経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
2016年春台湾南部の旅 7日目恐怖の南部横貫公路

P1020830.JPG

 3月16日(水)の午後、池上で鉄路便當を食べた後、風の強い海岸部を離れて山の方に来た。

P1020833.JPG

 ズバリ勘が当たって、こちらは雨も風も弱い。

P1020834.JPG

 ここは「南部横貫公路」と言って、台東から台南へ台湾の険峻な山岳地帯を越える道路があるのだ。

01.jpg

 これは凄い。

 日本人は、台湾の海側しか知らないが、実はもの凄いアルプス級の山岳地帯があるのだ。

P1020836.JPG

 おお!台南まで204劼、今日中に山越え出来るかな?

P1020839.JPG

 と思ったら、台南方面は行き止まりらしい。

 がっくり。。

 この辺りまでは行けるらしいので、行けるところまで行ってみよう。

 多少の崖崩れなら、車じゃやないから突破して。

 日本では結構やってた。オフロードバイクだけど。w

P1020840.JPG

 どんどん登って行くと、原住民ブヌン族の領域に入ってきたようだ。

 いわゆる首狩り族ね。昔は

P1020843.JPG

 本当にやばい所はバイク止める勇気が起きないぐらいだったので。

 何とか止めれたところで写真撮った。

P1020844.JPG

 雪が解けたばかりの3月なので、あちこちが崩れていて危なくて先に行くのはやめようと判断。

P1020850.JPG

 途中に部落があったので、バイクを止めて徒歩で登って来てみた。

P1020848.JPG

 小高い場所に大砲が据え付けてある。

P1020846.JPG

 「霧鹿砲台」は、日本統治時代に原住民ブヌン族を鎮圧するために、日露戦争で鹵獲したロシア製の大砲を据え付けたものだそうだ。

 「霧鹿」という村の名前からして山深い。。

P1020847.JPG

 映画の「セディック・バレ」の世界そのもだ。

 この映画は「霧社事件」をモデルにしたものだ。
 私は2回観た。

P1020851.JPG

 まるで映画の「アラモの砦」に出てくるような伝道所。

P1020856.JPG

 現在の原住民の人たちの住宅。

P1020855.JPG

 ブヌン族は「布農族」って書くのか?

 日本統治時代の同化政策か?

P1020854.JPG

 たき火してた。

P1020859.JPG

 「霧鹿部落」はいいところだ、もう少し気候の良い季節に来たいな。

 紅葉の秋とか。

P1020861.JPG

 谷沿いに水平に道が見える。

P1020858.JPG

 やむなく、来た道を帰ろう。

P1020862.JPG

 だいぶ下りてきたら、平地に田んぼと民家があってホッとした。w

 雨は止んだようだが、どちらに向かおうか?

 


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:20 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 7日目池上飯包を食べに雨の中を行く

P1020793.JPG

 3月16日(水)7日目の朝。

P1020797.JPG

 台東の住宅街にある宿から、そっと静かにスクーターを引張り出す。

P1020800.JPG

 朝食は、宿で貰ったチケットの使えるカフェで。

P1020799.JPG

 毎日台湾めしなので、朝はコーヒーで。

 奥にいる子たちは、昨夜1階に泊まっていた子みたい。

 外に置いてあった靴と同じものを履いてるので。ww

P1020801.JPG

 スクーターや自転車専用道路。

P1020805.JPG

 雨がそぼ降る国道9号線を北上する。

 2010年に、台東から花蓮までの海岸線約170kmを花東公路(海線)をバスで通ったことがあったので、今回は通ったことの無い花東公路(山線)を選んでみた。

 ちなみに汽車が走っているのは山線側ね。海線の公共移動手段は日に3〜4本のバスのみ。

 午前中の目的地は池上郷の台鐵便當の聖地「池上飯包文化故事館」だ。w

P1020806.JPG

 途中ガソリンを補給。

 寒くて、指がかじかむ。。

P1020809.JPG

 池上郷に入ると、一面の水耕地帯が広がる。

P1020814.JPG

 やっと到着。

P1020815.JPG

 カッパを持ってきていないので、かなり辛かった。w

P1020817.JPG

 「池上郷(ちじょうきょう)」は台東県北部に位置し、北は花蓮県と接する花東縱谷(かとうじゅうこく)に属する平坦な地形となっており、特産の池上米は台湾最高の品質として有名である。

