経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
中川憲造さんのオフィスへ行く
DSC00243.JPG
 4月13日(水)第7回情報デザインフォーラムでご講演を頂くために、関内にある中川憲造さんのオフィスにお邪魔しました。
DSC00245.JPG
 オフィスのある万国橋SOKOは、港の倉庫だった建物をオフィスとして貸し出しているもの。
DSC00257.JPG
 おお、かっこいいオフィスです。
DSC00252.JPG
 今回の第7回情報デザインフォーラムは「インフォメーショングラフィクス特集」で、木村さんと上平さんが企画担当。
DSC00253.JPG
 中川さんの作品を見せて頂きながら、楽しいミーティング。
 講演はご快諾頂きました。
DSC00255.JPG
 オリジナルグッズが沢山。w
DSC00259.JPG
 オフィスを出ると、MM21の絶景ポイント。
DSC00265.JPG
 歩いて10分ぐらいの赤レンガ倉庫に到着。
DSC00269.JPG
 3階にある「BEER NEXT」で生ビールで乾杯!
DSC00276.JPG
 2次会は関内のバーで、もう一杯。
 横浜飲みはいつも楽しい。

※第7回情報デザインフォーラム:5月21日(土)横浜山手ゲーテ座予定
posted by アサノ | 00:08 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
情報デザインフォーラム ミーティングと新年会

 1月16日(日)恵比寿のレンタル会議室で、情報デザインフォーラムの平成23年第1回ミーティングを行った。参加者は神戸から来られた小林さんや、オブザーバー参加された日立IMDXの近藤さん等、全部で8名。
 久しぶりの集合である。
 この会議室なかなかきれいで、階下には(株)アレフや(株)コンセントが入っているおしゃれなビル。

 ミーティングで決まった事柄:
 @5月の最初 第7回情報デザインフォーラム@横浜
 @6月 デザイン学会 講習会(インフォグラフィックス)、産学セッション(Web)
 @9月 第8回情報デザインフォーラム@津田沼
 @6月24日を目標 インフォグラフィックスnight
 @4月ぐらい 教育研究会は、WebUX研究会に名称変更を検討
 @あたらしい活動 見学とワークショップ(鎌倉10月)
 
 夜は近所の居酒屋さんで新年会。
 みなさん本年もよろしくお願い致します。
posted by アサノ | 00:09 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
情報デザインフォーラム 新年ミーティングのお知らせ
 2011年を迎えるにあたり、新年会と併せて第1回ミーティングを行いたいと思います。
 新しい行動目標を作りましょう。

■題名:2011年度第1回ミーティング
■日時:2001年1月16日(日)15:00〜17:00
■場所:貸し会議室恵比寿(JR山手線恵比寿駅徒歩5分)
http://room.triumph98.net/index.html

■議題
・第7回情報デザインフォーラム
・分科会活動
・新しい活動
・その他議題がありましたらお持ちください
■会費:会場費として500円/一人徴収いたします
 
■現在までの参加予定者:
山崎・木村・小島・小池・小林・上平・浅野(部屋の定員が10名)

終了後、近所で新年会を行います。
楽天脇阪さん・富士通在家さん・ぐるなび吉田さん・フォルマー田嶋さん・ドコモ野秋・GK伊東・リコー小野田等が既にエントリー済み。
他の方も奮ってご参加ください。

