_9059.jpg
 若手を鍛えていただいて、ありがとうございます。
 新横浜ユーザビリティ研究会は、学会よりも敷居が低く議論が活発なので、新人、中堅の研修の場としても最適。
 参加するだけではなく、発表内容を気にせずにどんどん発表しよう。
IMG_9063.jpg
 最後がインターソフトの五十嵐さんから「インタラクションを持った製品における人間の経験を踏まえたユーザーモデル体系作成の取り組み」という話題提供。
IMG_9068.jpg
 ユーザビリティテストでタスク断念があったことからの考察。
IMG_9069.jpg
 時間が足りないので、議論は懇親会会場へ持ち越し。
 新横浜ユーザビリティ研究会は、研究会1時間半、懇親会3時間が基本の議論?する研究会です。(笑)
P1170265.JPG
 懇親会は京セラ渡辺さんが幹事をしてくださり、新横浜「串ダイニング桜山」。食べ物がいっぱい出ました。
 日立デザインの篠倉さんに「きれいなお店だから、浅野先生が幹事じゃないでしょ。」と厳しいお言葉。。。

 次回は4月下旬ぐらいにU'eyes Design Inc.さん特集を組みたい。
 また、5月下旬か6月初旬には、学生対象のユーザビリティテストのワークショップを開きたいと思っています。
 これだけ大勢の専門家にマンツーマンで習える機会はめったに無いですよ。

◇関連情報:
・NHN Japan佐藤さん:第4回ユーザビリティ研究会
・京セラ渡辺さん:第4回「新横浜ユーザビリティ研究会」
・shirasyさん:[HCD]第4回 新横浜ユーザビリティ研究会

◇新横浜ユーザビリティ研究会 アーカイブ
2010年08月31日(火)第1回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1611
2010年09月29日(水)第2回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1644
2010年12月07日(火)第3回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1721
2011年02月08日(火)第4回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1788
posted by アサノ | 00:20 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
第4回新横浜ユーザビリティ研究会のお知らせ
■日時:2月 8日(火)16:00〜17:30
■場所:横浜デジタルアーツ専門学校701教室(新横浜)
 http://yda.iwasaki.ac.jp/school/access.html
■内容:
 今回は新横浜にあるユーザビリティ評価事務所の老舗インターソフトさん特集です。
 http://www.inter-soft.jp/
 ・16:00~16:30 フィールドにおける利用状況調査:尾上晏義
 ・16:30~17:00 開発初期段階におけるUI印象評価:人見幸香
 ・17:00~17:30 インタラクションを持った製品における人間の経験を踏まえたユーザーモデル体系作成の取り組み:五十嵐とも子
■定員:30名
■会費:無料
■申し込み方法:
 以下の出欠管理ツールにご入力ください。
 簡単な自己紹介を添えてください。
  http://chosuke.rumix.jp/main.aspx?g=303c0d3d783057cc2

■懇親会:18:00〜20:00
■開催会場:串ダイニング桜山
 http://www.sakurayama.org/dining/index.php
■参加費用:4,000円
※今回の懇親会幹事は京セラさんです。研究会以上に(笑)ためになりますので、奮ってご参加ください。
■Twitterハッシュタグ:#sin_ub

