経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
2015年台湾サービスデザインツアー3日目 台南観光
IMG_7397.JPG
 「再發號」でランチした後は、一旦解散して台南市内を観光することにした。
IMG_7398.JPG
 「孔子廟」にやってきた。
IMG_7399.JPG
 台南だけじゃないけど、旧日本統治時代に建てられた建築物が今なお使われている。
IMG_7400.JPG
 こういう街の老人は幸せだ。
 この後もよく見かけるが、外でのんびり過ごす老人の多いことか。
 日本の老人は部屋に籠っちゃうからね。
 赤い壁が美しい。
 宿から一本道でしょ。
 初めて台南に来た時に、夜中に酔っぱらってもの凄く迷った記憶あり。
 その反省から、初めてのメンバーが迷わないようにとの配慮です。w
IMG_7409.JPG
 赤い壁と緑と赤い花のコントラストが美しい。
IMG_7410.JPG
 孔子廟の向かいの「府中街」に入ってみよう。
IMG_7414.JPG
 路地の奥にある「永華宮」ではお祭りらしい。
IMG_7418.JPG
 猿のメイクをした男とか。
IMG_7419.JPG
 ヘビを体に巻いた少女とか。
 更にみんな酔っぱらっていて、如何にもお祭りだね。
IMG_7428.JPG
 「府中街」では、道の上からミストが降り注ぐ。そのくらい暑いのだ。w
IMG_7431.JPG
 日本語かっこいい?
IMG_7463.JPG
 「窄門」にやって来た。
IMG_7464.JPG
 台南に来ると必ず寄るカフェだ。
 場所は分かり易いが、見落とし易い。ww
IMG_7436.JPG
 狭い路地を抜けると。。
IMG_7455.JPG
 最近、人気が出てきたらしく。
 似合わない看板がついていた。w
IMG_7441.JPG
 中に入ると、レトロな素敵なカフェ。
 喉が渇いたので、コーヒーフロート。w
IMG_7444.JPG
 外は暑くてたまらないのでNECチームも非難して来た。
IMG_7445.JPG
 本当は「安平古堡」に行こうと思っていたのだが。
 皆暑さでバテて、それどころではないね。
 安平の「老街」の路地歩きは楽しいんだけど。
 涼しい夜に行きたい。
IMG_7446.JPG
 「窄門珈琲館」は、日本統治時代はお医者さまの家だったとか。
 なので、どことなく西洋の香りがするのか。
IMG_7449.JPG
 この方でしょうか?
IMG_7450.JPG
 奥様は西洋人?
IMG_7453.JPG
 台湾の飲食店では「ミニマムチャージ」と言って、一人最低これだけは払ってねというルールの店が多い。
 例えば、この店で100元のものを飲んでも120元取られるので、それより使おうねと。w
IMG_7467.JPG
 もう暑いので、一旦宿に帰って日が落ちるまで休憩しましょう。
 夜になったら再集合して、明日からの本番に向けて壮行会だ!