 住民は原住民であるアミ族が多くを占める。

P1020819.JPG

 池上米は台湾のコシヒカリとも言われて、日本統治時代には天皇も食していたそうだ。

 お米がおいしいことから、そのお米で作られた「池上弁当」も有名。

P1020820.JPG

 さて、お目当ての池上飯包を食べようかの。w

P1020821.JPG

 お弁当の歴史は日本統治時代にさかのぼり、花蓮〜台東間の列車に乗った乗客は、池上駅で必ずホームで販売している駅弁を買ったとのこと。

P1020824.JPG

 鉄路弁当は真ん中にドーンとのっかっているブタ肉が圧巻。

P1020825.JPG

 寒かったので、勝手に鍋から注げるスープを何杯もお代わりしちゃった。

P1020826.JPG

 さて、この雨の中を花蓮まで行くか、台東まで戻るか。考える。。

P1020829.JPG

 やけくそになり、自分の運を信じて風の強い海岸線の花東公路(海線)に向かわずに、山線からも離れて山の中に向かう。

 この時点で、かなり危ない選択だ。w

 


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:17 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 6日目台東の夜

 

 

P1020742.JPG

 3月15日(火)の夜。

P1020743.JPG

 宿の人がいつになっても来ないので、駅の方に散歩に来た。

P1020740.JPG

 駅前の公園にランタンが並ぶ。

P1020745.JPG

 結構寒い。。w

P1020739.JPG

 スタバがあった。ww

P1020750.JPG

 昼間ユニクロでパーカー買った建物。

 シネコンなのか?

P1020747.JPG

 汽車が走っていない旧台東駅。

 鉄道芸術村っていうのになってる。

P1020751.JPG

 ホームもイベントスペース。

 以前来た時は、早朝ババ達がジャズダンス踊ってた。

P1020753.JPG

 前に来た時泊まった「金龍商務旅館」ビジネスホテルね。

P1020754.JPG

 晩ごはん食べなくちゃ。

P1020755.JPG

 レンタルバイク屋さんもあるね。

P1020756.JPG

 この辺りが台東のメインストリート。

P1020757.JPG

 ほんのちょっとだけど。

P1020758.JPG

 市場でものを詰めるナイロン袋の工房。

P1020760.JPG

 「台東市中央市場」夜だから閉まってた。

P1020761.JPG

 鴨の頭だけの屋台。

P1020762.JPG

 少し街の中心地からはずれると。

P1020763.JPG

 生鮮食品さん街がある。

P1020764.JPG

 八百屋さん。

P1020765.JPG

 果物屋さんが多い。

P1020766.JPG

 ビワか?

P1020767.JPG

 なんという果物だろうか?

P1020768.JPG

 レモンを絞ってる。

P1020769.JPG

 ビタミンC補給。。

P1020770.JPG

 台湾は自転車が盛んだ。

P1020771.JPG

 おお!リンナイだ。

P1020772.JPG

 一般家庭はプロパンガスだからね。

P1020773.JPG

 ビンロウ屋さん。

P1020782.JPG

 もうお店が無くなっちゃうので、そろそろどこでもいいから入ろう。

P1020780.JPG

 なんだかうどんみたいなものを食べた。

 未だかつて台東で美味い物を食った記憶が無い。台湾では珍しいことだよ。w

P1020784.JPG

 床屋も行きたい。

P1020788.JPG

 暗い住宅街に帰って来た。

P1020787.JPG

 「毛毛㐂」児童・哲学と書いてあるから本屋さんか。

 住宅街の中にこういう店があるから台湾は凄いと思う。知的だ。。

P1020789.JPG

 「小時光」はどこだ?

