経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
デジタルサイネージ 市ヶ谷で打ち合わせ
DSC00227.JPG
 4月12日(火)、市ヶ谷のアークさんにて地震でずれ込んでしまった打ち合わせを行う。

 受付で担当者を呼び出すのも、就職活動学生のたしなみ。なかなか慣れないな〜。。
DSC00228.JPG
 このプロジェクトでは大活躍のマッツン。
DSC00229.JPG
 エディトリアルソフトも新機能を加えてバージョンアップ。
DSC00236.JPG
 4月中に近畿日本ツーリストさんにもサンプルを持って行くことになりました。

◇デジタルサイネージプロジェクト・アーカイブ
2010年11月30日:市ヶ谷で打ち合わせ
2010年12月21日:本校で打ち合わせ
2011年01月11日:横浜で打ち合わせ
2011年01月25日:市ヶ谷で打ち合わせ
2011年03月01日:近畿日本ツーリスト神奈川
2011年03月04日:学校で打ち合わせ
2011年04月12日:市ヶ谷で打ち合わせ
2011年05月10日:本校で打ち合わせ予定

◇デジタルサイネージ研究ブログ:http://yda-dsignage.jugem.jp/
posted by アサノ | 00:20 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
今期授業打ち合わせ
DSC00219.JPG
 FLASHの澤田さんと、富士通デザインの在家さんと組んだ授業の打ち合わせ。
DSC00215.JPG
 保育園をモチーフにした、そこに関わる人たちのライフログ・サービス。
 一人では煮詰まることも3人で話すと、あら不思議無事軟着陸しました。
DSC00221.JPG
 ついでに保育園に寄って、園長先生の話を聞いたり、子どもたちの日常生活を見学。
DSC00218.JPG
 年長さんたちから「アサノセンセイ!アサノセンセイ!!」と手荒い歓迎を受ける。。
 本授業は14日(木)9時からスタートです。
posted by アサノ | 00:09 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
第1回学生WebUX発表会
 先日池田くんと渋谷のサイバーエージェントで「料理のレシピ・サイト」を発表をした時に。
 先方のクリエーター採用担当者から「もっと学生さんを見たい。」という要望を頂きました。
 そこで計画したのが、下記のイベント。
 昨年行った「3校合同発表会」のバージョンアップ版です。
 
■イベント名:第1回学生WebUX発表会
■日時:2011年4月19日(火)15:00〜18:00
■場所:渋谷マークシティ23階 サイバーエージェント・セミナールーム
http://www.cyberagent.co.jp/company/access/tokyo.html
■内容:学生が自分の紹介・スキルと作品・プロジェクトのプレゼンテーションを行う。(15分)
■参加者:多摩美・千葉工大・専修大学・日本電子・YDAの教員の推薦を受けた9名
■聴講者:サイバーエージェント及びECナビの採用担当者とクリエーター
■学校関係の聴講者:先生及び発表はしないがWeb業界へ進みたい学生は可
■その他:終了後、学生側から企業側への質問会を行います。
■メリット:優れた発表をして認められた学生は、採用ステップのショートカットをします。
■申し込み:終了しました
■集合:14:45にマークシティ23階ロビー
■懇親会:発表会終了後、近くのECナビさんも見学予定。

 ここはECナビの社内バー「Ajito」。
posted by アサノ | 00:13 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
私の大きなイベント予定(4月〜6月)

■4月29日(金)〜5月5日(木)
香港・マカオ旅行
(3月17日〜3月22日のリベンジ)

■5月10日(火)16:00〜18:00
第5回新横浜ユーザビリティ研究会
http://kokucheese.com/event/index/9911/
テーマ:U'eyes Design特集
会場:本校701教室

■5月21日(土)午後
第7回情報デザインフォーラム
http://informationdesignforum.blogspot.com/
テーマ:インフォメーショングラフィックス
主査:情報デザインフォーラム・コミュニケーション研究会
会場:横浜山手
基調講演:中川憲造さま

■6月4日(土)14:00〜17:00
第4回WebUX研究会
http://kokucheese.com/event/index/9809/
内容:
第一部「コミュニティーの学び」
・基調講演:産業技術大学院大学 安藤先生
・社内の部活動:サイバーエージェント鈴木
・他社との交流ShibuyaUX:GMO伊藤
・おとなの学びhcdvalue:ECナビ榎本
第二部「WebとUXデザイン」
パネルディスカッション
パネラー:安藤先生・楽天脇阪さん 他1〜2名
会場:KDDIウェブコミュニケーションズ:セミナールーム(麹町)

■6月25日(土)
第58回日本デザイン学会産学セッション1
http://www.design-cit.jp/jssd/?page_id=80
テーマ:WebとUXデザイン
パネラー:安藤先生・楽天脇阪さん・ネットイヤーグループ坂本さん・浅野
会場:千葉工業大学(津田沼)

posted by アサノ | 00:14 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
情報デザイン研究室の閉鎖に関するお知らせ
 東日本大震災による激動の3月が終わり、新しい年度が始まりました。
 ここで皆さまにお知らせです。