◇情報デザインフォーラム:http://informationdesignforum.blogspot.com/

posted by アサノ | 00:12 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第6回情報デザインフォーラム 報告
P1130983.JPG
 東京ゲームショーから「第6回情報デザインフォーラム」の開かれる津田沼の千葉工業大学に移動。
 山崎研、原田研主催のSmile Experience 2010 開催中の7号館フレキシブルワークスペースに到着。
P1130999.JPG
 まずはこちらの特別講演で安藤先生の「体験のモデリングとコンセプトデザイン」というUXの概念を分かり易く解説した講演を聞く。
 その後山崎先生の研究室で「情報デザインの教室」執筆者ミーティング。
P1130996.JPG
 受付には本がどっさり。今回は「情報デザインの教室」の出版記念のフォーラムでもある。
P1140023.JPG
 今回は参加費を払うと「情報デザインの教室」が貰える仕組み。既に持っている方は懇親会費のみ。学生は本は無く、懇親会も無料だ。
P1140030.JPG
 徐々にお客さんが集まり始める。
 最初は定員70名で募集したのだが、最終的には150人近くなった模様。情報デザインフォーラム過去最高の人出である。
P1140028.JPG
 講演会会場の後ろはオープンディスカッションスペースで、各校の学生や企業の方がポスター発表を行えるようになっている。
 うちの研究室のメンバーも、先の日本デザイン学会で発表した研究を持ってきた。
P1140033.JPG
 オープンディスカッションのスペースに「情報デザインの教室」の装丁をしてくれた竹内公啓さんの展示もある。
P1140036.JPG
 「情報デザインの教室」の執筆者10名と共に、それを支えて下さった方々が集合。
P1140038.JPG
 こういう講演会が始まる前って、普段会わない人が集まって同窓会みたいで楽しい。
P1130998.JPG
 講演会「これからの情報デザインとは」スタート!
P1140052.JPG
 これからの社会と情報デザイン、渡辺保史氏(北大、特任准教授)
 わざわざこの講演のために札幌からお出でいただきました。
P1140055.JPG
 講演お二人目は、IAMASの小林茂先生。今一番注目の若手研究者です。
P1140089.JPG
 今年の1月に京都で講演を聴かせていただいて以来、凄く楽しみにしていました。
P1140059.JPG
 主題とは少し離れるが、IAMASってラフスケッチのテンプレートや筆記用具も決めてやるんだって。
 そうすれば、初心者でもそれなりのスケッチが描けるという。
P1140060.JPG
 うちの学生も試してみたらいいのでは?
P1140099.JPG
 お二人の講演の後は、情報デザインの教室の執筆メンバーが、それぞれ執筆箇所について語る。
 チューブグラフィックス木村さんは、情報デザインの教科室では無く、自分の「インフォメーショングラフィックス」の宣伝をされた・・・。(笑)
P1140104.JPG
 講演会修了。こんなに大勢の方が・・・ゾロゾロ。
P1140107.JPG
 恒例、懇親会兼オープンディスカッション開始。
P1140108.JPG
 皆さんのポスター発表を肴にビールみたいな。
P1140106.JPG
 京セラ渡辺さんも初参戦。
P1140109.JPG
 うちのゼミ生も発表中。ますます場数が増えて行く。
P1140111.JPG
 2次会も予約は26名だったが、最終的には39名。
P1140131.JPG
 そして締めは、豪徳寺駅前の立ち飲み居酒屋で安藤先生と2時近くまで飲む。
 ああ、忙しい1日だったけど、充実してたな。

◇関連情報:
・Togetter 第6回情報デザインフォーラム 情報デザインのみらい
kojicozyの散歩日和
HideDesignさんのブログ
posted by アサノ | 00:05 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第6回情報デザインフォーラムのお知らせ
情報デザインフォーラムの公式サイト経由
http://informationdesignforum.blogspot.com/
02.jpg
 9月17日(金)に開催予定の「第6回情報デザインフォーラム」は、申込者が多数のため、参加申込の受付を終了しました。
 まことに申し訳ありませんが、次回の情報デザインフォーラムのご期待ください。
 また、参加申込みされた方は、当日の受付の混雑が予想されますので、17:00ごろには会場にこられることをお薦めします。
01.jpg
 2008年6月に「情報デザインの教科書」と作ろう有志が集まり、2年が過ぎやっと「情報デザインの教室」という書籍を丸善より8月に出版できることになりました。
 このフォーラムはこの書籍の出版記念のフォーラムになります。

 今回の情報デザインフォーラムでは、「情報デザインのみらい」と「情報デザインの教室」テーマに皆さんとディスカッションをする予定です。
 また、あわせて参加者からのパネル発表も予定しています。
 パネル発表の形式は、パネルを使用する、モデルを並べる、パソコンの画面で説明する、紙を配って説明するなど、発表形式は自由です。奮ってご参加ください。