P1020790.JPG

 あったあった。

 なんだか郊外の我が家に帰って来たパパの気分。w

P1020792.JPG

 女の子の靴が2足増えてる。

IMG_9190.PNG

 部屋に戻ったら、女の子が上がって来て。

 オーナーだと言う。

IMG_9189.PNG

 いろいろ説明をして、後はLINEでね〜みたいな感じで帰ってしまった。

 面白いですね。ww

 今日は疲れたので寝る。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:18 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 6日目台東に到着(民宿小時光)

P1020720.JPG

 3月15日(火)の夕方。

 日が暮れる前に予約していた宿を発見!

 台東「民宿小時光(Little Time Guesthouse)」という。

 丹東の市街地からは少し離れた場所にあったので、少し心配であったが。

 Google Mapのおかげで無事到着できた。

P1020721.JPG

 中を覗いたが鍵は開いているのだが、誰もいない?

P1020716.JPG

 とりあえずスクーターを駐めて。

P1020714.JPG

 鍵が開いているので、中に入ってみた。

P1020715.JPG

 しばらく待っていたが、なかなか誰も来ないので。

P1020722.JPG

 私の部屋は2階かな?

P1020710.JPG

 おお、素敵な部屋だね。

P1020712.JPG

 畳の小上がりがある。

 予約した時に「Japanese Style」と選んだから、この部屋だろうと思う。

 2部屋しか無いみたいだし。w

P1020725.JPG

 清潔なトイレ。

P1020726.JPG

 シャワー!

P1020727.JPG

 最近の台湾は、こういう古い建物をリノベーションして、若者がゲストハウスやカフェをやるのが流行っている。

 今回の旅は、そういう場所を廻るのも目的のひとつだ。

 田舎だと思っていた台東でこのクオリティは意外だった。w

P1020724.JPG

 しかし、なぜか日本の同じようなビジネスよりミニマルな美しさがあるんだよね。

P1020729.JPG

 我が家にもこんな2畳ぐらいの場所が欲しい。w

P1020731.JPG

 先ほど駅前のユニクロで買ったパーカーを着込んでる。w

P1020733.JPG

 テレビでは「日家電3巨頭崩壊?」とかやってる。

P1020738.JPG

 ああ、こんな風に報道されているんですね。

 それにしても、誰も来ないがこの部屋で寝ちゃうぞ〜。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:17 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

P1020649.JPG

 強風の海岸部から、なんとか内陸に入ってホッとする。

 森の中を進んで行くと。

P1020651.JPG

 最奥部の「牡丹郷」まで来たようだ。

P1020652.JPG

 原住民「パイワン族」の土地である。

P1020660.JPG

 小学校があった。

P1020655.JPG

 「牡丹園国民小学校

P1020658.JPG

 学校の前で記念撮影。

P1020661.JPG

 この辺りは風が無いので、少し気が緩む。

P1020663.JPG

 この土地は、明治4年に起こった宮古島から台風で遭難した人達を原住民が虐殺した「宮古島島民遭難事件」のあった場所で。

 その後の日本初の海外出兵である「台湾出兵」のきっかけともなった事件である。

P1020665.JPG

 薄手の防風パーカーの下はTシャツのみ。寒いよ〜。w

P1020667.JPG

 本当に山の中の奥地の奥地。

P1020671.JPG

 あれれダムがあった。

 ここは「牡丹水庫」というダム湖ですね。

P1020670.JPG

 わりと新しめの集落がある。

 だいぶ本来行く方向を間違えてしまったらしい。

 牡丹郷まで戻って、北上して寿卡鉄馬駅站まで行き国道9号線に入らないと。

P1020673.JPG

 がっくりきたけど、頑張ろう。

 走っていると、樹林が果てしなく続き、この恒春半島の中央山脈からいつになっても出れないのでは無いかとの錯覚に陥る。

 軽く走るつもりだったのが大誤算であった。w

P1020685.JPG

 なんとか国道9号線に合流出来て、大きな幹線道路を快適に走って距離を稼ぐ。

P1020684.JPG

 ホッとしたら、全然何も食べていなかったことに気が付く。

 休憩しよっと。

P1020683.JPG

 国道沿いの食堂に入り。

P1020675.JPG

 「搾菜肉糸麺(ザーサイと細切り豚肉麺)」

 凍えきった空腹に、涙が出るぐらい美味しかった。

P1020681.JPG

 「蛋炒飯(卵チャーハン)」パラっとしていて美味い!