 前回の様子。教室ですのでPC用の電源は沢山あります。

◇新横浜ユーザビリティ研究会 アーカイブ
08月31日(火)第1回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1611
09月29日(水)第2回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1644
12月07日(火)第3回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1721
posted by アサノ | 00:15 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
第3回新横浜ユーザビリティ研究会 報告
IMG_8544.jpg
 12月7日(火)に、以前からご案内していた「第3回新横浜ユーザビリティ研究会」を本校701教室で行った。
IMG_8547.jpg
 1本目の発表は京セラの渡辺さん。「京セラにおけるUCDの活用事例」
 先日の「人間中心設計フォーラム2010」で発表された内容を膨らませて話してくださった。
 こういうことも、小回りの効く研究会ならではである。
IMG_8551.jpg
 参加者は京セラ・リコー・インターソフト・ホロンクリエイト・エクスカル・U'eyes Design・静岡工業技術研究所などなど、新横浜周辺の錚々たるユーザビリティ関連の企業さんが一堂に集まった感じ。
IMG_8554.jpg
 2番手は千葉工業大学山崎研OBで京セラの爲我井くんの「初心者に適したユーザビリティ評価手法の研究」。
 9月のヒューマンインタフェースシンポジウム2010ビワコで発表した修士論文です。
IMG_8557.jpg
 この研究発表はビワコでは発表日が違ったために聞けずじまいで、リベンジ出来て本当に良かった。
 爲我井くんの研究は、今私がやっている「ストーリーボード」の先行研究のような位置にあり、非常に参考になった。
IMG_8560.jpg
 彼の提案する手法と私の手法はとても似ているのだが、ユーザビリティを高める為と、ユーザー経験を創出する為との違いがある。
 私のは萌芽的研究の為にかなりアバウトであるが、彼の研究は修士の間練りに練った完成度があり、その成果を学べるのはラッキーであった。

 研究会終了後、当然のように懇親会があったのだが。
 当日初めて会った方に「毎日飲んでるんですか?」と聞かれてショックを受ける。
 なので誤解を招かないように写真は掲載せず、つうか撮らなかった。(笑)

◇新横浜ユーザビリティ研究会 アーカイブ
08月31日(火)第1回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1611
09月29日(水)第2回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1644
12月07日(火)第3回:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1721

◇関連情報:
treasuring misc.
Maverick In Enterprise

◇次回予告:
 1月末か2月上旬にインターソフト特集の予定
 尾上さん・五十嵐さんの発表が聞けるかも。
posted by アサノ | 00:13 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
第3回新横浜ユーザービリティ研究会のお知らせ 直前情報

■ 第3回新横浜ユーザビリティ研究会
■日時:平成22年12月07日(火)16時〜17時半
■場所:横浜デジタルアーツ専門学校 7階701 教室

http://yda.iwasaki.ac.jp/school/access.html

■プログラム:
16:00「京セラにおけるUCDの活用事例」京セラ 渡辺
16:30「初心者に適したユーザビリティ評価手法の研究」京セラ 為我井
■会費:無料
■定員:20名程度
■申し込み:締切ました

■懇親会&忘年会:18:30より会費3500円(飲み放題3H)
 新横浜かまどか
 http://r.gnavi.co.jp/p400000/

◇新横浜ユーザビリティ研究会アーカイブ
第1回:8月31日(火)http://asanoken.jugem.jp/?eid=1611
第2回:9月29日(水)http://asanoken.jugem.jp/?eid=1644

◇次回予告
■日時:1月下旬予定
■プログラム:
・インターソフト 五十嵐
・横浜デジタルアーツ 浅野

posted by アサノ | 00:12 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
第3回新横浜ユーザビリティ研究会のお知らせ
■ 第3回新横浜ユーザビリティ研究会
■日時:平成22年12月07日(火)16時〜17時半
■場所:横浜デジタルアーツ専門学校 7階701 教室 http://yda.iwasaki.ac.jp/school/access.html
■プログラム:
16:00「京セラにおけるUCDの活用事例」京セラ 渡辺
16:30「初心者に適したユーザビリティ評価手法の研究」京セラ 為我井
■会費:無料
■定員:30名程度
■懇親会:終了後新横浜の居酒屋で実施予定(ここから参加も可)
■申し込み:浅野までメールか、このブログにコメントください。

 どうぞ奮ってご参加ください。

◇新横浜ユーザビリティ研究会アーカイブ
第1回:8月31日(火)http://asanoken.jugem.jp/?eid=1611
第2回:9月29日(水)http://asanoken.jugem.jp/?eid=1644