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる
posted by アサノ | 06:13 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー3日目 高鐵で台南に移動
IMG_7318.JPG
 おはようございます。
 9月20日(日)の朝。
IMG_7330.JPG
 今朝も「世界豆漿大王」で朝ごはん。
IMG_7324.JPG
 ちょっと二日酔い気味なので「鹹豆漿」。
 豆漿に酢と醤油とラー油で味付け、切干大根、ネギ、油條、小エビ、酸菜肉髭などを入れた酸っぱいやつ。
 二日酔いにはこれが効く。ww
IMG_7328.JPG
 今朝は若者たちも連れて来た。
IMG_7332.JPG
 ホテルをチェックアウトして、台北車站にやって来た。
IMG_7334.JPG
 昨夜別れたメンバーと合流して台湾の新幹線「台湾高鐡」に乗って台南へ移動します。
IMG_7335.JPG
 台南まで約2時間弱。
 その先ちょと行けば、終点の台湾の南のはずれ高雄だ。
IMG_7337.JPG
 日本の新幹線とイスのレイアウトも同じ。
IMG_7344.JPG
 あっという間に台南到着。
 なんか、日本のより一回り小さい気がする。
IMG_7340.JPG
 ここが台南の駅だが、新神戸みたいな感じで、駅の周りは野っぱらだ。w
IMG_7341.JPG
 一番の若手二人と保護者。w
IMG_7345.JPG
 高鐵の駅から更に在来線に乗る。
IMG_7347.JPG
 これが本数が少なく、のんびりしてるんだ。
IMG_7348.JPG
 これなら、高鐵に乗らず在来線の自強号(特急)でダイレクトに本物の台南火車站に行っても時間的には変わらないんじゃないか?
IMG_7350.JPG
 途中に大学があって、学生がゾロゾロ乗って来た。
 スマホをいじる姿は世界共通。w
IMG_7351.JPG
 来る途中の嘉義で「北回帰線」を越えているので、台南は熱帯です。
 外の景色が亜熱帯の台北と違い南国風だ。
IMG_7355.JPG
 無事、本物の「台南火車站」に到着。
 メーカーチームは台南で一番高級なシャングリラホテル(駅の横に見える円塔)に泊まり。
IMG_7356.JPG
 わしら貧乏人は、路地裏の安宿泊まりである。
IMG_7357.JPG
 この路地の奥だ。
IMG_7359.JPG
 あったあった、今夜のわしらの宿は「8mm Cafe Hostel」。
 ほぼこの辺りの路地を入ったところ。
 「性格」は近所にある「早午餐(ブランチ)」専門のお洒落カフェ。w
IMG_7360.JPG
 元は工場かなにかかな?
 1階のカフェに声をかけると。
IMG_7473.JPG
 女の子がカギを持って来てくれた。
IMG_7469.JPG
 こんな部屋が2つあるだけの宿泊施設。w
IMG_7470.JPG
 なんてことは無いが、居心地は良さそう。
IMG_7471.JPG
 シャワーは12時以降は水になるとか。ww
IMG_7477.JPG
 1階は「8mm Cafe」というカフェになっています。
IMG_7478.JPG
 中に入ると、古い撮影機材が。
IMG_7483.JPG
 母娘っぽい二人が切り盛りしてます。
IMG_7492.JPG
 奥の方ではオーナーらしき人が、映画に関してレクチャー中。
IMG_7490.JPG
 元映画人が開いているカフェなのでしょうか?
 この母娘が妙にかわいい。w
IMG_7362.JPG
 荷物を置いたら、女の子の泊まるホテルに向かう。
IMG_7366.JPG
 どこだろうな〜?
 路地裏を探していたら。
IMG_7370.JPG
 女の子の集団にばったり遭い。
IMG_7369.JPG
 ふらふらとついて行ってしまった。ww
IMG_7372.JPG
 あったあった、女性専用の「JJ S Hotel」。
IMG_7574.JPG
 清潔な素敵なホテルです。
IMG_7572.JPG
 部屋まで入って見せて貰った。
IMG_7378.JPG
 再び全員集合して「肉粽(チマキ)」で有名な「再發號」でランチ。
IMG_7382.JPG
 おお!来た来た。
IMG_7383.JPG
 じゃ〜ん!
 特製海鮮八寶肉粽(特製海鮮八宝肉ちまき)には、アワビや干し貝柱、桜海老や栗の身など豪華な食材がたっぷり。
IMG_7384.JPG
 はまぐり汁
 もう天国のような食事だ。
IMG_7386.JPG
 1個で足りるかな〜と思ったら。
 もち米なので腹持ちがよく、この後のディナーまで胃がもたれた。ww
 ホテルも食事も観光先も、この公園路でまとめたところに、私の非凡さが光る。w
 深夜のお遊びまで、この道筋であった。ww
IMG_7389.JPG
 お腹いっぱいになったら、しばし台南の街を観光してみよう。