日時:9月17日(金)17:30-20:00(会場は17:00)
場所:千葉工大・津田沼キャンパス・7号館1階フレキシブルワークスペース
(JR津田沼駅より徒歩3分)
参加費(一般):4000円(書籍「情報デザインの教室」込)、1500円(書籍なし)
参加費(学生):2500円(書籍「情報デザインの教室」込)、0円(書籍なし)
主催:情報デザインフォーラム、千葉工大デザイン科学科・山崎研
定員:100名(定員を増やしましたが、あと数名で定員となります)

■17:30-18:30 講演「これからの情報デザインとは」
・これからの社会と情報デザイン、渡辺保史氏(北大、特任准教授)
・プロトタイプと情報デザイン、小林茂氏(IAMAS、准教授)

■18:30-19:15 パネルセッション「情報デザインの教室とは」
・ファンドビヘビアー、寺沢秀雄氏(公立はこだて未来大・教授)
・アクティングアウト、浅野智氏(横浜デジタルアーツ・教務部長)
・ワークショップ、木村博之氏(チューブグラフィックス・代表)
・ユーザー調査、島村 隆一氏(リコー ・スペシャリスト)
・フィールドワーク、小池星多氏(東京都市大・准教授)
・ラピッド・エスノグラフィー、櫛勝彦氏(京都工繊大・教授)
・ペーパープロトタイピング、山崎和彦氏(千葉工大・教授)

■19:15-20:00 ポスター発表と参加者によるディスカッション
・京セラにおけるUCDの活用事例、渡辺英範(京セラ(株)
・ことばスタンプ、伊東 実((株)GKテック)
・インフォグラフィックス、木村博之、((株)チューブグラフィックス)
・『情報デザインの教室』のカバーデザイン、竹内公啓
Webサービスをスケッチする、和田 夏希 他3名(横浜デジタルアーツ専門学校)
・超感性経営とiPad制作物、田村進一郎(ナレジックス(株)
・パーソナルファブリケーシヨン、對馬政隆(東京都市大学)
・Plant Voice、小川峻右(千葉工業大学)
・Shower Tone、青木大地(千葉工業大学)

オープンディスカッション参加予定者
・小林拓也氏(コナミデジタルエンタテインメント・デザインマネジャー)
・小島健嗣氏(富士フィルム・デザインマネージャー)
・渡邊康治氏(丸善・企画編集者)
・脇阪善則氏(楽天・編成部)
・原田泰氏(千葉工大・准教授)

■Twitterハッシュタグ:infodf

■参加申込:フォーラム事務局にメールでお申し込みください。
・件名:「第6回情報デザインフォーラム」
・内容:所属・氏名・連絡先メールアドレス
・送り先:情報デザインフォーラム事務局 infodesign@knowledgex.co.jp

■ポスター発表申込:
インタラクションデザインや情報デザインに関連する学生、デザイナー、研究者、企業などのポスター発表を募集します。
発表希望者は、フォーラム事務局にメールでお申し込みください。
・件名:「第6回情報デザインフォーラム・ポスター発表」
・内容:所属・氏名・連絡先メールアドレス・発表タイトル・発表形式(パネル、模型、PC等)
・送り先:情報デザインフォーラム事務局 infodesign@knowledgex.co.jp

■講演者プロフィール
渡辺保史氏
北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)特任准教授。
1965年生まれ。情報通信業界紙の記者をへて、フリーランスのジャーナリスト兼プランナーとして、未来のコミュニティや情報メディアに関する実践型の研究開発プロジェクトに関わってきた。
08年4月より現職。著書に『情報デザイン入門 インターネット時代の表現術』(平凡社新書)など。

小林茂氏
1970年愛知県名古屋市生まれ。
1993年より電子楽器メーカーに技術者およびサウンドデザイナーとして勤務した後、2004年7月よりIAMASでフィジカルコンピューティングなどのレクチャーを担当。
最近の主な活動はツールキットFunnel。2007年度 第1期 IPA(情報処理推進機構)認定スーパークリエータ。
著書に「Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ」など。