P1020686.JPG

 さあ!台東まであと少しだ。

P1020687.JPG

 これからは風の強い海岸線を北上する。

P1020689.JPG

 「太麻里399K」というのは景色のきれいな海岸線らしいが、今はそんな景色を見る余裕が無い。w

P1020691.JPG

 遠くに見えるのは、花蓮と太魯閣の山か。

P1020697.JPG

 もう16時をまわって、日が暮れる前に台東に着かないと宿探しが大変だ。

 海岸線と山道では、時間の読み方が全然違った。

 特にスクーターは非力なので、山道は時間が思ったよりかかるね。

P1020701.JPG

 そろそろ台東。

P1020702.JPG

 到着!

P1020704.JPG

 ここは昔の駅で。

 本物は郊外にある。w

P1020706.JPG

 へとへとというか、寒さで体がコチコチ。

P1020708.JPG

 駅前に新しいショッピングモールが出来ていた。

P1020709.JPG

 おお!ミスドが、文明っていいな〜。ww

P1020707.JPG

 ユニクロでウルトラライトダウン買おうと思ったら、もう夏物に入れ替わっていて長袖シャツすら無い。

 やっとペラペラのフードパーカーを見つけて購入。

 さあ、宿探しだ。
◇本日の走行:188.3km


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:10 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 6日目台湾の最南端墾丁に行く

P1020579.JPG

 3月15日(火)6日目の朝。

 昨夜、民宿の部屋のドアを誰かがどんどんと叩いたので出てみると。

 民宿息子がヌボ〜と立っており。(うちの息子みたいだw)

 「メシ」と日本語で一言。。朝食券をくれた。

 この宿では朝食は出ないのね。

P1020581.JPG

 その券を持って店を探したら、なんとハンバーガー屋さんだった。w

 まあ恒春はリゾートだからね。

P1020582.JPG

 朝食を食べたら、この旅のメインイベント台湾最南端の墾丁に向かう。

P1020583.JPG

 今にも雨が降り出しそうで風が強い。

P1020585.JPG

 このパームツリーのなびき方を見て下さい。ビュ〜!