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目全員集合して龍山寺とモンガ探検
09月20日(日):3日目高鐵で台南に移動
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる
posted by アサノ | 06:13 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー2日目 全員集合して龍山寺とモンガ探検
DSC00496.JPG
 9月19日(土)も夜。
 小籠包で有名な「京鼎楼」に来ました。
 
1日目_0807.jpg
 家族を連れて来たおとうさん然としているそうです。安さんがおかあさん。w
 写真:遠藤さん写
DSC00493.JPG
 ここは、最近人気が出過ぎて美味しくなくなったと評判の「鼎○豊」より美味しいと言われている店。
 私はグルメでは無いので、よく分からないが空いていて安いので、よく来るのだ。w
DSC00480.JPG
 ここの名物は烏龍茶の小籠包(緑色)。
DSC00485.JPG
 他の料理も美味しいですよ。
 エビ炒飯と酸辣湯はお薦めだ。
DSC00507.JPG
 食後は MRT雙連站まで歩いて腹ごなし。
DSC00497.JPG
 台湾に行けばどこでも見かける万能炊飯器「大同電鍋」。
 これで「茶葉蛋(チャーイエダン)」という煮玉子とか作る。
 私も1台欲しい。w
 MRT雙連站経由でぐるっと歩いた。
DSC00513.JPG
 台北でも一番古い乾物問屋街「迪化街」。
DSC00512.JPG
 漢方約屋さんが並ぶので、匂いで体が良くなった気がする。w
DSC00516.JPG
 皆楽しそう。w
 1名お腹がピー!の人がいますが、誰でしょう?
DSC00518.JPG
 揚げた魚をスープとビーフンに入れて食べる屋台。有名らしい。
DSC00520.JPG
 迪化街からタクシーに乗ってすぐの「龍山寺(ロンシャンスー)」に来た。
DSC00526.JPG
 ここは台北でも一番古いお寺。
DSC00531.JPG
 拝むとご利益があるというので、昼も夜も「拝拝(パイパイ)」をする人が引きも切らない。
DSC00533.JPG 
 絢爛豪華ですね。
DSC00536.JPG
 台湾の人は、若者でも信心深い。
 生活の中に宗教が根付いているのでしょう。
DSC00540.JPG
 このお寺は16世紀以降に大陸から移住してきた福建人らが作ったと言われている。
 その頃は台湾はまだ未開の地で、神様に保護して貰いたかったのだろうか。
 台北の原宿竹下通りと言われる西門町のすぐ近く。
DSC00548.JPG
 外に出ると広州街「艋舺夜市」がある。
DSC00551.JPG
 続いて、台北の浅草「華西街観光夜市」。
DSC00555.JPG
 定番の「士林夜市」などと違って、おどろおどろしい。w
DSC00558.JPG
 なんとなく風俗臭いが、私も以前揉んで貰ったことがあるが普通だ。w
DSC00559.JPG
 もう少しディープなゾーンに行ってみるか。w
DSC00563.JPG
 こういう病院があるエリアは怪しい。w
DSC00565.JPG
 ローカルっぽい夜市の方に来た。
DSC00567.JPG
 士林夜市などより全然食材が豊かだ。
DSC00570.JPG
 外国人向けというより、現地の人の為の夜市だな。
DSC00571.JPG
 賑わってます。
DSC00576.JPG
 豚足。。
DSC00577.JPG
 「魯肉飯」じゃなくて「魯汁飯10元」というのがいい。w
DSC00584.JPG
 徐々に薄暗いエリアに入って来た。
 龍山寺の左下「三水街」の辺りに老街(古くからある街)がある。
DSC00585.JPG
 この辺りは「モンガ」という台北で一番古い歓楽街だ。
 艋舺(モンガ)は日本統治時代に読みにくさから「萬華(ワンフォア)」と日本人が変えちゃったので今は実際の地名では無い。
DSC00586.JPG
 すぐ近くの淡水河の水運で栄えて、自然と歓楽街が生まれたそうだ。
 映画「モンガに散る」に詳しい。好きな映画です。
DSC00588.JPG
 「飲酒店」というカラオケ屋が並ぶ。
DSC00591.JPG
 お店の中で女の子とカラオケを歌うのである。w
DSC00594.JPG
 こういう場所を団体でフィールドワーク。w
DSC00595.JPG
 社会勉強ですかね。ww
DSC00600.JPG
 以前、この辺りの店に一人で入ってみたことがある。w
DSC00603.JPG
 大陸の女の子とやりてババア(日本語をしゃべる)とビールを飲んだ。w
 その話は、こちらに詳しい。
DSC00605.JPG
 それ以上の事はコミュニケーションが取れないので、帰ってきました。ww
 オババが言うには、ロンシャンスー(龍山寺)の向こう側の三水街は、艋舺(モンガ)よりもハードな大陸から来た女性達の歌舞伎町(売春街)なので行くなだそうです。
DSC00602.JPG
 最後は、怪しげな路地を抜けてタクシーで帰る。
DSC00614.JPG
 遠藤さんが飲みに行きたいというので、林森北路のバーに連れて行ったら。
DSC00617.JPG
 ママに気に入られて「エンドル」と呼ばれて、台北にいる間は毎夜通うようになってしまった。
 ちなみに私は「パパ」と呼ばれて放置プレイ。w