■書籍「情報デザインの教室- 仕事を変える、社会を変える、これからのデザインアプローチと手法」とは
2010年8月に丸善より出版予定の書籍。本書は、情報デザインの教科書の役割をはたし、仕事や社会で役立てる、情報デザインを学んで活用するための本です。
本書は、はじめに情報デザインの基本とデザインプロセスを学び、そのプロセスに沿って手法を解説していく構成となっています。
さらに、教育事例として、学校や企業、ワークショップなどで実施した学習方法を紹介しています。


9月17日と18日に、千葉工業大学デザイン科学科山崎研、原田研、未来ロボット研究所(fuRo)の主催によるオープンラボを開催します。
あわせて、ご参加ください。詳細はこちらを参照してください。
posted by アサノ | 00:23 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
情報デザインフォーラム・アーカイブ
 昨日第6回情報デザインフォーラムのお知らせを書いたので、今まで開かれたフォーラムをまとめます。

02.jpg
■2008年06月 第1回情報デザインフォーラム 津田沼
http://asanoken.jugem.jp/?eid=683
http://asanoken.jugem.jp/?eid=720
08.jpg
■2008年11月 第2回情報デザインフォーラム 横浜
http://asanoken.jugem.jp/?eid=804
http://asanoken.jugem.jp/?eid=886
03.jpg
■2009年03月 第3回情報デザインフォーラム 津田沼
http://asanoken.jugem.jp/?eid=973
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1020
04.png
■2009年06月 INFO-GRAPHICS Night vol.1 向ヶ丘遊園
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1067
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1099 
05.jpg
■2009年08月 第4回情報デザインフォーラム 津田沼
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1164
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1212
06.jpg
■2010年05月 第5回情報デザインフォーラム 横浜
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1426
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1473
idf 3.jpg
■2008年6月 第6回情報デザインフォーラム 津田沼
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1570
posted by アサノ | 00:15 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第6回情報デザインフォーラムのお知らせ
情報デザインフォーラム公式ブログ経由
http://informationdesignforum.blogspot.com/2010/07/6.html

第6回情報デザインフォーラム 「情報デザインのみらい」

2008年6月に「情報デザインの教科書」と作ろう有志が集まり、2年が過ぎやっと「情報デザインの教室」という書籍を丸善より8月に出版できることになりました。このフォーラムはこの書籍の出版記念のフォーラムになります。
idf 3.jpg
今回の情報デザインフォーラムでは、「情報デザインのみらい」と「情報デザインの教室」テーマに皆さんとディスカッションをする予定です。また、あわせて参加者からのパネル発表も予定しています。パネル発表の形式は、パネルを使用する、モデルを並べる、パソコンの画面で説明する、紙を配って説明するなど、発表形式は自由です。奮ってご参加ください。

日時:9月17日(金)17:30-20:00(会場は17:10)
(JR津田沼駅より徒歩3分)
参加費:一般:4000円(書籍「情報デザインの教室」込)、学生:無料(書籍は含まず)
主催:情報デザインフォーラム、千葉工大デザイン科学科・山崎研
定員:70名(先着順、お早めに申し込むことをお薦めします。)

■17:30-18:30 講演「これからの情報デザインとは」
・これからの社会と情報デザイン、渡辺保史氏(北大、特任准教授)
・プロトタイプと情報デザイン、小林茂氏(IAMAS、准教授)

■18:30-19:15 パネルセッション「情報デザインの教室とは」
・ファンドビヘビアー、寺沢秀雄氏(公立はこだて未来大・教授)
・アクティングアウト、浅野智氏(横浜デジタルアーツ・教務部長)
・ワークショップ、木村博之氏(チューブグラフィックス・代表)
・ユーザー調査、島村 隆一氏(リコー ・スペシャリスト)
・フィールドワーク、小池星多氏(東京都市大・准教授)
・ラピッド・エスノグラフィー、櫛勝彦氏(京都工繊大・教授)
・ペーパープロトタイピング、山崎和彦氏(千葉工大・教授)