◇次回予告
■日時:1月下旬
■プログラム:
・インターソフト 五十嵐
・横浜デジタルアーツ 浅野

予定
posted by アサノ | 00:19 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(7) | trackbacks(1) |
第2回新横浜ユーザビリティ研究会 開催しました
IMG_7523.jpg
 9月29日(水)夕方より、本校8階小会議室にて「第2回新横浜ユーザビリティ研究会」を開催しました。
IMG_7516.jpg
 トップバッターはNHN Japanの佐藤さん。
 私との共同研究「インターネットサービス設計におけるHCD手法の有用性」。
 まだまだ萌芽的研究ではあるが、Web産業界のイノベーション創出のためHCD手法導入の方法と事例である。
 これからはWeb業界の人も、どんどんアカデミックな場に出て知見を発表するべきである。そうすることによって、他の業界の知見が流れ込むのだ。
IMG_7525.jpg
 続いて株式会社エクスカルの篠倉さん「ユーザビリティテストにおける操作プロセスの可視化手法がもたらす有効性の研究」。
IMG_7527.jpg
 10名キャパの会議室に15〜6名が入っています。
IMG_7531.jpg
 先のヒューマンインタフェースシンポジウム2010で発表した内容で。
 ユーザビリティテストの結果を、同時に数名分比較するための可視化手法。
 被験者の時間経過を、考え込んでいるのか迷走しているのか分るとうれしいのだが。
 プレゼン用には良い方法だと思う。
IMG_7536.jpg
 突如京セラメンバーの携帯電話のアラートが鳴り響き・・・。
IMG_7538.jpg
 地震速報でした。こんなのあるんだね。auのサービスなの?
IMG_7552.jpg
 最後に株式会社エクスカルの宮脇さんから「タスクリストに基づくウォークスルー法」という話題提供でオープンディスカッション。
 これも萌芽的な手法研究なので、これから議論を重ねて行こうと思う。
 ここまでで正味2時間。短時間で集中的に発表を聞いたり、議論するのは手軽で良い。これからも続けよう。
 次回は12月上旬の予定。京セラの渡辺さんと為我井くんが発表予定で、会社の許可を取ってくれている。楽しみだ
P1140271.JPG
 懇親会は、ラーメン博物館並びの「中国家庭料理 YI−CHANG」。
P1140258.JPG
 新横浜で居酒屋以外の店は珍しい。静岡県工業技術研究所の易さんが加わり、参加者11名。
P1140261.JPG
 マーボー豆腐は山椒がいっぱい。
P1140272.JPG
 2次会は若手を怪しいバーに連れて行き、私は先においとましました。

◇関連情報:HideDesignさんのブログ
posted by アサノ | 00:03 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
第2回新横浜ユーザビリティ研究会 
 以前新横浜のユーザビリティ関係者の集まりで「月に1度はセミナーをやろう。」みたいな話になっていたの覚えてますか?
 そこで、先日の「OBSERVANT EYE ユーザー会」を第1回として、今後もどんどんやって行こうと思う次第であります。

■ 第2回新横浜ユーザビリティ研究会
■日時:平成22年9月29日(水)16時〜17時半
■場所:横浜デジタルアーツ専門学校 8階応接室
 http://yda.iwasaki.ac.jp/school/access.html
■プログラム:
16:00 インターネットサービス設計におけるHCD手法の有用性 NHN Japan 佐藤 純
16:30 ユーザビリティテストにおける操作プロセスの可視化手法がもたらす有効性の研究 (株)エクスカル 篠倉 美紀
17:00 オープンディスカッション 話題提供者 (株)エクスカル 宮脇 紫乃
■会費:無料
■定員:10名程度
■懇親会:終了後新横浜の居酒屋で実施予定(ここから参加も可)
■申し込み:浅野までメールか、このブログにコメントください。

 どうぞ奮ってご参加ください。
 定員を超えた場合は、会場を教室に移して実施いたします。
 (9月23日現在:14名決定済み
posted by アサノ | 00:17 | 新横浜ユーザビリティ研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site