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目全員集合して龍山寺とモンガ探検
09月20日(日):3日目高鐵で台南に移動
09月20日(日):3日目台南観光

posted by アサノ | 06:11 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー2日目 淡水に行ってきた(街編)
IMG_7276.JPG
 真理街をずっと歩いてきたら、カフェがあったので休憩しよう。
IMG_7277.JPG
 台湾の人は、古い建物をおしゃれに使うのが本当に上手い。
IMG_7278.JPG
 一服して元気になったので、駅の方に戻ろう。
 私は右の坂を下りるのが好きなのだが、左側の真理街を下って行くと淡水名物の「真理街正宗阿給創始老店」がある。
 「阿給(アゲ)」とは、日本式の油揚げの中に春雨を入れたもの蒸して、タレをかけて食べるスナックらしい。淡水の市内にはお店が沢山ある。
IMG_7280.JPG
 この色彩感覚は、同じ東アジア人なのに日本人にはマネできないね。w
IMG_7281.JPG
 横浜のフランス山の坂道に似ている。
IMG_7282.JPG
 使われていないのか、神戸の山手を思い出す。
IMG_7283.JPG
 モデルがかわいい。ww
IMG_7284.JPG
 日本式の住宅があった。
IMG_7285.JPG
 以前から気になっているビル。
IMG_7286.JPG
 文化路の歩道橋を渡る。
 先ほどのカフェ「郷愁茶園」からほぼ真っ直ぐに南に下がって「淡水長老教会」を目指す。
IMG_7287.JPG
 歩道橋から気になるビルを見る。
IMG_7292.JPG
 淡水から台北までは地下鉄で1時間もかからないのだから、こういうビルの最上階に住んで夕陽を見ながら暮らすのも良いかなと思う。w
IMG_7294.JPG
 更に坂を下って行くと「淡水長老教会」の尖塔が見えてきた。
IMG_7297.JPG
 途中にある和華洋折衷の住宅。
IMG_7298.JPG
 長老教会まで来た。
IMG_7299.JPG
 淡水は台湾の中の西洋だ。
IMG_7301.JPG
 街で西洋人を見かけることは無いのだが。
 日本の横浜や神戸よりも色濃く西洋が生活の中に息づいている感じがする。
IMG_7302.JPG
 マカイ博士像のある三叉路。
 三叉路から老街を通って捷運淡水站に向かう。
IMG_7305.JPG
 「淡水老街」は凄い人出。
 こんな所にいないで、もっと良い場所が沢山あるのに。w
IMG_7306.JPG
 イカのフライか?
IMG_7307.JPG
 なにしろ人が多くて、若者が手を繋いで歩いている。
IMG_7309.JPG
 そういえばお腹が空いた。
IMG_7310.JPG
 駅の北側の博愛街付近の地元民御用達のお店でランチ。
IMG_7312.JPG
 魯肉飯と酸辣湯。
IMG_7313.JPG
 まだ体が完全に台湾化していないので、食べるものがワンパターンだ。w
IMG_7316.JPG
 そろそろツアーメンバーが台北に着く頃だろう。
 今夜は結団式である。w