■19:15-20:00 ポスター発表と参加者によるディスカッション
オープンディスカッション参加予定者
・小林拓也氏(コナミデジタルエンタテインメント・デザインマネジャー)
・小島健嗣氏(富士フィルム・デザインマネージャー)
・渡邊康治氏(丸善・企画編集者)
・脇阪善則氏(楽天・編成部)
・原田泰氏(千葉工大・准教授)
・渡辺英範(京セラ・ユーザビリティ部)

■Twitterハッシュタグ:infodf

■参加申込:フォーラム事務局にメールでお申し込みください。
・件名:「第6回情報デザインフォーラム」
・内容:所属・氏名・連絡先メールアドレス
・送り先:情報デザインフォーラム事務局 infodesign@knowledgex.co.jp

■ポスター発表申込:
インタラクションデザインや情報デザインに関連する学生、デザイナー、研究者、企業などのポスター発表を募集します。
発表希望者は、フォーラム事務局にメールでお申し込みください。
・件名:「第6回情報デザインフォーラム・ポスター発表」
・内容:所属・氏名・連絡先メールアドレス・発表タイトル・発表形式(パネル、模型、PC等)
・送り先:情報デザインフォーラム事務局 infodesign@knowledgex.co.jp

■講演者プロフィール
渡辺保史氏
北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)特任准教授。
1965年生まれ。情報通信業界紙の記者をへて、フリーランスのジャーナリスト兼プランナーとして、未来のコミュニティや情報メディアに関する実践型の研究開発プロジェクトに関わってきた。
08年4月より現職。著書に『情報デザイン入門 インターネット時代の表現術』(平凡社新書)など。

小林茂氏
1970年愛知県名古屋市生まれ。1993年より電子楽器メーカーに技術者およびサウンドデザイナーとして勤務した後、2004年7月よりIAMASでフィジカルコンピューティングなどのレクチャーを担当。
最近の主な活動はツールキットFunnel。2007年度 第1期 IPA(情報処理推進機構)認定スーパークリエータ。
著書に「Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ」など。

■書籍「情報デザインの教室- 仕事を変える、社会を変える、これからのデザインアプローチと手法」とは
2010年8月に丸善より出版予定の書籍。本書は、情報デザインの教科書の役割をはたし、仕事や社会で役立てる、情報デザインを学んで活用するための本です。
本書は、はじめに情報デザインの基本とデザインプロセスを学び、そのプロセスに沿って手法を解説していく構成となっています。
さらに、教育事例として、学校や企業、ワークショップなどで実施した学習方法を紹介しています。
posted by アサノ | 00:05 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第5回情報デザインフォーラム スタッフ学生のリフレクション
■スタッフチーフのヤマダさん

準備

【目的】フォーラムがスムーズに進行するように準備をする、また、参加者が「次回も参加したい」と思えるようにするため。        

・ポスター・フライヤー・ネームプレートの制作

・懇親会での飲み物、食べ物の発注

・会場設営

 【結果】ネームプレートを準備したことで、懇親会のコミュニケーションがスムーズにできた。しかし、用意した食べ物が多すぎた為、残ってしまった。これで人数に対してどのくらいの消費量があるか分かったので、次回以降は失敗しないぞ。

 

当日

【目的】発表者の発表がスムーズに進行できるようにするため

・案内

・会場受付

・懇親会の準備

【結果】受付を行う際、社会人の集金が少し手間取ったので、事前にもう少し準備しておくべきであった

 

片付け

【目的】次に会場を利用する人たちが不快な思いをしないようにする。後日、ポスター等を取りに行くときにスムーズに運べるようにするため。

・残った飲食料の後片付け

・館内の清掃

【結果】参加していた学生達が手伝ってくれたので、思ったよりスムーズに行うことができた。ありがとう!

