経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
Xデザイン学校 アドバンスコース 第5回 融けるデザイン

IMG_2129.JPG

 09月07日(木)もう半ばとなる第5回は、明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 准教授渡邊恵太先生による「融けるデザイン」の講義。

IMG_2132.JPG

 先生が語られる「自己帰属感」の話は、IoTにおけるデータをAIからユーザーにフィードバックする時に重要な話。意外とここに言及する人は少ない。

 

◇自己帰属感:

 ユーザーの操作がリアルタイムに近い形でフィードバックされ、現実世界とコンピュータ側の世界との境界がなくなり身体の延長線のように感じられること。

 「今日のPC重いな〜。」「サクサク動く」みたいな感覚。

 もう少し分かり易く言うと。

 自己帰属感=動いているのは俺の手だ感(by 渡邊恵太)

 

◇2017年度アドバンスコース・アーカイブ

05月11日(木):第1回イントロダクションとテーマ設定

06月08日(木):第2回調査と分析

07月06日(木):第3回発想・コンセプト

08月03日(木):第4回プロトタイプ・評価

09月07日(木):第5回融けるデザイン

 

posted by アサノ | 07:22 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校 ベーシックコース 第4回 UXリサーチのための認知科学入門

P1020569.JPG

 08月19日(土)、ベーシックコースの第4回目。

 前回に引き続き、講師に奥泉直子さんをお招きして。

P1020568.JPG

 今回のテーマが「UXリサーチのための認知科学入門」。

 前回が「UXリサーチ設計」。

P1020588.JPG

 本人は未だに人に教えるのは嫌いだというが。

 数年前から、絶対に教員としての才能があると思って、ことあるごとに講師をお願いしているのだが。

 今日の講義は「ブレイクしたな!」というぐらい良かった。

 なんだか、歌手がひと皮むけた時みたいな、声の通りが違うんだよね。

 あれって自信なのか、何んだか分からないけど突き抜けた感じ。

 前回の資料も事前に見せて貰って「今までで一番いいんじゃない。」と言ったぐらいだから。

 講義内容のコンテキストが、スッと納まって来たのかな。

P1020604.JPG

 ちなみに受講生に関しては「インタビューの掘り下げが甘い。」そうだ。

 それが言える講師は少ない。ww

 

◇Xデザイン学校 2017年度 ベーシックコース アーカイブ

05月20日(土):第1回 ブートキャンプ

06月17日(土):第2回 ビジネスインタビュー

07月15日(土):第3回 UXリサーチ設計

08月19日(土):第4回 UXリサーチのための認知科学入門

09月24日(土):第5回 ペルソナ作成と上位下位関係分析

posted by アサノ | 07:21 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校 アドバンスコース 第4回 プロトタイプ・評価

20616883_1950720815215522_5463121514769985706_o.jpg

 8月3日(木)、第4回目の講義は私の「プロトタイプ・評価」。

 HCDではユーザーの操作評価を中心に行って来たが、これからはユーザーの行動を理解しないと設計出来ないという話。

IMG_1618.JPG

 お盆前で皆さんお忙しいらしく、出席率が40%ぐらいで驚いた。
 その分、来たチームはじっくり話を聴くことが出来て良かったかも。

 進行中のプロジェクトは、インタビュー結果がそろそろ出揃ってきて問題が見えて来たようである。

IMG_1621.JPG

 先月は休んでしまったので、ワープした感はあるが、各チームの課題も徐々に見えてきた。

 

◇2017年度アドバンスコース・アーカイブ

05月11日(木):第1回イントロダクションとテーマ設定

06月08日(木):第2回調査と分析

07月06日(木):第3回発想・コンセプト

08月03日(木):第4回プロトタイプ・評価

09月07日(木):第5回融けるデザイン

 

posted by アサノ | 07:28 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校 アドバンスコース 第3回 発想・コンセプト