P1020586.JPG

 途中で見つけた小さな漁港。

P1020589.JPG

 水が透明だ。。

P1020588.JPG

 なんだか南に来たな〜と思う。w

P1020590.JPG

 本日は台湾の南の果てを目指します。

P1020593.JPG

 スクーターカップル。いいなw

P1020594.JPG

 1人で強風の南の果て「懇丁最南點」を目指します。寒い

P1020596.JPG

 うお〜!やって来ました。

 風が強くてスクーターが飛ばされそうだ。

P1020598.JPG

 ここまで来ると台湾の東海岸が見えてくる。

 いまここ。

P1020601.JPG

 果てというのは北海道でも沖縄でも台湾でも北南を問わず同じ雰囲気だ

 この海の先は、台湾とフィリピンの間に横たわるバシー海峡だ。

 戦争中に、日本の輸送船がアメリカの潜水艦に200隻も沈められ25万人もが死んだ「輸送船の墓場」と呼ばれた悲しい場所でもある。

P1020604.JPG

 ここにもスクーターカップル。w

 車はほとんど見ないな〜。

P1020606.JPG

 「單車環島」の若者たちだ。

 私もいつかは「機車:スクーター」ではなく「單車:自転車」で「環島:台湾一周」をしてみたい。

P1020608.JPG

 一旦海岸部を抜けて、内陸に入る。ホッ

P1020609.JPG

 ここまで来れば風の脅威は無い。

P1020614.JPG

 牧歌的は光景が広がる。

P1020618.JPG

 朝から強い風と寒さでヘトヘトだったけど、心が和んだ。

P1020620.JPG

 スクーターは快調だ。

P1020621.JPG

 満州郷の街にやってきた。

 いまここ。

P1020622.JPG

 古いレンガ造りの建物があった。

P1020623.JPG

 どうやら郷公所という昔の役場らしい。

P1020624.JPG

 満州郷というのは日本人がつけたらしいが、中国東北地方の満州とは意味が違うらしい。

 どうも臭いという意味らしいよ。硫黄とか獣の腐臭とか。w

P1020629.JPG

 進んで行くと「信天宮」という廟があり。

P1020626.JPG

 小高い境内から村々を見下ろす。

 日本の田舎と変わらない。w

P1020632.JPG

 再び海岸線に出て。

P1020634.JPG

 東海岸を北上する。

P1020638.JPG

 地図上ではたいした距離では無さそうであるが、時間がかかるのは道がワインディングだからだろうか。

 海岸線を北上する。

P1020640.JPG

 まったく対向車にも会わない。

 この道で良いのか心配になってきた。w

P1020643.JPG

 こうなると、何とか大きな道路に出ようとか、ランドマークは無いかとがむしゃらに走り続けて。

P1020644.JPG

 ゆっくりとスクーターを停めてGoogle Mapを見る余裕が無くなってくる。

 まあ、本格的なツーリングは今日からなので、とことん追い込まれた方が体が旅仕様になってよろしい。w


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:23 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 5日目恒春で泊まる

P1020498.JPG

 3月14日(月)の夕方、恒春の街に出てみた。

P1020501.JPG

 賑やかな場所に警察署らしき建物が。

 郵便局もあるし、ここが街の中心だろう。

P1020502.JPG

 警察署の前に、大きめのアパートメントホテルがあった。

 「旅行公寓恒春

P1020500.JPG

 どこの街に行っても「老街」を歩いてみればはずれは無いか?

P1020503.JPG

 古いお店と。

P1020504.JPG

 わりとなんの変哲もない通りがちょっとあるだけ。

P1020508.JPG

 街から少し離れたら、都会には無い南国っぽい住居があった。

P1020509.JPG

 近くに公園が。

P1020510.JPG

 何もない街なので、ちょっくら覗いてみるか。

P1020511.JPG

 かなり荒れ果ててる。w

P1020512.JPG

 頂上に登っても、見えるのは廃屋だけ。

 恒春は観光の街じゃないんだね。

P1020514.JPG

 城壁があった。

P1020517.JPG

 ここは恆春古城西門というらしい。

 恒春は城塞都市なんだね。

P1020519.JPG

 ちょっと素敵そうなお店発見!

 この辺りだな。

P1020543.JPG

 「SPOON in POCKET

P1020525.JPG

 おしゃれな店内。
P1020527.JPG

 台湾では若者たちが、古い建物をリノベしてカフェやホステルにするのが流行っている。

P1020529.JPG

 今回の旅は、そういうお店を見つけるのも目的の一つだ。

P1020523.JPG

 1日1軒は見つけたいので、今日は満足じゃ。w

P1020536.JPG

 コーヒーを飲んで、長かった一日を振り返る。

P1020540.JPG

 ここが台湾の南の果てか?

P1020546.JPG

 MIT石井先生の3つのフォース「出杭力」「道程力」「造山力」に次ぐ「客集力」。w

P1020548.JPG

 台湾もここまで来ると「池上飯包」の勢力圏なんだ。ww

 明日買ってみようかな。

P1020549.JPG

 一度民宿に帰って来た。

P1020550.JPG

 恒春は海が近いので、夏は長期滞在する人が多いのかも。

P1020551.JPG

 チェックインの時だけいたおかあさんが、水はここから勝手に持って行ってね。とかw

P1020552.JPG

 うちより立派なキッチン。ww

P1020567.JPG

 夕食を食べに、再び出撃。

P1020568.JPG

 恒春は鴨肉(家鴨)屋が多い。

P1020569.JPG

 焼いとる。。

P1020570.JPG

 蒸し物屋さんだね。

 肉羹は「肉と魚を練り込んだつみれ」ね。

P1020571.JPG

 鶏の唐揚げ屋さん。

P1020553.JPG

 おお!「海角七号」とな?