  

まとめ

今回、「主催する」ということがどれだけ大変かという事を知りました。フライヤーやポスターも期間ギリギリの完成になってしまったりと、慌しく日々が過ぎていきました。ですが、当日はスムーズに進行し、フォーラム運営は成功したと言えます。

しかし、当日に飛び込みで参加した学生が多く、用意していた名札用の用紙が足りなくなってしまい、受付が滞ってしまったことは反省点です。申し込みは事前にきちんとしてください。締め切ったために、お断りした方も数名いらっしゃいますので。

■ペーくん

事前準備

目的:発表の準備、懇親会の準備、会場設営といった当日までに必要な事項を事前に揃えておくこと。

・懇親会のための物品購入にて重量物の運搬。

・どういう風に言うかの発表練習。

・現地にての会場準備及び懇親会準備。

結果:発表練習はギリギリまでうまくいかなかったけど、それ以外の会場準備や物品購入の際は、率先して荷物運びやセッティングに協力できていたと思う。

 

受付作業

目的:誘導係、受付係に分かれて、誘導係は表に立ち看板をもって来場者の案内、受付係は現金徴収及び名札の配布を行う。

・表での誘導は男子2人で交互に行った。

・ある程度時間が立った後は全員で受付作業を行った。

・受付は親切・丁寧に。

結果:表に立っていたとき、来場者にはキチっと挨拶をし、スムーズに受付へと案内を行うことができた。

 

懇親会

目的:来場者全員で、飲料とつまみを片手に談話をし、プロジェクトの報告や名刺交換など行い情報交換を行う場とする。

・寿司、飲料、お菓子の運搬

・ポスターセッション

・腹ごしらえをしながら談話

結果:色々な人にポスターを見ていただき、またそのミニプレゼンを行い、交流を深め、様々な観点からの意見を頂くことができました。

 

後片付け

目的:「立つ鳥後を残さず」のごとく、使用させていただいた会場をきれいにしてから退場する。

・舞台の掃き掃除

・椅子の復元作業

・控え室の掃き掃除及び荷物をまとめる作業

結果:掃き掃除や椅子の復元作業は、照明の熱などで汗を掻きつつでしたが、何故か楽しく、そしてキレイに作業することができました。

 

まとめ

自分は何かの役に立てるのだろうかと思いつつ、自分がやれることは率先して動き、精一杯働くことができました。今回の経験を、今後何かで活かせればいいなと思っています。お疲れ様でした。


■カメちゃん

事前準備:

ポスター・フライヤー・名札の制作と懇親会の準備。

その他、必要となる物品を各種揃える。

 

・完全に分担作業で任せていたため、特に参加しなかった作業もあった。

・発表スライドの制作はかなり役に立ったと思う。

・買出しの手伝いとゲーテ座への運び込みは皆で行いました。

結果として、名札が見やすくてとてもいいと好評でした。

持ち運ぶのは大変だけど、大きいポスターのほうが目立っていいと判明。

 

フォーラム当日:

受付・発表・懇親会・片付けなど、スタッフ業務を行うこと。

 

・予定到着時刻より少し遅刻気味だったため、もう少しはやめの行動を心がけたい。

・受け付け対応ではアルバイトの経験が役に立った。

・参加者が多く、様々な発表を聞き、コミュニケーションを取ることができた。

・懇親会の参加は大事だ!

結果は、準備を頑張っただけに、懇親会の盛り上がりなどが嬉しかった。

 

片付け:

荷物整理と反省など

・思った以上に余ったお寿司がもったいない・・・今後のために分量など記録しとく。

・食べ物の片づけをしていたので、もう少し会場の片付けを手伝えたらよかった。

・スタッフとして色々準備に関れた事が意外と楽しかった。

・全体として、初めてのスタッフ仕事としては中々の働きが出来たような気がする。

時間も遅かったので、もう少しテキパキと片付け指示が出せればよかったかもしれない。

 

まとめ:幹事校として、スタッフ業務をするのは初めてでしたが、なんとかやり終える事が出来てよかったと思います。おつかれさまでした。


■ワダさん

事前準備

目的 : 発表の準備、懇親会の準備、会場設営といった当日までに必要な準備を事前に行う。

・フライヤー制作

・事務用品の発注

・懇親会で出す飲食料の買出し

・現地での会場設営

結果 : 必要な備品や食料を購入する際、100名以上の規模の準備をしたことがなかったので、どのくらい購入すれば良いのかなかなか掴めなかったです。また、フライヤーを制作する事が初めてだったので、色合い等で悩み、色々試行錯誤しました。