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(街編)
09月20日(日):3日目台南観光

posted by アサノ | 06:14 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー2日目 淡水に行ってきた(山手編)
IMG_7169.JPG
 真理大学から、海岸と並行して山手の中腹に「真理街」という小さな道が続いている。
IMG_7170.JPG
 その通り沿いにはマカイ博士由来の学校がずらりと並んでいる。
 ここは台湾最初の女子校「淡水女学堂」。
 長崎の「活水女子」みたいな感じか?
IMG_7173.JPG
 入っちゃダメなのか?
IMG_7174.JPG
 この狭い道の両側は、西洋と中華世界が融合している。
 そういう場所が好きだ。
横浜山手とか函館元町、長崎などなど和洋折衷とちょっと違う世界。

 この道筋が「真理街」ね。
 日本でも古い私立の付属校も似たような雰囲気を持っている。
IMG_7178.JPG
 こちらは「宣教師会館」ね。
IMG_7179.JPG
 入っても良さそうなので、そろりと。w
IMG_7184.JPG
 神学校だから、教師は牧師さんなのか?
IMG_7187.JPG
 テニスコート。。
IMG_7189.JPG
 女の子が写真を撮ってた。w
IMG_7191.JPG
 コロニアル建築っぽいが、マカイ先生はカナダ人。
 海岸には人が多いが、ここまではあまり来ないのかな?
IMG_7194.JPG
 こういう場所は好きだな〜。
IMG_7197.JPG
 塔がある学校っていいよね。
IMG_7201.JPG
 更にうろうろ歩く。
 こういう場所では出来るだけ迷って沢山歩くんだ。
IMG_7203.JPG
 淡水河が見えた。
IMG_7204.JPG
 右側が海に出る河口。
IMG_7206.JPG
 「小白宮(前清淡水總稅務司官邸)」
IMG_7209.JPG
 この辺りは学校では無いので、大木が無く日当たりが良い。w
IMG_7210.JPG
 向こう側に「淡江高級中学」が見える。
IMG_7211.JPG
IMG_7212.JPG
 ノーコメントw
IMG_7214.JPG
IMG_7217.JPG
 再び、真理街に出て。
IMG_7220.JPG
 韓国人の女の子達について、ちょっと元に戻ってみる。
IMG_7223.JPG
 入っていいのかな。。
IMG_7224.JPG
 高級中学とはハイスクールなのね。
IMG_7226.JPG
 こいつら、平気でずんずん入って行く。
 よく考えてみたら、僕はオジサンなので観光客には見えないかも。w
IMG_7229.JPG
 おお!学校って感じ。w
IMG_7230.JPG
 JK発見!
IMG_7234.JPG
 韓国の子はスマホ大好き。ww
IMG_7237.JPG
 私もこういう古い付属校出身なので、凄く懐かしい。
IMG_7239.JPG
 小さなマカイ博士記念公園。
 後ろにある「尋根園」は制服を着た生徒がアルバイトをするカフェ。
 成績が悪くなると解雇されるそうだ。ww
IMG_7241.JPG
 こういう古い学校は、用務員さんしか知らない不思議な建物がよくあるものだ。
 私の中学校にも「インカ帝国の便所」という、なんだか分からない場所があった。ww
IMG_7250.JPG
 台湾では「スラムダンク」が大人気だ。
IMG_7251.JPG
 青春って感じだよね。w
IMG_7252.JPG
 懐かしくて涙が出てきた。
IMG_7253.JPG
 こういう環境で青春を送れるのは、本当に幸せなことだと思う。
IMG_7255.JPG
 あそこに、何十年か前の私がいる。
IMG_7256.JPG
 八角形の建物「八角塔」が淡江中学のアイコンらしい。
IMG_7258.JPG
 やっぱり名門校はサッカーじゃなくてラグビーだよね。w
IMG_7267.JPG
 日本統治時代はどうだったのだろ?
IMG_7268.JPG
 大きい子もいますね。
 高校3年生だろうか?
IMG_7269.JPG
 生徒に交じって近所の人も散歩に来ているみたいだ。
 そういうのはいいね。

