経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
2017年春 初めての機車環島 11日目永康街から龍泉市場

P1000804.JPG

 3月31日(金)の朝の散歩の続き。

 永康街から温州街を通って龍泉街へやって来た。

P1000805.JPG

 公園に朝市が立っている。

P1000807.JPG

 いいね〜、泥つきの大根。

P1000808.JPG

 日本のスーパーで、妙にきれいな野菜ばかり見ていると、こういう野性的?な野菜が恋しい。w

P1000811.JPG

 ああ!美味しそうだ。

P1000812.JPG

 おお、朝ごはん中。w

P1000813.JPG

 お総菜屋さんが、そのままイートインのもなってるのね。w

P1000814.JPG

 肉も冷蔵庫に入れていなくても、実に美味しそうだ。

P1000815.JPG

 ここが龍泉市場。

P1000816.JPG

 お総菜屋さんが沢山ある。

P1000817.JPG

 トマトだろうか?赤色が目にまぶしい。

P1000818.JPG

 緑黄色野菜が色鮮やかだ。

P1000821.JPG

 なんか美味しそうだな。

P1000824.JPG

 うむ、美味しそうだ。

 食べたいが席がいっぱい。

P1000823.JPG

 こちらは麺屋さんだ。

 子守りの途中で朝食中のおばば。w

P1000826.JPG

 頼みました。w

P1000827.JPG

 米粉ですね。

P1000828.JPG

 スープが美味しい。

P1000829.JPG

 やっと起きた子ども。ww

P1000830.JPG

 こんな設備でお店が開けちゃうのがいいね。

 外に出て。

P1000834.JPG

 コーヒー買おうか。

P1000835.JPG

 ちゃんとエチオピアのイルガチェフG1ナチュラルがあります。

 おにいちゃんに頼んだら分からないらしく、奥からおねえちゃんが「どいてっ!」て感じで出て来てドリップしてくれました。

P1000836.JPG

 更に「朝は忙しいからドリップは頼まないでキッ!」と怒られた。ww

 ちゃんと美味しいです。

 朝の散歩、楽しー!

 

◇2017年3月初めての機車環島アーカイブ

3月21日(火):1日目台北に到着

3月22日(水):2日目台南に移動

3月22日(水):2日目台南をうろつく

3月23日(木):3日目高雄でスクーターを借りる

3月23日(木):3日目台東の民宿小時光

3月24日(金):4日目花東公路海線を行く

3月24日(金):4日目花蓮に到着

3月25日(土):5日目ここからは未踏の地

3月25日(土):5日目なんとか台湾島の西側に出る

3月26日(日):6日目思わぬ発見大渓老街

3月26日(日):6日目台中でBBQ

3月27日(月):7日目霧社事件の現場と日月潭

3月27日(月):7日目阿里山から嘉儀へ

3月28日(火):8日目マンゴーの里玉井から高雄に帰還

3月28日(火):8日目台南で打ち上げ

3月29日(水):9日目台南の朝

3月29日(水):9日目台北で酸菜白肉火鍋

3月30日(木):10日目ワークショップの打合せ

3月30日(木):10日目永康街の夜

3月31日(金):11日目永康街の朝

3月31日(金):11日目永康街から龍泉市場

3月31日(金):11日目永康街で奇跡の光景を見る

 

◇市場好きアーカイブ

17年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4059

17年香港島西營盤街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4084

17年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4023

17年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3971

17年台北永康街から龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4376

17年台南玉井青果市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4346

17年台南鴨母寮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4228

16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856

16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848

16年チェンマイ・トンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4122

16年チェンマイ・トンラムヤイ市場とソムペット市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4095

16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765

16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727

15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585

15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584

15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680

15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638

15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617

15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477

15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412

15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379

14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286

14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210

14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301

14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136

14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132

14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049

14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023

14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985

14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915

14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901

14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890

13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873

13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778

13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780

13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763

12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391

12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375

12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320

12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318

12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259

12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248

12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167

12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164

12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161

11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020

11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990

11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989

11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985

11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983

11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879

11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870

11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854

11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775

11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774

10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662

10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647

10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593

09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269

08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180

07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179

posted by アサノ | 07:32 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年春 初めての機車環島 8日目マンゴーの里玉井から高雄に帰還

P1000581.JPG

 3月28日(火)の朝07:30、嘉儀を出発して最終目的地高雄に向かう。

P1000582.JPG

 台湾にはフリーウェイの1号線と、一般道の1号線がある。

 フリーウェイはスクーターは300佞任眩行禁止なので、ず〜と下道で行く訳やね。

P1000584.JPG

 途中台南縣の玉井に寄る。

 「玉井青果市場」だ。

 玉井は芒果(マンゴー)の里で有名。

 一度来てみたかった。w

P1000591.JPG

 嘉儀を出てから約1時間半、良いペースだ。

P1000585.JPG

 3月だとまだマンゴーの収穫には早く、市場にあるのはパイナップル。

P1000586.JPG

 街には沢山の芒果冰(マンゴーかき氷)のお店があるが、まだ閉店中。w

P1000588.JPG

 残念ではあるが、市場は好きだから問題はない。w

P1000590.JPG

 室内は生活市場のようだ。

P1000592.JPG

 そういえば、朝ごはん食べてなかった。

P1000593.JPG

 「涼麺」は冷やし中華みたいなものだ。酸っぱさはない。

P1000596.JPG

 これは「羊肉包」。

P1000597.JPG

 凄いカート。www

P1000598.JPG

 なんだ?ヤシの実か。

P1000600.JPG

 これはなんだ?

P1000606.JPG

 高雄の街は大きくて、市内に入ってからが大変。

P1000609.JPG

 なんとか12時に到着! 

 本日の走行距離:157km

P1000603.JPG

 スクーターを借りた「環球租車」に返却。

 日本と違って、キズとか全然見ない。www

P1000605.JPG

 新しいキムコのスクーターがあった。

 リアにパニアケースを取り付けるベースが付いてる。

 次はこれか。ww

P1000608.JPG

 ここは良い店だ。

 全走行距離:1,258km まったくトラブル無し。

P1000611.JPG

 店の前にある高雄火車站から汽車で台南へ戻る。

 台鐵便當美味い。

P1000615.JPG

 鈍行で68元、約1時間で、台南火車站に到着。

P1000617.JPG

 なんだか達成感あるな〜!

 6日間で約1,285kmの旅だった。

 

◇2017年3月初めての機車環島アーカイブ

3月21日(火):1日目台北に到着

3月22日(水):2日目台南に移動

3月22日(水):2日目台南をうろつく

3月23日(木):3日目高雄でスクーターを借りる

3月23日(木):3日目台東の民宿小時光

3月24日(金):4日目花東公路海線を行く

3月24日(金):4日目花蓮に到着

3月25日(土):5日目ここからは未踏の地

3月25日(土):5日目なんとか台湾島の西側に出る

3月26日(日):6日目思わぬ発見大渓老街

3月26日(日):6日目台中でBBQ

3月27日(月):7日目霧社事件の現場と日月潭

3月27日(月):7日目阿里山から嘉儀へ

3月28日(火):8日目マンゴーの里玉井から高雄に帰還

3月28日(火):8日目台南で打ち上げ

 

◇市場好きアーカイブ

17年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4059

17年香港島西營盤街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4084

17年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4023

17年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3971

17年台南玉井青果市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4346

17年台南鴨母寮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4228

16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856

16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848

16年チェンマイ・トンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4122

16年チェンマイ・トンラムヤイ市場とソムペット市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4095

16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765

16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727

15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585

15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584

15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680

15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638

15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617

15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477

15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412

15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379

14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286

14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210

14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301

14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136

14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132

14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049

14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023

14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985

14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915

14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901

14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890

13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873

13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778

13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780

13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763

12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391

12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375

12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320

12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318

12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259

12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248

12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167

12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164

12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161

11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020

11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990

11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989

11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985

11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983

11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879

11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870

11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854

11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775

11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774

10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662

10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647

10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593

09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269

08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180

07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179

posted by アサノ | 07:33 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年春 初めての機車環島 3日目高雄でスクーターを借りる

P1000165.JPG

 3月23日(木)の朝、おはようございます。

 まだカフェは開いていないので、建物には私だけだ。

 多分、新しいオーナーより自分の家感が強いと思う。w

P1000218.JPG

 台南の街も起き始める。

P1000214.JPG

 台湾でビックリするのは、小学生の通学時間が早いことだ。

P1000216.JPG

 スクーターははぼ日本製は走っていない。

P1000168.JPG

 部屋の近くにある市場に来た。

P1000177.JPG

 朝の市場は好きなんだよね。w

P1000183.JPG

 「鴨母寮市場

 成功路に面しているのですぐ分かる。

P1000188.JPG

 最近はこういう生肉を見ると料理を思い浮かべてよだれが出る。ww

P1000197.JPG

 生鮮食品を売る公有市場とそうじゃない生活用品や調理品を売るのがあるのね。

 築地の場外市場みたいなもんだ。

P1000236.JPG

 「茂じい」の店に来た。

P1000232.JPG

 「滷味(ルーウェイ)」を切って貰って。

P1000235.JPG

 それをおかずに汁なし麺を食べる。

P1000239.JPG

 ああ!市場はいいな〜。

P1000241.JPG

 朝食後、キャリーバッグは宿に預けて、ヘルメット・カッパ・少しの着替えだけ持って高雄へ移動。

 近いから鈍行で行く。w

P1000243.JPG

 1時間弱で、台湾第2の都市高雄に到着。

P1000252.JPG

 駅前にある「環球租車」へ。

P1000251.JPG

 もう高雄車站の目の前だ。

 高雄の駅前はレンタルスクーター屋さんが多い。

P1000250.JPG

 ここは珍しく、大型スクーターを扱うお店だ。

 とても親切で言いも店です。

P1000246.JPG

 BMWなどの大型スクーターもある。

 客筋がいいってことだよね。w

P1000249.JPG

 二人だったらこれもいいかな?

P1000248.JPG

 「どこ行くんだ?」と訊くから「環島(ファンダオ)だよ。」と答えたら。

 オイル交換してくれた。w

 こういう姿を見るだけで、信用のおける店だという事が分かる。

P1000266.JPG

 昨年は150ccで苦労したので、今年は300ccに増量。w

P1000269.JPG

 「SYM」という台湾のメーカーのスクーターだ。

 「キムコの方がいいな。」と言ったら「ツーリングには絶対こっちの方がいい。」と勧められた。

 ハンドルにはいろいろなGPSやスマホを取り付けれるバーが装備されてた。

P1000258.JPG

 台湾のレンタルは基本ガソリンは入っていない。

 まずは給油。

P1000259.JPG

 「95(ジャーマン)フル!」と叫べばハイオクを満タンにしてくれる。w

P1000254.JPG

 巨大都市高雄を出るまでが長い。w

P1000257.JPG

 「環島1號線」という標識を見ると、血が騒ぐ。ww

P1000261.JPG

 さあ!念願の台湾島一周の旅が始まる。

P1000273.JPG

 と、思ったら雨かい。。

 

◇2017年3月初めての機車環島アーカイブ

3月21日(火):1日目台北に到着

3月22日(水):2日目台南に移動

3月22日(水):2日目台南をうろつく

3月23日(木):3日目高雄でスクーターを借りる

3月23日(木):3日目台東の民宿小時光

3月24日(金):4日目花東公路海線を行く

 

◇市場好きアーカイブ
17年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4059
17年香港島西營盤街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4084
17年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4023
17年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3971
17年台南鴨母寮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4228
16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848
16年チェンマイ・トンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4122
16年チェンマイ・トンラムヤイ市場とソムペット市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4095
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:27 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年春 初めての機車環島 2日目台北の朝

P1000056.JPG

 3月22日(水)の朝、おはようございます。

P1000059.JPG

 ふらふらと朝ごはんを食べに出て来たよ。

P1000060.JPG

 まずは観音様に朝のご挨拶。

 今回は危険な旅なので、ちょっと信心深くなってる。w

P1000061.JPG

 「城中市場」に来たよ。

P1000062.JPG

 まだ、あまりお店は開いてないね。

P1000069.JPG

 有名な「老牌牛肉拉麺大王」があるのはこの辺りか?

P1000071.JPG

 外に出ると、この台北の下町にも開発の波が押し寄せている。

P1000084.JPG

 コーヒーを飲むか。

P1000091.JPG

 「三明治(サンドイッチ)」でも食べるか?

P1000093.JPG

 コーンスープぽいのと、豆漿を。

P1000101.JPG

 外は通勤のスクーターの群れ。w

P1000103.JPG

 「国立臺灣博物館」この辺りはあまり来ないから、少し歩き回っておこう。

 いつもは永康街に定宿があるのだが、今回は高雄に行くための中継地点的なお泊りなので、台北駅近くの安宿に泊まってます。w

 「二二八和平公園」の方に行ってみよう。

P1000105.JPG

 ああ、太極拳やってる。w

P1000116.JPG

 「二・二八事件」の記念館がある。

P1000118.JPG

 この中国国民党政府による白色テロの事実を知る日本人は少ない。

P1000119.JPG

 日本統治時代が終わり、代わりに本土から渡って来た外省人(第2次世界大戦後大陸から渡って来た国民党の人々)による本省人(以前から台湾にいた人々)の弾圧と虐殺の事件だ。

P1000120.JPG

 虐殺された人々の数は定かでは無いが、一説には1万8千〜2万8千人と言われている。

P1000121.JPG

 1947年2月27日、台北市で闇タバコを販売していた本省人女性に対し、取締の役人が暴行を加える事件が起きた。

 これが発端となって、翌2月28日には本省人による市庁舎への抗議デモが行われた。

P1000122.JPG

 しかし、憲兵隊がこれに発砲、抗争はたちまち台湾全土に広がることとなった。

 本省人は多くの地域で一時実権を掌握したが、国民党政府は大陸から援軍を派遣し、武力によりこれを徹底的に鎮圧した。

P1000124.JPG

 今は花が咲き乱れています。

P1000123.JPG

 国家安全法によって言論の自由が制限された時代が長く続き。

 台湾の「民主化」が実現するのは、李登輝が1992年に総統になって刑法を改正してからのことである。

 つい20数年前までは、台湾なんて中南米の独裁国家とあまり変わらなかった。

 

◇2017年3月初めての機車環島アーカイブ

3月21日(火):1日目台北に到着

3月22日(水):2日目台北の朝

3月22日(水):2日目台南に移動

 

◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ

3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます

3月10日(木):1日目台北到着 

3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区

3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)

3月11日(金):2日目台北を路上観察

3月12日(土):3日目台南に移動

3月12日(土):3日目台南で宿探し

3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ

3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り

3月13日(日):4日目安平を歩く

3月13日(日):4日目やっと宿が決まった

3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう

3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ

3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く

3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路

3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう

3月16日(水):7日目旗山の夜

3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街

3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ

3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ

3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(夕食編)

3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(バー編)

3月18日(金):9日目台南から台北へ移動

3月18日(金):9日目台北で二人打ち上げ

3月19日(土):10日目台湾最終日

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました

posted by アサノ | 07:32 | 2017年3月 初めての機車環島 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年春 初めての機車環島 1日目台北に到着

IMG_0375.JPG

 2017年3月21日(火)、昨年の3月に台湾に来た時に3日間だけ乗ったスクーターの旅が素晴らしく。

 今年は思い切って「環島(台湾島一周)」に挑戦しようとやって来た。

IMG_0390.JPG

 環島の出発点は、スクーターをレンタルするお店が高雄にあるので。

 台北は高鐵で移動するためだけの、一夜の宿だ。

IMG_0391.JPG

 という訳で、私には珍しく台北駅近くのバッグパッカー宿泊りである。w

IMG_0392.JPG

 まあ、一晩ぐらいはしょうがないか。ww

IMG_0393.JPG

 着いたのが遅かったので、夕食を食べに行かなくては。

IMG_0384.JPG

 もうほとんどのお店が閉まっていたので。

 やむなくチェーン店の「温州大饂飩」に入る。

IMG_0379.JPG

 初めて入ったんですが、ここで「饂飩」がワンタンのことだと知る。ww

IMG_0380.JPG

 「蝦肉大饂飩麺80元」豪華ww

IMG_0377.JPG

 折角なので、普段あまり来ない城中市場でも見てみるか。

 温州大饂飩の前と後ろにある。

IMG_0383.JPG

 温州大饂飩の裏手が、城中市場の食堂街。

 有名な炸醤麺の「老牌牛肉拉麺大王」がある辺り。

IMG_0382.JPG

 流石に市場は閉まるのが早い。w

IMG_0385.JPG

 やっているのか、やっていないのか分からないコーヒー屋があり。w

 呼んだら、客席でMacいじってた兄ちゃんがカウンターに入り。w

IMG_0386.JPG

 おお!ちゃんとエチオピア・イルガチェフェ・コチャレG1とかある。

IMG_0388.JPG

 ロースターもあって本格的だ。

IMG_0389.JPG

 台北でも美味しいコーヒーが飲めるようになって来たんですね。

 そろそろホステルに帰って寝よう。

 

◇2017年3月初めての機車環島アーカイブ

3月21日(火):1日目台北に到着

3月22日(水):2日目台北の朝

3月22日(水):2日目台南に移動

 

◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ

3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます

3月10日(木):1日目台北到着 

3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区

3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)

3月11日(金):2日目台北を路上観察

3月12日(土):3日目台南に移動

3月12日(土):3日目台南で宿探し

3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ

3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り

3月13日(日):4日目安平を歩く

3月13日(日):4日目やっと宿が決まった

3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう

3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ

3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く

3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路

3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう

3月16日(水):7日目旗山の夜

3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街

3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ

3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ

3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(夕食編)

3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(バー編)

3月18日(金):9日目台南から台北へ移動

3月18日(金):9日目台北で二人打ち上げ

3月19日(土):10日目台湾最終日

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました

posted by アサノ | 07:26 | 2017年3月 初めての機車環島 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年秋 ISIDC チェンマイ 5日目ソンテウを貸し切ってチェンマイ観光(前編)

P1050575.JPG

 11月04日(金)5日目の朝。

P1050577.JPG

 チェンマイには素敵なカフェがある。

P1050581.JPG

 以前はアヘンを作っていた山岳地帯で、その代わりにコーヒーを作らせて住民を自立させるプロジェクトを女王さまが行っているのだ。

P1050582.JPG

 意外と日本の人は知らないが、タイは世界有数のコーヒー生産国になっている。

 ほとんどが北欧に出荷されているのだとか。

P1050585.JPG

 今日は、カンファレンスも一段落したので。

P1050588.JPG

 皆でチェンマイ市内を観光しようということになった。

P1050590.JPG

 ちゃんとコーヒーは買いましたよ。

P1050594.JPG

 待ち合わせ場所のターペー門に到着。

P1050596.JPG

 ターペー門は待ち合わせの名所らしい。w

P1050603.JPG

 タイの若者たちがツーリングに旅立って行った。

 いいね、こういうの。

P1050597.JPG

 こちらは欧米人だね。

P1050599.JPG

 向こうから老人が来た。

P1050600.JPG

 おじいさんになって、チェンマイに来て自転車に乗るなんて。

 なかなか日本人のおじいさんはやらないな。w

P1050602.JPG

 ドキュメンタリーフィルムが撮れそうなくらい、様々な待ち合わせがある。

P1050604.JPG

 こちらは子どもを乗せてる。

P1050607.JPG

 珍しいリキシャ。

P1050608.JPG

 地元民より観光用なんですね。

P1050609.JPG

 お巡りさんも、バイクに二人乗りでパトロールか?

P1050651.JPG

 昨夜のうちにチャーターしたソンテウ。

P1050653.JPG

 きれいなソンテウを探すのに苦労したよ。w

P1050654.JPG

 なぜか、皆さんソンテウがいたく気に入ったみたいで。

 「ソンテウを貸し切って観光したい!」とおっしゃる。

 俺はツアコンじゃねえしw

 1日貸し切って1200バーツ(約4000円)

P1050616.JPG

 まずは、皆さん喜ぶ市場に。

P1050619.JPG

 流石タイ、唐辛子がいっぱい。w

P1050622.JPG

 どこで作ってる人形なのか?

P1050623.JPG

 南国の市場はカラフルだ。

P1050624.JPG

 チェンマイは内陸なので川魚の干物が多い。

P1050627.JPG

 ぞろぞろ

P1050628.JPG

 干物が沢山。

P1050629.JPG

 エビの干物。

P1050631.JPG

 うわ!

P1050633.JPG

 ギーガーが見たら喜ぶ。w

P1050634.JPG

 生干しのうちにピンセットで骨を取ってる。

 意外と丁寧だね。w

P1050635.JPG

 いつもの食堂に連れて来てランチ。

P1050638.JPG

 これ美味いんだよね〜。

P1050639.JPG

 みんな喜んでた。

P1050642.JPG

 パッタイ(チャーハン)は人気無し。。

P1050645.JPG

 新鮮な材料。

P1050646.JPG

 これだけで美味しそうだ。

P1050647.JPG

 大人の修学旅行。w

P1050648.JPG

 さて、次はどこに行くか?

 

◇2016年秋 ISIDC チェンマイ アーカイブ

05月18日(水):ISODC 2016(タイ・チェンマイ)に向けてそろそろ始動

10月31日(月):1日目チェンマイ到着

10月31日(月):1日目ワローロット市場とピン側左岸

10月31日(月):1日目全員集合

11月01日(火):2日目ISIDC初日

11月01日(火):2日目チェンマイ大学芸術学部

11月01日(火):2日目チェンマイでクラフトビール

11月02日(水):3日目午前中は旧市街散歩

11月02日(水):3日目ISIDC2日目

11月02日(水):3日目タイ式焼き鳥で一杯

11月03日(木):4日目パーイへツーリング(前編)

11月03日(木):4日目パーイへツーリング(後編)

11月03日(木):4日目ISIDC3日目中締め

11月04日(金):5日目ソンテウを貸し切ってチェンマイ観光(前編)

11月04日(金):5日目ソンテウを貸し切ってチェンマイ観光(後編)

11月04日(金):5日目チェンマイ最後の夜

11月05日(土):6日目さらばチェンマイ

11月05日(土):6日目スコータイへバス旅行

 

◇市場好きアーカイブ
17年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4059
17年香港島西營盤街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4084
17年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4023
17年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3971
16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848
16年チェンマイ・トンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4122
16年チェンマイ・トンラムヤイ市場とソムペット市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4095
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:28 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
サービスデザインワークショップ2018:Vol.1 台湾ステージ 5日目 台北の朝(点描)

P1060457.JPG

 06月05日(火)、最終日の朝。

P1060459.JPG

 ホテルの近くの住宅街を散歩している。

P1060460.JPG

 私は、この龍泉街・泰順街周辺の住宅街が大好きで。

P1060464.JPG

 台北で住むなら絶対この近辺だと思っている。

P1060658.JPG

 高級住宅街ではないが、下町でも無い。

P1060660.JPG

 いわば山の手の中産階級の街だ。

 この「温州市場」も好きだな〜。

P1060661.JPG

 東京の世田谷で育った私には、どこか懐かしい気持ちにさせるのかもしれない。

P1060466.JPG

 ひとつひとつの写真にキャプションをつけるより、全体像を観て貰って台北の日常感を味わって頂きたい。

P1060467.JPG

 

P1060471.JPG

 

P1060592.JPG

 台湾は今がタケノコの季節で、安いんですよね〜。

P1060593.JPG

 

P1060597.JPG

 台湾のスイカは大きくて甘い。

P1060476.JPG

 我が家の近所にも1軒欲しい。w

P1060603.JPG

 

 「龍泉市場」だ。

P1060605.JPG

 「土羊肉」とはヤギ肉のことか。

 沖縄ではよく食べるよね。

P1060606.JPG

 

P1060479.JPG

 

P1060480.JPG

 

P1060484.JPG

 これは鴨(アヒル)。

P1060609.JPG

 

P1060610.JPG

 

P1060613.JPG

 

P1060614.JPG

 

P1060622.JPG

 一度食べてみたかった食堂。。

P1060617.JPG

 おかずを選んで、ごはんは小。w

P1060625.JPG

 

P1060626.JPG

 

P1060630.JPG

 

P1060631.JPG

 

P1060632.JPG

 ガチョウ屋さん。

P1060633.JPG

 

P1060634.JPG

 

P1060635.JPG

 

P1060636.JPG

 

P1060640.JPG

 最近のアジア諸国では珍しい、親が送って行かない小学生の通学風景。

P1060644.JPG

 やはり、こうでなくっちゃね。

 なんでもないけど、いい景色。w

P1060646.JPG

 この近辺の集合住宅群は、それほど高級マンションでは無い。

 中産階級の街だ。

P1060647.JPG

 子どもが一人で通学できる治安の良さ。

P1060648.JPG

 

P1060650.JPG

 

P1060651.JPG

 

P1060487.JPG

 

P1060489.JPG

 朝の散歩をする老夫婦も多い。

P1060653.JPG

 

P1060587.JPG

 時々見る小学生の通学キャリーバッグ、教科書類が重いんだろう。

 かしこいというか、大変というか。。

P1060591.JPG

 こういう三輪車が時々いるんだけど、何屋さんなのか不明。。

P1060586.JPG

 これ私が高校生ぐらいの時のバイクじゃないか。w

P1060662.JPG

 

P1060666.JPG

 さあ、シャワーを浴びたら空港に向かおう。

 

◇サービスデザインワークショップ2018:Vol.1台湾ステージ

06月01日(金):1日目前夜祭

06月02日(土):2日目AM国立臺灣科技大学

06月02日(土):2日目PMBusiness Models Inc.方略

06月02日(土):2日目小籠包でMeetup

06月03日(日):3日目フィールドワーク

06月03日(日):3日目カスタマージャーニーマップ
06月04日(月):4日目自由行動で老街を巡る
06月04日(月):4日目残留組でお別れ会
06月05日(火):5日目台北の朝

 

◇サービスデザインワークショップ2017:Vol.2東京ステージ

12月08日(金):1日目 コンセント社訪問

12月09日(土):2日目 フィールドワークとKA分析

12月10日(日):3日目 パターン分析とサービスデザイン

 

◇サービスデザインワークショップ2017:Vol.1台北ステージ

03月30日(木):準備編 6月に台北でワークショップを行います

06月11日(日):番外編 フィールドワーク・トレーニング(日本)

06月23日(金):1日目 打合せ

06月24日(土):2日目AM フィールドワーク

06月24日(土):2日目PM Meetup

06月25日(日):3日目 分析と発表

06月25日(日):3日目 松山文創園區と打ち上げ

 

◇市場好きアーカイブ
18年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4149
17年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4059
17年香港島西營盤街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4084
17年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4023
17年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3971
16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848
16年チェンマイ・トンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4122
16年チェンマイ・トンラムヤイ市場とソムペット市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4095
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:28 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年秋 ISIDC チェンマイ 1日目トンラムヤイ市場とピン側左岸

DSC06574.JPG

 10月31日(月)の昼頃。

DSC06575.JPG

 ゲストハウスに荷物(バッグパックだけw)を置いて、散歩に出て来た。

DSC06577.JPG

 チェンマイの旧市街は天国のような場所だ。

DSC06578.JPG

 早い時期から西洋人が入って来て。

DSC06584.JPG

 タイは敬虔な仏教国である。

DSC06585.JPG

 お願いごとをすると金箔を貼るのだろうか?

DSC06586.JPG

 チェンマイの旧市街は、早い時期から西洋人が入って来て避暑地になった。

DSC06588.JPG

 タイの仏教はスリランカ、ビルマ、カンボジア、ラオス等南方を経由した「上座部仏教(旧名称:小乗仏教)」といい。

 日本の仏教は中国、韓国、ベトナムなどの北方を経由して伝わった「大乗仏教」であって違うのね。

DSC06595.JPG

 大好きな「タラート(市場)」にやって来ました。

 旧市街から少し離れた場所にある。

DSC06594.JPG

 ここは「ワローロット市場とトンラムヤイ市場」と言って、チェンマイでも最も大きなタラートの一つ。

DSC06597.JPG

 同じ場所に道を隔ててワローロット市場とトンラムヤイ市場が並んでいる。

DSC06598.JPG

 ウチャヤノーン通りをはさんで、ピン川側にあるのがトンラムヤイ市場、旧市街側にあるのがワローロット市場。

 トンラムヤイ市場は、ワローロット市場と比較すると規模が小さく、売っているものも乾物や生鮮食料品が中心。

DSC06607.JPG

 そのトンラムヤイ市場の奥の奥に食堂街がある。

DSC06603.JPG

 そこに私の大好きな食堂があって。

 汁ビーフンの「センレックナーム」が美味い!