 

受付作業

目的 : 誘導係、受付係に分かれて、誘導係は表に立ち看板を持って来場者の案内、受付係は現金徴収及び名札の配布を行う。

・アルバイトでレジ経験のある女子が受付、男子が会場前での誘導業務に当たった

・受付開始から一時間程経ってからは、全員で受付を行った

結果 : アルバイトでの接客経験を活かし、瞬時に来場者を捌くことが出来た。私は学生の方の受付を担当したのですが、思ったよりも予約無しでの当日参加が多く、名札用紙が足りなくなってしまいました。次回このようなイベントのスタッフをする際は、名札用紙をもっと多めに印刷する必要があることが分かりました。また、当日参加の学生の名前を苗字しか記録することが出来ていなかったので、手の空いている子にパソコンを使って記録してもらうのはどうだろうかとも思いました。

 

懇親会

目的 : 来場者全員で、飲料とおつまみを片手に談話をし、プロジェクトの報告や名刺交換など行い情報交換を行う場とする。

・飲食料の運搬及びばら撒き

・ポスターセッション

・おつまみを片手に談話

結果 : お寿司200人前は圧巻の一言に尽きると思います。多くの方にポスターを見て頂き、交流を深め、様々な観点からのアドバイスを頂く事が出来ました。

 

後片付け

目的 : 使用させて頂いた会場の復元。

・お寿司をまとめるために使用するサランラップの買出し

・椅子の復元作業

・控え室の掃き掃除及び情報デザイン研究室に運搬する荷物をまとめた

結果 : 残ったお寿司をまとめるのに、自転車で商店街まで走りました。お寿司がなくなると思っていたので、あんなに残っていたことにびっくりしました。今後このようなイベントのスタッフをする際は、から揚げやフライドポテトの方が後片付けも、準備も楽そうだなと思いました。

 

まとめ

父の会社で事務のアルバイトをしていたこともあり、書類を書いたりするのが結構簡単に出来ました。またフライヤー制作が結構楽しかったので、またチャレンジしてみたいと思いました。

 

■ツカモト

事前準備

目的:発表物の準備、懇親会のための飲食物の購入、機材や発表物などの会場への搬入

・発表物の印刷、名札の制作

・飲食物の購入

・機材、発表物、飲食物の会場への搬入作業

結果:協力し合い、発表物の印刷や会場準備を迅速に行うことが出来た。

 

受付作業

目的:案内及び受付での参加費の徴収と名札の配布。

・案内では目立つ所で看板を持って立ち、来場者を受付までスムーズに誘導させる。

・挨拶を心がけ、丁寧な対応を行う。

結果:来場者には丁寧に対応し、受付までスムーズに誘導することが出来た。

 

懇親会

目的:全員で飲食をしながらポスターセッションや談話、名刺交換等を行い、交流を図る。

・飲食物の準備

・ポスターセッション

結果:企業や他校の人達の取り組みを知ることが出来、交流を行うことが出来た。

 

後片付け

目的:懇親会で残った飲料や食料の処分、会場の清掃、椅子や机などの配置を元に戻す。

・会場の清掃

・机、椅子の配置を元に戻す

・飲食物の処分

結果:掃き掃除や椅子、机などの移動作業を行い、会場を元通りに戻すことが出来た。

 

まとめ

自分は特に発表することは無かったので事務作業に徹していましたが、主催側の作業や来場者とコミュニケーションをとる大切さを学びました。今回の経験を活かして次回につなげたいと思います。

 

posted by アサノ | 01:15 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第5回情報デザインフォーラム 幹事のまとめ

 土曜日は横浜山手ゲーテ座で第5回情報デザインフォーラム。
 主催は本研究室で、会場は本学の施設。スタッフは本研究室生6名。

 テーマは「情報デザインとグラフィック教育」。参加者は100名を超えました。

 三部構成で、約5時間の長丁場です。

第一部の話は、ばたばたしていて写真が無い。小池先生の話はこちらが詳しい。
◇安藤日記:http://www.andoh.org/2010/05/information-graphics-for-news-paper.html

 第二部のパネルディスカッションは、山崎先生に司会をお願いする。
 パネラーは、大伸社アートディレクター黒木さん、フォルマーデザイン田嶋さん、専修大学上平先生。

 いきなりアナログにインフォグラフを描く。

 席は満杯の盛況。

 フォルマーデザイン田嶋さんは、グラフィック・インフォグラフ・エンジニアの目的と技術に切り分けて説明。瞬時にお題に対応するのは流石!