01.jpg

 07月06日(木)、DMM.makeAKIBAにて第3回目。

 本日は、最終の新幹線で大阪入りしなくてはならないため、途中でおいとましてしまいごめんなさい。

 

 山崎先生の講義の途中までで出て来てしまったが。

 先週台湾で喉の奥に刺さった小骨のような疑問が解けたのは良かった。

 川喜多次郎の「W型問題解決モデル」のスタートは単純な「仮説」では無くて、知識の収納庫からの問題提起なんだな。

 ちょっとホッとして東京駅に向かいました。w

 

◇2017年度アドバンスコース・アーカイブ

05月11日(木):第1回イントロダクションとテーマ設定

06月08日(木):第2回調査と分析

07月06日(木):第3回発想・コンセプト

08月03日(木):第4回プロトタイプ・評価

 

posted by アサノ | 07:24 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校 ベーシックコース 第2回 ビジネスインタビュー

IMG_1081.JPG

 6月17日(土)、ベーシックコースの2回目。

IMG_1079.JPG

 本日は、企業さんからテーマを頂く日である。

IMG_1082.JPG

 ビジネスインタビューは、まず企業のブランドを定義する為にある。

 どのように社会に貢献し、誰を幸せにするかをきちんと分かった上でユーザーの調査に入るのだ。

IMG_1083.JPG

 インタビュー結果をビジネスモデル・キャンバスに記述する。

 受講者は意外とこれをやったことの無い人が多かったが、何とかチャレンジして貰う。

IMG_1086.JPG

 テーマオーナーの企業さんたち。

 メーカーとIT系の2社さんからテーマを頂いた。

IMG_1087.JPG

 先ほどのインタビューで現状(As-Is)を聴いて描き、続いて自分たちで3年後(To-Be)を描き出す。

IMG_1089.JPG

 人間のスピードには3種類ある。

 1)フィジカルなスピード:人の3倍畑を耕す百姓はいない。

 2)思考のスピード:案件が出てから考えたり資料を集めたのでは遅い。常日頃から情報をインプットし続けよう。

 3)決断のスピード:「考えておく」と言って1週間放置する人間と、その場で電話やメッセで確認を取って決断を下す人間では。10,080分:5分の差がある。

 更に1週間寝かせる奴は、そういうものを何件も抱えていて、充分に考えていない。仕事の手離れの良い人間は常に1点に全力で取り組むので判断の質が高い。

IMG_1091.JPG

 未来が描けないというのは、日頃の情報収集が疎かであるからだ。

 学ぶと言うことは「自分に何が足りないか知ること」なのだ。

 息は吐けば、自然と肺に流れ込んでくる。

 何が足りないかを知れば、おのずと知識や情報は入って来るものだ。

 次回からは奥泉さんのユーザー調査が始まる。

 

◇Xデザイン学校 2017年度 ベーシックコース アーカイブ

05月20日(土):第1回 ブートキャンプ

06月17日(土):第2回 ビジネスインタビュー

07月15日(土):第3回 調査計画

posted by アサノ | 07:22 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校 番外編 フィールドワーク・トレーニング