DSC06605.JPG

 シーフードのチャーハンは「カオパットプー」。

 チェンマイに来たら必ず食べる。w

DSC06608.JPG

 花屋さんが並ぶ辺りから外に出ると。

DSC06609.JPG

 ピン川の岸辺に出る。

DSC06610.JPG

 ピン川の左岸と言って古い街並みが残っているのだそうだけど、行ったことが無かった。

DSC06611.JPG

 こんな機会はめったに無いから行ってみよう。

DSC06612.JPG

 来る前は現地から「寒いからダウンとか持って来た方がいい」とか言われてたが。

 全然暑いじゃんか。w

DSC06613.JPG

 アヌサーン歩行者専用橋を渡って。

DSC06614.JPG

 渡った先にはピン川と並行して南北に走る「チャルンラート通り」がある。

DSC06615.JPG

 この通りにはアンティークショップやレストランが軒を連ねる

DSC06621.JPG

 あれれ、クラフトビールの店まで出来てる。w

DSC06619.JPG

 お洒落なガーデン風の店内。

 夜になったら来てみるか。

DSC06629.JPG

 歩き疲れたので一休み。

DSC06625.JPG

 ピン川の水面を見ながらアイスコーヒー。

DSC06633.JPG

 暑くて歩き疲れたよ。

DSC06640.JPG

 ターペー門から旧市街に入り、ゲストハウスの近くに戻って来た。

 ムーンムアン通りソイ6にある「ソムペット市場」だ。

DSC06641.JPG

 ここは地元民が来る生活市場だ。

DSC06642.JPG

 観光客が来るところよりも、市井の人々が来るタラート(市場)がいいね。

DSC06643.JPG

 野菜も日の光を浴びて色が濃い。

DSC06648.JPG

 近くにはゲストハウスが沢山あるので、観光客と言うよりは長期滞在のバッグパッカーが買い物に来る。

DSC06651.JPG

 総菜屋さんも沢山あって。

DSC06652.JPG

 気候がからっとしているせいか、不潔な感じや嫌な臭いが全然ない。

P1050037.JPG

 ゲストハウスに帰って来ました。

 夜は散らばって泊まっているメンバーと集まって食事だ。

 

◇2016年秋 ISIDC チェンマイ アーカイブ

10月31日(月):1日目チェンマイ到着

10月31日(月):1日目ワローロット市場とピン側左岸

10月31日(月):1日目全員集合

 

◇市場好きアーカイブ
17年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4059
17年香港島西營盤街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4084
17年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4023
17年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3971
16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848
16年チェンマイ・トンラムヤイ市場とソムペット市場http://asanoken.jugem.jp/?eid=4095
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:25 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
サービスデザインワークショップ2018:Vol.1 台北ステージ

P1010421.JPG

 今年もXデザイン学校主催「サービスデザインワークショップ2018:Vol.1 台湾ステージ」が行われます。

P1010355.JPG

■サービスデザインワークショップ2018:Vol.1 台湾ステージ
■日時:2018 年06 月02 日(土)〜03 日(日)
■会場:台北
■主催:株式会社X デザイン研究所(東京)・儀式設計林事務所(台北)
■定員:日本人15 名:台湾人15 名 計30 名
■参加資格:UX/サービスデザインの実務経験者・教育コース受講者(中級レベル)
■参加費:2 万円(通訳・消耗品・会場費)
■言語:英語・中国語・日本語(日本語⇔中国語の通訳をお願いしています)
■集合・解散:現地にて(航空券・ホテル予約は各自でお願いいたします)

■タイムスケジュール:
06 月02 日(土)
09:00-12:00 台灣科技大學工業設計系 DITLDESIGN Lab 唐玄輝先生
<住所:台北市大安區基隆路四段43 號>
11:00-12:00 デザインファーム見学:方略BUSINESS MODELS INC
<住所:台北市松山區敦化北路207 號9 樓之1>
13:30-13:40 午後の会場:方略BUSINESS MODELS INC
14:00-14:20 浅野 智 文化観察講義
14:20-14:40 佐藤啓一郎 IoT/UX講義
14:50-15:10 台湾サービスデザイン実践事例1
15:10-15:30 台湾サービスデザイン実践事例2
15:30-15:50 台湾サービスデザイン実践事例 3(林)
16:00-17:50 サービスデザイン実践事例(参加者一人ずつ5 分の発表)
17:50-18:00 終了
19:00-21:00 Meet Up (場所未定)

06 月03 日(日)
08:50-09:00 会場集合:悠識數位
<住所:台北市中山區松江路158 號11 樓之1>
09:00-09:20 山崎和彦 サービスデザイン講義 
09:20-09:40 林先生 ワークショップ説明
09:40-10:00 林先生 儀式デザイン講義
10:00-13:00 体験旅行フィールドワーク調査( fieldwork)
13:00-15:00 儀式化Customer Journey Map のデザイン作成
15:00-15:50 各チーム発表、説明
15:50-16:00 Q&A
 

IMG_8087.JPG

 昨年は無かったデザインファーム訪問も企画されており、なかなか無い機会だと思います。

 今回は「方略BUSINESS MODELS INC」楽しみです。

IMG_8185.JPG

 

◇申し込みはこちら⇒https://peatix.com/event/379936/

 

◇サービスデザインワークショップ2017:Vol.2東京ステージ

 12月08日(金):1日目 コンセント社訪問

 12月09日(土):2日目 フィールドワークとKA分析

 12月10日(日):3日目 パターン分析とサービスデザイン

 

◇サービスデザインワークショップ2017:Vol.1台北ステージ

 03月30日(木):準備編 6月に台北でワークショップを行います

 06月11日(日):番外編 フィールドワーク・トレーニング(日本)

 06月23日(金):1日目 打合せ

 06月24日(土):2日目AM フィールドワーク

 06月24日(土):2日目PM Meetup

 

◇2016年秋 ISIDC チェンマイ アーカイブ

 05月18日(水):ISODC 2016(タイ・チェンマイ)に向けてそろそろ始動

 10月31日(月):1日目チェンマイ到着

 10月31日(月):1日目ワローロット市場とピン側左岸

 10月31日(月):1日目全員集合

 11月01日(火):2日目ISIDC初日

 11月01日(火):2日目チェンマイ大学芸術学部

 11月01日(火):2日目チェンマイでクラフトビール

 11月02日(水):3日目午前中は旧市街散歩

 11月02日(水):3日目ISIDC2日目

 11月02日(水):3日目タイ式焼き鳥で一杯

 11月03日(木):4日目パーイへツーリング(前編)

 11月03日(木):4日目パーイへツーリング(後編)

 11月03日(木):4日目ISIDC3日目中締め

 11月04日(金):5日目ソンテウを貸し切ってチェンマイ観光(前編)

 11月04日(金):5日目ソンテウを貸し切ってチェンマイ観光(後編)

 

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ

 【速報】HCD-Net台湾サービスデザインツアーに行って来ました

 09月18日(金):1日目台北到着
 09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市

 09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(海岸編)

 09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(山手編)

 09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(街編)

 09月19日(土):2日目全員集合して龍山寺とモンガ探検
 09月20日(日):3日目高鐵で台南に移動

 09月20日(日):3日目台南観光

 09月20日(日):3日目明日からの本番に向けて壮行会

 09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動

 09月21日(月):4日目国立雲林科技大学でプレゼンテーション

 09月21日(月):4日目国立雲林科技大学でディスカッション

 09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる

 09月22日(火):5日目斗六から台北に移動

 09月22日(火):5日目台北デザインファーム巡り遊石設計

 09月22日(火):5日目台北デザインファーム巡り方略

 09月23日(水):6日目台北観光

 09月23日(水):6日目九份に行って来た

 09月23日(水):6日目基隆夜市と西門町で打ち上げ

 09月24日(木):7日目西門町のリノベホテル

posted by アサノ | 07:27 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 5日目西營盤で飲茶

IMG_2680.JPG

 9月25日(月)の午後。

IMG_2683.JPG

 香港大学から西營盤に向かって歩いて来た。

IMG_2684.JPG

 想像していたより庶民的な街らしい。

IMG_2685.JPG

 「公共浴場」?

IMG_2687.JPG

 「参去壹粉麺飯」という飲茶のお店に来たよ。

 ちょっと分かり難い所にある。

IMG_2691.JPG

 超ローカルなお店ですが。

IMG_2692.JPG

 無茶苦茶美味しいんです。「鮮蝦餃」

IMG_2693.JPG

 「鮮制滑鶏飯」と言ったかな、これ美味い!

IMG_2695.JPG

 本当にローカルなお店。

 おじさんが優しい。w

IMG_2698.JPG

 なんでも安い!

IMG_2700.JPG

 香港に来たら、必ず来たいお店です。

IMG_2702.JPG

 地下鉄に乗れば隣駅は上環だ。

 大都会が隣にある。

IMG_2703.JPG

 つい最近地下鉄が通った街なので、まだビジネスビルとかは全然ない。w

IMG_2705.JPG

 あるのは山腹に張りついた高層アパート群。

IMG_2706.JPG

 「西營盤街市」という市場があった。

IMG_2708.JPG

 私はなぜか市場が好きなんですよ〜。

IMG_2711.JPG

 世界中どこに行っても市場を探して行く。w

IMG_2712.JPG

 市場には、その町に住む庶民の生活がある。

IMG_2714.JPG

 消費する力や、生活の質すらうかがい知ることが出来るのだ。

IMG_2715.JPG

 ファッションが中国や台湾とは違うんだよね〜。

IMG_2717.JPG

 フロアが変わると鮮魚売り場だ。

IMG_2718.JPG

 知らない魚が多い。

IMG_2719.JPG

 大きい魚だ。

IMG_2723.JPG

 フロアで野菜、鮮魚、食肉と別れてるんですね。

IMG_2724.JPG

 香港らしい景色。

IMG_2725.JPG

 正街には、中環のようなヒルサイド・エスカレーターがあった。w

IMG_2729.JPG

 山の斜面に出来た街には必要だよね。w

IMG_2731.JPG

 エスカレーターと交差する通りで降りる。

IMG_2730.JPG

 クラフトビールバーがあるぞ。w

IMG_2732.JPG

 「高街」というのが、最近お洒落なストリートとして注目されてるらしい。w

IMG_2733.JPG

 坂を下りて。

IMG_2734.JPG

 銅像にこんにちは。

IMG_2737.JPG

 小さな公園のベンチで一休み。

IMG_2738.JPG

 対岸の九龍が見えた。

IMG_2739.JPG

 地下鉄に乗ろう。

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
9月24日(日):4日目初めてビクトリアピークに登る
9月24日(日):4日目SOHOで香港の夜を満喫
9月25日(月):5日目香港大学
9月25日(月):5日目西營盤で飲茶
9月25日(月):5日目太古の超密集アパート
9月25日(月):5日目SOHOで打ち上げ
9月26日(火):6日目さらば香港

 

◇市場好きアーカイブ
17年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4059
17年香港島西營盤街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4084
17年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4023
17年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3971
16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848
16年チェンマイ・ワローロット市場とソムペット市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4095
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:25 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
今月の名古屋めし 2017年10月

IMG_2981.JPG

 10月06日(金)、名古屋に来ています。

IMG_2975.JPG

 ひつまぶしで有名な「いば昇」にやって来た。

IMG_2978.JPG

 最後はお茶漬けにして。

 「イチビキ」ほどのお得感は無いけど、もうあんなに沢山食べれないかも。W

IMG_2984.JPG

 今回は弾丸訪問なので「山本屋本店」で味噌煮込みうどんも食べた。W

IMG_2987.JPG

  私、このうどん好きなんですよね。w

22308990_1356574334472199_6791919845189839792_n.jpg

 その後、2時間ほどの講演をして。

IMG_2989.JPG

 ビアバッシュ。

IMG_2994.JPG

 なんだかお洒落な会場です。

IMG_2992.JPG

 UX名古屋のセミナーでした。w

IMG_2990.JPG

 「コンパル」のエビフリャーサンド。

IMG_2991.JPG

 「天むす

IMG_2996.JPG

 今夜はあまり飲まずにおいとま。

 これで「味仙」に行けば完ぺきだったか。w

IMG_3038.JPG

 翌07日(土)の朝。

 ホテルを6時半頃に出て名駅に向かう。

 先日行った深圳で「高層ビルが凄いな〜」と思ったが、日本も凄いね。w

IMG_3036.JPG

 昨年行ったクラフトビール屋さん。

IMG_3032.JPG

 ここも行きたかった。

IMG_3031.JPG

 柳橋の方に歩いて来た。

IMG_3028.JPG

 そこに「柳橋中央市場」がある。

IMG_3030.JPG

 いいですね!活気があって。

IMG_3026.JPG

 名古屋駅から歩いてすぐの場所にあるんですよ。

IMG_3027.JPG

 市場好きの血が騒ぐ。ww

IMG_3023.JPG

 水産物の市場なんですね。

IMG_3021.JPG

 マグロか〜。

IMG_3020.JPG

 おお、解体してる。

 こういうのは他の国では見られない。

IMG_3002.JPG

 マルナカ食品センターの裏側に出ると。

IMG_3000.JPG

 この店は依然食べたことある。

IMG_3019.JPG

 市場っぽいね。

IMG_3003.JPG

 行列が出来てた立ち食い「ラーメン大河」。

IMG_3012.JPG

 今回のお目当ては「かつ丼と珈琲 聖」。

IMG_3018.JPG

 市場にしてはこぎれいなお店だ。

 朝7時開店に滑り込む。

IMG_3017.JPG

 朝から美味しいかつ丼を頂きました。

 大急ぎで大阪に移動です。

 

◇名古屋めしアーカイブ
2017年10月:10月の名古屋めし
2015年02月:2月の名古屋めし
2014年07月:7月の名古屋めし
2014年04月:4月の京都・名古屋めし
2013年02月:2月の名古屋めし
2012年11月:11月の名古屋めし
2012年05月:5月の名古屋めし
2012年04月:4月の名古屋めし
2012年03月:3月の名古屋めし
2011年06月:円頓寺銀座街
2011年05月:5月の名古屋めし
2011年05月:5月の名古屋めし

 

◇市場好きアーカイブ
17年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4023
17年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3971
16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:32 | 今月の地方めし | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年6月台湾SDWS 5日目 台北の朝(永康街)

IMG_1177.JPG

 06月27日(火)5日目最終日 の朝、おはようございます。

IMG_1175.JPG

 今朝はサラダのみの朝ごはん。

IMG_1178.JPG

 ここは、最近台北で定宿にしている「Inhouse residence (大安會舘)」

IMG_1183.JPG

 1フロア2室のブティックホテルってやつか。w

IMG_1184.JPG

 外見はこんな感じで。

IMG_1185.JPG

 以前はよく泊まっていた西門町の「Cho hotel(町記憶旅店)」より質が高い。

IMG_1187.JPG

 このホテルの良い所の一つが、西門町が下町なのに対して、永康街が山の手ってことか。w

IMG_1195.JPG

 泊まった時は、必ず1回は朝の散歩をする。

 台北市内中心部の南側に位置します。

IMG_1198.JPG

 今までは朝から活動だったので、散歩できなかったけど。

 最終日は一人なので、早速出てきた。w

IMG_1201.JPG

 大きな樹に寄生してる「温州市場」w

IMG_1205.JPG

 台湾は都会の山の手でも市場は同じ。

 それが、なぜか安心なんだよね〜。

IMG_1208.JPG

 おお!3人乗り。w

IMG_1209.JPG

 「感謝総統馬英九先生強力推薦」がいつも気に食わない菜包屋。w

IMG_1213.JPG

 でも食ってる。ww

IMG_1221.JPG

 公園で朝市やってた。

IMG_1228.JPG

 その近くにあるのが「龍泉市場」。

IMG_1231.JPG

 泥付きの根菜類が美味そうだ。

IMG_1233.JPG

 台湾にもエリンギあるのか?

IMG_1234.JPG

 自宅のそばにあったら、ちょくちょく買うよね。

IMG_1235.JPG

 ここで作ってるんだ。

IMG_1236.JPG

 ごはん食べたい。

IMG_1240.JPG

 なぜか市場には必ず洋品店がある。

IMG_1241.JPG

 台湾人って炒飯や米粉を作り置きして、食べる分だけ炒め直すよね。w

IMG_1243.JPG

 美味そう〜。

IMG_1244.JPG

 虫が喰うほど新鮮だ。農薬無し。w

IMG_1246.JPG

 魚屋さんは、葉っぱをひいてる。

IMG_1247.JPG

 作っているのは福州魚丸か。

IMG_1256.JPG

 こちらは、粽だね。

IMG_1257.JPG

 外に出てきました。

 この辺りね。

IMG_1258.JPG

 まだ朝だから、これから小学生が登校か。

IMG_1261.JPG

 台北の朝はスクーターの大群から始まる。

IMG_1262.JPG

 日本と同じ歩行者優先標識。

IMG_1264.JPG

 かわいいペア郵便ポスト。

IMG_1265.JPG

 南の国らしい街路樹。

IMG_1266.JPG

 「師大公園」

 まだ、この時間はすこし涼しい。

IMG_1272.JPG

 師大夜市のある龍泉街に戻って来た。

IMG_1274.JPG

 もうホテルの近く。

IMG_1275.JPG

 「総合教授麺」というのは、いったい何が入ってるんだ。w

IMG_1279.JPG

 ホテルの目の前は「国立臺灣師範大学」の学生寮。

 台湾の学生は、よく学びよく運動し、よく遊ぶ。

 日本の大学行かないで、台湾の大学に留学するのも良いと思うよ。

 さあ、シャワーを浴びて空港に向かおうか。

 

◇2017年6月台湾サービスデザインワークショップ・アーカイブ

03月30日(木):準備編 6月に台北でワークショップを行います

06月11日(日):番外編 フィールドワーク・トレーニング(日本)

06月23日(金):1日目 打合せ

06月24日(土):2日目AM フィールドワーク

06月24日(土):2日目PM Meetup

06月25日(日):3日目 分析と発表

06月25日(日):3日目 松山文創園區と打ち上げ

06月26日(月):4日目 自由行動日(平渓線と十份) 

06月27日(火):5日目 台北の朝(永康街)

 

◇市場好きアーカイブ
17年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=4023
17年台北大安區温州市場と龍泉市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3971
16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:26 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年夏北ヨーロッパの旅 03日目コペンハーゲンのスーパーマーケット

DSCF1065.JPG

 IT大学からコペンハーゲンの中心部ノアポート駅に戻って来て。

 空港へ行くまでの時間を、駅前にあるおしゃれなスーパーマーケット「Torvehallerne KBH」に寄ることにした。

DSCF1095.JPG

 まずは有名なコーヒー屋さん「The Coffee Collective Torvehallerne」へ。

DSCF1094.JPG

 凄いグラインダーですね。

DSCF1091.JPG

 北欧のコーヒーというとカプチーノを思い浮かべるが、ドリップもあるんですね。

DSCF1077.JPG

 美味しそう。

IMG_9561.JPG

 ホッとするね。

DSCF1087.JPG

 美味しそうなタルトも食いたい。w

DSCF1099.JPG

 落ち着いたので「Torvehallerne KBH」の中を歩いてみようか。

DSCF1101.JPG

 2011年に出来て、コペンハーゲンの新名所になってるらしい。

DSCF1103.JPG

 歩いて回るだけで楽しい。

DSCF1104.JPG

 健康に良さそうなお店。

DSCF1105.JPG

 なんだか美味しそうだ。。

DSCF1106.JPG

 サラダ。

IMG_9553.JPG

 フルーツ。

IMG_9555.JPG

 サラダ好き。w

DSCF1107.JPG

 見ているだけで飽きないね。w

DSCF1108.JPG

 プロシュートのお店か。

DSCF1109.JPG

 屋内式のスーパーが2棟あって。

 ここです。 

 外は野菜の市場になってた。

DSCF1114.JPG

 新鮮な野菜を見るだけで幸せな気分になる。

DSCF1115.JPG

 この桃は平たいのか?

DSCF1119.JPG

 10クローネが150円ぐらいだ。

DSCF1120.JPG

 

DSCF1122.JPG

 

DSCF1124.JPG

 

DSCF1125.JPG

 

DSCF1126.JPG

 

DSCF1127.JPG

 

DSCF1129.JPG

 

DSCF1131.JPG

 蒸留酒屋さんか?

IMG_9570.JPG

 ミッケラーありました!

DSCF1136.JPG

 ああ、凄いビールだらけ。ww

IMG_9569.JPG

 そろそろお腹空いて来たね。

IMG_9574.JPG

 お総菜屋さんを見つけた。

IMG_9580.JPG

 何種類か選んで。

 「パンはどうする?」って聞いてくれたので。

DSCF1137.JPG

 これでランチ完成。w

 パンにはちゃんと切れ目を入れてくれた。

IMG_9584.JPG

 しかし、3日間でほどんど暖かいものを食べてない。w

DSCF1141.JPG

 ごちそうさまでした。

DSCF1142.JPG

 見ていると、デンマークの人の食事って質素だよね。

DSCF1145.JPG

 これより空港に向かいます。

DSCF1147.JPG

 次の目的地はアムステルダム。

DSCF1146.JPG

 コペンハーゲン訪問は超弾丸だったが、あまり波長が合う土地では無かったかな〜。

 夏でも寒いからか。w

 

◇2016年夏北ヨーロッパの旅アーカイブ

08月12日:01日目コペンハーゲン到着

08月12日:01日目コペンハーゲン・デザインミュージアム

08月12日:01日目最初の晩ごはん

08月13日:02日目コペンハーゲンの街に出たよ

08月13日:02日目地上最後の楽園、クリスチャニア

08月13日:02日目ミッケラーで昼ビール

08月14日:03日目コペンハーゲンIT大学

08月14日:03日目アムステルダムに移動

 

◇市場好きアーカイブ
16年コペンハーゲンTorvehallerne KBH:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3910
16年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3856
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:20 | 2016年夏 北欧親子旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年夏北ヨーロッパの旅 02日目ミッケラーで昼ビール

IMG_9486.JPG

 クリスチャニアからバスでコペンハーゲン駅に到着。

IMG_9488.JPG

 駅の中を移動して。

IMG_9489.JPG

 外に出たら、凄い自転車置き場。w

IMG_9490.JPG

 盗難とかもあるんでしょうかね?

IMG_9493.JPG

 お昼時なので、以前グラグリッドの尾形さんがインフォバーンのエスペンくんに連れて行って貰って良かったという、ミッケラービールに行こうということになり。

 コペンハーゲン駅裏からは徒歩で10分ぐらいかな。

 近くにはこじゃれた小さなホテルが並んでいるので、旅慣れた人にはいいかもしれない。

IMG_9496.JPG

 ヴェスターブロ地区は以前は風俗街だったあたりで、けっして美しい街並みではない。

IMG_9497.JPG

 発見しました!

IMG_9499.JPG

 まだ12時にならないぐらいなので、お客さんは少ない。

IMG_9505.JPG

 窓際の席に座って。

DSCF0919.JPG

 軽く1杯飲んで行こう。

DSCF0923.JPG

 えっ!なんか凄く美味しい。

 いつも京都のTAKUMIYAで飲まされているビールと違う。ww

IMG_9508.JPG

 コペンハーゲンは何でも高いが、ビールは意外と安い。

DSCF0931.JPG

 美味しいね〜。w

DSCF0938.JPG

 タップが20種類ぐらいある。

 好みを言うと選んでくれる。

DSCF0945.JPG

 1杯で帰るつもりだったが。

 突如雨が降ってきて、雨宿りを口実に腰を据えた。ww

DSCF0953.JPG

 今回の旅行で一番の笑顔。ww

DSCF0954.JPG

 美味しいな〜。

 これが、今回の北ヨーロッパビール巡りの始まりなるとは、知る由も無かった二人。ww

DSCF0956.JPG

 残念ながら雨も上がり。

DSCF0958.JPG

 お客さんも増えて来たよ。

 そうか、今日は土曜日なんだ。

DSCF0961.JPG

 外に出て。

DSCF0968.JPG

 駅に向かって帰る。

DSCF0971.JPG

 8月だというのに、小雨が降ると結構寒い。

DSCF0977.JPG

 駅まで来ると。

DSCF0978.JPG

 高福祉国家と言っても、ヨーロッパの駅の周辺は変わらないものなのだね。

DSCF0981.JPG

 ヨーロッパの駅は、なんでみんな天井が高いのだろうか?

 昔、汽車の煙がこもらないようになのか?

DSCF0984.JPG

 切符を買って。

 公共交通機関の価格は高いよね。

DSCF0996.JPG

 エストー(郊外列車)でホテルのあるOsterportへ戻る。

DSCF0997.JPG

 ビールで酔っぱらったのか、二人で話していたら注意を受ける。シ〜!w

DSCF0998.JPG

 自転車列車いいな〜。

DSCF1003.JPG

 Osterportの駅にあるスーパーでサラダを買う。

DSCF1005.JPG

 今夜のはビールはは何にしようかな?

DSCF1006.JPG

 この旅行で何キロ痩せるか。ww
DSCF1009.JPG

 買い込んだ後は。

DSCF1012.JPG

 パン屋さんに寄って。

DSCF1016.JPG

 そういえば、お昼はビールしか飲んでなかったので。

DSCF1017.JPG

 これでちょっとホッとした。

DSCF1020.JPG

 ホテルの近くのスーパーを覗く。

DSCF1022.JPG

 私はどこの国に行ってもスーパーや市場を覗くのが好きだ。

DSCF1024.JPG

 ネギも食べるんだね?

DSCF1026.JPG

 これが晩ごはん。

 暖かいものが食べたいが、かほちゃんはサラダばかり。。

DSCF1027.JPG

 明日はカップスープみたいなもの買おうっと。

 

◇2016年夏北ヨーロッパの旅アーカイブ

08月12日:01日目コペンハーゲン到着

08月12日:01日目コペンハーゲン・デザインミュージアム

08月12日:01日目最初の晩ごはん

08月13日:02日目コペンハーゲンの街に出たよ

08月13日:02日目地上最後の楽園、クリスチャニア

08月13日:02日目ミッケラーで昼ビール

08月14日:03日目コペンハーゲンIT大学

 

◇海外市場好きアーカイブ
16年コペンハーゲンのスーパーマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3910
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:12 | 2016年夏 北欧親子旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 10日目台湾最終日

P1030382.JPG

 3月19日(土)、10日目の朝。

 おはようございます

P1030383.JPG

 Cho HOTELのカフェ。

 今日は東京に帰る日だ。

P1030379.JPG

 たまには洋風のブレックファースト。w

P1030386.JPG

 ネットで見たら、ホテルのすぐ並びにある「牛店」の牛肉麺が有名らしい。

 ちょっとランチには早いが、飛行機に乗る前に食べてみよう。

 ここ数日、満腹中枢が完全にいかれてる。w

 ここね。

P1030390.JPG

 オーストラリア牛使用。w

P1030392.JPG

 1人席が空いていて、割と早く座れた。

 人気店なんですね。

P1030399.JPG

 「半筋半肉麺」大。

P1030395.JPG

 おお!真っ赤だ。

P1030391.JPG

 唐辛子ソースを、更に自分で足すこともできる。

P1030400.JPG

 外に出たら、凄い行列。。

P1030402.JPG

 隣は一人鍋屋さん。

P1030403.JPG

 一度入ってみたいんだけど。

P1030404.JPG

 臭臭鍋があるから、入れない。ww

P1030406.JPG

 台湾は暖かい割には火鍋屋さんが多い。

P1030407.JPG

 最後は「蜂大珈琲」で一休み。

P1030408.JPG

 ここは、台北ではまともなコーヒーが飲める所だ。

P1030413.JPG

 昼頃チェックアウトして、松山空港へ。

P1030415.JPG

 ここで最後の便當を食べて飛行機に乗る。

 10日間楽しかったな〜。w


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(夕食編)
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(バー編)
3月18日(金):9日目台南から台北へ移動
3月18日(金):9日目台北で二人打ち上げ
3月19日(土):10日目台湾最終日
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:15 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 9日目台北で二人打ち上げ

P1030286.JPG

 3月18日(金)の夜。

 台北の代官山「永康街(ヨンカン)」。

P1030306.JPG

 台北在住のサービスデザイナー林さんが、クラフトビールの店に連れて来てくれた。

P1030309.JPG

 「掌門精釀啤酒永康店

P1030287.JPG

 「HODALA(ホダラ・掌門精)」っていうらしい。

P1030291.JPG

 テーブルから直接飲める。ww

P1030294.JPG

 タップが沢山ありますね。

P1030296.JPG

 林さん、ありがとう!