 最前列のMac達はツイート中?ハッシュタグは#infodf

 第3部はオープンディスカッション。様々な学校の学生達がポスター発表。

 その横では懇親会も同時進行中。
 尚、今回はスタッフ学生がネームプレートを作ってくれたのだが、他のセミナーのように小さなものではなく、所属が大きくはっきりどこの誰だか一目で分かるもの。赤ひもが学生・青紐ひもが社会人。
 これは懇親会でコミュニケーションを取るのにもの凄く役に立った。お奨めです。
 桑沢の学生さんが、一人で勉強に来られていた。他流試合に来た人には声をかけたいよね。

 ビール片手に学生の発表にフィードバックするのが情報デザインフォーラム的楽しみ方。
 学生も発表の合間に食う食う飲む飲む。

 最近引きこもり気味だった、チューブ木村巨匠もサプライズ発表。

 今回の特色は、地方の大学から先生方が沢山お集まり下さったこと。
 新しい教育手法と学生の交流が生まれる予感。

 スタッフの本ゼミ生達の活躍で、寿司50人前、ビール&ソフトドリンク200本近くが用意された。
 最近の若者は寿司よりも鶏のから揚げが好きと判明。知見は次回に活かそう。
 何はともあれスタッフ学生、本当にご苦労さま。

 こういう発表の場が定着しだした感あり。学会よりフランクで学生の発表入門編としては最適。
 今年の日本デザイン学会でも学生発表があるらしいから、是非ここから何件か出て行ってもらえると良いな。

 2次会は中華街の台湾料理。参加者18名。

 セミナーの後はこれが楽しい。
 私もやっと肩の荷が下りて、ビールをごっくん。

 3次会は中華街のバーに13名。4次会は自由が丘のバーに3人・・・。

◇関連情報:
kojicozyの散歩日和
ATSUBLO
安藤日記
ドコモ野秋さん
HideDesignさん
筑波学院大学中川先生
トライデント河口先生
日本電子井上先生
フォルマーデザイン田嶋さん
日本ウェブ協会学生部
・スタッフ学生の日記 1
posted by アサノ | 00:03 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第5回情報デザインフォーラム近づく

http://informationdesignforum.blogspot.com/
 第5回情報デザインフォーラム「情報デザインとグラフィック教育」が明後日開催されます。
 幹事校である我が研究室はその準備で大わらわ。フライヤーは山田・和田作。

 何とか発表用のポスターはプリント終了!壁一面に推敲の痕跡が。これが勉強になる。

 来場者用の名札もプリント中。参加者は100名を越えるというので、こういった準備も結構大変です。
 金曜日は、懇親会用の飲料・菓子類の買出し。会場の下見を行います。本当に役に立つなこの子達。



会場までの行き方。

■岩崎博物館
http://www.iwasaki.ac.jp/museum/index.html
〒231-0862
神奈川県横浜市中区山手町254
TEL 045-623-2111

みなとみらい線-元町・中華街駅
(5番)改札口〜(6番)アメリカ山公園口より徒歩3分

JR根岸線-石川町駅南口より徒歩15分

神奈川中央交通バス11系統(桜木町駅-保土ヶ谷駅東口)
「港の見える丘公園前」下車
(神奈川中央交通バスのサイトで時刻表チェックができます。)

*当館に一般駐車場は有りません。隣接の民営駐車場等をご利用下さい。

■受付開始:13時半
■フォーラム開始:14時


◇関連情報:第5回情報デザインフォーラム 申し込み締切り
posted by アサノ | 00:01 | Xデザインフォーラム | comments(2) | trackbacks(0) |
Search this site