P1010294.JPG

 6月11日(日)秋葉原のXデザイン学校アキバキャンパスにて。

01.jpg

 6月24日(土)〜25日(日)に台北で行われる「台湾ワークショップ」の事前トレーニングを行った。

P1010298.JPG

 約1時間のブリーフィングとチーム毎の調査計画で、それぞれ街に散って行った。

02.jpg

 台湾でのテーマが「日本人旅行者が、台湾人化(ヘビーユーザー化)して行く過程を探る」なので、そのパターンを集めてみようという訳だ。

P1010304.JPG

 ここで、すぐやってしまう失敗が二つある。

 一つ目は、その国に同化して行くプロセスを知りたいのに、単に困っている人を探してしまうこと。

 二つ目は、行動を観察して問いを立てないでいきなり回顧型のインタビューしてしまうこと。

 要するに、いきなり声をかけて「日本で困っていることはありませんか?」というのはUXリサーチとしては最低である。ww

P1010309.JPG

 私が遭遇した件は、白人女性に切符の買い方を聞かれたことだ。

 彼女は初心者で、自分が行きたい所までの切符が買えないで困っていた。

 そこで教えたのは「ICカードを買いなさい」ということである。

 ICカードを持っていれば、乗り換えや行先の間違いなど起こしても、少しだけ平気になれる。

 街を失敗を繰り返しながらプロトタイピングすることが、毎回切符を買うより格段に安易になるからだ。

 これは公共交通機関におけるヘビーユーザー化の一歩だと思う。

03.jpg

 一通りフィールドワークを行って、渋谷にあるインフォバーン社に再集合。

P1010324.JPG

 パターンを書き起こす。

P1010314.JPG

 いろいろパターンが出てきました。

P1010317.JPG

 ここで注意したいのは、困ってる人の問題(problem)を見つけて対症療法的な解決(solution)を考えてしまうこと。

P1010321.JPG

 問題(problem)はただ困っているのではなく、日本の社会システムに馴染めずに成長モデルの階段を登り切れていない状態だ。

 初めて寺社仏閣に行った時に、その参拝システムに馴染めないが別に困っている訳でも無いのが今回の問題(problem)である。

 ここで見つかるパターンは「隣にいる人と友達になり真似てみる」だ。ww

P1010326.JPG

 続いて、そのパターンを使って新しい「インバウンド消費を促すサービスをデザインする」だ。

P1010327.JPG

 ここは時間が30分ぐらいしか無かったが、どんどん良いアイディアが出てきた。

P1010335.JPG

 パターン化する時点でインサイトを得ているからだ。

 このチームのインサイトは秀逸だった「荷物が少ないほど旅慣れている」「旅慣れている人ほどお土産を買わない」。ww

P1010338.JPG

 皆優秀で面白かった。w

 サービスは拡張性がありスケール出来なくてはいけない。

 ビジネスは儲からなければ、どんな良いものでも続かない。

P1010340.JPG

 お疲れさまでした。

 奥泉先生も来て下さいました。

P1010343.JPG

 最後はいつものXのポーズ!

 

 

◇慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の「ラーニング・パターン・プロジェクト

posted by アサノ | 07:16 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校 アドバンスコース 第2回 調査と分析

19023431_1920126328274971_5339388121027761469_o.jpg

 6月08日(木)の夜。

 秋葉原のDMM.makeAKIBAにて、今年2回目の講座。

 今日は私の担当で「調査と分析」の講義。

 流石に上級者揃いなので「そんなこと知っとるわい」という反応。ww

01.jpg

 5月6月の怒涛のスケジュールが一段落すれば、なんとか落ち着くだろう。

 今年は2年目の受講者が多いので、授業がスムーズでやり易い。

 但し、22時頃講座が終わってから飲みに行くのはやめてくれ。ww

 

◇2017年度アドバンスコース・アーカイブ

05月11日(木):第1回イントロダクションとテーマ設定

06月08日(木):第2回調査と分析

07月06日(木):第3回発想・コンセプト

 

posted by アサノ | 07:16 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校海外研修 台湾ワークショップ

19105790_10213116334250171_3904863255147101766_n.jpg

 6月24日(土)〜25日(日)で、台湾に行って日本人と現地のUX、サービスデザイナー達とワークショップをやってくる。

 お互いに10名づつでやろうと決めていたのだが、人気があって日本からは15名が参加。

 日本人3名:台湾人2名でチームを作って、台北の街をフィールドワークして、日本人を対象としたインバウンド・サービスをデザインする計画だ。

 言葉の問題は、共通言語は英語で出来ると思うが、日台通訳の方も手配している。

 参加費は、会場、消耗品、通訳代などを合わせて2万円。

 ツアーでは無いので、現地集合現地解散の航空券もホテルも自分で手配の放置プレイ型研修旅行である。w

01.jpg

 http://peatix.com/event/263242/

 冬には台湾チームが日本に来てくれるので、今回のインバウンド・サービスの対象者をミラーリングしたワークショップを行おうと思っている。

 台湾から来てくれるお客さんが、日本にはまってくれるサービスね。

 DMM.com本社さんを会場に貸して頂く算段もついているので、楽しみだな〜。

 