P1030293.JPG

 勉強中。

P1030305.JPG

 林さんは、そこそこで打ち合わせに。。

 私だけ少し残って飲んでと。
 また、ゆっくり来たいな〜、ここは。

P1030310.JPG

 外は霧雨。。

P1030311.JPG

 MRT東門站には、駅のすぐそばに「鼎泰豊」の本店がある。

 凄い行列だ。

P1030323.JPG

 MRTに乗って雙連站に来た。

 今回の訪台ではこちら側中山区には来ていなかったので。

P1030320.JPG

 いつも目につく雙連站前の看板。ww

P1030318.JPG

 水餃子か。。

P1030319.JPG

 まだ晩ごはん食べてないから、少しお腹に入れておくか。

P1030321.JPG

 入店。

P1030315.JPG

 餃子といったら「酸辣湯」

P1030316.JPG

 「水餃子」

P1030342.JPG

 小腹を満たしたら「雙城街夜市」まで歩いて来た。

 初めて台北に来た時から、この辺りはよく来たな〜。

P1030329.JPG

 いわゆる観光夜市じゃなくて。

P1030337.JPG

 本当に庶民のための夜市だ。

P1030339.JPG

 こういうエネルギーの溢れた台湾の夜が好き。

P1030340.JPG

 台湾の人は外食率高いよね。

P1030341.JPG

 屋台で食べたほうが安くて美味いからか。w

 ふらふらと「雙城街パブエリア」に飲みに行こうかと歩いていたら。

P1030343.JPG

 あれれ、以前閉店していた「山東水餃大王」がやってる!

P1030347.JPG

 ここは、台北でも一番好きなお店だったのだが。

 去年来たら閉まっていて、本当に落胆していたのです。

P1030344.JPG

 いつも滅茶混みだったの、恐る恐る覗いてみたら。。

P1030346.JPG

 席が空いているというので、ついさっき水餃子食ったのに入ってしまった。ww

P1030345.JPG

 ここの名物は、他の店では食べれない「揚げ餃子」だ!

P1030350.JPG

 まずは、自分で勝手に「冷菜」を選び。

P1030352.JPG

 これ、凄くニンニク臭いが美味いんだよね。w

P1030348.JPG

 さっき「酸辣湯」を飲んだばかりなので、スープは「搾菜肉絲湯(ザーサイと豚肉の細切り)」を注文。

P1030355.JPG

 きた〜!「煎餃(揚げ餃子)」

P1030357.JPG

 「搾菜肉絲湯(ザーサイと豚肉の細切り)」さっぱり味です。

 食った食った。ww

P1030359.JPG

 やっと目的地の「雙城街パブエリア」にやって来た。

 ここが目印のセブンイレブン。

P1030371.JPG

 日本人には有名な老舗中華料理屋「欣葉(シンイエ)」の近く。

P1030361.JPG

 「雙城街32巷」

 ここに、アメリカンバーがずらりと並ぶのだ。w

P1030360.JPG

 今もそうだが、アメリカ兵が開いた飲み屋街で。

P1030362.JPG

 お酒だけ飲めるスタイルの無い台湾では貴重なバー街である。

P1030363.JPG

 いわゆるキャッシュオン・デリバリーのアメリカンバーが並ぶ。

P1030365.JPG

 沖縄のコザというよりは、もう少しおとなしくて横須賀の「ドブ板ストリート」に近い。

P1030366.JPG

 コミュニケーションも英語で出来るので、一人で飲みに来るには便利な場所だ。

P1030367.JPG

 中にはやばい店もあるので、あまりカクテルみたいなものは飲まずに、値段のはっきりしているビールを飲むことをお勧めします。w

P1030368.JPG

 今回は、外も寒いし。。

P1030369.JPG

 週末の割には、人の出が少ない。

 台北の若者は、こういう場所には来ないんだろうな〜。

P1030370.JPG

 タクシーで帰る。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(夕食編)
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(バー編)
3月18日(金):9日目台南から台北へ移動
3月18日(金):9日目台北で二人打ち上げ
3月19日(土):10日目台湾最終日
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:27 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 9日目台南から台北へ移動

P1030217.JPG

 3月18日(金)、9日目の朝。

 おはようございます

P1030215.JPG

 宿の近くのお店で朝ごはん。

 つい数時間前にも同じようなもの食べてた気がする。w

P1030212.JPG

 昨日食べたオババの「滷味(るーうぇい)」屋さんの前を通ったら。

P1030218.JPG

 朝から仕込み中。

P1030219.JPG

 おお!豚や鴨の内臓だね。

P1030220.JPG

 「鴨(アヒル)の首

P1030221.JPG

 こういうの見ると、また食べたくなるね。

P1030222.JPG

 ネギいっぱいがうれしい。ww

P1030223.JPG

 今日は台北に戻るので、部屋に帰って荷造りだ。

P1030239.JPG

 宿と言っても部屋は2つしか無くて。

 階下がカフェになっている。

P1030238.JPG

 その「8mm Cafe」もいい感じだ。

P1030225.JPG

 昨日の「手艸生活 H'AND HERB Life」以来中国茶にLove。ww

P1030244.JPG

 雑誌をパラパラめくっていたら、素敵な本があった。

P1030233.JPG

 台南の、古い建物をリノベしたホステルやカフェが沢山載っている。

P1030236.JPG

 神農街の「木子民宿」、こういうのを老宅民宿っていうらしい。

 次はここに泊まってみようかな。

P1030237.JPG

 正興路にある「正興珈琲民宿」。

 ここも泊まりたいな〜。

P1030242.JPG

 なんでも「開山路」がいいらしい。w

 この辺りか〜。

 行ったこと無かったな。

 次は行ってみようっと。

 「阿烏珈琲

P1030228.JPG

 「8mm Cafe」でカレーを食べた。

 メニューにカレーがあると知らずに、お土産に日本のカレールー持ってきちまった。w

 台湾では辛いのはNGらしい。

P1030245.JPG

 8mm Cafeのスタッフ達、中央がオーナー夫人の津津。

 おばさんと思っていたが、意外と若いらしい。w

P1030248.JPG

 昼飯食ってから台南駅から高鐵(新幹線)に乗る。

P1030260.JPG

 台南から台北までは2時間、1350元(約5000円)。

P1030257.JPG

 台南高鐵火車站は、本来の台南火車站とは違うずっと郊外にあり、新大阪駅と大阪駅みたいなもんだ。

 国立成功大学(National Cheng Kung University)の看板がある。

P1030262.JPG

 遠く市街地が見える。

P1030266.JPG

 高鐵火車站で買った台鐵便當。

P1030268.JPG

 女性の車掌さん初めて見た。

P1030270.JPG

 「台北車站」に到着。

 いつ見てもバカでかい。w

P1030273.JPG

 ヨーロッパの駅はでかいが、ホームがいっぱいあるからなんだけど。

 台北車站は待合室がでかい。ww

P1030274.JPG

 待合室というよりは広場だと思った方がいいのかもね。

P1030276.JPG

 西門町の「町記憶旅店」にチェックイン。

 一休み。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(夕食編)
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(バー編)
3月18日(金):9日目台南から台北へ移動
3月18日(金):9日目台北で二人打ち上げ
3月19日(土):10日目台湾最終日
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:26 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 8日目台南で一人打ち上げ(バー編)

P1030155.JPG

 西門路を歩いてきたらバーらしきお店発見!

 「鑽石楼(DIAMOND HALL 206)」

P1030156.JPG

 カウンターに座って。

P1030160.JPG

 モヒートが出来るというので、頼んでみた。

P1030162.JPG

 バーテンの子にグラニュー糖使ってるから「サトウキビの黒糖使った方が風味が出るよ。」と言ったら。

 ぐいぐい来て、Google翻訳の中国語繁字体でいろいろお話しました。

P1030163.JPG

 隣にいた女の子。。

P1030164.JPG

 酔っぱらってくると、意外とフレンドリーな性格になる私。ww

P1030165.JPG

 酔っぱらって、いい気持でふらふら歩く。

P1030173.JPG

 あれれ、これはレモンか?

P1030171.JPG

 レモン果汁屋さんだ。

P1030170.JPG

 機械でグオングオン絞ってる。

P1030174.JPG

 これが絞り汁か。

 欲しいな。w

P1030175.JPG

 うろうろ歩くの楽しいな。

P1030176.JPG

 「赤崁樓」までやって来た。

 赤崁樓を通り過ぎたところに。

P1030186.JPG

 前から気になってる「台南担仔麺」がある。

P1030178.JPG

 2016年−1964年=52年老店だな。w

P1030179.JPG

 店内、人の家か。ww

P1030180.JPG

 「担仔麺(小)」45元(約150円)

P1030187.JPG

 またもブラブラ歩く。

P1030188.JPG

 凄い歯医者さんの看板。ww

P1030202.JPG

 やっと台南のホームに到着。

 「Cosbysaloon美式餐廳

P1030189.JPG

 いや〜!ここでギネスを飲むとホッとする。

P1030198.JPG

 マスターのロバートがやたらジャックダニエルを注いで乾杯する。ww

P1030195.JPG

 ここでも女の子達と仲良くなる。ww

P1030203.JPG

 Cosbysaloonを出て、成功路の「四海豆漿大王」に来た。

P1030208.JPG

 ここは夕方から営業を始めて、朝の朝食タイムまで開いてる。

P1030207.JPG

 豆漿と包子

 もう満腹中枢が狂ってる。ww

P1030210.JPG

 もう、とことん飲み食いしたので、帰って寝る。w


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(夕食編)
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(バー編)
3月18日(金):9日目台南から台北へ移動
3月18日(金):9日目台北で二人打ち上げ
3月19日(土):10日目台湾最終日
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:22 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 8日目台南で一人打ち上げ(夕食編)

P1030109.JPG

 夜になって海安路に出てきた。

 この辺りは台南のグルメエリアだ。

 晩ごはん食べに「集品蝦仁飯」に来たよ。

P1030120.JPG

 海安路一段には、「集品蝦仁飯」と「矮仔成蝦仁飯」の二軒のエビごはん屋さんがある。

 私は「集品」の方が断然好きだな〜。w

P1030115.JPG

 ここの名物は、当たり前だが「蝦仁飯(しゃーれんふぁん)」。

P1030111.JPG

 しかし!そこで「蝦仁飯」を頼まずに。

「蝦仁飯(加肉絲)」にしましょう。

P1030112.JPG

 蝦ごはんに、更に豚肉(肉絲ろーすー)が乗ってる豪華版。ww

P1030114.JPG

 更にスープは「蝦仁鴨蛋湯」。

 エビを剥いた殻を食べさせたアヒルの卵スープで、蝦仁飯にはセットで飲むのが通。w

P1030117.JPG

 蝦仁飯は、エビを乗せたごはんにスープがかかっていて、いわば牛丼みたいな食感。

 それが新鮮なエビだから美味いはずだ。

P1030116.JPG

 昼は混んでるけど、夜は意外と空いてる。

 スナックなのかな?

P1030126.JPG

 海安路の一番南の方まで来たので。

P1030127.JPG

 少しづつ北に向かって戻って行く。

P1030128.JPG

 軽く一杯飲みたいんだけど。

 飲むだけの店って、意外と少ないんだよね〜。

 「集品」から少し北に上がって来た尊王路。

P1030124.JPG

 「感性魯味

P1030125.JPG

 ここは昼間食べたババの店みたいな「滷味」のお店。

P1030129.JPG

 まずはビールで乾杯!

 4日間のスクーターツーリングの無事を祝う。

P1030132.JPG

 これが「滷味(るーうぇい」。

 ちょうど良いツマミだ。

P1030133.JPG

 一杯飲んでる子ども。ww

P1030136.JPG

 なんだろう、このクリップは?

P1030138.JPG

 この具材を自分で選んでお店の人に渡す。

P1030139.JPG

 豚のモツと鴨の頭とか。ww

P1030142.JPG

 最後は麺も食べれる。

P1030144.JPG

 それをお店の人が湯がいてくれる。

P1030143.JPG

 タレは自分で調合してと。

 これだと、食べたいものだけ食べれるので、ビールのツマミによろしい。

P1030146.JPG

 軽く飲んで、次に行こうか。

P1030147.JPG

 この辺りはビールだけ飲ませるお店があるみたいだね。

P1030148.JPG

 どこかで飲むかな〜。。

P1030149.JPG

 台湾ビールはさっぱりし過ぎてて、もう少し濃いもの飲みたいな〜。

P1030150.JPG

 などと思いながらブラブラ歩く。

P1030152.JPG

 「国華街」を北上しつつ。

 この辺りは、昼間のお店が多いので夜は静かだ。

P1030153.JPG

 途中に、休日には若者が集まる「西門浅草」があったが、閉まってた。

 もっとアルコールが欲しいぞ、ていうか、台南がもうホームになってる。ww


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(夕食編)
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(バー編)
3月18日(金):9日目台南から台北へ移動
3月18日(金):9日目台北で二人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:24 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 8日目台南に戻って来たよ

P1030056.JPG

 3月17日(木)の午後、台南に戻って来た。

P1030055.JPG

 駅前にレンタルバイク屋(機車出租)があった。

 次回はここで借りれるか訊いてみようかな?

P1030060.JPG

 さてと、バイク旅に出る前にキャリーバックを預けた宿「紀録工房」にチェックイン。

P1030064.JPG

 荷物を置いて、路地の向かいのソバ屋に入ってみる。

P1030063.JPG

 いつも前を通ると、場所が悪い割には人が食べてるので美味いのか?

P1030061.JPG

 「滷味随意切」とは、「滷味(るーうぇい)」を欲しいものを選んで切って貰うやつ。

P1030074.JPG

 たどたどしい日本語を話すババがいる。

P1030062.JPG

 お薦めをお願いしてと。

P1030067.JPG

 おお、頼み過ぎたか。w

P1030071.JPG

 「麻醤乾麺」の小

P1030080.JPG

 お腹いっぱいになったので、しばし散歩。

P1030082.JPG

 「裕民街72巷」

 「鴨母寮市場」の裏の方ね。

P1030103.JPG

 その路地に素敵な店がある。

P1030101.JPG

 こちら→のドアから入ってね。

P1030099.JPG

 1人最低80元は使ってね。

 食べ物持って入ってきちゃだめよ。

P1030084.JPG

 中は美しい女性がやってる漢方茶カフェ。

P1030086.JPG

 グラフィックが素敵。

P1030089.JPG

 漢方茶(ハーブティー)を選んで貰って。

P1030090.JPG

 クコなどのドライフルーツ付き。140元(約500円)

P1030098.JPG

 最後は、お姿を記念撮影パチリ!

P1030104.JPG

 台南には素敵な路地がある。

P1030107.JPG

 是非「裕民街72巷」行ってみてください。

P1030108.JPG

 さあ、帰って昼寝しよう。

 疲れちゃった。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:23 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 8日目旗山から高雄・台南へ

P1030026.JPG

 3月17日(木)10時頃に旗山を発ち、高雄に向かう。

P1030029.JPG

 高雄市内で大渋滞に遭う。

 昨日屏東市内で経験しているので、大丈夫。w

 しかし、台湾南部の都市はバカでかい。ww

P1030033.JPG

 無事、スクーターをレンタルした店に到着。

 高雄火車站のすぐ目の前。

P1030031.JPG

 総走行距離は、4日間で668,4km。

P1030036.JPG

 次は250佞阿蕕い離丱ぅがいいな。

P1030037.JPG

 レンタル代は150佞離丱ぅで、4日間3200元(約1万円)でした。

 250〜300佞世4日間で6000元というから倍だね。

P1030039.JPG

 「春天祖車

P1030040.JPG

 荷物を降ろしたら、そんなにバイクの状態も点検せずに終わり。w

P1030042.JPG

 いやはや、寒かったけど楽しかったな〜。

P1030035.JPG

 これより汽車で台南に戻ります。

P1030043.JPG

 「高雄火車站」

 火車=汽車

 汽車=自動車

 機車=バイク

 単車=自転車

P1030044.JPG

 「台鐵便當」

P1030045.JPG

 「自強号(特急)」

P1030046.JPG

 自強号で台南まで30分ぐらい。

P1030049.JPG

 早く弁当食わないと。

P1030050.JPG

 あっという間に台南到着。

 やはり汽車は早い。ww


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:16 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 8日目旗山はバロック建築の街

P1020970.JPG

 3月17日(木)の朝。

 おはようございます

P1020974.JPG

 昨夜見つけた朝めしやで朝ごはん。(夜もやってたw)

P1020975.JPG

 旗山はフルーツの街だ。

P1020976.JPG

 檳榔屋は朝からやってる。

P1020977.JPG

 コインランドリーがあったので、雨に濡れた服を放り込んで街を散歩。

 台湾のコインランドリーは、全自動じゃなくて洗濯と乾燥機が別なので、途中で入替に来なければならない。

P1020984.JPG

 この辺りが旗山老街の起点か?

P1020982.JPG

 「旗山車站」は、もう廃線になっちゃったけど、昔は旗山と高雄を結ぶ軽便鉄道が走っていたそうだ。

 昔はそのくらいに、ここにサトウキビやバナナなどのフルーツが集積されていたのだ。

P1020986.JPG

 現在位置

 この通りが「旗山老街」になる。

P1020987.JPG

 屋台にも「大同電鍋」。

P1020989.JPG

 旗山の街はバロック式の建物が有名だ。

P1020990.JPG

 製糖業や果物で稼いだ商人が争って建てたのだろうか。

P1020991.JPG

 藤森照信先生建築用語でいえば「看板建築」。

P1020993.JPG

 表側はバロック調だけど、後ろ側は中華風住宅だ。

P1020994.JPG

 餃子屋さん。

P1020995.JPG

 朝は通り沿いに露店が並ぶ。

P1020997.JPG

 おはようございます

P1020999.JPG

 ビニール紐で編んだ、市場の荷物かご。

 ベトナムのチョロンの市場でも見たな。w

P1030003.JPG

 1階は商売してるのに、2階は廃屋みたいになってる建物もある。

P1030004.JPG

 ここは手入れが行き届いてる。

P1030005.JPG

 儲かってる商店かも。w

P1030006.JPG

 この辺りで老街終了。

P1030007.JPG

 「高雄縣旗山鎮農會

P1030013.JPG

 恒春は玉ねぎの産地なんだ。

P1030014.JPG

 老人は何を思うのか?

P1030015.JPG

 天后宮にやって来た。

P1030017.JPG

 台湾の街には必ず廟がある。

 信心深い街はいい所だ。

P1030016.JPG

 さあ、そろそろコインランドリー乾いたかな。

P1030022.JPG

 これから2時間も走れば、高雄に着くだろう。

P1030024.JPG

 百里の道も九十九里をもって半ばとす。

P1030025.JPG

 さあ!あとひとっ走りだ。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:17 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 7日目旗山の夜

P1020909.JPG

 宿に荷物を置いて「旗山」の街に出てきた。

P1020911.JPG

 宿を探して、街の中をぐるぐる回ったから、大体の位置関係は分かったつもりだ。

P1020912.JPG

 「旗山天后宮」

 宿から街のメインストリートを通って、「旗山老街」に来た感じだ。

 大体、街はそれだけ。w

P1020915.JPG

 晩ごはんを食べなきゃ。

P1020917.JPG

 確かに「旗山老街」はバロック調の建物が多い。

P1020919.JPG

 なんだかイタリアっぽい景色。

P1020923.JPG

 旗山(ちーしゃん)は、サトウキビの製糖業やバナナの集荷で賑わった街で。

 日本人も多く住んでいたとのこと。

P1020924.JPG

 バロック様式の建築は、日本統治時代の昭和初期に建てられたものだそうだ。

 台湾は栄えた街には、バロック様式の商店が立ち並ぶところが見られるが。

 台北の「迪化街」「淡水」や、昨年行った「斗六」もそうだった。

P1020953.JPG

 途中で見つけた、天后宮の裏手にある羊肉火鍋屋に入ろう。

P1020952.JPG

 特に旗山の名物が羊肉でもなさそうだが、ずっと毎日寒かったので鍋が食べたい。

P1020950.JPG

 さて、何にしようかな?

 「羊肉火鍋」は350元(1000円)ぐらいか。

P1020943.JPG

 「酸菜羊肉」がいいと言ったら、無いという。

P1020949.JPG

 「排骨羊肉爐」にしろという。

P1020951.JPG

 キッチンを見ると、食材はそれしか無いようだ。ww

  他の客も全員同じ鍋食ってる。

P1020942.JPG

 まずはビールで乾杯!

 そういえば、池上で鉄路便當食っただけだもん。

P1020947.JPG

 鍋も美味しかったですよ。

 500元ぐらい取られちゃったけど。

 まあ、一人鍋だからしょうがないか。

P1020925.JPG

 お腹もいっぱいになったので、少し街を散歩してみよう。

P1020928.JPG

 小さな旅館発見!

 入口にソファが置いてあり、人が集まってる。

 春吉別館より、こちらの方が楽しそうだな。。

P1020930.JPG

 わぁ!仏具屋さんか?

 派手だな〜。w

P1020931.JPG

 朝めし食べる店を発見!

P1020934.JPG

 明日はこの辺りで食べればいいんだね。

P1020933.JPG

 「大同3C(台湾の家電メーカー)」が、日本製品の電気屋さんより全然大きい。ww

P1020936.JPG

 おお!怪しげな「病理検験所」だ。なんで夜やってるんだ。w

P1020961.JPG

 牛肉麺の店があった。

 羊肉火鍋食ったばかりだけど、入っちゃおうかな??

P1020958.JPG

 おお!真っ赤だ。。

P1020959.JPG

 辛いけど、大きな肉が入ってる。90元だった。

P1020962.JPG

 檳榔屋をひやかして。w

P1020963.JPG

 宿に帰って来たよ。

P1020964.JPG

 誰もいない。ww

 もう疲れてバッタリだ。

 


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:21 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 7日目長躯旗山へ向かう

P1020870.JPG

 3月16日(水)、「南部横貫公路」での台南行きを諦めて霧鹿から池上郷に降りて来た。

P1020877.JPG

 池上郷は話には聞いていたが、一面の水田地帯である。

P1020880.JPG

 台湾の一の水耕地帯を見ただけでも良しとするか。w

P1020889.JPG

 雨も風もやんで、まあなんとかなりそうであるが。。

P1020891.JPG

 このまま花蓮に向かっても、バイクの返却日に高雄には戻れないので。

P1020894.JPG

 思い切って高雄方面に戻ることにして、国道9号線を海沿いに南下する。

 結構走って来て、もうへとへとだ。。

P1020893.JPG

 このまま高雄に帰ってもしょうがないので、ファミマで一息いれて考えた結果。

 屏東の北側に、昔サトウキビの製糖業やバナナの交易で栄えて、建物がバロック調の「旗山」という街があるというので、そこに行ってみることにした。

P1020895.JPG

 それからは走り走る。。

 GoogleMapを頼りに、ひたすら走る。

 屏東の市街地を抜けるのに夕方のラッシュ時に当たってしまい。

 あの、台湾名物バイクの大群の中を死に物狂いで走った。

 おかげで、以降はバイクの大群が怖くなくなった。ww

P1020897.JPG

 屏東の市街地をやって抜けて、このまま真っ直ぐ行けば旗山という辺りまで来たら日が沈み始めた。

 今日はいったい何キロ走り続けているのだろうか?

 今までの体験から言って、スクーターでは1日200km走るのがやっとだ。

 750〜1000ccの大型バイクなら、時によっては500〜700kmぐらい走れるのだが、小さいのはきつい。

P1020906.JPG

 やっと旗山の街について、宿を探すが全然なく。

 探し回って見つけた商人宿にチェックイン!

P1020901.JPG

 いや、もう寝れればいいやって感じだ。

P1020900.JPG

 窓とかカギが壊れてるし。

 治安の良い台湾じゃなきゃ泊まらないレベル。w

P1020899.JPG

 なにはともあれ、ヘルメットを脱げただけでうれしい。

P1020902.JPG

 シャワーもお湯出るし。

 着替えたら、晩ごはん食べに街に出てみよう。

 それにしても、今日はどのくらい走ったのだろうか?

 

◇本日の走行:322.3km


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:19 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
旦過市場(北九州小倉)

IMG_9524.JPG

 12月1日(木)、羽田から富士山の上を飛行して。

IMG_9530.JPG

 北九州空港に到着。

 初めて降りた空港だ。

P1060764.JPG

 小倉の駅前でシャトルバスを降りて、大好きな旦過市場に向かう。

 小倉の駅を降りたら、右側に5〜10分も歩けば着く。

P1060766.JPG

 日本で一番最初のアーケード型商店街らしい。

P1060768.JPG

 12月になり、師走の騒めきが始まっていそうな生活市場だ。

P1060771.JPG

 初めて2013年に来た時に、その魅力にやられた。w

P1060773.JPG

 間口が一間半ぐらいの小さな商店が並ぶ。

P1060787.JPG

 今日のお目当ては「旦過うどん」。

P1060788.JPG

 夜の営業に向けて、おでんの仕込み中。

P1060778.JPG

 狭いが清潔な店内。

 如何にも女性がやってるお店っぽい。

P1060780.JPG

 いつ来ても「本日限定市場うどん300円」がある。w

P1060786.JPG

 おでんの巾着仕込み中。

 客用のテーブルでやってるのがいい感じ。w

IMG_9532.JPG

 頼んじゃやった。w

 キャベツで巻いたのは何だろう?

IMG_9534.JPG

 「旦過うどん」なのに、チャンポンが名物とか。

 確かに、優しいお味で体が温まる。

P1060789.JPG

 本当はこれから仕事に行かなくてはならないのだが、もって見ていたい。w

P1060791.JPG

 「あかかべ」は、角打ちのお店。

P1060790.JPG

 北九州は鉄鋼所が3交代勤務だったため、早朝帰宅する工員さん達が酒屋で立ち飲みして帰って寝るのが起源とか。

P1060792.JPG

 私は、こういう生活市場が好きだ。

P1060794.JPG

 たまに覗く、都市エスノグラフィの実践拠点「大学堂」。

P1060799.JPG

 只のお店じゃなくて、北九州大学の学生がゼミで運営してる場所。

P1060798.JPG

 2014年に見つけてから、時々来て院生の話を聞いている

P1060800.JPG

 うわぁ!間口一間も無い店舗が並ぶ。

P1060801.JPG

 北九州の魚は、東京とちょっと違うな〜。

P1060802.JPG

 クジラも食べるんだね。

P1060803.JPG

 そろそろ会場に向かわねば。

P1060804.JPG

 小倉城の横を通って、西小倉に向かう。

P1060805.JPG

 紫川を木造の橋で渡って。

P1060809.JPG

 この辺りは古い小倉の街並みが残る。

P1060810.JPG

 北九州の「ワクグミ」さんと北九州大学の連携講座の講師で来ました。

P1060812.JPG

 講義をして。

IMG_9535.JPG

 帰りに角打ち。w

IMG_9537.JPG

 北九州は1泊泊りで来てみたいが、大急ぎで博多に新幹線で移動。

 

◇旦過市場アーカイブ

・2016年12月:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848

・2016年07月:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765

・2013年12月フィールドワーク:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2875

 

◇市場好きアーカイブ
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3848
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 07:16 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 7日目恐怖の南部横貫公路

P1020830.JPG

 3月16日(水)の午後、池上で鉄路便當を食べた後、風の強い海岸部を離れて山の方に来た。

P1020833.JPG

 ズバリ勘が当たって、こちらは雨も風も弱い。

P1020834.JPG

 ここは「南部横貫公路」と言って、台東から台南へ台湾の険峻な山岳地帯を越える道路があるのだ。

01.jpg

 これは凄い。

 日本人は、台湾の海側しか知らないが、実はもの凄いアルプス級の山岳地帯があるのだ。

P1020836.JPG

 おお!台南まで204劼、今日中に山越え出来るかな?

P1020839.JPG

 と思ったら、台南方面は行き止まりらしい。

 がっくり。。

 この辺りまでは行けるらしいので、行けるところまで行ってみよう。

 多少の崖崩れなら、車じゃやないから突破して。

 日本では結構やってた。オフロードバイクだけど。w

P1020840.JPG

 どんどん登って行くと、原住民ブヌン族の領域に入ってきたようだ。

 いわゆる首狩り族ね。昔は

P1020843.JPG

 本当にやばい所はバイク止める勇気が起きないぐらいだったので。

 何とか止めれたところで写真撮った。

P1020844.JPG

 雪が解けたばかりの3月なので、あちこちが崩れていて危なくて先に行くのはやめようと判断。

P1020850.JPG

 途中に部落があったので、バイクを止めて徒歩で登って来てみた。

P1020848.JPG

 小高い場所に大砲が据え付けてある。

P1020846.JPG

 「霧鹿砲台」は、日本統治時代に原住民ブヌン族を鎮圧するために、日露戦争で鹵獲したロシア製の大砲を据え付けたものだそうだ。

 「霧鹿」という村の名前からして山深い。。

P1020847.JPG

 映画の「セディック・バレ」の世界そのもだ。

 この映画は「霧社事件」をモデルにしたものだ。
 私は2回観た。

P1020851.JPG

 まるで映画の「アラモの砦」に出てくるような伝道所。

P1020856.JPG

 現在の原住民の人たちの住宅。

P1020855.JPG

 ブヌン族は「布農族」って書くのか?