 平成22年度を持ちまして12年間の長き渡り活動を続けてまいりました「情報デザイン研究室」をクローズ致します。
 以後は、その機能をWeb研究室に引継ぎ活動を継続してもらうことになります。

 また、私アサノは担当教官からは退き、以降は学校の経営管理に専従することとなります。
 若干の授業や教育・研究活動は継続いたしますので、 急に現場を離れるという訳では無いのですが。。

平成23年の教育・研究活動予定

・インタフェースデザイン(2年生授業)
・こども観察ラボ(保育園園児への教育手法研究)
・企業へのHCD社内教育
・日本デザイン学会
・ヒューマンインタフェース学会
・人間中心設計推進機構
・情報デザインフォーラム
・新横浜ユーザビリティ研究会
・国際学会 など

 今後ともご支援ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

PS:
 本ブログの「情報デザイン研究室」は、通りが良いのでこのまま残すつもりです。


 1998年度1期生たち(私も若い)
posted by アサノ | 00:03 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
デジタルサイネージ 学校で打ち合わせ

 3月4日(金)本校にてアーク情報システムさんとミーティング。

 ここのところ取り組んでいた「近畿日本ツーリスト神奈川」さんのサイネージを見せる。
 先日近ツリさんでのプレゼンで動かなくなったバグのこととか実証実験結果も。。

 また実装された新機能をレクチャーしてもらう。

 春休み中も頑張るぞ!

◇デジタルサイネージプロジェクト・アーカイブ
2010年11月30日:市ヶ谷で打ち合わせ
2010年12月21日:本校で打ち合わせ
2011年01月11日:横浜で打ち合わせ
2011年01月25日:市ヶ谷で打ち合わせ
2011年03月01日:近畿日本ツーリスト神奈川
2011年03月04日:学校で打ち合わせ
2011年04月12日:市ヶ谷で打ち合わせ予定

◇デジタルサイネージ研究ブログ:http://yda-dsignage.jugem.jp/
posted by アサノ | 00:11 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
デザイン・スキル・スタンダード・トライアル・プログラム
P1170648.JPG
 東京ミッドタウンのデザインハブに来ています。
P1170587.JPG
 今回受講しにきたDSSTプログラムとは、産業大学院大学が文科省の補助を受けて、デザイナーに求められるスキル基準に基づいた教育プログラムを試行したもの。
P1170591.JPG
 大変人気のある教育プログラムで、キャンセル待ちも多いかと。。
 私は、一昨日にTwitterで専修大学の上平先生が講義される講座に空きがあると知り、速攻で申し込んで無地当選致しました。
P1170592.JPG
 受講者のスキルによって受けれるプログラムが違うらしい。
 なんとかお情けで上位級のレベル4を受験させていただく。
 レベルは、4段階(LV.1入門/LV.2 基礎/LV.3 応用/LV.4 専門)だそうです。
P1170594.JPG
 午前中は「オトナが学び続けるということ」という講義。
 コルブやショーンなど、知ってはいるが自分に落とし込んで考えていない話が続出。(笑)
P1170600.JPG
 「学びほぐし」という言葉は良いね。
P1170604.JPG
 「創造性はスタンドアローン型から、ネットワーク型回路へ。」というのは産技大の履修プログラム生を見ていると本当にそうだと思う。
 協調学習を共同学習(コラボレーション)だと思ってる教員が多い。
P1170614.JPG
 「他者視点」「外化」「相互吟味」なるほど・・・。
P1170615.JPG
 「学習観の大転換」これが分る教員は少ない。
 月曜日の日経にも「アクティブラーニング」の取り組みの遅れという記事が載っていたな。
P1170617.JPG
 ヴィゴツキーの成長理論は、よくCIの話を企業さんにする時に使います。
 10mしかボールを投げられない子に、大人が投げ方を指導すると15m投げれるようになる。これを最近接領域という。
 だけど、その子に20m投げさせるのは大人が手伝っても無理なので、どんな素晴らしいコンサルタントがいても、身の丈に合ったCI計画を立てましょうという時に使ってた・・・。(笑)
P1170618.JPG
 これなんかオルデンバーグのサードプレイスの話に近いよね。
P1170619.JPG
 「正統的周辺参加」はリベリアの仕立て屋の観察が起源。
P1170627.JPG
 午後からは、「チームエンパワーメント、身体性とクリエイティビリティ」というテーマのワークショップ。
P1170637.JPG
 以前から聞いていた「インプロビゼーション」wというものを始めて体験する。
P1170642.JPG
 人間を彫刻にしちゃったり。
P1170644.JPG
 拍手を隣に送ったり。もう体がついていかん・・・。
P1170646.JPG
 いつの間にか皆笑顔でコミュニケーションがスムーズになっている。
P1170650.JPG
 インプロを行うことで「相手を否定しない態度」が生まれ、創造的なブレストにつながるそうだ。なるほど、試してみたい組織がある。うんうん
P1170654.JPG
 そし第三部が「デザインへの展開」ワークショップ。
 約1時間半で、協調的取り組みで「花粉症」の問題解決を図る。
P1170676.JPG
 各チーム4名。1時間半の制作で、2〜3分の発表。
 普段は自分のワークショップでは、受講者にかなり厳しいタイムスケジュールを強いているが・・・。
 ごめんなさい、ごめんなさい、もうしません。。
P1170673.JPG
 私のチームは、花粉症のくしゃみをエネルギーに発電する「発電マスク」の提案。
 短いプレゼンを意識して、モックアップとアクティングアウトで表現することに。
 難しい能書きは一切言わずに「ジャパネット・タカタ」方式で行きます。
P1170687.JPG
 各チームのプレゼンスタート。
 カードソートから説明しだすと「◎◎だからこうなりました。」みたいな思考プロセスになる。
 短期決戦の場合は、「作りたいものありき」で行くほうがコンセプトはまとまりやすい。
 ※写真の当事者からクレームあり。(爆)写真とコメントは同期しておりません。一般論と言うことで。。
P1170684.JPG
 しかし、皆プレゼン上手いな〜。
P1170695.JPG
 究極のペーパープロトタイピング。
 花が散るというパフォーマンス。
P1170703.JPG
 私もかなり学びほぐされました。頭だけでなく体もほぐされ、あ〜疲れた・・・・。
P1170709.JPG
 最後に各チームの提案に対して、フィードバックがポストイットに書かれて張り出された。
 自分のやったことで他人が起こしたアクションを見て内省することをリフレクションと呼ぶ。