 私は、この映画を観たからここに来たのです。

 「海角七号 - 君想う、国境の南 -

P1020554.JPG

 路地に入ったこの店が、一番猥雑そうなので入ってみることにした。

 「恒春鄉村冬粉鴨

P1020564.JPG

 私のような一人旅の人間には、鴨肉屋ってこてこての料理でもないし、ビールも飲めるので便利なんです。

P1020555.JPG

 まずは鴨肉のぶつ切りで台湾ビール!

P1020561.JPG

 しめには、鴨の骨でとったスープの米(冬)粉麺。

 体に沁みます。

P1020573.JPG

 ぶらぶら歩いて、サーフボードのあるカフェとか覗いて。

P1020575.JPG

 南門はライトアップされてきれいだ。

P1020576.JPG

 明日は、台東まで走るので早く寝ようか。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端に行く

3月15日(火):6日目台湾出兵の元となった牡丹社へ

3月15日(火):6日目台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:27 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 5日目スクーターをレンタルして恒春へ

DSC00334.JPG

 3月14日(月)のお昼頃、高雄火車站に着いて。

DSC00336.JPG

 駅を出たら、すぐ左手の交差点を渡ると。

 「春天機車出租」がある。

DSC00341.JPG

 機車(スクーター)出租(レンタル)の意味ね。

 向こうに高雄火車站が見えるでしょ。

DSC00343.JPG

 こんなババでもスクーター借りて行く。

DSC00349.JPG

 孫を積んで、さあ出発だ!

 ヘルメットが反対くさい。w

DSC00345.JPG

 24時間営業と書いてある。

 借りる時には国際免許じゃなくて、日本の免許証の中国語訳が必要。

 JAFで作ってくれるので忘れないように。

DSC00346.JPG

 レンタルヘルメット。

 私はシールド付きのものを日本から持ってきたので、これは被らなくて済んだ。w

 前がよく見えて、頭にフィットしたヘルメットは、ある意味生命保険みたいなものだ。

DSC00347.JPG

 いろいろ、台湾のキムコとかと比べて、選んだのはホンダの150cc。

DSC00348.JPG

 「おっ!オイル汚いな。換えとこうか。」と信頼感高し。w

DSC00351.JPG

 いつも忘れるので、写真撮っておこう。

 「2234.7km」からスタート!

 本当に新しい車体だった。

DSC00352.JPG

 オイル交換している間見ていても、お客さんが引きも切らず来る。

DSC00354.JPG

 社会インフラが整っていないから、スクーター借りた方が便利なんだろうね。

 僕らが函館とか行ったら、空港でレンタカー借りる感じか。w

DSC00355.JPG

 皆、キャリーバックを足元に置いてる。

 ハードケースの方が雨にも強くていいのかもね。

DSC00358.JPG

 では、出発!

 台湾のレンタルスクーターは、ちゃんと借りた時点で満タンでした。ww

DSC00360.JPG

 しばらく都市部を走って来たんだけど。

 Google Mapは自動車専用道路を表示しちゃうんで結構困った。

DSC00361.JPG

 やっと海岸線に出て休憩。

DSC00362.JPG

 空は今にも泣きだしそうで、薄着のため寒い。。

DSC00364.JPG

 なにしろ今夜の宿のある恒春に向かってひたすら走る。

 まだスケール感が出来ていないので、Google Mapを見てもどのくらい時間がかかるか見当がつかないのが痛い。

DSC00366.JPG

 ただ、150ccのスクーターとはいえ、流石に台湾で売ってるだけあってパワーは意外とある。

P1020496.JPG

 やっと明るいうちに台湾南端に近い街「恒春」に到着!

P1020495.JPG

 早速、予約をした民宿を探す。

P1020493.JPG

 なんだか街外れに新興住宅街があって、一角が民宿街になってる。

P1020492.JPG

 おお!どうもこの辺りらしい。

P1020491.JPG

 本当にGoogle Mapさえあれば世界中どこでも行けるな。w

 隣の民宿「大鼻旅店」はgoogle Mapに載ってた。

P1020489.JPG

 私が泊まるのはこちらの「角間56」民宿。

DSC00368.JPG

 民宿と言っても、東京の我が家よりも広くてしっかりした造りだ。w

DSC00371.JPG

 いつも思うけど、台湾や中国本土の建物ってしっかりしてる感が半端ないよね。

 日本は耐震建築だから柔構造なのか?