 日本統治時代の同化政策か?

P1020854.JPG

 たき火してた。

P1020859.JPG

 「霧鹿部落」はいいところだ、もう少し気候の良い季節に来たいな。

 紅葉の秋とか。

P1020861.JPG

 谷沿いに水平に道が見える。

P1020858.JPG

 やむなく、来た道を帰ろう。

P1020862.JPG

 だいぶ下りてきたら、平地に田んぼと民家があってホッとした。w

 雨は止んだようだが、どちらに向かおうか?

 


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:20 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 7日目池上飯包を食べに雨の中を行く

P1020793.JPG

 3月16日(水)7日目の朝。

P1020797.JPG

 台東の住宅街にある宿から、そっと静かにスクーターを引張り出す。

P1020800.JPG

 朝食は、宿で貰ったチケットの使えるカフェで。

P1020799.JPG

 毎日台湾めしなので、朝はコーヒーで。

 奥にいる子たちは、昨夜1階に泊まっていた子みたい。

 外に置いてあった靴と同じものを履いてるので。ww

P1020801.JPG

 スクーターや自転車専用道路。

P1020805.JPG

 雨がそぼ降る国道9号線を北上する。

 2010年に、台東から花蓮までの海岸線約170kmを花東公路(海線)をバスで通ったことがあったので、今回は通ったことの無い花東公路(山線)を選んでみた。

 ちなみに汽車が走っているのは山線側ね。海線の公共移動手段は日に3〜4本のバスのみ。

 午前中の目的地は池上郷の台鐵便當の聖地「池上飯包文化故事館」だ。w

P1020806.JPG

 途中ガソリンを補給。

 寒くて、指がかじかむ。。

P1020809.JPG

 池上郷に入ると、一面の水耕地帯が広がる。

P1020814.JPG

 やっと到着。

P1020815.JPG

 カッパを持ってきていないので、かなり辛かった。w

P1020817.JPG

 「池上郷(ちじょうきょう)」は台東県北部に位置し、北は花蓮県と接する花東縱谷(かとうじゅうこく)に属する平坦な地形となっており、特産の池上米は台湾最高の品質として有名である。

 住民は原住民であるアミ族が多くを占める。

P1020819.JPG

 池上米は台湾のコシヒカリとも言われて、日本統治時代には天皇も食していたそうだ。

 お米がおいしいことから、そのお米で作られた「池上弁当」も有名。

P1020820.JPG

 さて、お目当ての池上飯包を食べようかの。w

P1020821.JPG

 お弁当の歴史は日本統治時代にさかのぼり、花蓮〜台東間の列車に乗った乗客は、池上駅で必ずホームで販売している駅弁を買ったとのこと。

P1020824.JPG

 鉄路弁当は真ん中にドーンとのっかっているブタ肉が圧巻。

P1020825.JPG

 寒かったので、勝手に鍋から注げるスープを何杯もお代わりしちゃった。

P1020826.JPG

 さて、この雨の中を花蓮まで行くか、台東まで戻るか。考える。。

P1020829.JPG

 やけくそになり、自分の運を信じて風の強い海岸線の花東公路(海線)に向かわずに、山線からも離れて山の中に向かう。

 この時点で、かなり危ない選択だ。w

 


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:17 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 6日目台東の夜

 

 

P1020742.JPG

 3月15日(火)の夜。

P1020743.JPG

 宿の人がいつになっても来ないので、駅の方に散歩に来た。

P1020740.JPG

 駅前の公園にランタンが並ぶ。

P1020745.JPG

 結構寒い。。w

P1020739.JPG

 スタバがあった。ww

P1020750.JPG

 昼間ユニクロでパーカー買った建物。

 シネコンなのか?

P1020747.JPG

 汽車が走っていない旧台東駅。

 鉄道芸術村っていうのになってる。

P1020751.JPG

 ホームもイベントスペース。

 以前来た時は、早朝ババ達がジャズダンス踊ってた。

P1020753.JPG

 前に来た時泊まった「金龍商務旅館」ビジネスホテルね。

P1020754.JPG

 晩ごはん食べなくちゃ。

P1020755.JPG

 レンタルバイク屋さんもあるね。

P1020756.JPG

 この辺りが台東のメインストリート。

P1020757.JPG

 ほんのちょっとだけど。

P1020758.JPG

 市場でものを詰めるナイロン袋の工房。

P1020760.JPG

 「台東市中央市場」夜だから閉まってた。

P1020761.JPG

 鴨の頭だけの屋台。

P1020762.JPG

 少し街の中心地からはずれると。

P1020763.JPG

 生鮮食品さん街がある。

P1020764.JPG

 八百屋さん。

P1020765.JPG

 果物屋さんが多い。

P1020766.JPG

 ビワか?

P1020767.JPG

 なんという果物だろうか?

P1020768.JPG

 レモンを絞ってる。

P1020769.JPG

 ビタミンC補給。。

P1020770.JPG

 台湾は自転車が盛んだ。

P1020771.JPG

 おお!リンナイだ。

P1020772.JPG

 一般家庭はプロパンガスだからね。

P1020773.JPG

 ビンロウ屋さん。

P1020782.JPG

 もうお店が無くなっちゃうので、そろそろどこでもいいから入ろう。

P1020780.JPG

 なんだかうどんみたいなものを食べた。

 未だかつて台東で美味い物を食った記憶が無い。台湾では珍しいことだよ。w

P1020784.JPG

 床屋も行きたい。

P1020788.JPG

 暗い住宅街に帰って来た。

P1020787.JPG

 「毛毛㐂」児童・哲学と書いてあるから本屋さんか。

 住宅街の中にこういう店があるから台湾は凄いと思う。知的だ。。

P1020789.JPG

 「小時光」はどこだ?

P1020790.JPG

 あったあった。

 なんだか郊外の我が家に帰って来たパパの気分。w

P1020792.JPG

 女の子の靴が2足増えてる。

IMG_9190.PNG

 部屋に戻ったら、女の子が上がって来て。

 オーナーだと言う。

IMG_9189.PNG

 いろいろ説明をして、後はLINEでね〜みたいな感じで帰ってしまった。

 面白いですね。ww

 今日は疲れたので寝る。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:18 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 6日目台東に到着(民宿小時光)

P1020720.JPG

 3月15日(火)の夕方。

 日が暮れる前に予約していた宿を発見!

 台東「民宿小時光(Little Time Guesthouse)」という。

 丹東の市街地からは少し離れた場所にあったので、少し心配であったが。

 Google Mapのおかげで無事到着できた。

P1020721.JPG

 中を覗いたが鍵は開いているのだが、誰もいない?

P1020716.JPG

 とりあえずスクーターを駐めて。

P1020714.JPG

 鍵が開いているので、中に入ってみた。

P1020715.JPG

 しばらく待っていたが、なかなか誰も来ないので。

P1020722.JPG

 私の部屋は2階かな?

P1020710.JPG

 おお、素敵な部屋だね。

P1020712.JPG

 畳の小上がりがある。

 予約した時に「Japanese Style」と選んだから、この部屋だろうと思う。

 2部屋しか無いみたいだし。w

P1020725.JPG

 清潔なトイレ。

P1020726.JPG

 シャワー!

P1020727.JPG

 最近の台湾は、こういう古い建物をリノベーションして、若者がゲストハウスやカフェをやるのが流行っている。

 今回の旅は、そういう場所を廻るのも目的のひとつだ。

 田舎だと思っていた台東でこのクオリティは意外だった。w

P1020724.JPG

 しかし、なぜか日本の同じようなビジネスよりミニマルな美しさがあるんだよね。

P1020729.JPG

 我が家にもこんな2畳ぐらいの場所が欲しい。w

P1020731.JPG

 先ほど駅前のユニクロで買ったパーカーを着込んでる。w

P1020733.JPG

 テレビでは「日家電3巨頭崩壊?」とかやってる。

P1020738.JPG

 ああ、こんな風に報道されているんですね。

 それにしても、誰も来ないがこの部屋で寝ちゃうぞ〜。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:17 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

P1020649.JPG

 強風の海岸部から、なんとか内陸に入ってホッとする。

 森の中を進んで行くと。

P1020651.JPG

 最奥部の「牡丹郷」まで来たようだ。

P1020652.JPG

 原住民「パイワン族」の土地である。

P1020660.JPG

 小学校があった。

P1020655.JPG

 「牡丹園国民小学校

P1020658.JPG

 学校の前で記念撮影。

P1020661.JPG

 この辺りは風が無いので、少し気が緩む。

P1020663.JPG

 この土地は、明治4年に起こった宮古島から台風で遭難した人達を原住民が虐殺した「宮古島島民遭難事件」のあった場所で。

 その後の日本初の海外出兵である「台湾出兵」のきっかけともなった事件である。

P1020665.JPG

 薄手の防風パーカーの下はTシャツのみ。寒いよ〜。w

P1020667.JPG

 本当に山の中の奥地の奥地。

P1020671.JPG

 あれれダムがあった。

 ここは「牡丹水庫」というダム湖ですね。

P1020670.JPG

 わりと新しめの集落がある。

 だいぶ本来行く方向を間違えてしまったらしい。

 牡丹郷まで戻って、北上して寿卡鉄馬駅站まで行き国道9号線に入らないと。

P1020673.JPG

 がっくりきたけど、頑張ろう。

 走っていると、樹林が果てしなく続き、この恒春半島の中央山脈からいつになっても出れないのでは無いかとの錯覚に陥る。

 軽く走るつもりだったのが大誤算であった。w

P1020685.JPG

 なんとか国道9号線に合流出来て、大きな幹線道路を快適に走って距離を稼ぐ。

P1020684.JPG

 ホッとしたら、全然何も食べていなかったことに気が付く。

 休憩しよっと。

P1020683.JPG

 国道沿いの食堂に入り。

P1020675.JPG

 「搾菜肉糸麺(ザーサイと細切り豚肉麺)」

 凍えきった空腹に、涙が出るぐらい美味しかった。

P1020681.JPG

 「蛋炒飯(卵チャーハン)」パラっとしていて美味い!

P1020686.JPG

 さあ!台東まであと少しだ。

P1020687.JPG

 これからは風の強い海岸線を北上する。

P1020689.JPG

 「太麻里399K」というのは景色のきれいな海岸線らしいが、今はそんな景色を見る余裕が無い。w

P1020691.JPG

 遠くに見えるのは、花蓮と太魯閣の山か。

P1020697.JPG

 もう16時をまわって、日が暮れる前に台東に着かないと宿探しが大変だ。

 海岸線と山道では、時間の読み方が全然違った。

 特にスクーターは非力なので、山道は時間が思ったよりかかるね。

P1020701.JPG

 そろそろ台東。

P1020702.JPG

 到着!

P1020704.JPG

 ここは昔の駅で。

 本物は郊外にある。w

P1020706.JPG

 へとへとというか、寒さで体がコチコチ。

P1020708.JPG

 駅前に新しいショッピングモールが出来ていた。

P1020709.JPG

 おお!ミスドが、文明っていいな〜。ww

P1020707.JPG

 ユニクロでウルトラライトダウン買おうと思ったら、もう夏物に入れ替わっていて長袖シャツすら無い。

 やっとペラペラのフードパーカーを見つけて購入。

 さあ、宿探しだ。
◇本日の走行:188.3km


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:10 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 6日目台湾の最南端墾丁に行く

P1020579.JPG

 3月15日(火)6日目の朝。

 昨夜、民宿の部屋のドアを誰かがどんどんと叩いたので出てみると。

 民宿息子がヌボ〜と立っており。(うちの息子みたいだw)

 「メシ」と日本語で一言。。朝食券をくれた。

 この宿では朝食は出ないのね。

P1020581.JPG

 その券を持って店を探したら、なんとハンバーガー屋さんだった。w

 まあ恒春はリゾートだからね。

P1020582.JPG

 朝食を食べたら、この旅のメインイベント台湾最南端の墾丁に向かう。

P1020583.JPG

 今にも雨が降り出しそうで風が強い。

P1020585.JPG

 このパームツリーのなびき方を見て下さい。ビュ〜!

P1020586.JPG

 途中で見つけた小さな漁港。

P1020589.JPG

 水が透明だ。。

P1020588.JPG

 なんだか南に来たな〜と思う。w

P1020590.JPG

 本日は台湾の南の果てを目指します。

P1020593.JPG

 スクーターカップル。いいなw

P1020594.JPG

 1人で強風の南の果て「懇丁最南點」を目指します。寒い

P1020596.JPG

 うお〜!やって来ました。

 風が強くてスクーターが飛ばされそうだ。

P1020598.JPG

 ここまで来ると台湾の東海岸が見えてくる。

 いまここ。

P1020601.JPG

 果てというのは北海道でも沖縄でも台湾でも北南を問わず同じ雰囲気だ

 この海の先は、台湾とフィリピンの間に横たわるバシー海峡だ。

 戦争中に、日本の輸送船がアメリカの潜水艦に200隻も沈められ25万人もが死んだ「輸送船の墓場」と呼ばれた悲しい場所でもある。

P1020604.JPG

 ここにもスクーターカップル。w

 車はほとんど見ないな〜。

P1020606.JPG

 「單車環島」の若者たちだ。

 私もいつかは「機車:スクーター」ではなく「單車:自転車」で「環島:台湾一周」をしてみたい。

P1020608.JPG

 一旦海岸部を抜けて、内陸に入る。ホッ

P1020609.JPG

 ここまで来れば風の脅威は無い。

P1020614.JPG

 牧歌的は光景が広がる。

P1020618.JPG

 朝から強い風と寒さでヘトヘトだったけど、心が和んだ。

P1020620.JPG

 スクーターは快調だ。

P1020621.JPG

 満州郷の街にやってきた。

 いまここ。

P1020622.JPG

 古いレンガ造りの建物があった。

P1020623.JPG

 どうやら郷公所という昔の役場らしい。

P1020624.JPG

 満州郷というのは日本人がつけたらしいが、中国東北地方の満州とは意味が違うらしい。

 どうも臭いという意味らしいよ。硫黄とか獣の腐臭とか。w

P1020629.JPG

 進んで行くと「信天宮」という廟があり。

P1020626.JPG

 小高い境内から村々を見下ろす。

 日本の田舎と変わらない。w

P1020632.JPG

 再び海岸線に出て。

P1020634.JPG

 東海岸を北上する。

P1020638.JPG

 地図上ではたいした距離では無さそうであるが、時間がかかるのは道がワインディングだからだろうか。

 海岸線を北上する。

P1020640.JPG

 まったく対向車にも会わない。

 この道で良いのか心配になってきた。w

P1020643.JPG

 こうなると、何とか大きな道路に出ようとか、ランドマークは無いかとがむしゃらに走り続けて。

P1020644.JPG

 ゆっくりとスクーターを停めてGoogle Mapを見る余裕が無くなってくる。

 まあ、本格的なツーリングは今日からなので、とことん追い込まれた方が体が旅仕様になってよろしい。w


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:23 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 5日目恒春で泊まる

P1020498.JPG

 3月14日(月)の夕方、恒春の街に出てみた。

P1020501.JPG

 賑やかな場所に警察署らしき建物が。

 郵便局もあるし、ここが街の中心だろう。

P1020502.JPG

 警察署の前に、大きめのアパートメントホテルがあった。

 「旅行公寓恒春

P1020500.JPG

 どこの街に行っても「老街」を歩いてみればはずれは無いか?

P1020503.JPG

 古いお店と。

P1020504.JPG

 わりとなんの変哲もない通りがちょっとあるだけ。

P1020508.JPG

 街から少し離れたら、都会には無い南国っぽい住居があった。

P1020509.JPG

 近くに公園が。

P1020510.JPG

 何もない街なので、ちょっくら覗いてみるか。

P1020511.JPG

 かなり荒れ果ててる。w

P1020512.JPG

 頂上に登っても、見えるのは廃屋だけ。

 恒春は観光の街じゃないんだね。

P1020514.JPG

 城壁があった。

P1020517.JPG

 ここは恆春古城西門というらしい。

 恒春は城塞都市なんだね。

P1020519.JPG

 ちょっと素敵そうなお店発見!

 この辺りだな。

P1020543.JPG

 「SPOON in POCKET

P1020525.JPG

 おしゃれな店内。
P1020527.JPG

 台湾では若者たちが、古い建物をリノベしてカフェやホステルにするのが流行っている。

P1020529.JPG

 今回の旅は、そういうお店を見つけるのも目的の一つだ。

P1020523.JPG

 1日1軒は見つけたいので、今日は満足じゃ。w

P1020536.JPG

 コーヒーを飲んで、長かった一日を振り返る。

P1020540.JPG

 ここが台湾の南の果てか?

P1020546.JPG

 MIT石井先生の3つのフォース「出杭力」「道程力」「造山力」に次ぐ「客集力」。w

P1020548.JPG

 台湾もここまで来ると「池上飯包」の勢力圏なんだ。ww

 明日買ってみようかな。

P1020549.JPG

 一度民宿に帰って来た。

P1020550.JPG

 恒春は海が近いので、夏は長期滞在する人が多いのかも。

P1020551.JPG

 チェックインの時だけいたおかあさんが、水はここから勝手に持って行ってね。とかw

P1020552.JPG

 うちより立派なキッチン。ww

P1020567.JPG

 夕食を食べに、再び出撃。

P1020568.JPG

 恒春は鴨肉(家鴨)屋が多い。

P1020569.JPG

 焼いとる。。

P1020570.JPG

 蒸し物屋さんだね。

 肉羹は「肉と魚を練り込んだつみれ」ね。

P1020571.JPG

 鶏の唐揚げ屋さん。

P1020553.JPG

 おお!「海角七号」とな?

 私は、この映画を観たからここに来たのです。

 「海角七号 - 君想う、国境の南 -

P1020554.JPG

 路地に入ったこの店が、一番猥雑そうなので入ってみることにした。

 「恒春鄉村冬粉鴨

P1020564.JPG

 私のような一人旅の人間には、鴨肉屋ってこてこての料理でもないし、ビールも飲めるので便利なんです。

P1020555.JPG

 まずは鴨肉のぶつ切りで台湾ビール!

P1020561.JPG

 しめには、鴨の骨でとったスープの米(冬)粉麺。

 体に沁みます。

P1020573.JPG

 ぶらぶら歩いて、サーフボードのあるカフェとか覗いて。

P1020575.JPG

 南門はライトアップされてきれいだ。

P1020576.JPG

 明日は、台東まで走るので早く寝ようか。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端に行く

3月15日(火):6日目台湾出兵の元となった牡丹社へ

3月15日(火):6日目台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:27 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 5日目スクーターをレンタルして恒春へ

DSC00334.JPG

 3月14日(月)のお昼頃、高雄火車站に着いて。

DSC00336.JPG

 駅を出たら、すぐ左手の交差点を渡ると。

 「春天機車出租」がある。

DSC00341.JPG

 機車(スクーター)出租(レンタル)の意味ね。

 向こうに高雄火車站が見えるでしょ。

DSC00343.JPG

 こんなババでもスクーター借りて行く。

DSC00349.JPG

 孫を積んで、さあ出発だ!

 ヘルメットが反対くさい。w

DSC00345.JPG

 24時間営業と書いてある。

 借りる時には国際免許じゃなくて、日本の免許証の中国語訳が必要。

 JAFで作ってくれるので忘れないように。

DSC00346.JPG

 レンタルヘルメット。

 私はシールド付きのものを日本から持ってきたので、これは被らなくて済んだ。w

 前がよく見えて、頭にフィットしたヘルメットは、ある意味生命保険みたいなものだ。

DSC00347.JPG

 いろいろ、台湾のキムコとかと比べて、選んだのはホンダの150cc。

DSC00348.JPG

 「おっ!オイル汚いな。換えとこうか。」と信頼感高し。w

DSC00351.JPG

 いつも忘れるので、写真撮っておこう。

 「2234.7km」からスタート!

 本当に新しい車体だった。

DSC00352.JPG

 オイル交換している間見ていても、お客さんが引きも切らず来る。

DSC00354.JPG

 社会インフラが整っていないから、スクーター借りた方が便利なんだろうね。

 僕らが函館とか行ったら、空港でレンタカー借りる感じか。w

DSC00355.JPG

 皆、キャリーバックを足元に置いてる。

 ハードケースの方が雨にも強くていいのかもね。

DSC00358.JPG

 では、出発!

 台湾のレンタルスクーターは、ちゃんと借りた時点で満タンでした。ww

DSC00360.JPG

 しばらく都市部を走って来たんだけど。

 Google Mapは自動車専用道路を表示しちゃうんで結構困った。

DSC00361.JPG

 やっと海岸線に出て休憩。

DSC00362.JPG

 空は今にも泣きだしそうで、薄着のため寒い。。

DSC00364.JPG

 なにしろ今夜の宿のある恒春に向かってひたすら走る。

 まだスケール感が出来ていないので、Google Mapを見てもどのくらい時間がかかるか見当がつかないのが痛い。

DSC00366.JPG

 ただ、150ccのスクーターとはいえ、流石に台湾で売ってるだけあってパワーは意外とある。

P1020496.JPG

 やっと明るいうちに台湾南端に近い街「恒春」に到着!

P1020495.JPG

 早速、予約をした民宿を探す。

P1020493.JPG

 なんだか街外れに新興住宅街があって、一角が民宿街になってる。

P1020492.JPG

 おお!どうもこの辺りらしい。

P1020491.JPG

 本当にGoogle Mapさえあれば世界中どこでも行けるな。w

 隣の民宿「大鼻旅店」はgoogle Mapに載ってた。

P1020489.JPG

 私が泊まるのはこちらの「角間56」民宿。

DSC00368.JPG

 民宿と言っても、東京の我が家よりも広くてしっかりした造りだ。w

DSC00371.JPG

 いつも思うけど、台湾や中国本土の建物ってしっかりしてる感が半端ないよね。

 日本は耐震建築だから柔構造なのか?

DSC00369.JPG

 バスルームも広くて清潔。

DSC00370.JPG

 荷物を置いて、着替えたら街に出てみようか。

DSC00372.JPG

 この辺りは新しい建物ばかりだ。

DSC00373.JPG

 廟は必ずどこにでもある。w

 

◇本日の走行:107.0km


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:26 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 5日目高雄に向かう

DSC00310.JPG

 おはようございます3月14日(月)の朝。

DSC00312.JPG

 「四海豆漿大王」で朝ごはん。

 ここは夜から朝まで営業するお店。

 酔っぱらった時と、朝ごはんに豆漿を飲みに来る。

DSC00315.JPG

 8mm Cafeでコーヒー。

DSC00317.JPG

 チェックアウトするのにイガラシが来るのを待ってたら。

DSC00314.JPG

 遅れて来たくせにコーヒー飲んでる。

 イタリア人みたいなやつだ。w

DSC00318.JPG

 3人で台南火車站に来た。

DSC00324.JPG

 暑いと思ってTシャツとか着て来たのに、結構寒くてダウンとか着ている人がいる。

DSC00326.JPG

 この後、寒さに耐えられるだろうか?

DSC00328.JPG

 ここから、イガラシは高鐡(新幹線)で台北に戻り、日本に帰るらしい。

DSC00329.JPG

 私とコンノは、約30分の汽車旅で、台湾第2の都市高雄に向かいます。

 ドン行だと1時間だけど、僕らは自強号(特急)なので30分。w

 ちなみに急行は莒光号っていいます。

DSC00334.JPG

 高雄火車站で高雄国際空港に地下鉄で向かうコンノと別れて。

DSC00330.JPG

 私は駅の売店で「台鐡便當」を買ってランチ。

 以降、一人旅である。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:24 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 4日目今夜の台南めし(山根寿司)

P1020488.JPG

 3月13日(日)の夜。

 8mm Cafeのすぐ隣にある「Fundi Guesthouse」。

 夕方になると管理人が家に帰っちゃうので放置プレイ好き向き。

DSC00273.JPG

 今夜はちょっと南側に行こうと西門路二段に来たら、「啤酒(ビール)」の文字が。

 ここね。

DSC00272.JPG

 世界中のビールがありそうだ。w

DSC00267.JPG

 わざわざ台南まで来て、世界のビールを見て喜ぶイガラシ。

DSC00268.JPG

 食事もしないうちから飲む。w

DSC00276.JPG

 どこで食べようか探しながら歩く。

DSC00274.JPG

 歩く。

DSC00275.JPG

 歩く。

DSC00277.JPG

 台南は美食の都なので、なにを食べたら良いか迷う。

DSC00278.JPG

 ずっと歩いて来たら「赤崁楼」の近くまで戻って来ちゃった。

DSC00280.JPG

 赤崁楼近くにある「山根寿司」は、かなりの人気店。

DSC00279.JPG

 日本風のお寿司も当然ある。

 赤崁楼の斜め向かいだ。

DSC00281.JPG

 満員みたいで席を探すのが大変だ。

DSC00282.JPG

 他の席のおねえさんに注文の仕方を訊くコンノ。

 台湾の人はみんな優しい。

DSC00290.JPG

 華和混合。w

DSC00295.JPG

 面白いお店でした。

DSC00296.JPG

 赤崁楼ではコンサート中。

DSC00301.JPG

 怪しげな洋館の近くを歩きながら。

DSC00302.JPG

 ふらふら帰る。

DSC00303.JPG

 駐車場。

DSC00304.JPG

 ルンルン

DSC00307.JPG

 結局、いつものバーへ。

DSC00306.JPG

 明日は高雄へ行き、スクーターを借りて一人で旅に出る。

 あまり飲み過ぎないように。

DSC00308.JPG

 夜半から大雨になった。

 明日はやみますように。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし(山根寿司)
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:21 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
小倉旦過市場で都市エスノグラフィの現場を見る

DSCF0225.JPG

 7月1日(金)の午後、小倉の街に出てきた。

DSCF0223.JPG

 北九州市民のソウルフード「シロヤ」のパン。w

DSCF0224.JPG

 ◇激安すぎる35円オムレット!小倉駅前の名物パン屋 シロヤベーカリー

DSCF0227.JPG

 「旦過市場」にやって来た。

DSCF0228.JPG

 市場好きの私が、日本の中でも最も好きな市場だ。

DSCF0229.JPG

 「さばのぬか味噌炊き」って知っていますか?

DSCF0231.JPG

 北九州に移封された殿様が、大好きだった鯖の糠漬けを作らせようとしたら、暑さで腐ってしまい。

 やむなく、糠で炊いたの始まりとか。

DSCF0232.JPG

 こんなに間口一間も無いような店舗が並ぶ。

 本当に庶民の生活市場だ。

DSCF0233.JPG

 そういえば、北九州の名物は「焼うどん」らしい。

DSCF0240.JPG

 奥にある「旦過中央市場」へ。

DSCF0236.JPG

 北九州といえばホルモン!

DSCF0237.JPG

 こちらは問屋街か?

DSCF0239.JPG

 いいな〜「旦過うどん」。

DSCF0241.JPG

 角打ちの聖地「あかかべ」。

IMG_8153.JPG

 まだ、いくらなんでも早いか。w

DSCF0243.JPG

 さてさて、そろそろ目的地に向かうか。

 今日の目的地はここだ!