 淡江中学は台湾の人気若手俳優周杰倫(ジェイ・チョウ)と桂綸鎂(グイ・ルンメイ)の「不能説的秘密」の舞台になった場所として有名でした。w
 このYouTubeは校舎の中がよく見れて貴重です。w
IMG_7270.JPG
 ますます淡水が好きになってきました。
IMG_7272.JPG
 台湾では、高校が進学実績を貼り出すんですね。
 日本より受験社会だからね。
 おお、推薦結果とな。
IMG_7274.JPG
 さあ、そろそろ駅の方に戻るかな。
 隣にある「新北市立淡水国民中学」。
 やはり公立はダサい。w

 

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(山手編)
09月20日(日):3日目台南観光
posted by アサノ | 06:20 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー2日目 淡水に行ってきた(海岸編)
IMG_7102.JPG
 MRT淡水站に到着。
 淡水は、台北市から淡水河を北上した河口の街である。
IMG_7103.JPG
 駅前はただの地方都市だ。
IMG_7106.JPG
 老街の方に歩いて行くと「淡水福佑宮」がある。
IMG_7107.JPG
 宗教が日常生活に埋め込まれている台湾が好きだ。
IMG_7109.JPG
 最近の日本では見ない光景ですね。
IMG_7118.JPG
 しばらくすると中正路と三民街の三叉路に出る。
 そこにある彫刻は、淡水にゆかりの深い「馬偕(マカイ)博士」の象。
IMG_7121.JPG
 路地の先に教会が見える。
IMG_7124.JPG
 この路地は馬偕街と言って、その奥に「淡水長老教会」がある。
 カナダ人宣教師、マカイ博士は1872年に台湾に来てから亡くなる1901年まで台湾の教育と医学の向上に貢献し数々の西洋建築も残している。
 マカイ像のある交差点から路地を入ってみると赤煉瓦造りの教会の隣にマカイ博士が建てた台湾最初の西洋式診療所「滬尾偕医館(ウーウェイチェイクァン)」がある。
IMG_7125.JPG
 これは韓国の男の子達かな?
IMG_7127.JPG
 淡水長老教会前の広場。
IMG_7128.JPG
 以前あった家の構造が分かる。w
IMG_7129.JPG
 淡水長老教会の全貌。
IMG_7131.JPG
 海辺に出てみると、マカイ博士の像がある。
IMG_7133.JPG
 流石スタバ!いい場所に陣取っている。
 ここから紅毛城に向かって海岸沿いを歩いて行こう。
IMG_7134.JPG
 淡水は夕日がきれいだそうだ。
IMG_7137.JPG
 いいですね、木陰で海を眺める。
IMG_7138.JPG
 こういうの中国語で「合作」というのか?
IMG_7139.JPG
 おしゃれなレストランやカフェが並ぶ。
 夜に誰かと来たいですね。
IMG_7140.JPG
 剪髪+珈琲+美景=200元という床屋さん。
 お客さんが外のベンチで海を見ながら待ってる。w
IMG_7143.JPG
 釣りをしている人がいます。
IMG_7145.JPG
 2階から夕陽を見ながら食事が出来るのでしょうか?
IMG_7147.JPG
 ここから紅毛城に向かって丘に上がる。
IMG_7148.JPG
 自転車ツーリング中の女性がいた。
IMG_7149.JPG
 レストランの壁が美しい。
 台湾の人って、日本人とは全然色彩感覚が違う。w
IMG_7150.JPG
 「紅毛城」に着いた。
IMG_7151.JPG
 ここのお庭からの淡水河河口の景色は美しい。
IMG_7152.JPG
 観光してる子ども達。
IMG_7154.JPG
 紅毛城(こうもうじょう)は古くはセント・ドミニカ城(聖多明哥城)、アントニー要塞(安東尼堡)と称され台湾新北市淡水区に残る古跡。
IMG_7156.JPG
 1628年、当時台湾北部を拠点としていたスペイン人により建設され、スペイン勢力撤退後はオランダ人により1644年に再建された。
 1867年以降はイギリス政府に租借され、当時のイギリス領事館が業務を開始し、それは1980年に中華民国政府に所有権が移管されるまで続いた。
 紅毛城は台湾に現存する最古の建築であると同時に、内政部により国家一級古跡に指定されている。
IMG_7160.JPG
 この建物は砦の隣の「イギリス領事館」。
IMG_7161.JPG
 裏に回ってみると。
IMG_7163.JPG
 マカイ博士が作った台湾で最も古い西洋式教育施設「牛津學堂(オックスフォード学堂)」の跡がある。
IMG_7164.JPG
 ここが起源になって、この淡水の丘の上に「真理大学」「女学堂」「淡江高級中学」などが出来て行く。
IMG_7165.JPG
 「真理大学」の教会。
IMG_7166.JPG
 キリスト教系の私立四年制総合大学。
IMG_7168.JPG
 日本でいうと「上智大学」や「国際基督教大学」みたいな感じか?