DSC00369.JPG

 バスルームも広くて清潔。

DSC00370.JPG

 荷物を置いて、着替えたら街に出てみようか。

DSC00372.JPG

 この辺りは新しい建物ばかりだ。

DSC00373.JPG

 廟は必ずどこにでもある。w

 

◇本日の走行:107.0km


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:26 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 5日目高雄に向かう

DSC00310.JPG

 おはようございます3月14日(月)の朝。

DSC00312.JPG

 「四海豆漿大王」で朝ごはん。

 ここは夜から朝まで営業するお店。

 酔っぱらった時と、朝ごはんに豆漿を飲みに来る。

DSC00315.JPG

 8mm Cafeでコーヒー。

DSC00317.JPG

 チェックアウトするのにイガラシが来るのを待ってたら。

DSC00314.JPG

 遅れて来たくせにコーヒー飲んでる。

 イタリア人みたいなやつだ。w

DSC00318.JPG

 3人で台南火車站に来た。

DSC00324.JPG

 暑いと思ってTシャツとか着て来たのに、結構寒くてダウンとか着ている人がいる。

DSC00326.JPG

 この後、寒さに耐えられるだろうか?

DSC00328.JPG

 ここから、イガラシは高鐡(新幹線)で台北に戻り、日本に帰るらしい。

DSC00329.JPG

 私とコンノは、約30分の汽車旅で、台湾第2の都市高雄に向かいます。

 ドン行だと1時間だけど、僕らは自強号(特急)なので30分。w

 ちなみに急行は莒光号っていいます。

DSC00334.JPG

 高雄火車站で高雄国際空港に地下鉄で向かうコンノと別れて。

DSC00330.JPG

 私は駅の売店で「台鐡便當」を買ってランチ。

 以降、一人旅である。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:24 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 4日目今夜の台南めし(山根寿司)

P1020488.JPG

 3月13日(日)の夜。

 8mm Cafeのすぐ隣にある「Fundi Guesthouse」。

 夕方になると管理人が家に帰っちゃうので放置プレイ好き向き。

DSC00273.JPG

 今夜はちょっと南側に行こうと西門路二段に来たら、「啤酒(ビール)」の文字が。

 ここね。

DSC00272.JPG

 世界中のビールがありそうだ。w

DSC00267.JPG

 わざわざ台南まで来て、世界のビールを見て喜ぶイガラシ。

DSC00268.JPG

 食事もしないうちから飲む。w

DSC00276.JPG

 どこで食べようか探しながら歩く。

DSC00274.JPG

 歩く。

DSC00275.JPG

 歩く。

DSC00277.JPG

 台南は美食の都なので、なにを食べたら良いか迷う。

DSC00278.JPG

 ずっと歩いて来たら「赤崁楼」の近くまで戻って来ちゃった。

DSC00280.JPG

 赤崁楼近くにある「山根寿司」は、かなりの人気店。

DSC00279.JPG

 日本風のお寿司も当然ある。

 赤崁楼の斜め向かいだ。

DSC00281.JPG

 満員みたいで席を探すのが大変だ。

DSC00282.JPG

 他の席のおねえさんに注文の仕方を訊くコンノ。

 台湾の人はみんな優しい。

DSC00290.JPG

 華和混合。w

DSC00295.JPG

 面白いお店でした。

DSC00296.JPG

 赤崁楼ではコンサート中。

DSC00301.JPG

 怪しげな洋館の近くを歩きながら。

DSC00302.JPG

 ふらふら帰る。

DSC00303.JPG

 駐車場。

DSC00304.JPG

 ルンルン

DSC00307.JPG

 結局、いつものバーへ。

DSC00306.JPG

 明日は高雄へ行き、スクーターを借りて一人で旅に出る。

 あまり飲み過ぎないように。

DSC00308.JPG

 夜半から大雨になった。

 明日はやみますように。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし(山根寿司)
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:21 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site