DSCF0257.JPG

 旦過市場のアーケードの中にある「大学堂」だ。

DSCF0260.JPG

 2013年12月に、この旦過市場をフィールドワークした時に見つけた場所。

DSCF0235.JPG

 北九州市立大学の竹川大介研究室のゼミ活動なのである。

 今回はゆっくり院生くんの話を聞きに来たのだ。

DSCF0424.JPG

 ◇北九州フィールドワーク研究会

DSCF0251.JPG

 学生が旦過市場の中で店を開き、この市場の中を長期観察している現場なのだ。

DSCF0247.JPG

 住み込んでいるのか、座り込んでもそもそ冷や飯を食べている学生。w

DSCF0249.JPG

 最近は外国人のお客さんも多いそうで。

 世界地図を用意していて。

DSCF0250.JPG

 やって来た国にピンを打って貰っている。

 本日のお客様は香港から。

DSCF0252.JPG

 院生くんに言わせると、学部生だとこんな素晴らしい環境で生活することの意味がまだ分からないのだとか。ww

DSCF0254.JPG

 企業はこういうエスノグラファーを採用すべきである。

 なんなら、また一緒にここを訪れましょう。w

DSCF0259.JPG

 私も飲みました「博士ラムネ」ww

DSCF0262.JPG

 大学堂の学生さん達とも話したのだが。

DSCF0264.JPG

 日本中のアーケード商店街が、寂れて次々とシャッター商店街になって行く中にあって。

DSCF0265.JPG

 この市場は、老人と共に生きているのだという。

DSCF0266.JPG

 そうなんだよね、それが好きなんだよね。

DSCF0271.JPG

 市場の横にある路地に入り。

DSCF0270.JPG

 怪しげな路地裏。w

DSCF0273.JPG

 飲み屋街らしい。

DSCF0274.JPG

 いいなぁ〜、お稲荷さんと路地。w

DSCF0275.JPG

 やはり飲み屋街なんだ「新旦過」。

DSCF0277.JPG

 あれれ出口に映画館が。

DSCF0280.JPG

 北九州では健さん人気なんだ。w

DSCF0281.JPG

 さあ、そろそろ福岡に帰ろうか。

 明日はUXシンポジウム2016だ。

 

◇2016年7月の北九州アーカイブ

7月01日(金):馬関海峡を渡る

 

◇市場好きアーカイブ
16年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3765
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 06:25 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 4日目やっと宿が決まった

P1020428.JPG

 3月13日(日)の夕方。

 安平から帰って来て、イガラシが今夜の宿が決まったというのでついて来た。

P1020470.JPG

 「裕民街69巷」というから、昨夜コンノと放浪した幽霊炒飯の辺りだろう。

P1020469.JPG

 僕らの泊まっている「8mm Cafe」から歩いて10〜15分ぐらいか。

P1020468.JPG

 オーナーらしき人に迎えに来てもらって迷路のような路地を行くと。

P1020430.JPG

 壁に写真をプリントした家があった。

P1020431.JPG

 なかなか素敵なお部屋だ。

P1020438.JPG

 ベッドでは無くて、こういうの面白いね。

P1020437.JPG

 大きな写真が飾ってあり。

P1020436.JPG

 写真家のお住まいだったようだ。

P1020435.JPG

 キッチンもあり。

P1020434.JPG

 バスルーム。

P1020449.JPG

 階段を登ると。

P1020446.JPG

 ロフトがありました。

 最大6名泊まれるということで。

 値段表はここに載ってた。

P1020447.JPG

 やたら説明(自慢)が長い。w

P1020448.JPG

 「Hanlife 6910(巷仔內民宿)」という名前の宿でした。

 URL:http://hanlife6910.blogspot.jp/

 場所は分かりずらい路地の奥だ。

P1020444.JPG

 部屋に置いてあった概念図。

 分かり易い。

P1020462.JPG

 近くに「鴨母寮市場」があるのが目印か。

 地図でいうと右上の辺りだ。

 美味しいものは左中心部の四角で囲まれた辺りにあるらしい。

P1020463.JPG

 「阿堂鹹粥」美味そうだな〜。

 次に来た時には朝ごはん食べに行こうか。
 「サバヒー(虱目魚)粥」には「阿堂鹹粥」と「阿憨鹹粥」があるんだね。w

P1020451.JPG

 オーナー夫妻が記念撮影をしてくれと。w

P1020458.JPG

 ご主人さまは抜いた方が良いかも。w

P1020472.JPG

 帰り道。

P1020473.JPG

 遠回りして散歩して行こう。

P1020474.JPG

 アパートの郵便受け。

 各自が自分で買って来てつける式。w

P1020476.JPG

 街で不動産屋さんを見かけることが無い。

 全部電話で交渉するのか?

P1020477.JPG

 街のどこにでも「神は遍在する」。

 台湾はubiquitous社会か。w

P1020478.JPG

 明日の朝ごはんを食べる店を探す女。

 後ろにあった。

P1020479.JPG

 鉄格子が美しい。

P1020480.JPG

 「加水站」とは?

P1020482.JPG

 いろいろな水の自動販売機というか給水所でした。

P1020484.JPG

 商店かと思って中を覗くと廟になってる。

P1020486.JPG

 クラシカルなラブホの写真を撮るイガラシ。

 早く8mm Cafeに置いてある荷物を持って、今夜の宿に移動せい。

 あそこに1人で泊まるのは、私だったら怖くて無理。w


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:21 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 4日目安平を歩く

P1020386.JPG

 3月13日(日)の午後。

 孔子廟からタクシーで「安平古堡(ゼーランディア城)」にやって来た。

 安平古堡まで孔子廟へは、タクシーで20分程度。

 バスに乗ろうとすると、なかなか来なかったりするので、2〜3名ならさっさとタクシーに乗った方が良い。
 そんなに高くなくて50元(200円)ぐらいのはずである。

P1020376.JPG

 この城塞は1600年代にオランダ人が台湾進出の基地として建設したもの。

P1020377.JPG

 19世紀に英国軍艦の砲撃を受けて廃墟のようになった。

 煉瓦の城壁を覆う木の根が過ぎた時間を思わせる。

P1020378.JPG

 城塞の最上部にある展望台に登ってみた。

P1020379.JPG

 英国領事館もあったんだね。

P1020380.JPG

 向こうに見えるのは「廣濟宮」だ。

P1020381.JPG

 ガラスに書いてあるのは便利だ。w

P1020382.JPG

 展示品でオランダ兵と明の兵士が戦った武器があるが。

 すげ〜痛そう。

P1020383.JPG

 春めいてきた城内の樹木。

P1020385.JPG

 これかわいいね。w

P1020387.JPG

 女子発見!

P1020389.JPG

 台南の女性はラテン系で屈託が無い。w

P1020391.JPG

 「安平天后宮

P1020397.JPG

 なにやら祭りの相談中。

P1020396.JPG

 今日はどこでもお祭りの日なのか?

P1020400.JPG

 「四海龍王」

P1020406.JPG

 あっ!始まった。

 爆竹が凄い。w

P1020409.JPG

 これは何だ?

P1020413.JPG

 異形の仏が練り歩く。

P1020417.JPG

 日本の隣の国でも、こんなに違うんだね。

P1020418.JPG

 「安平老街」にやって来た。

 

 「茉莉巷」という路地。

P1020419.JPG

 この路地は台南で一番好きな場所かもしれない。

P1020420.JPG

 まるでイタリアの路地裏のようだ。

P1020421.JPG

 それでも徐々に開発で来るたびに路地が無くなって行く。

P1020423.JPG

 ああ、ここも広い道になっちゃったな〜。

P1020424.JPG

 おお!渋い床屋発見。

 残念ながら、台湾に来る前に短く切っちゃったんだよね。

P1020427.JPG

 タクシーに乗って台南市内に帰る。

P1020426.JPG

 運転手さんも頑張っています。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:20 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 4日目台南でカフェ巡り

P1020279.JPG

 3月13日(日)4日目の朝。

 おはようございます

P1020280.JPG

 二人とももう起きてるというか、イガラシが来てる。w

P1020283.JPG

 台南の定宿である「8mm Cafe Hostel」は素敵な宿だ。

 台南火車站からは成功路をまっすぐ歩いて10〜15分ぐらい。

P1020284.JPG

 路地裏の路地を改造した1Fがカフェ、2Fが2部屋しかないホステルだ。

 たぶん宿泊施設は付け足しで、ほとんどいつ行っても空いている。w

P1020290.JPG

 オーナーのご夫妻とアルバイトの女の子共に、とてもフレンドリー。

P1020291.JPG

 クツがお洒落。w

P1020287.JPG

 本日は台南観光をしよう。

P1020294.JPG

 路地を抜けたすぐにある「性格」。

P1020304.JPG

 いわゆる定食屋さん。

P1020295.JPG

 空いているかとお店を覗いたら、女の子が出て来てくれた。

P1020303.JPG

 中はこんな感じ。

P1020302.JPG

 メガネっ子好きにはたまらないお店だ。w

P1020299.JPG

 ホットサンドの朝食を頂いて。

P1020305.JPG

 公園路を南下すれば、そのまま湯章紀念公園のロータリーや孔子廟方面に行ける絶好の地の利。

 生存遊戯=サバイバルゲームね。w

P1020306.JPG

 途中にある「再発號肉粽」でランチ。

P1020307.JPG

 あれっ?ついさっき「性格」で朝ごはん食べたばかりじゃ。。

 8mm Cafeから孔子廟までの中間ぐらいか。

P1020310.JPG

 ここの特製八寶肉粽(ちまき)は美味いよ〜。

P1020312.JPG

 ほぐすと中からアワビや干し貝柱、桜海老、栗がゴロゴロ。

P1020314.JPG

 スクーターに乗っている人を見たら、みんなダウンとか着てる。

 明日からスクーターで旅立つのだが大丈夫だろうか。

 心配になって来たよ。

P1020315.JPG

 「國立臺灣文學館

P1020316.JPG

 「孔子廟」に到着。

P1020318.JPG

 赤い壁が美しい。

P1020324.JPG

 でかくて可愛くない「台湾リス」。w

P1020326.JPG

 見学をして。

P1020328.JPG

 それといって見るものは無い。w

P1020335.JPG

 向かいの府中街の方に来た。

P1020339.JPG

 なにやら永華宮でお祭りをやっているようだ。

 ここは来るたびにお祭りやっている気がする。w

P1020340.JPG

 おさる人間が沢山いる。

P1020341.JPG

 中国のお祭りらしく爆竹が派手に鳴る。

P1020352.JPG

 旅の途中でこういうイベントに出会うと嬉しいものだ。

P1020353.JPG

 賑やかに鐘や太鼓を鳴らして、白日夢のように去って行きました。

 バリ島のお祭りみたいだ。w

P1020357.JPG

 いつも人気のお店「保哥黒輪」。

P1020356.JPG

 「炒泡麺」というのは焼きそばかと思ったが、汁っぽいので台北で食べた「阿宗麺線」みたいなものか?

P1020358.JPG

 参道はちょっとお洒落な屋台街。

P1020362.JPG

 台南に来ると必ず寄るカフェ「窄門」。

P1020370.JPG

 狭い入口を行く。

P1020372.JPG

 台南は素敵なカフェが多い。

P1020375.JPG

 お腹いっぱいなので路地だけ堪能。w 

P1020368.JPG

 「窄門」の隣に古書屋さんと「小説咖啡聚場」というカフェがあったが。

P1020367.JPG

 いつ出来たのか、新しい書店があった。

P1020364.JPG

 「草祭二手書店」という、古い建築をリノベしたお店。

P1020365.JPG

 これは凄いと思って、撮影禁止なのだがそっと撮っていたら。

 イガラシがiPhoneでバシャバシャ音をたてて撮りまくっていたので、店員さんに注意されて撮れなくなってしまった。

P1020366.JPG

 ここから「安平古堡」に向かいます。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:27 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 3日目いきなり大騒ぎ

DSC00154.JPG
 3月12日(土)の夜になった。
DSC00156.JPG
 コンノと泊まっている「8mm Cafe」。
DSC00160.JPG
 サンペーちゃんの「Tavern L Hostel」に、今夜泊まることになったイガラシを迎えに行く。
DSC00159.JPG
 サンペーちゃんがクラフトビール好きで集めているというので、カウンターでビールを飲みながら支度の遅いイガラシを待つ。w
02.jpg
 現在の位置関係。
 全部歩いて5分以内の場所だ。w
DSC00188.JPG
 台南に来ると必ず飲みにくるアメリカンスタイルのバー「Cosby Saloon Bar」に来た。
DSC00167.JPG
 ここはガッツリとステーキも美味いのだが。
 なにも台湾に来てステーキ食ってもしょいうがないので、フレンチフライでギネスビール。
DSC00175.JPG
 早速、他のお客さんと仲良くなる。w
DSC00183.JPG
 どうも常連の看護婦さんだそうだ。
DSC00191.JPG
 今日は彼女の誕生日だとか。
DSC00196.JPG
 おめでと〜!
DSC00201.JPG
 まわりのお客ものって来て。ww
DSC00211.JPG
 そのうち日本語を話す妹までスクーターに乗って登場。w
 オーナーのロバートがじゃんじゃんジャックダニエルを注ぐので、もう酩酊状態。。
DSC00227.JPG
 イガラシが宿に帰るというので、一同解散!
 コンノくんは、人生初台湾の初日から全開である。よかったねw
DSC00234.JPG
 まだ飲み足りないコンノと深夜の街をふらつく。
DSC00235.JPG
 「幽霊炒飯」ってなんだ?
DSC00236.JPG
 うろうろと路地裏を歩き。
DSC00238.JPG
 うう〜、どこまで行くのか。w
DSC00240.JPG
 なんだか気持ちがいいな〜。
 台南は安全だから気が楽。
DSC00242.JPG
 台南は深夜はあまり飲める店が少ない。
DSC00243.JPG
 やむなく、先ほどの「Cosby Saloon Bar」のある「首相飯店」の方に戻ろうか。
DSC00244.JPG
 「Tavern L Hostel」側の路地からじゃなくて、「首相飯店」の玄関のある公園路側から入ると。
DSC00245.JPG
 こんなに飲み屋が並んでる。
DSC00247.JPG
 再び「Cosby Saloon Bar」に戻ったら。
 もう誰もいなくなっていた。w
DSC00253.JPG
 腹が減ったので。
02.jpg
 公園路と成功路の交差点にある「四海豆漿大王」に来た。
DSC00249.JPG
 台南でこんな深夜にやってる店はここだけだ。
 夕方開店して、朝食までやって閉めちゃうお店。
DSC00248.JPG
 ここは麺類は無いので、餃子と豆漿という朝食のような深夜食。ww
DSC00252.JPG
 さあ、食ったら寝に帰ろう。w

◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし
3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:24 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 3日目台南で宿探し

P1020193.JPG
 3月12日(土)の午後。
 とりあえず「8mm Cafe」に荷物を置いて、イガラシの今夜の宿を探しに出発!
 向かいにあるのは「性格」というおしゃれな食堂。
P1020194.JPG
 「8mm Cafe」の並びにある「Fundi Guesthouse」という宿。
P1020196.JPG
 ここも放置プレィの宿なので、管理人がおらず。
 宿泊者とおぼしき韓国人の女の子に、管理人の行方を聞く。w
P1020197.JPG
 結構部屋数はありそうだけど。
P1020199.JPG
 イガラシがネットで見つけた宿がありそうだというので、成功路を少し行った辺りに来た。
P1020200.JPG
 路地の奥に小さな廟があり。
P1020203.JPG
 路地裏を歩いて行くと。
P1020206.JPG
 お洒落なカフェ発見!

 なんでも台南は最近、若者が開いたお洒落なカフェが増えてるそうだ。
P1020205.JPG
 おお!きれいな女性がやってるみたいだ。
 今度、時間のある時にイガラシ抜きで来てみようっと。w
P1020208.JPG
 台南の路地裏歩きは楽しい。
P1020209.JPG
 なにっ!「毛豆珈琲」とな。
P1020211.JPG
 いいな〜、こうやって古い建物をリノベしたカフェとかホステルがある街は。
 まるで京都みたいだ。
P1020214.JPG
 仕事しないで遊んでる「大観音亭」の事務のオババ。w
P1020217.JPG
 次に来てみたのは、「Old Man Captain Hostel II 」でも教えてくれた成功路にある「Tavern L Hostel」。
P1020221.JPG
 以前は「笑っていいとも」にも出ていたサンペーちゃんがオーナーの宿だ。
P1020224.JPG
 ドミトリーしか空いていなかったが、客が居ないので個室みたいとかで、イガラシは今夜だけ泊まることにした。
P1020225.JPG
 夕方、台南駅で本日高雄に飛行機で着いたばかりのコンノくんをピックアップ。
 コンノくんは人生初台湾だそうだ。
P1020245.JPG
 宿に荷物を置いたら、赤崁楼近くの「赤崁擔仔麺」に連れて来た。
P1020241.JPG
 「滷味」といって、自分で好きな素材を選んで。
P1020242.JPG
 レジのお姉さんに渡すと、甘辛い汁で煮込んでくれる。
P1020229.JPG
 こんな感じになる。
P1020233.JPG
 これは「豚足」ね。
P1020237.JPG
 いっぱい頼んでガツガツ食べて、台湾ビールを飲む。
 これだけ食べて、一人250元(約1000円)ぐらいですかね。w
P1020239.JPG
 なぜか、昔から擔仔麺屋の椅子は小学生用みたいに低いと決まっている。
P1020243.JPG
 あ〜!お腹いっぱい。
P1020249.JPG
 このお店で働いているのは、全てシングルマザーだ。
 しかも利益は慈善団体に寄付しているとのこと。
 ビジネスには「何をもって社会に貢献するか」が大切だが、ここにはそれがあり、それを達成するために高いクオリティを維持している。凄いね
P1020250.JPG
 さてさて、腹もくちくなったので、夜の台南を散歩しようか。
P1020251.JPG
 台南の街には、屈曲して先が見えない路地が沢山ある。
 それがいいんだよね〜。
P1020252.JPG
 昨年の9月に来た時に、水本さんたちが来た「神農街」にやってきた。
 「北勢街」というのは日本統治時代の名前だそうです。傾いてるw
P1020253.JPG
 おお!いい感じだな〜。

 「赤崁擔仔麺」から「神農街」まで歩いて10分ぐらいなんだけど、なんだかかなり歩いた気がする。
P1020254.JPG
 「神農街」というのは、通りの奥にある「神農廟」という神農(薬の神様)のお寺があって。
 通りに薬屋さんが多かったらしい。
 日本じゃ神農さまはテキ屋の神様だったはず。w
P1020255.JPG
 すげ〜いいな。
 こういう場所はデートだよね。w
P1020257.JPG
 私達は、残念ながら個別に見てます。ww
P1020258.JPG
 これも神農さまなのかな?
P1020261.JPG
 台湾の女の子はスタイルが良くてかわいい。
 イガラシと取り替えて帰りたい。ww
P1020263.JPG
 病院の跡なのか、バロック調の家もある。
P1020264.JPG
 要所要所で、ちゃんとポーズを決める。w
P1020267.JPG
 この街は昼間来ても面白いと思う。
 今度また来よう。
P1020269.JPG
 おお!なんだかお洒落げなカフェかバーか?
P1020271.JPG
 ビールが飲めそうだね。
P1020276.JPG
 通りの突き当りにある「神農廟」。
 狭い路地一杯に、かなりの高さで廟楼が建っていた。
P1020277.JPG
 さあ、タクシーで宿に戻って飲みに行くか。w

◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:02 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 3日目台南に移動
DSC00083.JPG
 おはようございます
 3月12日(土)3日目の朝。
DSC00084.JPG
 昨日、林さんに薦められた西門町の「蜂大珈琲」で目覚めのコーヒー。
DSC00089.JPG
 1956年創業ということは、もう60年か。
 ちょっと古いタイプのコーヒーだけど、なかなか美味しいコーヒーが飲めない台湾では貴重な場所だ。
DSC00092.JPG
 今日の朝ごはんは「肉粽(ロウゾン)」いわゆるチマキだね。
DSC00093.JPG
 大根と魚の肉団子の入った定番スープ「魚丸湯(ユーワンタン)」と一緒に食べる。
 お腹にどっしり来るね。w
DSC00102.JPG
 ホテルをチェックアウトして台北火車站に来たよ。
DSC00103.JPG
 相変わらず、屋根付き公園のようにでかい駅のホール。w
 初めて見たイガラシもビックリ。w
DSC00109.JPG
 台湾で鉄道に乗る時に忘れてはいけないのが「台鐡便當」。w
DSC00112.JPG
 今回の旅では、かなり多くの便當を食べたけど、やはり台北駅のが一番美味かった。
 ごはんに細かく刻んだ野菜が混ぜてあるのが美味い!
DSC00121.JPG
 あっという間に台南に到着。
DSC00122.JPG
 在来線に乗って台南市内へ。
DSC00130.JPG
 こっちが本物の台南火車站。
 台湾の京都です。
 一番好きな街。
DSC00131.JPG
 まったく宿を決めて来なかったイガラシに付き合って宿探しスタート!
 駅を降りて、左側のレンタルバイク屋(機車出租)横の路地から入る。
DSC00134.JPG
 まずは駅に隣接したゲストハウスに来たよ。
DSC00135.JPG
 中から若い女の子が出て来てくれて。
DSC00136.JPG
 「Old Man Captain Hostel II 」という。
DSC00137.JPG
 俺は保護者か?
DSC00138.JPG
 部屋を見せてもらう。
DSC00139.JPG
 ドミトリーのみ空いていたらしい。
DSC00140.JPG
 眼下は台南駅のバイク置き場。
DSC00141.JPG
 共有スペースは広いね。
DSC00143.JPG
 おちゃめです。w
DSC00145.JPG
 台南火車站の正面玄関も見下ろせる。
DSC00147.JPG
 キッチン
 ここにも「大同電鍋」があった。w
DSC00148.JPG
 もう、泊まるところが無かったらドミトリーに泊めて貰うことにして、他の宿もあたってみる事にした。
 優しい対応ありがとうございます。
DSC00150.JPG
 ルン!
DSC00151.JPG
 次に行くといいよという宿を教えて貰い。
DSC00153.JPG
 この女、人の善意を食って生きているような人間。。
P1020192.JPG
 私は定宿の「8mm Cafe」に荷物を置きに来た。
P1020191.JPG
 カフェの2階に部屋が2つついているだけの、放置プレイゲストハウスだ。w
P1020188.JPG
 お土産に日本のカレールーとレトルトを持っていってあげたので、サービスが良い。ww
P1020189.JPG
 フルーツもサービス。
 さっぱりして美味しかった。
 台湾では美味しくないものを食べるチャンスが無い。ww

◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ
3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:18 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 2日目台北を路上観察
P1020109.JPG
 3月11日(金)の午後、ホテルのロビーで待っていると。
P1020110.JPG
 台北の「(行動觀察+儀式設計)事務所」の林さんが迎えに来てくれて。
P1020112.JPG
 彼の事務所は台北でも数少ないサービスデザインの事務所だ。
P1020115.JPG
 事前にやり取りをしており「台北に来たら一緒に路上観察をしましょう。」とお誘いを受けていた。
P1020116.JPG
 西門町にある、目立たない「台北天后宮」という廟に入ってみたら。
 凄い派手だった。w
P1020117.JPG
 清国時代には龍山寺や祖師廟と並ぶ艋舺三大廟として数えられた由緒ある廟だそうです。
 しかもなんと!弘法大師が祀られているのでびっくり。
 終戦で日本統治が終わった時に、近くの弘法寺が廃止になって引き取られたのだそうだ。
 ありがとうございます
P1020118.JPG
 3号線を渡ると、若者の街から官庁街になる。

 「台北天后宮」から「二二八和平公園」に向かって歩く。
P1020120.JPG
 「総督府」の横を通って。
P1020123.JPG
 「二二八和平公園」に到着。
 「二二八事件」を知らない日本人は多いが。
 この白色テロは、思うだけで胸が苦しくなる。
P1020125.JPG
 林さんは、如何にも今の台湾の若者だ。
 彼はこの場に日本人の私を連れて来て、何を思うのであろうか?
P1020126.JPG
 「国立台湾博物館
 少しホッとした。
 文化とは良いものだ。それを味わう事が出来ることは幸福だね。
P1020127.JPG
 静かな庭園を過ぎると。
P1020131.JPG
 「MRT台大醫院站」から地下鉄に乗る。
 列車が来ると灯りが点滅する柵はいいね。
P1020133.JPG
 「MRT市政府駅」に到着。
P1020134.JPG
 そろそろ夕食の時間だ。
 林さんが連れて行ってくれるのは?
P1020135.JPG
 「新光三越信義新天地A4館」らしい。
P1020146.JPG
 そこの地下2階に、新しく出来た「鼎泰豊」があった。
P1020136.JPG
 A4店はまだ知られていないから、空いているそうだ。w
P1020137.JPG
 さあ!食べよう。
P1020139.JPG
 やっぱり「小龍包なんて、どこも同じだ。」だと思っていたが。。
 全然違う。w
P1020140.JPG
 いやはや、なんでも美味しい。
P1020141.JPG
 いままで通っていた中山の「京鼎樓」より確かに美味しい。w
P1020144.JPG
 林さんから、台北のサービスデザイン事情をじっくりヒアリング。
 昨年9月に訪問したデザインファーム以外に、いくつかを教えて貰う。
P1020150.JPG
 おお!こんなに大勢で作ってる。
P1020149.JPG
 考えてみれば、後は蒸すだけだから効率のいい商売だよね。ww
P1020152.JPG
 続いて、近くにあるクラフトビール屋さんに連れて行って貰った。
P1020154.JPG
 ずらっと並んだタップ。
 台北にもこういう場所があるんだね。
P1020158.JPG
 MRT忠孝復興駅にある「啜飲室(チュオィンシー)」の支店だね。
P1020161.JPG
 向こう側に蔦屋書店の元ネタと呼ばれる「誠品書店」のビルがある。
 後で行ってみよう。
P1020162.JPG
 オープンエアなので、もう少し暖かい時に来たかった。w
P1020164.JPG
 日本から薄着で来た事が悔やまれる。w
P1020167.JPG
 雨に煙る「台北101ビル」。

 この近辺は、台北に来たらはずせないね。
P1020172.JPG
 ここで林さんと別れて。
 東京から僕を追いかけて来たイガラシと行動する。
 林さん、ありがとうございました。
P1020174.JPG
 イガラシが「まだ飲みたい。」というので林森北路のバーに連れて行き。
P1020173.JPG
 まだ次に行きたいという。
 東京でもいつもそうだが、初めて来た国でも変わらない。w
P1020180.JPG
 もうめんどいから、西門町の「阿宗麺線」に連れてきて。
P1020178.JPG
 麺線食わせて。w
P1020184.JPG
 やはり、昨夜のような独りとは、同じ景色でも寂しく見えない。w
P1020185.JPG
 明日こそは「一人火鍋」食いたい。w

◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ
3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:12 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
P1020031.JPG
 3月11日(金)2日目の午前中、「剥皮寮歴史街区」から「東三水街市場(新富市場)」に移動してきた。
P1020035.JPG
 まいどのことながら、市場が好きだ。w
P1020036.JPG
 なぜか、東京のスーパーで売っている肉より新鮮に見える。
P1020037.JPG
 買うお客さんは、一般の人ではなく料理人なのだろうか?
P1020039.JPG
 台湾の人って、そんなに家庭で料理しないよね。
P1020040.JPG
 「烏黒鶏」ですかね?
P1020041.JPG
 朝の市場は、その街を知るには大切な場所だ。
P1020042.JPG
 「土羊肉」って、日本でいうラムじゃなくてヤギだよね。
 沖縄と同じで、よくヤギを食べる
P1020043.JPG
 少し歩いて「福州元祖胡椒餅」に来た。
 薄暗い路地裏に、女の子がいっぱい!
P1020044.JPG
 小さな炉2個で、次々と胡椒餅を焼いている。
 台湾の人気のお店って、設備はこんなものが多い。w
P1020046.JPG
 本当は整理券を貰って、次に焼きあがる45分後とかにまた来なくてはいけないのだが。
 残ってた分2個を素早くゲット!
P1020047.JPG
 おお!これか〜。w
P1020049.JPG
 確かに肉が沢山入っていて美味いが。
 他の店との差異が分からない、なんでこんなに人気なのか?
 ちなみに「福州」とは、台湾の対岸にある中国の福建省のこと。
 昔に台湾に渡って来て住み着いた「本省人」のご先祖さま達の出身地で、割りと親近感があるらしい。
02.jpg
 本日の位置関係。
 いわゆる60年ぐらい前から栄えた繁華街「艋舺(モンガ)」周辺だ。
P1020052.JPG
 折角来たのだから、台北でも一番古い浅草の浅草寺のような「龍山寺」にお参りして行こう。
P1020053.JPG
 じゃ〜ん!
P1020054.JPG
 300年近い歴史があるお寺で。
P1020055.JPG
 「拝拝(バイバイ)」という参拝の仕方をする。
P1020056.JPG
 いつも思うが、宗教と生活が共存している社会は落ち着いている気がする。
P1020057.JPG
 日本でも寺社仏閣がある街は、「霊的なプロテクション」により犯罪の発生率が低いそうである。
 あながち迷信的なものではない気がする。
P1020058.JPG
 僕もお線香を捧げて。
P1020065.JPG
 しばらく、写真を見て下さい。
P1020066.JPG

P1020070.JPG

P1020074.JPG

P1020075.JPG

P1020077.JPG

P1020079.JPG

P1020081.JPG

P1020088.JPG

P1020090.JPG
 外に出たらテレビクルーがいた。
 台湾でもご当地グルメ番組とかがあるのか?
P1020091.JPG
 残った1個を食べる。
P1020092.JPG
 しばらく北に向かって歩いてたら、また市場を見つけた。
P1020094.JPG
 「公有直興市場」というらしい。
 市場の中に「華宮旅館」というホテルがあった。w
P1020095.JPG
 先ほどの「東三水市場」と比較しても、如何にも近所の人の生活市場だ。
P1020096.JPG
 いいな〜、こういう感じ。
P1020097.JPG
 一仕事する前に腹ごしらえ中。
P1020098.JPG
 卵を選ぶ。
P1020100.JPG
 ああ、こういう並べ方は氷が少なくていいね。w
P1020101.JPG
 台湾の人はよく肉を食う。
P1020102.JPG
 美味そ〜。w
P1020103.JPG
 果物もいっぱい。
 こういう市場の中を歩いているだけで幸せな気分になってくるね。
P1020105.JPG
 このあたりは「艋舺(モンガ)」の看板が多い。
 住所的には「萬華(ワンホワ)」なんだけど、昔からの呼び名が使われてる。
 そろそろ戻ろうか。

◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ
3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
◇市場好きアーカイブ
16年台北東三水街市場と直興市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3727
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 06:13 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 2日目剥皮寮歴史街区
P1010984.JPG
 おはようございます
 3月11日(金)2日目の朝、なんとか雨はやんだようです。
DSC00059.JPG
 昨夜は部屋が寒かったので、早く起きてしまった。
DSC00062.JPG
 この先何回洗濯が出来るか分からないので「自助洗衣(コインランドリー)」にやってきた。
 雨を避けてるホームレスのおじさんと一緒。w
DSC00080.JPG
 ついでに朝ごはんを食べようか?
DSC00081.JPG
 台湾の「小吃(シャオチー)」は、どれを見ても美味しそう。w
DSC00072.JPG
 寒いので「福州魚丸湯」と「炒米粉」にしました。
DSC00073.JPG
 ほっとするお味。
DSC00070.JPG
 台湾のコインランドリーは全自動じゃないので。
 洗い終わったら、別の乾燥機に自分で持って行って、再び操作しなくてはならない。
 乾燥機の乾き具合も始めてなのでよく分からないから、何度か往復してしまった。
 とりあえず、生乾きのデニムは部屋にかけておけばいいか。
P1010995.JPG
 ホテルのカフェでコーヒーを飲んでひと休みしてから、散歩に出てみた。
P1010996.JPG
 まだ、なんとなくどんよりとした天気だ。
P1010997.JPG
 台湾にくると、よく老人が街の中にいる。
 日本だと家に引きこもっているが、街全体が老人に優しいんだろうね。
P1010998.JPG
 この辺りは西門町と言っても、台北の竹下通りの方ではなくて、もっと下町の方だ。
P1010999.JPG
 東京でいうと葛飾とか江東区みたいな感じかな。
P1020003.JPG
 台湾では日本はブランドだ。w
P1020007.JPG
 右側は中古家電、左側は軍の放出品のマーケット。
P1020008.JPG
 ビルも華洋折衷だね。

 とことこと「モンガ(艋舺)」の方にやってきた。
 モンガは淡水河の水運で、台北でも早い時期から栄えた地区である。
P1020010.JPG
 今回は、いつも見に来る暇が無かった所に来た。
P1020011.JPG
 整然と並ぶ街並みは、日清戦争後の日本統治で区画整理をしたからだという。
P1020014.JPG
 昔栄えた街を修復再現している。
P1020015.JPG
 「剥皮寮歴史街区」といって、昔淡水河から運ばれて来た木材の集積地で。
 木の皮を剥ぐところから、この名前がついたという。
P1020017.JPG
 当時の日本家屋よりもしっかりしている。
P1020020.JPG
 商店はみなレンガ造りだったのだろうか。
P1020021.JPG
 落書きじゃないよ、アートだよ。
P1020023.JPG
 平日の朝だから人が少ない。
P1020024.JPG
 こんな、打ちっぱなしのビルでも、なんとなく日本と違うのが面白い。
P1020025.JPG
 そういえば、台湾の建物って店先の回廊というのか屋根のある通路がデフォだよね。
 暑いのと、雨が多いからか?
P1020026.JPG
 レンガって古くなってもいいな〜。
 煉瓦は蓄熱性が高いので、夏は涼しく冬は暖かいそうだ。
P1020027.JPG
 ここから、台北の浅草寺「ロンシャンスー(龍山寺)」に向かいます。
 
◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ
3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
posted by アサノ | 06:16 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年春台湾南部の旅 1日目台北到着
IMG_0010.JPG
 3月10日(木)、台湾に向かって出発。
 日本はまだ寒くて、熱帯の台湾にTシャツで行くために死にもの狂いで羽田空港到着。w
 飛行機の中にはダウン着た人が大勢乗っており、現地で汗だくになるに違いない。ww
IMG_0011.JPG
 台北松山空港に到着。
 プリベイドSIMカードを買ってと。
 10日間で500元ということは、約2000円弱だな。
IMG_0016.JPG
 およよ、外に出たら結構雨が降っている。
IMG_0017.JPG
 エスカレータは右並び。w
DSC00018.JPG
 西門町の「町記憶旅店」にチェックイン。
DSC00019.JPG
 台湾のホテルは冷房はあるが、暖房が無いのか。
 結構寒い。。
DSC00020.JPG
 寒いよ〜。
DSC00028.JPG
 雨が降っていて寒いけど、晩ごはんだけ食べに出てきた。
DSC00029.JPG
 西門町の人気店「阿宗麺線」。
DSC00030.JPG
 皆食ってる食ってる。
 ダウン着てる。ww
DSC00033.JPG
 たったこれだけの厨房。ww
DSC00036.JPG
 モツの入ったとろみのついたカツオ出汁のスープに、ブチブチになったソーメンが入ってる
 寒い雨の夜には美味い!
DSC00038.JPG
 台北の竹下通り西門町も冷たい雨に沈んでいる。
DSC00040.JPG
 なんの撮影ですかね?
DSC00025.JPG
 やむなく、賑やかな街から路地裏に移動。
DSC00045.JPG
 昨年9月に来た「清香沙茶火鍋」に1人で入って。
IMG_0021.JPG
 やっと温まった。
 明日は雨がやむだろうか。。
 独り旅の最初の夜って、いつになっても寂しいものだね。
 
◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ
3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
posted by アサノ | 06:17 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー7日目 西門町のリノベホテル
DSC00708.JPG
 9月24日(木)の朝。
 おはようございます
 今日は、昼ごろにチェックアウトして松山空港から帰国します。
 もうツアーのメンバーとは別れて、終日単独行動です。
DSC00712.JPG
 今回台北の西門町で泊まったのは「CHO HOTEL(町、記憶旅店)」という、古いビルをリノベーションした小さなホテル。

 若者の街「西門町」といっても、少し南に下った庶民的な下町だ。
DSC00716.JPG
 朝ごはんはフロントでチケットを貰って、近所の提携したお店で勝手に食べる。
 ここは台湾スタイルの三明治(サンミンヅ)と蛋餅(ダンピン)屋さん。
DSC00720.JPG
 僕は久しぶりにアメリカンスタイルのお店に。
DSC00722.JPG
 もう帰るとなると、なんだか都会に戻って来たくなった。w
DSC00723.JPG
 まあ、そこそこのお味かな。。
 でもコーヒーは飲みたかったんだよね。
DSC00729.JPG
 ホテルはダブルの部屋なので、朝食券は2枚貰ってたから。
DSC00731.JPG
 CHO HOTELのおしゃれカフェに戻って。
DSC00735.JPG
 少しましなコーヒーを飲む。
DSC00739.JPG
 最近、台湾の若者たちが古い建築物をリノベ―ションしておしゃれなカフェやバー、ホステルにするのが流行っている。
DSC00738.JPG
 今回も台南の「8mm Cafe」や斗六のAirbnb「老屋町-榻榻米和式房」など、その傾向を見て回った。
DSC00744.JPG
 台湾の人はミニマリストというか、日本人のような足し算の装飾をしないので、リノベが貧乏臭くない。w
DSC00746.JPG
 廊下
DSC00748.JPG
 なんのビルだったのか、変形の部屋が多い。
DSC00749.JPG
 部屋は狭いが快適でした。
DSC00747.JPG
 水回りが清潔なのが嬉しい。
 これで日本に帰ります。
 次回は、2016年3月に来る予定です。

 
◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月23日(水):6日目台北観光
09月23日(水):6日目九份に行って来た
posted by アサノ | 06:11 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー6日目 基隆夜市と西門町で打ち上げ
IMG_8413.JPG
 9月23日(水)の夜。
 九份からタクシーで港町基隆に降りてきた。
 タクシーを基隆夜市に停めてもらい、少し散歩しよう。

 基隆は台湾北端の港町だ。
 以前は沖縄那覇との航路も開かれていたらしい。
 沖縄に台湾からの観光客が多いのも、今でもチャーター船があるからなのかも。
 最近は大陸からの観光客が船でドバっと来るようだ。
IMG_8412.JPG
 南国ですね。
IMG_8414.JPG
 日本統治時代の建物が現役だ。
IMG_8415.JPG
 イカだ。。
IMG_8416.JPG
 昼間九份で見た中学生たちだ。
 やっぱり泊りがけの修学旅行なんだね。
IMG_8420.JPG
 香港や台湾の人は、家でごはん作らないで屋台で食べるので。
 修学旅行も宿でごはんが出なくて、各自外で食べてこいなのだね。w
IMG_8421.JPG
 カニ炒飯かな?
IMG_8423.JPG
 なんだか少女図鑑みたいになってきた。w
IMG_8424.JPG
 おお!いいな。
 水餃子と焼餃子だ。
 他にも料理が沢山ある。
IMG_8428.JPG
 台湾風ホットドッグか。
IMG_8433.JPG
 基隆の夜市は、台北の観光夜市と違って地元の人が普通に晩ごはん食べに来るところらしい。
IMG_8435.JPG
 泥臭いが庶民のエネルギーが溢れてるね。
IMG_8437.JPG
 豚の丸焼き。w
IMG_8439.JPG
 このイカはフライにするみたいだ。
IMG_8445.JPG
 おお!少年達発見。
 この年頃は男の子のほうが可愛いね。w
IMG_8447.JPG
 たしか今日は週の真ん中水曜日なはず。
 その割には人出が多い。
IMG_8448.JPG
 観光客っぽくない分、雰囲気が柔らかい。
IMG_8449.JPG
 おお!またいた。w
 田舎の中学生なのか?ww
IMG_8453.JPG
 みんな食ってる食ってる。
IMG_8455.JPG
 麺はある程度茹でてあるものを湯がくのか?
IMG_8457.JPG
 途中に基隆廟があった。
IMG_8461.JPG
 お〜!派手ですね〜。
IMG_8464.JPG
 盛り場だけじゃないところがいいですね。
 心を清める場所があるのは大切だ。
IMG_8468.JPG
 なんだか幸せな構図だ。ww
IMG_8469.JPG
 食う食う。人間の本能。
IMG_8471.JPG
 オジイもオバアも食べる。
IMG_8475.JPG
 夜市の入口に来た。
IMG_8473.JPG
 そろそろ台北に戻ろうか。
IMG_8480.JPG
 GoogleMapを見ながら基隆駅に向かう。
IMG_8483.JPG
 なにやら怪しげな裏路地を通って。
IMG_8486.JPG
 新装なった基隆駅に到着。
IMG_8485.JPG
 区間車(各駅停車)に乗って台北に戻る。
IMG_8487.JPG
 台北に戻ったら、みんなのホテルのある西門町へ来た。
IMG_8489.JPG
 台北の原宿竹下通りと呼ばれる西門町。
IMG_8490.JPG
 オタクの聖地「萬年商業大樓」。
 晩ごはんを食べようと思ったが、おじさん達が竹下通りで飲み屋を探すようなものだ。w
IMG_8506.JPG
 やっと、若者が来ない路地裏のお店を見つけて。
IMG_8493.JPG
 台湾風の火鍋を食べよう。
IMG_8495.JPG
 「沙茶火鍋」というのかな。
 四川風の「鴛鴦火鍋」みたいに鍋を二つに仕切った辛い奴じゃなくて。
IMG_8496.JPG
 全然辛くない、優しいお味です。
01.jpg
 タレに生卵を解いて入れるのが特徴かな。
IMG_8502.JPG
 さっぱりしてます。
 ビールをグイグイ飲んで、男4人だけの打ち上げでした。
IMG_8504.JPG
 最後は「冬粉」を入れて終了。春雨は日本語で、台湾では冬粉といいます。
 美味しかったな〜。
 明日は帰国だ。
◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月23日(水):6日目台北観光
09月23日(水):6日目九份に行って来た
09月23日(水):6日目基隆夜市と西門町で打ち上げ
posted by アサノ | 06:13 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー6日目 九分に行って来た
IMG_8283.JPG
 台北市内をふらふらして、松本嬢と合流したら。
 この人達「九份に行こう」と言いだし、汽車に乗った。
IMG_8284.JPG
 ローカル線に揺られて「瑞芳」の駅に到着。
IMG_8285.JPG
 観光客で満員のバスに山道を揺られること15分〜20分で九份に到着。
IMG_8287.JPG
 遠く東シナ海が見える。

 九份はこの辺り。
 台湾の北の端っこ。
IMG_8288.JPG
 やって来ました。
 もう観光地の匂いがプンプン。w
IMG_8291.JPG
 昔は金鉱山があって、掘ったものを運ぶ軽便鉄道があったらしい。
IMG_8294.JPG
 ずっと屋根のある道を登って行く。
IMG_8295.JPG
 昔は日本の観光地もこんな感じでした。
IMG_8298.JPG
 江の島の参道に似てる。
 てか、ほとんど日本の観光地と変わらん。w
IMG_8299.JPG
 「千と千尋の神隠し」で有名になった「肉圓(バーワン)」
IMG_8301.JPG
 働く人の手が美しい。
IMG_8303.JPG
 台湾には私たちの知らない食べ物が沢山ある。
IMG_8304.JPG
 芋の団子(芋圓)を入れたぜんざいみたいなものが九份名物だそうだ。
IMG_8305.JPG
 このお店「阿柑姨芋圓」が有名らしい。
IMG_8306.JPG
 観光地には必ず外したやつがある。w
IMG_8307.JPG
 中学生らしき団体がいた。
IMG_8312.JPG
 修学旅行とかなのか?
 九份って、以前は誰も来なくて、「千と千尋」が流行って日本人だけが来たんじゃないんだ?
IMG_8331.JPG
 それにしても、宮崎駿という方は世界中の凄い場所をよく知っておられる。
IMG_8334.JPG
 僕は子どもにはモテるんです。w
IMG_8336.JPG
 この子かわいいな!
IMG_8339.JPG
 こういう時に限ってあわてて、ピントが他の子に合ったりする。ww
IMG_8345.JPG
 有名な茶藝館阿妹茶酒館」。
IMG_8346.JPG
 さっさと帰るか、日没まで待つか協議の上。
IMG_8348.JPG
 この茶藝館で待つことにした。
IMG_8353.JPG
 中国茶の淹れ方を習う。
IMG_8361.JPG
 お店の人に「ああ!その席は宮崎駿先生が座れて構想を練られた場所です!」と言われたが。
 隣の席の客にも言っているに違いない。ww
IMG_8363.JPG
 2杯目からは下僕のエンドーが淹れる。
IMG_8364.JPG
 徐々に日が落ちて来ました。
IMG_8365.JPG
 お面にも怪しげな陰影が深まる。。
IMG_8368.JPG
 どどどっと夕陽を観ようと観光客が集まって来た。
IMG_8369.JPG
 やっぱり日暮れまで残っていて良かったね。
IMG_8370.JPG
 この茶藝館は、夜のライトアップが美しいらしい。
IMG_8372.JPG
 写真を撮ったら、即撤収。
 この人達が皆帰り始めるとバスもタクシーも乗れなくなる。w
IMG_8374.JPG
 どんどん下山だ。
IMG_8375.JPG
 この時間から来る人もいるのね。
 その方が正解かもしれない。
IMG_8378.JPG
 そうか台湾の人には侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の「非情城市」で有名なんだね。

 日本統治時代の終了から二・二八事件までを淡々と画いた台湾近代史の大作だ。
 私は何度か観たが、常に途中で寝てしまい最後まで観た記憶が無いぐらい抑揚の無い映画だった。w
IMG_8379.JPG
 そろそろ下まで下りて来ました。
IMG_8386.JPG
 こういう茶館があるのは、この階段のある堅崎路だけ。
 九份はもともと山にへばりついた小さな町なのだ。
IMG_8389.JPG
 最後の広場。
IMG_8392.JPG
 徐々に深澳湾が闇に包まれて来る。
IMG_8403.JPG
 他の観光客が帰り始めない前に。
IMG_8404.JPG
 裏路地を通ってバス停のある場所まで行こう。
IMG_8405.JPG
 熱海の裏路地に似ている。
IMG_8406.JPG
 崖にへばりついた街は、みなこうなるのか。
IMG_8407.JPG
 灯りが点き始めた。
IMG_8408.JPG
 九份に夜が来た。
IMG_8409.JPG
 なんとか道路に出て。
IMG_8410.JPG
 交渉の末、タクシー1台に5人が乗って基隆に向かって下山する。
 
◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月23日(水):6日目台北観光
09月23日(水):6日目九份に行って来た
posted by アサノ | 06:12 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー6日目 台北観光
DSC00702.JPG
 9月23日(水)の朝。
DSC00699.JPG
 ツアーの全日程が終了したので、私は皆と別れて一人でMRT雙連駅近くに泊まっていました。
DSC00697.JPG
 普段は一人旅が多いので、団体の引率は神経を使う。
DSC00695.JPG
 昨夜、林森北路で飲んだ後、近くの安宿に泊まって独り生活を満喫しているところだ。
 こういうドロップアウト感は好きなんだよね。w
DSC00690.JPG
 二日酔い気味なので、「世界豆漿大王」で豆漿と肉包だけだ。
IMG_8223.JPG
 路地裏のおねえちゃんがやってるカフェでコーヒー。
IMG_8226.JPG
 台北は建物の前の屋根付き歩道がお店になっちゃうから開放的。
 暖かい国ならではですね。
DSC00703.JPG
 昨日泊まったのはラブホテルだったらしい。w
DSC00704.JPG
 商務旅館(ビジネスホテル)と書いてあるが、フロントを通らずに裏口から出入りできるようになってて怪しい。。
IMG_8230.JPG
 昼頃から、若手が泊まっているMRT西門町のホテルに移動。
IMG_8233.JPG
 奴らには、ちょっとばかりお洒落なホテルを紹介してやった。
 おじさんは、こういう所では気が休まらん。ww
IMG_8243.JPG
 午後より台湾初心者を連れて台北観光。
IMG_8242.JPG
 夜間には、女性はこのエリアで地下鉄を待つ。
 周りから監視カメラで見ていてくれるようになっている。
 これは賢いシステムだ。
 台湾って、こういう割り切ったリーズナブルなシステムを作るのが上手い。
 高速道路の無人ETCなんかもその例だね。
台湾ETCの大胆な割り切りを見習いたい、あるいは日本での合理性を阻むもの
IMG_8238.JPG
 ザ・ボウズww
IMG_8244.JPG
 台北101ビルのあるMRT台北101/世貿駅に来た。
IMG_8246.JPG
 台北101(509.2m)は、ドバイのブルジュ・ハリファ(828.0 m)が出来るまでは世界で一番高い高層ビルだったのだ。
IMG_8247.JPG
 鼎泰豊にカタカナのふり仮名があるということは、日本人客が多いのね。
IMG_8248.JPG
 入館料が高いのと、中国人の団体がいっぱいいたので登るのは諦める。
IMG_8251.JPG
 北側にあるMRT市政府駅に向かって歩くことにした。

 この辺りが、今台北で一番おしゃれな新市街だ。
IMG_8253.JPG
 平日なので人が少ないが、休日は大混雑だ。
IMG_8256.JPG
 おしゃれなデパート「新光三越」が並ぶ。
 この辺りには4店舗も出店しているので「三越村」と言うのだそうだ。w
IMG_8258.JPG
 市政府駅に近づき。
 以前、学生と台北にいた時は彼らは深夜この辺りのクラブに来てたな。
IMG_8259.JPG
 蔦屋書店のモデル「誠品書店」の辺り。
IMG_8260.JPG
 わしらは、男4人だ。w
IMG_8262.JPG
 一度台北車站に戻って、体調不良だった松本と合流することになった。
 エレベーターは右側並び。w
IMG_8263.JPG
 馬鹿でかい台北車站に到着。
IMG_8264.JPG
 駅でもあり、公園でもある感じだ。w
IMG_8266.JPG
 腹減ったので、めし食おう。
IMG_8270.JPG
 台北駅前の新光三越の横を入った所にある「良品牛肉麺」に連れて来た。
IMG_8269.JPG
 相変わらず美味いが、店がきれいになっちゃったので見落としそうになった。w
IMG_8271.JPG
 鍋貼(焼餃子)がメニューから消えていた。
IMG_8279.JPG
 食べ終わって、1階でお金を払う時に。
 オヤジに「儲かって改築したの?鍋貼はやめちゃったの。」と言ったら。
 面倒くさいからやめたって。ww
DSC04448.JPG
 以前の「良品牛肉麺」。
 毎日通ったことがあるぐらい、なんでも美味かった。
DSC04442.JPG
 牛肉麺だけじゃなくて、ご飯ものも充実してた。
DSC04441.JPG
 何と言ってもこの鍋貼(焼餃子)が美味かったな〜。
 毎回「今日は5本食おう」とか「6本はいけるかな?」とか考えながら来た。w
 地方から台北に戻って来た時に、真っ先に来たのはここだったのだが。
 お店は儲かると質が落ちる典型ですね。
 なのに、お店がきれいになると客が増えるんだな。ww
IMG_8282.JPG
 檸檬ジュース飲んで休憩。
 
◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月23日(水):6日目台北観光
09月23日(水):6日目九份に行って来た
posted by アサノ | 06:19 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー5日目 台北デザインファーム巡り方略
IMG_8060.JPG
9月22日の午後、2軒目のデザインファームに来た。
IMG_8063.JPG
BUSINESS MODELS INC.」の台北支社。
IMG_8070.JPG
一等地のおしゃれなオフィスだ。
IMG_8072.JPG
はっきりは分からないけど、松山空港近くの民生東路三段のオフィス街だと思う。

多分、窓から見える景色から考えるとこのビルかな。
IMG_8077.JPG
みなさんご存知の「Business Model Generation」を出版しているのでも有名な会社。
IMG_8080.JPG
こちらは、台湾版「Value Proposition Design」。
IMG_8083.JPG
こちらも台湾版「Business Model Generation」。
あっさりしてますね。
IMG_8087.JPG
お互いの発表を行う。
IMG_8104.JPG
水本さん、昨日の大学より冴えてます。w
IMG_8113.JPG
ディスカッションに発展して。
IMG_8115.JPG
今回のツアーで、最もエキサイティングなディスカッションに発展して行きます。
IMG_8117.JPG
若手も各自発表。
IMG_8123.JPG
この子は、どこに行っても物怖じしない。w
IMG_8127.JPG
自己紹介にスキルチャートを使う所は賢い。
一番凄いのが「Appetite(食欲)」って、あなた・・・・
IMG_8128.JPG
悩める青年熊崎さんも、だんだんエンジンがかかって来て。
IMG_8130.JPG
今回の旅で、彼が一番変わったのではないだろうか?
旅で「自分探し」は出来ないけれど、それまで貯め込んで出口が見つからなかったような事柄が、外気に触れてインスパイアされることはよくある。
それも旅の効能の一つであり、旅に出る理由でもあるのだ。
IMG_8133.JPG
シスメックスの大山部長も、ここでは会社の説明。
今、台湾ではヘルスケアのビジネスが盛んだからね。
IMG_8138.JPG
続いて、Business Models Inc. 社の説明。
IMG_8141.JPG
本社はアムステルダムだが、世界中にブランチがある。
アジアは東京じゃなくて台北だ。
台湾の方が英語が通じるからかもしれないな。
IMG_8142.JPG
ビジネス・モデル・ジェネレーションは30ヵ国語に訳されて、100万冊売れたそうだ。
僕も持ってるもんね。w
IMG_8149.JPG
ビジネスモデルキャンバスを使った、コンサルティングのやり方。
IMG_8152.JPG
それを使った5日間でのビジネスモデルの策定スプリント。
IMG_8155.JPG
いろいろな手法を教えてくれた。
IMG_8159.JPG
これはグラレコなのか、ストーリーボードなのか?
IMG_8164.JPG
行動観察もやってますね。
IMG_8167.JPG
アクセンチュアのサービスデザインをした実例。
IMG_8177.JPG
新しい企業に対して、どのようなことをするのか?という質問に。
ほとんど我々と同じようなやり方をしているのに驚いた。
僕らの根っこはどこにあるのか?
IMG_8185.JPG
今回のディスカッションがエキサイティングだった理由は。
モデレーターのDiane Shen(沈美君)嬢のファシリテーションが秀逸だったからだと思う。
ミラノ工科大出身の才媛は、どんなことにもパキパキ答え、ホワイトボードに描きまくる。ww
IMG_8190.JPG
いや〜!面白かった。
1200.jpg
本当にここに来れて良かったよ。
ありがとうございました
IMG_8194.JPG
さあ!打ち上げに行くぞ。
 コーディネーターのアーサーが予約してくれたお店に行きます。
IMG_8202.JPG
「青葉」という新台湾料理のお店らしい。
IMG_8209.JPG
今回の旅では珍しい、お肉主体のコースだ。
IMG_8213.JPG
アーサー、ありがとう。
とても良い体験が出来ました。
また、SDNのアーサーを紹介して下さった長谷川さんにもお礼を申し上げます。
DSC00673.JPG
最後は、林森北路のバーで打ち上げ!
いやはや、お疲れさまでした。

◇参加者エンドーのブログ:HCD-Net台湾ツアーの4日目(斗六⇢台北⇢UXI design⇢Business Models Inc.)
 
◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月22日(火):5日目台北デザインファーム巡り方略
09月23日(水):6日目台北観光
09月23日(水):6日目九份に行って来た
posted by アサノ | 06:16 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー5日目 台北デザインファーム巡り遊石設計
IMG_7975.JPG
 9月22日の午後。
 中正記念堂の前で再度集合。
IMG_7977.JPG
 三々五々に、ホテルに荷物を置いたメンバーが集まる。
 台北はMRT(地下鉄)が発達しているが、3人ぐらいいたらタクシーが安いので便利だ。
IMG_7980.JPG
 「杭州南路一段77巷5弄」とな。
 どうも、この辺りらしいが。。
IMG_7981.JPG
 台北の住宅街ですね。
 本来は行くはずだった、新竹の「Scenario Lab」が、政府の人が来るので訪問中止になり。
IMG_7982.JPG
 代わりにScenario Lab出身の方がやっている「UXI DESIGN(遊石設計)」というデザイン事務所に来た次第だ。
IMG_7983.JPG
 凄いな、住宅のセキュリティが。。
IMG_7984.JPG
 どの家も格子に覆われているけど、台北ってそんなに治安が悪いのか?
IMG_7985.JPG
 やっと見つかったらしい。
IMG_7987.JPG
 「忠義名厦」。中国語で厦はビルとかマンションだね。
IMG_7988.JPG
IMG_8057.JPG
 ペルソナ!
IMG_7992.JPG
 オーナーの張群儀Ian Jang氏の話を聴く。
 向かって右側にいるのは、今回のコーディネーターを務めてくれたSDN台湾支部のArthur Yeh氏。
IMG_7990.JPG
 UXとサービスデザインをやっています。
IMG_7996.JPG
 リサーチの手順とか。
IMG_7998.JPG
 店員さんのサービス設計。
IMG_8000.JPG
 ペルソナのキャスト。
IMG_8012.JPG
 フィールドワークのワークショップ。
IMG_8013.JPG
 やっていることは、我々とほぼ同じ。
 ただ、こんなに案件があってやってるとは思わなかった。
IMG_8020.JPG
 これが一番面白かった。
 病院の治療室を作る為に、倉庫みたいな大きな部屋にいっぱいホワイトモックを置いて。
 体験プロトタイピングをしているところ。
IMG_8015.JPG
 本当にお医者様が治療をするシーンを実演して。
 手が行く場所とか、視線の向かう方向とかをビデオ撮影したり。
 直接、電気のプラグをモックに描きこんだりしてる。
IMG_8027.JPG
 その場でブレスト。
 会議室での議論よりよほど良い。w
IMG_8030.JPG
 う〜ん、やるな〜。
IMG_8032.JPG
 全員、顔がマジになって来た。
IMG_8033.JPG
 ディスカッション開始。
IMG_8040.JPG
 今回の旅のスタート時は、妙におとなしくて悩める青年だった熊崎くんが。。
IMG_8052.JPG
 旅が進むにつれて、どんどん積極的になって行く。
 これが旅の化学変化なんだよね。
IMG_8047.JPG
 ここで食べたパイナップルケーキ美味しかったね。w
IMG_8054.JPG
 最後は皆で記念撮影。
 ハイ!チーズ。パチリ
IMG_8058.JPG
 もう1軒行くぞ〜。

◇2016年4月にオフィスを移動されたそうです。
 在杭州南路舊址待上了兩年, 然後我們搬家了。
 新的地址:台北市大安區安和路二段63號4樓
 新的電話: 02-27092260
 請老朋友新朋友們記得更新你們的通訊錄。
 Miss you already!!
 
◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月22日(火):5日目台北デザインファーム巡り遊石設計
09月23日(水):6日目台北観光
09月23日(水):6日目九份に行って来た
posted by アサノ | 06:17 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー5日目 斗六から台北に移動
IMG_7914.JPG
 9月22日の朝。
 早々にAirbnbを発ち、台鐡斗六火車站(駅)に向かう。
IMG_7915.JPG
 斗六の老街は、古い建築物が並ぶ。
IMG_7916.JPG
 台湾の栄えた街には、そこここにバロック様式の建築が残っているのが面白い。
 日本統治時代に盛んに作られたそうである。
IMG_7917.JPG
 雲林県は農業王国である。
IMG_7918.JPG
 斗六から少し離れた「西螺延平老街」には、多くのバロック建築があるそうだ。
 今度来た時は行ってみよう。
IMG_7920.JPG
 朝ごはんまだなので、腹減ったな。w
IMG_7921.JPG
 おお!この商店街はいいね。
IMG_7924.JPG
 駅の近くに朝市がたっていたので、覗いてみよう。
IMG_7925.JPG
 「顔剃り屋」さんですね。
IMG_7932.JPG
 農業大国なので、野菜や果物が多い。
IMG_7933.JPG
 この黒いのはなんだろう?
 「菱角」って書いてあった。
IMG_7935.JPG
 農家で朝とれたものを持って来るんだね。
IMG_7937.JPG
 いい笑顔。w
IMG_7938.JPG
 私は朝の市場が好きだ。
 昼間よりも、庶民の生活やエネルギーが溢れているから。
DSC00426.JPG
 雑誌の「Pen」に雲林斗六の記事があった。
 斗六には市場が二つあって、駅のそばは西市というらしい。
 この辺りね。
IMG_7941.JPG
 川魚か?
IMG_7942.JPG
 総菜屋さんだね。
IMG_7943.JPG
 何だろう?
IMG_7945.JPG
 おお!千と千尋で有名な「肉圓(バーワン)」だな。
IMG_7947.JPG
 市場を歩くのは楽しいな。
IMG_7948.JPG
 ファッションのお店も。w
IMG_7951.JPG
 大根
IMG_7953.JPG
 腸詰
IMG_7954.JPG
 鶏の煮たのか?
IMG_7956.JPG
 斗六駅に着いたよ。
IMG_7961.JPG
 汽車を待つ間に、駅の売店で買ったものをベンチに座って食べる。
IMG_7962.JPG
 この子は、いつでも美味しそうに食べてるので気持ちが良い。w
IMG_7964.JPG
 特急「自強号」で台北に戻る。
 新幹線より、汽車旅が楽しい。w
 斗六から台北までは、2時間ちょっとぐらい。
IMG_7966.JPG
 台北に着いて、いきなりランチ!
IMG_7967.JPG
 炒飯とか餃子。
IMG_7970.JPG
 MRT中山車站近くにある老爺会館の上にあるレストラン。
IMG_7971.JPG
 以前、林森北路のバーのママに「ここ、美味しいよ」と言われたお店。
 一度入ってみたかった。
IMG_7973.JPG
 さあ、ホテルに荷物を置いたらデザインファーム巡りだ。
◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月22日(火):5日目斗六から台北に移動
09月23日(水):6日目台北観光
09月23日(水):6日目九份に行って来た

◇市場好きアーカイブ
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年雲林県斗六西市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3680
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 06:16 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー4日目 斗六でAirbnb古民家に泊まる
IMG_1467.JPG
 9月21日の夕方、国立雲林科技大学の訪問が終わって、先生の車で斗六の街に戻って来た。
IMG_7878.JPG
 我ら貧乏組の今夜の宿は、Airbnbで予約したこの台湾式の古民家である。
 メーカーのメンバーは、今夜も駅近くの高級ホテル泊まりだ。ww
IMG_7879.JPG
 今回の旅の目的は、当然デザインの研修なのだが。
 裏の目的があって、今の台湾の若者たちが古い建物をリノベーションしてカフェにしたりホステルにしたりしている文化を見たかったのだ。
IMG_7897.JPG
 「老屋町-榻榻米和式房」という、雲林科技大の学生がやってる宿。
 Airbnbの欠点は、場所が分かり辛いのと、カギの受け渡しが上手く行かないこと。
IMG_7890.JPG
 今回もついて来てくれた先生が電話してくれたので、なんとか辿り着いた。w
 正確には「雲林県斗六市城頂街146-1」ね。
 是非行ってみたい人に。w
IMG_7885.JPG
 中に入ってみると。。
IMG_7889.JPG
 1戸建てなので、寝室は3つあり3人でシェアして充分。
 1人1泊1500円ぐらいだ。
 1階の寝室は蚊帳付きの女の子用。
IMG_7888.JPG
 私は2階の扇風機付きベッド。w
IMG_7886.JPG
 エンドーは2階の窓側の和室。
 蚊は2階まで上がって来ないので、蚊帳は無し。w
IMG_7887.JPG
 2階からの眺め。
DSC00661.JPG
 夜になって、楊先生が食事に連れて行ってくれた。
IMG_1477.JPG
 海鮮を自分で選んで料理して貰うお店だ。w
IMG_1485.JPG
 お〜!凄いごちそう。
 なんだか、毎食ごちそうを食べてる感じだね。ww
DSC00633.JPG
 楊先生は、日本から台湾に来る研究者の母的存在。
 いつもお世話になっております。w
DSC00650.JPG
 本日はご主人さまもご同席下さいました。
IMG_1489.JPG
 これって、なにかの風習ですか??
DSC00656.JPG
 雲林県は農業県だからね。ww
DSC00663.JPG
 食事後、Airbnbの蚊対策として蚊取り線香を買いに行く。
 南部ではデング熱が流行っていると、台北で脅かされたので。
 ダイソーがあったが、蚊取り線香は無し。
 結局、ドラッグストアで蚊除けスプレーを買った。
DSC00669.JPG
 お洒落目な若者がやってるカフェとか。
DSC00621.JPG
 部屋に帰って来ました。
IMG_7894.JPG
 お風呂のシャワーが温水が出ないので、家主の怡春ちゃんを電話で呼ぶ。
 台湾の人はすぐスクーターで来てくれるから便利。w
IMG_7896.JPG
 右の洗面台のお湯の方から、左のオレンジのたらいに熱いお湯を入れて。
 たらいの上にある蛇口から水を出して、適温に薄め。
 手桶でお湯をかぶるというプロセスを習う。ww
DSC00628.JPG
 消耗品も、こんな戸棚にあるよと教えて貰った。
DSC00623.JPG
 松本は蚊帳ののついたお姫さまベッドでおやすみ。w
DSC00625.JPG
 この古い家で夜中に目が覚めたら怖いので、睡眠薬を大量に飲んだ。
DSC00626.JPG
 そうしたら10時ぐらいから急激な睡魔に襲われ、そのまま2階のベッドでダウン。
 朝まで何も覚えていない。ww
DSC00627.JPG
 エンドーと松本は遅くまで起きていたそうだが。
 怖くて起きていられんわ。ww
IMG_7891.JPG
 おはようございます
 9月22日の朝。
 超ぐっすり寝たので爽快な朝だ。ww
IMG_7899.JPG
 明るくなって怖く無くなったので、建物を見てみよう。w
 この家の子ども達か?
IMG_7895.JPG
 これは多分オーナーの怡春ちゃんの趣味か?
IMG_7900.JPG
 台湾の家庭って、こんなカウンターキッチンだったのか?
 怡春ちゃんが「老屋Cafe」をやるために作ったのかな。
IMG_7901.JPG
 台湾の家は赤い色を上手く使う。
IMG_7902.JPG
 渋い写真にこのフレームの色、日本人には出来ないね。
IMG_7903.JPG
 小林旭は誰の趣味?w
IMG_7905.JPG
 昨夜、私が寝た後にエンドー達はファミコンをやったらしい。w
IMG_7906.JPG
 この大げさな家具はなんだ?w
IMG_7908.JPG
 小さな前庭。
IMG_7909.JPG
 外で食事をしたり、お茶を飲んだりできるんだね。
IMG_7910.JPG
 外に洗面所もある。
IMG_7907.JPG
 庭にトイレがあるのは便利そう。
 暖かい地方だからか?
 家の奥にもあったよ。
IMG_7911.JPG
 塀に並んだガラス瓶が、全然貧乏臭くない。w
IMG_7912.JPG
 一夜の夢のようなAirbnb体験でした。w

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる
posted by アサノ | 06:14 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー4日目 国立雲林科技大学でディスカッション
IMG_7764.JPG
 ランチ後、大学に戻って来た。
IMG_7766.JPG
 デッサン教室もある。
IMG_7768.JPG
 キャンパスが広すぎて、今どこにいるのか分からない。w
IMG_7772.JPG
 女子学生発見!
IMG_7773.JPG
 これからわしらの講演が始まるのに弁当食ってる。w
IMG_7740.JPG
 午後はデジタルメディアデザイン科だ。
IMG_7775.JPG
 おうおう、もう揃っています。
IMG_7779.JPG
 午前中の子達と比較すると、こちらの方が日本の学生に近い雰囲気だね。
IMG_7780.JPG
 午後は、大人たちがハイレベルな発表。
IMG_7785.JPG
 流石に学生にはB2Bのペルソナとは敷居が高かった。。w
IMG_7784.JPG
 ほ〜。。。
IMG_7789.JPG
 NECの安さんは先日メルボルンIEA2015で発表したHCD教育に関する内容。
IMG_7800.JPG
 うむむむ。。
IMG_7802.JPG
 グ〜。。
IMG_7798.JPG
 一段落したが、これでは終われん!
IMG_7808.JPG
 若者っぽいエンドー行け!
IMG_7812.JPG
 メディアっぽいネタなんで、ウケてる。ww
IMG_7811.JPG
 オ〜!
IMG_7813.JPG
 ヤンキーも起きた。ww
IMG_7820.JPG
 終わった瞬間に女の子が殺到。ww
IMG_7827.JPG
 凄いね。w
IMG_7829.JPG
 憮然。。
IMG_7832.JPG
 男の友達も出来ました。ブラザー
IMG_7835.JPG
 一応、僕も。w
IMG_7836.JPG
 続いて研究室に行きます。
IMG_7837.JPG
 校舎もいっぱいあるね〜。
IMG_7839.JPG
 おお!研究室っぽい。w
IMG_7840.JPG
 ゼミ生がお迎えしてくれました。
IMG_7842.JPG
 3Dプリンタもあるよ。
IMG_7843.JPG
 院生とディスカッション。
 やっぱり、こいう時はこちらも作ったものを持って来た方がいいね。
IMG_7846.JPG
 研究を説明して貰い。
IMG_7848.JPG
 おい!こら。w
IMG_7850.JPG
 バイバ〜イ!
IMG_7854.JPG
 建築の講評会を覗く。
 先生の話を直立不度の姿勢で聴く。w
IMG_7858.JPG
 ポスターを見せて頂き。
IMG_7867.JPG
 ロボットのモック。
IMG_7868.JPG
 インダストリアルデザイン科だね。
IMG_7875.JPG
 お疲れさま。
 本番初日を無事終了して、斗六市内のホテルに向かいます。

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月21日(月):4日目国立雲林科技大学でディスカッション
posted by アサノ | 06:19 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー4日目 国立雲林科技大学でプレゼンテーション
IMG_7641.JPG
 9月21日、斗六の駅からタクシーで国立雲林科技大学に到着。
 雲林県は台湾中部の農業地帯である。
 そこに大規模な大学を作ろうと出来たのが雲林科技大学。
 ちなみに科技大学とは、日本で言う工業大学みたいな意味。
IMG_7642.JPG
 デザイン学部の校舎に来たよ。
IMG_7644.JPG
 いろいろな学科がある。
IMG_7651.JPG
 李学院長とご挨拶。
IMG_7665.JPG
 午前中はインダストリアルデザイン科の学生さんにお話をします。
IMG_7656.JPG
 仲良しの楊先生が司会。
IMG_7669.JPG
 プレゼン担当はドキドキ。w
IMG_7679.JPG
 最初は学生さんの作品を見せて貰った。
IMG_7685.JPG
 台湾では、デザイン系の学生が中国・韓国・日本・台湾と東アジア諸国が世界でも稀に見る少子高齢化社会が来ることをビジネスとして捉えヘルスケア関連のデザインをする学生が多い。
IMG_1386.JPG
 日本チームは、私がオープニングのご挨拶とこのツアーの目的や。
 自分の仕事の話をして。
IMG_7687.JPG
 ツアーメンバーの若手から、一人一人自己紹介と自分の仕事の話をする。
IMG_7695.JPG
 皆さん、全然恥ずかしがらずに喋るしゃべる。w
IMG_7710.JPG
 台湾の大学も日本と同じで、少子化のために入学者が減り定員割れを起こしているために。
 中国本土の福建省の大学と提携して、3年生の1年間はこの大学で学ぶプログラムを作っているそうだ。
 今回も福建の学生さんが40名ぐらい参加しているそうです。
IMG_7702.JPG
 どこの国でも学生は同じ。ww
IMG_7713.JPG
 続いてNECチーム若手の発表!
IMG_7715.JPG
 企業秘密なのでボカシすぎて全然なんだか分からん。ww
IMG_7717.JPG
 女の子は全然恥ずかしがらない。w
 フレンドリーでとても良いプレゼンだった。
IMG_7737.JPG
 なので、終了後はサッと男の子が寄って来る。w
IMG_7741.JPG
 お昼休み。
IMG_7743.JPG
 台湾の大学は9月が新年度スタートなので、新入生勧誘とかやってる。
IMG_7745.JPG
 広いキャンパスだね〜。
IMG_7748.JPG
 ランチは、大学から出て近くのお店で。
IMG_7762.JPG
 先生方と会食。
 ほとんどの方が、アメリカ、ドイツ、日本に留学経験あり。
IMG_7758.JPG
 ランチというのに凄いご馳走。
 先生方は午後の授業があるので殆ど飲んでいなかったが、わしらは出されたものだから。。
 午後に続く。w

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月21日(月):4日目国立雲林科技大学でプレゼンテーション
09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる
posted by アサノ | 06:12 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー4日目 斗六へ汽車で移動
IMG_7601.JPG
 おはようございます。
 9月21日(月)、台南の朝。
IMG_7608.JPG
 成功路の「四海豆漿大王」で朝食。
 昨夜の宿「8mm Cafe」から3分で、台南駅まで歩いて10分ぐらいかな。
IMG_7607.JPG
 台湾式朝食にも慣れてきたエンドー。
IMG_7610.JPG
 この店はタクシーの運ちゃんがよく来る店だ。
 夕方開店して、翌朝までが営業時間らしい。
 昨夜も酔っぱらって歩いてたら、確かにやってた。ww
IMG_7613.JPG
 僕は豆漿と蛋餅と煎餃(焼き餃子)。
 朝からがっつりだ。w
IMG_7616.JPG
 台南火車站に到着。
IMG_7618.JPG
 まだ朝早いよ〜。
IMG_7619.JPG
 おお!高級ホテル組も到着。
IMG_7622.JPG
 これより、台湾の西海岸を北上して「斗六」へ向かう。
 乗るのは在来線の特急列車「自強号」。
IMG_7626.JPG
 8:36 - 9:36  約1時間の移動で210元(約750円)。
 途中で映画「KANO1931海の向こうの甲子園」で舞台となった嘉義市を通過。
IMG_7630.JPG
 無事「斗六火車站」に到着。
IMG_7629.JPG
 ラッピング汽車。w
 今回は斗六の国立雲林科技大学に行くのが目的だったのですが。
 昨日は行き過ぎて台南に行って観光してしまいました。ww
IMG_7631.JPG
 今回のメンバーは一眼レフを持って来た人が何人かいて、後で記録を見るのが楽しみだ。
IMG_7632.JPG
 新幹線より在来線の旅の方が楽しいな。
IMG_7633.JPG
 まだ10時前です。
IMG_7634.JPG
 台湾の汽車は分かり易いので、旅をするのは楽である。
IMG_7635.JPG
 駅前でタクシーを拾って。
IMG_7636.JPG
 信号で止まった時の、隣のスクーターのシートに注目!
 なにやら日本語で「とうせいシートカバー」とか。かっこいい!!
IMG_7637.JPG
 無事に「国立雲林科技大学」に到着。
IMG_7638.JPG
 大学構内が広すぎて、デザイン棟まで行くのに一苦労だ。w
 さあ!本番だよ〜。

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる
posted by アサノ | 06:19 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー3日目 明日からの本番に向けて壮行会
IMG_7565.JPG
 9月20日の夜。
 涼しくなってから、再度出撃。
IMG_7499.JPG
 政界の人も来るという台南の名店「阿霞飯店(アーシャ)」に集合。
 お昼のランチの後に予約しておいた。
 私は台南に来ると必ず食べに来るよ
IMG_7501.JPG
 まずはビールで乾杯!
 明日から始まる本番に向けての「壮行会」である。
IMG_7503.JPG
 カラスミを生のダイコンに乗せて食べるのを、以前この店で知った
 こんなに贅沢に食べれるのは台南だから。
 最後まで余ってた。ww
IMG_7508.JPG
 フカヒレのスープ
IMG_7510.JPG
 一品ずつ激写するメンバー。w
IMG_7514.JPG
 ビールから紹興酒にチェンジ。
IMG_7520.JPG
 これが名物「蟹おこわ」。おお!
IMG_7532.JPG
 これでもか!と出て来る。w
IMG_7533.JPG
 「田ウナギ」とか言ってたな。
IMG_7535.JPG
 流石は食の都台南である。
 写真で紹介した倍ぐらいの品目が出た。
IMG_7542.JPG
 もうお腹いっぱいで食べられない。
IMG_7551.JPG
 デザートもガンガン出て来る。
IMG_7555.JPG
 これで1人4000円ぐらいだった。
 台南サイコー!
 ランチを食べた「再發號」のすぐ裏手なので、台南に来たら是非食べに来て下さい。
IMG_7556.JPG
 アーシャを出た所にある「天壇天公廟」台南で一番古いお寺だ。
IMG_7559.JPG
 以前、陳くんのパパに聞いた話では、最高にご利益があるらしい。
IMG_7568.JPG
 ぶらぶら腹ごなしの散歩。
IMG_7575.JPG
 女の子専用のホテルを覗いたり。
IMG_7584.JPG
 金持ちメーカーチームが、わしら貧乏人の宿を探検に来た。
IMG_7582.JPG
 赤い鉄の扉を開けると。
IMG_7576.JPG
 「なに?これ。」みたいな。ww
IMG_7581.JPG
 まだ飲み足りないというエンドー。w
IMG_7595.JPG
 やむなく、高級ホテルに帰るメーカーチームと別れて。
IMG_7593.JPG
 再び夜の街に出てきた。
IMG_7587.JPG
 公園路の「首相大飯店」の駐車場の裏にアメリカンバー街がある。
 そこに連れて来た。
Day2_img_1273125.jpg
 一緒に行った遠藤さんの写真:http://entetsu.me/2015/10/hcd_net_taiwan_tour_02/
Day2_img_1277126.jpg
 ちょうど日台の大学野球をテレビでやってて。
 台湾チームがホームランを打つ度に短髪タンクトップの店のオーナーにジャックダニエルで乾杯を強要され。ww
Day2_img_1278127.jpg
 この子、台湾の美人女優「グイ・ルンメイ」に似ててかわいかった。w
IMG_7599.JPG
 深夜に帰宅。
 この頃、皆さん明日の大学でのプレゼン用のスライドを作っていたとか。
 お疲れさまです。ww

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月20日(日):3日目明日からの本番に向けて壮行会
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる
posted by アサノ | 06:18 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
【速報】2016年春 台湾南部の旅 無事に帰ってきました

02.jpg

 3月19日(木)、無事に帰国いたしました。
 今年の春の休暇は、前半のリサーチに後半の台湾南部のスクーター旅行の組み合わせである。
P1020586.JPG
 3月10日に台北に入り、3月14日に高雄でスクーターをレンタルして南部を回って来た。
P1020600.JPG
 特にハイライトは3月15日の恒春から台湾最南端の墾丁國家公園に行ったこと。
P1020594.JPG
 なかなか汽車の旅行では行けない場所なので、長年の懸案でした。
 当日は南国とは思えないような、強風と寒さの中のツーリングで。
 半袖Tシャツの上にペラペラのウィンドブレーカーのみで、死ぬかと思った。ww
 3月17日に無事に高雄のレンタルバイク屋にスクーターを返却して。
 台南・台北となじみの宿の再び戻って、なんだか今までよりも少し深く台湾を知った気がした旅でした。

 

◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ
3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 (サービスデザインツアー編が終わったら書く)
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(夕食編)
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ(バー編)
3月18日(金):9日目台南から台北へ移動
3月18日(金):9日目台北で二人打ち上げ
3月19日(土):10日目台湾最終日
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 06:11 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー3日目 台南観光
IMG_7397.JPG
 「再發號」でランチした後は、一旦解散して台南市内を観光することにした。
IMG_7398.JPG
 「孔子廟」にやってきた。
IMG_7399.JPG
 台南だけじゃないけど、旧日本統治時代に建てられた建築物が今なお使われている。
IMG_7400.JPG
 こういう街の老人は幸せだ。
 この後もよく見かけるが、外でのんびり過ごす老人の多いことか。
 日本の老人は部屋に籠っちゃうからね。
 赤い壁が美しい。
 宿から一本道でしょ。
 初めて台南に来た時に、夜中に酔っぱらってもの凄く迷った記憶あり。
 その反省から、初めてのメンバーが迷わないようにとの配慮です。w
IMG_7409.JPG
 赤い壁と緑と赤い花のコントラストが美しい。
IMG_7410.JPG
 孔子廟の向かいの「府中街」に入ってみよう。
IMG_7414.JPG
 路地の奥にある「永華宮」ではお祭りらしい。
IMG_7418.JPG
 猿のメイクをした男とか。
IMG_7419.JPG
 ヘビを体に巻いた少女とか。
 更にみんな酔っぱらっていて、如何にもお祭りだね。
IMG_7428.JPG
 「府中街」では、道の上からミストが降り注ぐ。そのくらい暑いのだ。w
IMG_7431.JPG
 日本語かっこいい?
IMG_7463.JPG
 「窄門」にやって来た。
IMG_7464.JPG
 台南に来ると必ず寄るカフェだ。
 場所は分かり易いが、見落とし易い。ww
IMG_7436.JPG
 狭い路地を抜けると。。
IMG_7455.JPG
 最近、人気が出てきたらしく。
 似合わない看板がついていた。w
IMG_7441.JPG
 中に入ると、レトロな素敵なカフェ。
 喉が渇いたので、コーヒーフロート。w
IMG_7444.JPG
 外は暑くてたまらないのでNECチームも非難して来た。
IMG_7445.JPG
 本当は「安平古堡」に行こうと思っていたのだが。
 皆暑さでバテて、それどころではないね。
 安平の「老街」の路地歩きは楽しいんだけど。
 涼しい夜に行きたい。
IMG_7446.JPG
 「窄門珈琲館」は、日本統治時代はお医者さまの家だったとか。
 なので、どことなく西洋の香りがするのか。
IMG_7449.JPG
 この方でしょうか?
IMG_7450.JPG
 奥様は西洋人?
IMG_7453.JPG
 台湾の飲食店では「ミニマムチャージ」と言って、一人最低これだけは払ってねというルールの店が多い。
 例えば、この店で100元のものを飲んでも120元取られるので、それより使おうねと。w
IMG_7467.JPG
 もう暑いので、一旦宿に帰って日が落ちるまで休憩しましょう。
 夜になったら再集合して、明日からの本番に向けて壮行会だ!

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる
posted by アサノ | 06:13 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー3日目 高鐵で台南に移動
IMG_7318.JPG
 おはようございます。
 9月20日(日)の朝。
IMG_7330.JPG
 今朝も「世界豆漿大王」で朝ごはん。
IMG_7324.JPG
 ちょっと二日酔い気味なので「鹹豆漿」。
 豆漿に酢と醤油とラー油で味付け、切干大根、ネギ、油條、小エビ、酸菜肉髭などを入れた酸っぱいやつ。
 二日酔いにはこれが効く。ww
IMG_7328.JPG
 今朝は若者たちも連れて来た。
IMG_7332.JPG
 ホテルをチェックアウトして、台北車站にやって来た。
IMG_7334.JPG
 昨夜別れたメンバーと合流して台湾の新幹線「台湾高鐡」に乗って台南へ移動します。
IMG_7335.JPG
 台南まで約2時間弱。
 その先ちょと行けば、終点の台湾の南のはずれ高雄だ。
IMG_7337.JPG
 日本の新幹線とイスのレイアウトも同じ。
IMG_7344.JPG
 あっという間に台南到着。
 なんか、日本のより一回り小さい気がする。
IMG_7340.JPG
 ここが台南の駅だが、新神戸みたいな感じで、駅の周りは野っぱらだ。w
IMG_7341.JPG
 一番の若手二人と保護者。w
IMG_7345.JPG
 高鐵の駅から更に在来線に乗る。
IMG_7347.JPG
 これが本数が少なく、のんびりしてるんだ。
IMG_7348.JPG
 これなら、高鐵に乗らず在来線の自強号(特急)でダイレクトに本物の台南火車站に行っても時間的には変わらないんじゃないか?
IMG_7350.JPG
 途中に大学があって、学生がゾロゾロ乗って来た。
 スマホをいじる姿は世界共通。w
IMG_7351.JPG
 来る途中の嘉義で「北回帰線」を越えているので、台南は熱帯です。
 外の景色が亜熱帯の台北と違い南国風だ。
IMG_7355.JPG
 無事、本物の「台南火車站」に到着。
 メーカーチームは台南で一番高級なシャングリラホテル(駅の横に見える円塔)に泊まり。
IMG_7356.JPG
 わしら貧乏人は、路地裏の安宿泊まりである。
IMG_7357.JPG
 この路地の奥だ。
IMG_7359.JPG
 あったあった、今夜のわしらの宿は「8mm Cafe Hostel」。
 ほぼこの辺りの路地を入ったところ。
 「性格」は近所にある「早午餐(ブランチ)」専門のお洒落カフェ。w
IMG_7360.JPG
 元は工場かなにかかな?
 1階のカフェに声をかけると。
IMG_7473.JPG
 女の子がカギを持って来てくれた。
IMG_7469.JPG
 こんな部屋が2つあるだけの宿泊施設。w
IMG_7470.JPG
 なんてことは無いが、居心地は良さそう。
IMG_7471.JPG
 シャワーは12時以降は水になるとか。ww
IMG_7477.JPG
 1階は「8mm Cafe」というカフェになっています。
IMG_7478.JPG
 中に入ると、古い撮影機材が。
IMG_7483.JPG
 母娘っぽい二人が切り盛りしてます。
IMG_7492.JPG
 奥の方ではオーナーらしき人が、映画に関してレクチャー中。
IMG_7490.JPG
 元映画人が開いているカフェなのでしょうか?
 この母娘が妙にかわいい。w
IMG_7362.JPG
 荷物を置いたら、女の子の泊まるホテルに向かう。
IMG_7366.JPG
 どこだろうな〜?
 路地裏を探していたら。
IMG_7370.JPG
 女の子の集団にばったり遭い。
IMG_7369.JPG
 ふらふらとついて行ってしまった。ww
IMG_7372.JPG
 あったあった、女性専用の「JJ S Hotel」。
IMG_7574.JPG
 清潔な素敵なホテルです。
IMG_7572.JPG
 部屋まで入って見せて貰った。
IMG_7378.JPG
 再び全員集合して「肉粽(チマキ)」で有名な「再發號」でランチ。
IMG_7382.JPG
 おお!来た来た。
IMG_7383.JPG
 じゃ〜ん!
 特製海鮮八寶肉粽(特製海鮮八宝肉ちまき)には、アワビや干し貝柱、桜海老や栗の身など豪華な食材がたっぷり。
IMG_7384.JPG
 はまぐり汁
 もう天国のような食事だ。
IMG_7386.JPG
 1個で足りるかな〜と思ったら。
 もち米なので腹持ちがよく、この後のディナーまで胃がもたれた。ww
 ホテルも食事も観光先も、この公園路でまとめたところに、私の非凡さが光る。w
 深夜のお遊びまで、この道筋であった。ww
IMG_7389.JPG
 お腹いっぱいになったら、しばし台南の街を観光してみよう。

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目全員集合して龍山寺とモンガ探検
09月20日(日):3日目高鐵で台南に移動
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる
posted by アサノ | 06:13 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー2日目 全員集合して龍山寺とモンガ探検
DSC00496.JPG
 9月19日(土)も夜。
 小籠包で有名な「京鼎楼」に来ました。
 