 あ〜面白かった。
posted by アサノ | 00:23 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
デジタルサイネージ 横浜で打ち合わせ

 デジタルサイネージのモチーフになっていただくために、横浜の旅行会社さんにお邪魔した。

 学生自ら営業トーク。

 準備不足でテンパル。(笑)

 それを冷ややかに眺める書記。
 ここのところ、プレゼンが上手くいっていたので慢心したか?
 相手が最初から「一緒にやりましょう。」と言っている場合と、飛び込み営業では準備が違うのだよ。
 これも学生のうちだから出来る勉強。

 帰りがけに横浜のダイヤモンド地下街で、ホテルが持っているポスタースペースを見に行く。

 次は「こういう場所にデジタルサイネージを設置。」というトークが出来るかも。

◇デジタルサイネージプロジェクト・アーカイブ
2010年11月30日:市ヶ谷で打ち合わせ
2010年12月21日:本校で打ち合わせ
2011年01月11日:横浜で打ち合わせ
posted by アサノ | 00:01 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
此川祐樹さん特別講義
IMG_8518.jpg
 12月6日(月)千葉工業大学大学院修士2年の此川祐樹さんが来て話をしてくれました。
 701教室は、Web科だけではなくGM、CG、GDほとんど学科からの聴講者で一杯に。
 彼は大学4年生の時から知っていて、学部卒業研究で「これは凄い!」と思った学生さんです。
 子どもの教材の研究をしているので、午前中一緒に保育園のお絵描き教室を手伝ってもらったついでに、特別講義をお願いしました。
IMG_8520.jpg
 此川さんは、グラフィックが専門なのだがプロセスを重視するという話。
IMG_8521.jpg
 ユーザーを特定した方が、デザインのコンセプトが明確になる。
IMG_8522.jpg
 作品を作る場合は、大抵2名はペルソナを作る。
 質疑応答で「5つのワークモデル分析」を使うそうだ。これはうちの学生には教えていない。
IMG_8528.jpg
 これらの話は、グラフィックの学生だけではなくWeb科の学生にも良かったと思う。
IMG_8538.jpg
 講義終了後は、作品を見せていただく。
 話しかけた学生は何人いたのだろうか。

◇関連情報
・此川祐樹さんのブログ
・此川祐樹さんのTwitter ID: konn2design
・中山くんのブログ
・土屋くんのブログ
・棚橋弘季さんのブログ:ユーザー行動を構造的に分析するための5つのワークモデル
posted by アサノ | 00:04 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
市ヶ谷で打ち合わせ
P1150766.JPG
 学生3名と市ヶ谷でデジタルサイネージの打ち合わせ。
 1年生も12月になってくると経験が積まれて来て、かなりしっかりした振る舞い。
P1150772.JPG
 打ち合わせ終了後、同じ市ヶ谷にある専教振の試験センターによって情報デザイン試験のお話。
P1150775.JPG
 夜は新宿で名古屋の河口先生と飲む。
 「」週一で来てる感じ。飲んだのは田酒・飛露喜・獺祭、日本酒美味い・・・。
posted by アサノ | 00:23 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site