 

 

posted by アサノ | 07:17 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校 ベーシックコース 第1回 ブートキャンプ

IMG_0959.JPG

 5月20日(土)、Xデザイン学校ベーシックコースの第1回目ブートキャンプが紀尾井町のヤフーさんで行われた。

IMG_0956.JPG

 イントロダクションとして各講師が自己紹介と学びについて話す。

 リサーチの奥泉先生。

01.jpg

 これが年間スケジュール。

IMG_0960.JPG

 プロトタイピングの脇阪先生。

IMG_0962.JPG

 チームビルディングのワークショップ。

IMG_0966.JPG

 皆さん、ある程度はブレストに慣れているようです。

IMG_0965.JPG

 次回、課題を下さる企業さんも見学に来ています。

IMG_0971.JPG

 プレゼンテーションも慣れたもの。

IMG_0978.JPG

 最後はXのポーズで記念撮影をして、懇親会にGo!

 これから1年間よろしくお願い致します。
posted by アサノ | 07:25 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月に台北でワークショップを行います

P1000855.JPG

 3月30日(木)、台北中山でランチミーティング。

P1000857.JPG

 連れて来て頂いた「高記」なにを食べても美味い!

 ここは中山店だが東門にも永康店があるらしいので、今度来た時には行ってみよう。

P1000859.JPG

 ランチミーティングのお相手は、台北のサービスデザイナー林承穀氏と国立台北藝術大学の林承緯先生。

 6月に行う、Xデザイン研究所主催の台北ワークショップの打ち合わせだ。

P1000862.JPG

 食後は連れ立って、WSの会場を視察に行く。

P1000863.JPG

 中山からMRTに乗って一駅の松江南京駅から歩いてすぐの場所。

 臺灣企業銀行の上の階。

P1000865.JPG

 ここですか?

P1000866.JPG

 「userxper

P1000867.JPG

 ここがワークショップ会場。

P1000869.JPG

 日本側10名、台湾側10名程度の参加者で行う予定。

P1000870.JPG

 両側から2名づつで混成チームを作って行う予定だ。

P1000873.JPG

 会場の壁に、我らが「Business Models Inc. Taipei 」のダイアンの写真があった。w

P1000871.JPG

 よしっ!会場はここで決定!!

P1000875.JPG

 IT企業のオフィスらしく休憩室も完備。

P1000876.JPG

 こういうところも日本と同じ。w

P1000877.JPG

 ユーザーエクスペリエンス(使用者経験)のコンサルティング業務をする会社らしいです。

 代表の方にご挨拶もして終了。

03.jpg

 一緒に行ったXデザイン学校アドバンスコースの山岸さんがまとめてくれた概要。

01.jpg

 かなり具体的に決まってきました。

02.jpg

 Xデザイン学校の海外研修は、現地集合現地解散が基本。

 なので、現地の参加費のみで。

 航空券や宿泊施設は、自分のふところ具合で選べるのがいいね。w

P1000854.JPG

 松江南京には、台北では有名なカフェ「Fika Fika Cafe」もある。

P1000851.JPG

 ここのコーヒーは美味しいですよ。

 PCを開いて仕事するスペースもあるよ。

P1000887.JPG

 帰る途中「台北アリーナ」のそばでSWAT発見!

P1000892.JPG

 対テロ対策の訓練中だったらしい。

P1000898.JPG

 プレス。

P1000899.JPG

 日本にはいないタイプのおまわりさん。w

P1000941.JPG

 装甲車まで登場!

P1000901.JPG

 では!6月24日に会いましょう!!

 ありがとうございました。

posted by アサノ | 07:17 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site