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(海岸編)
09月20日(日):3日目台南観光

posted by アサノ | 06:11 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー1日目 台北到着
DSC00464.JPG
 09月18日(金)、ツアーのメンバーが集合する前日に前乗りで台北に到着。
 昼過ぎに台北松山空港に着いて、iPadminiにプリベイドSIMを入れて、MRT中山站近くのホテルに荷物を置いて。
DSC00458.JPG
 MRT圓山站近くの 「丸林魯肉飯」に遅い昼飯を食いに来た。
DSC00459.JPG
 ここは、ガラスの中の惣菜を指さすだけで皿に盛ってくれるし。
DSC00461.JPG
 メイン料理は、日本語のメニューを指さすだけ。w
 台湾初日は、まだ心体共に台湾化していないので、このくらいの方が良い。w
 因みに、円と台湾元のレートは371円:100元。
 魯肉飯と冬瓜排骨湯で300円弱だ。
 食事後、ぶらぶらと中山のホテルに戻る。
DSC00466.JPG
 大好きだった「山東水餃大王」はつぶれたのか移転したのか、夜に来ようと思っていたのに残念だ。
DSC00467.JPG
 「双城街夜市」を通って。
DSC00468.JPG
 昼間もやっているんですね。
DSC00469.JPG
 裏道を歩きながら、明日の朝ごはんを食べる店を探す。w
DSC00471.JPG
 「大欣大飯店」で少しうたた寝した後、晩ごはんを食べがてら飲みに出てきた。
 ダーシンホテルは、予算が無い時によく使う。
 フロントのジイさんがカタコトの日本語を話すので、古いことと、WiFiがしょぼいのと、朝飯が不味いの以外は便利だ。ww
DSC00473.JPG
 なにが便利なのかと言うと、駐在員御用達の飲み屋街「林森北路(リンセンペイルー)」がすぐ近くにあるからだ。w
DSC00472.JPG
 こういうお店がずらりと並ぶ。w
DSC00474.JPG
 僕は大人なので、もうそういうお店には興味が無くて。
 滷味(ルーウェイ)でもつまみながらビールでも飲もう。
DSC00476.JPG
 金曜日の夜の割には、客足が少ない。
 お店の前の紙銭のちょろりとしか燃やして無かった。
 右側の庶民的な食堂街に移動。
DSC00478.JPG
 この通りは、結構好きなんだよね。
DSC00479.JPG
 でも、結局ほとんど食べずにホテルに戻った。
 東京でギリギリまで働いてたから、今夜はぐっすり眠るぞい。

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
posted by アサノ | 06:14 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site