1日目_0807.jpg
 家族を連れて来たおとうさん然としているそうです。安さんがおかあさん。w
 写真:遠藤さん写
DSC00493.JPG
 ここは、最近人気が出過ぎて美味しくなくなったと評判の「鼎○豊」より美味しいと言われている店。
 私はグルメでは無いので、よく分からないが空いていて安いので、よく来るのだ。w
DSC00480.JPG
 ここの名物は烏龍茶の小籠包(緑色)。
DSC00485.JPG
 他の料理も美味しいですよ。
 エビ炒飯と酸辣湯はお薦めだ。
DSC00507.JPG
 食後は MRT雙連站まで歩いて腹ごなし。
DSC00497.JPG
 台湾に行けばどこでも見かける万能炊飯器「大同電鍋」。
 これで「茶葉蛋(チャーイエダン)」という煮玉子とか作る。
 私も1台欲しい。w
 MRT雙連站経由でぐるっと歩いた。
DSC00513.JPG
 台北でも一番古い乾物問屋街「迪化街」。
DSC00512.JPG
 漢方約屋さんが並ぶので、匂いで体が良くなった気がする。w
DSC00516.JPG
 皆楽しそう。w
 1名お腹がピー!の人がいますが、誰でしょう?
DSC00518.JPG
 揚げた魚をスープとビーフンに入れて食べる屋台。有名らしい。
DSC00520.JPG
 迪化街からタクシーに乗ってすぐの「龍山寺(ロンシャンスー)」に来た。
DSC00526.JPG
 ここは台北でも一番古いお寺。
DSC00531.JPG
 拝むとご利益があるというので、昼も夜も「拝拝(パイパイ)」をする人が引きも切らない。
DSC00533.JPG 
 絢爛豪華ですね。
DSC00536.JPG
 台湾の人は、若者でも信心深い。
 生活の中に宗教が根付いているのでしょう。
DSC00540.JPG
 このお寺は16世紀以降に大陸から移住してきた福建人らが作ったと言われている。
 その頃は台湾はまだ未開の地で、神様に保護して貰いたかったのだろうか。
 台北の原宿竹下通りと言われる西門町のすぐ近く。
DSC00548.JPG
 外に出ると広州街「艋舺夜市」がある。
DSC00551.JPG
 続いて、台北の浅草「華西街観光夜市」。
DSC00555.JPG
 定番の「士林夜市」などと違って、おどろおどろしい。w
DSC00558.JPG
 なんとなく風俗臭いが、私も以前揉んで貰ったことがあるが普通だ。w
DSC00559.JPG
 もう少しディープなゾーンに行ってみるか。w
DSC00563.JPG
 こういう病院があるエリアは怪しい。w
DSC00565.JPG
 ローカルっぽい夜市の方に来た。
DSC00567.JPG
 士林夜市などより全然食材が豊かだ。
DSC00570.JPG
 外国人向けというより、現地の人の為の夜市だな。
DSC00571.JPG
 賑わってます。
DSC00576.JPG
 豚足。。
DSC00577.JPG
 「魯肉飯」じゃなくて「魯汁飯10元」というのがいい。w
DSC00584.JPG
 徐々に薄暗いエリアに入って来た。
 龍山寺の左下「三水街」の辺りに老街(古くからある街)がある。
DSC00585.JPG
 この辺りは「モンガ」という台北で一番古い歓楽街だ。
 艋舺(モンガ)は日本統治時代に読みにくさから「萬華(ワンフォア)」と日本人が変えちゃったので今は実際の地名では無い。
DSC00586.JPG
 すぐ近くの淡水河の水運で栄えて、自然と歓楽街が生まれたそうだ。
 映画「モンガに散る」に詳しい。好きな映画です。
DSC00588.JPG
 「飲酒店」というカラオケ屋が並ぶ。
DSC00591.JPG
 お店の中で女の子とカラオケを歌うのである。w
DSC00594.JPG
 こういう場所を団体でフィールドワーク。w
DSC00595.JPG
 社会勉強ですかね。ww
DSC00600.JPG
 以前、この辺りの店に一人で入ってみたことがある。w
DSC00603.JPG
 大陸の女の子とやりてババア(日本語をしゃべる)とビールを飲んだ。w
 その話は、こちらに詳しい。
DSC00605.JPG
 それ以上の事はコミュニケーションが取れないので、帰ってきました。ww
 オババが言うには、ロンシャンスー(龍山寺)の向こう側の三水街は、艋舺(モンガ)よりもハードな大陸から来た女性達の歌舞伎町(売春街)なので行くなだそうです。
DSC00602.JPG
 最後は、怪しげな路地を抜けてタクシーで帰る。
DSC00614.JPG
 遠藤さんが飲みに行きたいというので、林森北路のバーに連れて行ったら。
DSC00617.JPG
 ママに気に入られて「エンドル」と呼ばれて、台北にいる間は毎夜通うようになってしまった。
 ちなみに私は「パパ」と呼ばれて放置プレイ。w

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目全員集合して龍山寺とモンガ探検
09月20日(日):3日目高鐵で台南に移動
09月20日(日):3日目台南観光

posted by アサノ | 06:11 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー2日目 淡水に行ってきた(街編)
IMG_7276.JPG
 真理街をずっと歩いてきたら、カフェがあったので休憩しよう。
IMG_7277.JPG
 台湾の人は、古い建物をおしゃれに使うのが本当に上手い。
IMG_7278.JPG
 一服して元気になったので、駅の方に戻ろう。
 私は右の坂を下りるのが好きなのだが、左側の真理街を下って行くと淡水名物の「真理街正宗阿給創始老店」がある。
 「阿給(アゲ)」とは、日本式の油揚げの中に春雨を入れたもの蒸して、タレをかけて食べるスナックらしい。淡水の市内にはお店が沢山ある。
IMG_7280.JPG
 この色彩感覚は、同じ東アジア人なのに日本人にはマネできないね。w
IMG_7281.JPG
 横浜のフランス山の坂道に似ている。
IMG_7282.JPG
 使われていないのか、神戸の山手を思い出す。
IMG_7283.JPG
 モデルがかわいい。ww
IMG_7284.JPG
 日本式の住宅があった。
IMG_7285.JPG
 以前から気になっているビル。
IMG_7286.JPG
 文化路の歩道橋を渡る。
 先ほどのカフェ「郷愁茶園」からほぼ真っ直ぐに南に下がって「淡水長老教会」を目指す。
IMG_7287.JPG
 歩道橋から気になるビルを見る。
IMG_7292.JPG
 淡水から台北までは地下鉄で1時間もかからないのだから、こういうビルの最上階に住んで夕陽を見ながら暮らすのも良いかなと思う。w
IMG_7294.JPG
 更に坂を下って行くと「淡水長老教会」の尖塔が見えてきた。
IMG_7297.JPG
 途中にある和華洋折衷の住宅。
IMG_7298.JPG
 長老教会まで来た。
IMG_7299.JPG
 淡水は台湾の中の西洋だ。
IMG_7301.JPG
 街で西洋人を見かけることは無いのだが。
 日本の横浜や神戸よりも色濃く西洋が生活の中に息づいている感じがする。
IMG_7302.JPG
 マカイ博士像のある三叉路。
 三叉路から老街を通って捷運淡水站に向かう。
IMG_7305.JPG
 「淡水老街」は凄い人出。
 こんな所にいないで、もっと良い場所が沢山あるのに。w
IMG_7306.JPG
 イカのフライか?
IMG_7307.JPG
 なにしろ人が多くて、若者が手を繋いで歩いている。
IMG_7309.JPG
 そういえばお腹が空いた。
IMG_7310.JPG
 駅の北側の博愛街付近の地元民御用達のお店でランチ。
IMG_7312.JPG
 魯肉飯と酸辣湯。
IMG_7313.JPG
 まだ体が完全に台湾化していないので、食べるものがワンパターンだ。w
IMG_7316.JPG
 そろそろツアーメンバーが台北に着く頃だろう。
 今夜は結団式である。w

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(街編)
09月20日(日):3日目台南観光

posted by アサノ | 06:14 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー2日目 淡水に行ってきた(山手編)
IMG_7169.JPG
 真理大学から、海岸と並行して山手の中腹に「真理街」という小さな道が続いている。
IMG_7170.JPG
 その通り沿いにはマカイ博士由来の学校がずらりと並んでいる。
 ここは台湾最初の女子校「淡水女学堂」。
 長崎の「活水女子」みたいな感じか?
IMG_7173.JPG
 入っちゃダメなのか?
IMG_7174.JPG
 この狭い道の両側は、西洋と中華世界が融合している。
 そういう場所が好きだ。
横浜山手とか函館元町、長崎などなど和洋折衷とちょっと違う世界。

 この道筋が「真理街」ね。
 日本でも古い私立の付属校も似たような雰囲気を持っている。
IMG_7178.JPG
 こちらは「宣教師会館」ね。
IMG_7179.JPG
 入っても良さそうなので、そろりと。w
IMG_7184.JPG
 神学校だから、教師は牧師さんなのか?
IMG_7187.JPG
 テニスコート。。
IMG_7189.JPG
 女の子が写真を撮ってた。w
IMG_7191.JPG
 コロニアル建築っぽいが、マカイ先生はカナダ人。
 海岸には人が多いが、ここまではあまり来ないのかな?
IMG_7194.JPG
 こういう場所は好きだな〜。
IMG_7197.JPG
 塔がある学校っていいよね。
IMG_7201.JPG
 更にうろうろ歩く。
 こういう場所では出来るだけ迷って沢山歩くんだ。
IMG_7203.JPG
 淡水河が見えた。
IMG_7204.JPG
 右側が海に出る河口。
IMG_7206.JPG
 「小白宮(前清淡水總稅務司官邸)」
IMG_7209.JPG
 この辺りは学校では無いので、大木が無く日当たりが良い。w
IMG_7210.JPG
 向こう側に「淡江高級中学」が見える。
IMG_7211.JPG
IMG_7212.JPG
 ノーコメントw
IMG_7214.JPG
IMG_7217.JPG
 再び、真理街に出て。
IMG_7220.JPG
 韓国人の女の子達について、ちょっと元に戻ってみる。
IMG_7223.JPG
 入っていいのかな。。
IMG_7224.JPG
 高級中学とはハイスクールなのね。
IMG_7226.JPG
 こいつら、平気でずんずん入って行く。
 よく考えてみたら、僕はオジサンなので観光客には見えないかも。w
IMG_7229.JPG
 おお!学校って感じ。w
IMG_7230.JPG
 JK発見!
IMG_7234.JPG
 韓国の子はスマホ大好き。ww
IMG_7237.JPG
 私もこういう古い付属校出身なので、凄く懐かしい。
IMG_7239.JPG
 小さなマカイ博士記念公園。
 後ろにある「尋根園」は制服を着た生徒がアルバイトをするカフェ。
 成績が悪くなると解雇されるそうだ。ww
IMG_7241.JPG
 こういう古い学校は、用務員さんしか知らない不思議な建物がよくあるものだ。
 私の中学校にも「インカ帝国の便所」という、なんだか分からない場所があった。ww
IMG_7250.JPG
 台湾では「スラムダンク」が大人気だ。
IMG_7251.JPG
 青春って感じだよね。w
IMG_7252.JPG
 懐かしくて涙が出てきた。
IMG_7253.JPG
 こういう環境で青春を送れるのは、本当に幸せなことだと思う。
IMG_7255.JPG
 あそこに、何十年か前の私がいる。
IMG_7256.JPG
 八角形の建物「八角塔」が淡江中学のアイコンらしい。
IMG_7258.JPG
 やっぱり名門校はサッカーじゃなくてラグビーだよね。w
IMG_7267.JPG
 日本統治時代はどうだったのだろ?
IMG_7268.JPG
 大きい子もいますね。
 高校3年生だろうか?
IMG_7269.JPG
 生徒に交じって近所の人も散歩に来ているみたいだ。
 そういうのはいいね。

 淡江中学は台湾の人気若手俳優周杰倫(ジェイ・チョウ)と桂綸鎂(グイ・ルンメイ)の「不能説的秘密」の舞台になった場所として有名でした。w
 このYouTubeは校舎の中がよく見れて貴重です。w
IMG_7270.JPG
 ますます淡水が好きになってきました。
IMG_7272.JPG
 台湾では、高校が進学実績を貼り出すんですね。
 日本より受験社会だからね。
 おお、推薦結果とな。
IMG_7274.JPG
 さあ、そろそろ駅の方に戻るかな。
 隣にある「新北市立淡水国民中学」。
 やはり公立はダサい。w

 

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(山手編)
09月20日(日):3日目台南観光
posted by アサノ | 06:20 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー2日目 淡水に行ってきた(海岸編)
IMG_7102.JPG
 MRT淡水站に到着。
 淡水は、台北市から淡水河を北上した河口の街である。
IMG_7103.JPG
 駅前はただの地方都市だ。
IMG_7106.JPG
 老街の方に歩いて行くと「淡水福佑宮」がある。
IMG_7107.JPG
 宗教が日常生活に埋め込まれている台湾が好きだ。
IMG_7109.JPG
 最近の日本では見ない光景ですね。
IMG_7118.JPG
 しばらくすると中正路と三民街の三叉路に出る。
 そこにある彫刻は、淡水にゆかりの深い「馬偕(マカイ)博士」の象。
IMG_7121.JPG
 路地の先に教会が見える。
IMG_7124.JPG
 この路地は馬偕街と言って、その奥に「淡水長老教会」がある。
 カナダ人宣教師、マカイ博士は1872年に台湾に来てから亡くなる1901年まで台湾の教育と医学の向上に貢献し数々の西洋建築も残している。
 マカイ像のある交差点から路地を入ってみると赤煉瓦造りの教会の隣にマカイ博士が建てた台湾最初の西洋式診療所「滬尾偕医館(ウーウェイチェイクァン)」がある。
IMG_7125.JPG
 これは韓国の男の子達かな?
IMG_7127.JPG
 淡水長老教会前の広場。
IMG_7128.JPG
 以前あった家の構造が分かる。w
IMG_7129.JPG
 淡水長老教会の全貌。
IMG_7131.JPG
 海辺に出てみると、マカイ博士の像がある。
IMG_7133.JPG
 流石スタバ!いい場所に陣取っている。
 ここから紅毛城に向かって海岸沿いを歩いて行こう。
IMG_7134.JPG
 淡水は夕日がきれいだそうだ。
IMG_7137.JPG
 いいですね、木陰で海を眺める。
IMG_7138.JPG
 こういうの中国語で「合作」というのか?
IMG_7139.JPG
 おしゃれなレストランやカフェが並ぶ。
 夜に誰かと来たいですね。
IMG_7140.JPG
 剪髪+珈琲+美景=200元という床屋さん。
 お客さんが外のベンチで海を見ながら待ってる。w
IMG_7143.JPG
 釣りをしている人がいます。
IMG_7145.JPG
 2階から夕陽を見ながら食事が出来るのでしょうか?
IMG_7147.JPG
 ここから紅毛城に向かって丘に上がる。
IMG_7148.JPG
 自転車ツーリング中の女性がいた。
IMG_7149.JPG
 レストランの壁が美しい。
 台湾の人って、日本人とは全然色彩感覚が違う。w
IMG_7150.JPG
 「紅毛城」に着いた。
IMG_7151.JPG
 ここのお庭からの淡水河河口の景色は美しい。
IMG_7152.JPG
 観光してる子ども達。
IMG_7154.JPG
 紅毛城(こうもうじょう)は古くはセント・ドミニカ城(聖多明哥城)、アントニー要塞(安東尼堡)と称され台湾新北市淡水区に残る古跡。
IMG_7156.JPG
 1628年、当時台湾北部を拠点としていたスペイン人により建設され、スペイン勢力撤退後はオランダ人により1644年に再建された。
 1867年以降はイギリス政府に租借され、当時のイギリス領事館が業務を開始し、それは1980年に中華民国政府に所有権が移管されるまで続いた。
 紅毛城は台湾に現存する最古の建築であると同時に、内政部により国家一級古跡に指定されている。
IMG_7160.JPG
 この建物は砦の隣の「イギリス領事館」。
IMG_7161.JPG
 裏に回ってみると。
IMG_7163.JPG
 マカイ博士が作った台湾で最も古い西洋式教育施設「牛津學堂(オックスフォード学堂)」の跡がある。
IMG_7164.JPG
 ここが起源になって、この淡水の丘の上に「真理大学」「女学堂」「淡江高級中学」などが出来て行く。
IMG_7165.JPG
 「真理大学」の教会。
IMG_7166.JPG
 キリスト教系の私立四年制総合大学。
IMG_7168.JPG
 日本でいうと「上智大学」や「国際基督教大学」みたいな感じか?

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(海岸編)
09月20日(日):3日目台南観光

posted by アサノ | 06:11 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー2日目 市場好き(台北雙連朝市)
IMG_7068.JPG
 9月19日(土)の朝、おはようございます。
 ツアーの参加メンバーは、今夜集合の予定。
 私はシルバーウィークのために、航空券の安い前日入りしたので、もういます。w
IMG_7066.JPG
 朝ごはんを食べに、ホテルから10分ぐらい歩いた「世界豆漿大王」にやって来た。

 折角台湾に来ているのだから、ホテルのアメリカンブレックファーストを食べるよりは、豆漿だよね〜。
IMG_7064.JPG
 まず台湾は、なかなか美味しいコーヒーが飲めないので。
 豆漿と素菜包で35元(150円弱)。ww
 朝食後は、とことことMRT雙連站に向かって歩く。
IMG_7071.JPG
 中山北路二段と民生西路の交差点を左に曲がると台湾市政府警察局中山分局がある。
 いつ来ても面白いのは、このスクーターの白バイ群。ww
IMG_7072.JPG
 MRT雙連站に近づくと、商店街が賑やかになってくる。
IMG_7075.JPG
 なんでも、私がここを歩いていた時に、NECの安さんが一人で食事をしていたらしい。w
IMG_7078.JPG
 見たことの無い果物を売ってますね。
IMG_7080.JPG
 駅の横の路地を入ると、露店の「雙連朝市」がある。
IMG_7081.JPG
 私は、どこの国に行っても市場に行くのが好きだ。
IMG_7082.JPG
 庶民のエネルギーで溢れている市場はいいよね。w
IMG_7083.JPG
 東アジア・東南アジアどこに行っても日本人より肉を食う。
 江戸時代は、沖縄だけが世界標準の動物性たんぱく質の摂取だったとか。。
IMG_7088.JPG
 台湾の人は海の魚をよく食うよね。
IMG_7097.JPG
 MRT雙連站より、終点の淡水まで行ってみるよ。
IMG_7098.JPG
 これが、台北のMRT(地下鉄)の非接触式コイン型切符。
IMG_7099.JPG
 センサーに近づけてピッとするとゲートが開く。
IMG_7100.JPG
 台湾でもエスカレーターは右並び(大阪式)だね。w
IMG_7101.JPG
 さて、夕方に皆と会う前にショートトリップです。

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市)
09月20日(日):3日目台南観光

◇市場好きアーカイブ
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年台北雙連朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3638
15年イタリア・リボルノのスーパー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 06:18 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年台湾サービスデザインツアー1日目 台北到着
DSC00464.JPG
 09月18日(金)、ツアーのメンバーが集合する前日に前乗りで台北に到着。
 昼過ぎに台北松山空港に着いて、iPadminiにプリベイドSIMを入れて、MRT中山站近くのホテルに荷物を置いて。
DSC00458.JPG
 MRT圓山站近くの 「丸林魯肉飯」に遅い昼飯を食いに来た。
DSC00459.JPG
 ここは、ガラスの中の惣菜を指さすだけで皿に盛ってくれるし。
DSC00461.JPG
 メイン料理は、日本語のメニューを指さすだけ。w
 台湾初日は、まだ心体共に台湾化していないので、このくらいの方が良い。w
 因みに、円と台湾元のレートは371円:100元。
 魯肉飯と冬瓜排骨湯で300円弱だ。
 食事後、ぶらぶらと中山のホテルに戻る。
DSC00466.JPG
 大好きだった「山東水餃大王」はつぶれたのか移転したのか、夜に来ようと思っていたのに残念だ。
DSC00467.JPG
 「双城街夜市」を通って。
DSC00468.JPG
 昼間もやっているんですね。
DSC00469.JPG
 裏道を歩きながら、明日の朝ごはんを食べる店を探す。w
DSC00471.JPG
 「大欣大飯店」で少しうたた寝した後、晩ごはんを食べがてら飲みに出てきた。
 ダーシンホテルは、予算が無い時によく使う。
 フロントのジイさんがカタコトの日本語を話すので、古いことと、WiFiがしょぼいのと、朝飯が不味いの以外は便利だ。ww
DSC00473.JPG
 なにが便利なのかと言うと、駐在員御用達の飲み屋街「林森北路(リンセンペイルー)」がすぐ近くにあるからだ。w
DSC00472.JPG
 こういうお店がずらりと並ぶ。w
DSC00474.JPG
 僕は大人なので、もうそういうお店には興味が無くて。
 滷味(ルーウェイ)でもつまみながらビールでも飲もう。
DSC00476.JPG
 金曜日の夜の割には、客足が少ない。
 お店の前の紙銭のちょろりとしか燃やして無かった。
 右側の庶民的な食堂街に移動。
DSC00478.JPG
 この通りは、結構好きなんだよね。
DSC00479.JPG
 でも、結局ほとんど食べずにホテルに戻った。
 東京でギリギリまで働いてたから、今夜はぐっすり眠るぞい。

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
posted by アサノ | 06:14 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
本日より台湾行ってきます
P1010648.JPG
 3月10日(木)より19日(土)まで、台湾に行って来ます。
P1010649.JPG
 台湾では国際免許は使えないので、日本の免許証の中国語訳が必要になる。
P1100991.JPG
 用事が終わったら、台湾南部に行って来る予定だ。
P1130004.JPG
 以前、台東から花蓮までバスで旅したことがある。
 涙が出るほど楽しかった。
DSC03989.JPG
 今回はスクーターをレンタルして走ってみようと思う。
 帰って来てレポートを書くまでは、昨年9月の台湾ツアーの記事で我慢して下さい。w

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
posted by アサノ | 06:18 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年夏イタリアドライブ旅行 5日目 海岸線に向かう
IMG_5787.JPG
 08月12日(水)5日目は、サンジミニャーノから海辺のポルトフィーノに向かう。
IMG_5789.JPG
 Google Mapのナビゲーションだと、とんでもない道に入って行くことがある。
 今回も凄まじい山越えをした。ww
IMG_5790.JPG
 ここはトスカーナなのか、長野の山奥なのかみたいな。ww
 まずは、海を目指そう。
IMG_5799.JPG
 海辺の街に出てきた。
IMG_5798.JPG
 海岸沿いの景色は、湘南とそんなに変わらないね。w
IMG_5791.JPG
 人が少ない。
IMG_5797.JPG
 リグリア海ね。地中海の一部。
IMG_5803.JPG
 なかなか車を駐めて、食事をする店が見つからず。
 うろうろしていたら、Google Mapでスーパーを見つけて。
IMG_5802.JPG
 リゾートに来た人が買い出しするところみたいだ。
IMG_5801.JPG
 フィアットパンダの新しいのが駐ってた。
IMG_5804.JPG
 じゃあ、僕らも入ってみましょうか。
IMG_5806.JPG
 どこに行っても市場は楽しい。
IMG_5807.JPG
 レモンはごつごつしてる、日本のはきれいだな〜。
 でも、こちの方が美味いんだろう。ww
IMG_5808.JPG
 イタリア人もバナナ食べるんだ?
IMG_5809.JPG
 イタリアのトマトは細長いやつね。
 みんな、トマトソースになる。
IMG_5810.JPG
 パプリカもごつい!
 これだけの荒々しい野菜で作る料理は、想像しただけで唾が出る。w
IMG_5811.JPG
 サラミやベーコンの山。
IMG_5812.JPG
 イタリアのカチコチのサラミは美味いんだよね〜。
IMG_5813.JPG
 肉屋でチーズを売っている。
IMG_5814.JPG
 お惣菜売り場。
IMG_5815.JPG
 このカートいいね。w
IMG_5816.JPG
 売っているトマトソース類は、日本と変わらず。
 自分で作っちゃうからね。
DSC00093.JPG
 再び、海辺の道を快走。
DSC00094.JPG
 右車線なので、なかなか海が見えない。
DSC00095.JPG
 路上駐車がスキも無くびっちり途切れず、車を停めることが出来ない。
DSC00105.JPG
 向こうに岬が見える。
IMG_5817.JPG
 無理矢理車を停めて、外に出てみた。
IMG_5818.JPG
 どうも何かのヴィッラ(別荘・館)の入口らしい。
IMG_5820.JPG
 道路から下に降りると、別世界があるのだろ。
 ある意味、熱海みたいだ。ww
IMG_5821.JPG
 アウトストラーダに乗って、最初のサービスエリアで休憩。
IMG_5823.JPG
 結局、途中で駐車して食事が出来なかったので、ここでパニーニでも買うか。
IMG_5824.JPG
 トイレの半自動水栓。
 手をかざしても水が出ないので、後ろに下がって見たら。
 足踏み式だった。これはかしこい。w
IMG_5825.JPG
 ガソリンを入れて、これからすこし遠くまで高速ドライブだ。

◇市場好きアーカイブ
15年イタリア・リボルノincoop:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3617
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179

◇2015年夏イタリア・ドライブ旅行アーカイブ
08月06日(木):旅行概要
08月07日(金):持って行くカメラ
08月08日(土):1日目ナポリに到着
08月09日(日):2日目ナポリの下町
08月09日(日):2日目ナポリ駅周辺
08月11日(火):4日目夜の路地歩き
08月12日(水):5日目海岸線に向かう
08月14日(金):7日目帰国
posted by アサノ | 06:12 | 2015年夏 イタリア親子旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
市場好き(大阪黒門市場)をフィールドワーク
P1000937.JPG
 大阪の黒門市場にフィールドワークに来た。
P1000945.JPG
 海外からのお客さまが多いね。
P1000947.JPG
 ついつい、売っている商品に目が行ってしまうのだが、いかんいかん。ww
P1000967.JPG
 2時間ぐらいブラブラしていると、徐々に海外からのお客さまのパターンが見えてくる。
P1000968.JPG
 食べるもは、まず写真を撮ってから。w
P1000973.JPG
 おお!こちらでも。w
P1000977.JPG
 ガイドブックやスマホで情報を探りながら買い物。
P1000985.JPG
 相当長い時間選んでました。
P1010001.JPG
 会話が無い。ww
P1010014.JPG
 帰って来て、ざっと分析。
P1010018.JPG
 モノではなくヒトを分析することを理解して貰うために、調査対象者の脳内マップを描いてみる。
IMG_6007.JPG
 夜は梅田の「げん気」でバカでかいお好み焼きを食って。w
IMG_6012.JPG
 更に天満で、セミナーを終えたばかりの井登氏と、築地で寿司食ってきたアーサーと飲む。w
IMG_6043.JPG
 忙しい一日だった。
IMG_6044.JPG
 皆さん、お疲れさま〜。

◇市場好きアーカイブ
15年大阪黒門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3585
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 06:21 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
市場好き(東京都中央卸売市場築地市場)
DSC01229.JPG
 12月03日(木)、小雨が降る中を築地まで路上観察に来ました。
DSC01244.JPG
 実は築地市場に入るのは初めてだ。
DSC01231.JPG
 休日の場外市場には来た事があるのだが、平日の本物の市場は初めて。w
DSC01233.JPG
 食堂が並んでいる。
DSC01234.JPG
 なんだかそそられるな〜。ww
DSC01236.JPG
 市場の人は朝が早いからコーヒーを飲むのか?
DSC01240.JPG
 外に写真メニューがある店には外国人のお客さんが多い。
DSC01242.JPG
 ここにもレトロなカフェが。
DSC01248.JPG
 翌日、台湾から来たアーサーに聞いたら、彼もこの日にこの辺りで寿司食っていたらしい。
 外国人に有名なんですね。w
DSC01252.JPG
 アジア系外国人が列をなしてる。w
DSC01256.JPG
 ちょうどお昼時なので混んでいる模様。
 食事はあきらめよう。
DSC01266.JPG
 市場の外に出たら、神社があった。
 「波除神社」という、市場が出来る前からあった「災難を除き、波を乗り切る」 お稲荷様だそうです。
DSC01271.JPG
 来年の干支は猿だ。
DSC01276.JPG
 #巫女さんマニア
DSC01279.JPG
 場外市場に向かって歩いて行く。
DSC01284.JPG
 乾物屋さんなんかが並んでますね。
DSC01286.JPG
 こちらは日本人観光客も多いね。
DSC01293.JPG
 観光というよりは買い物か?
DSC01294.JPG
 遠足なのか、フィールドワークっぽい小学生がいた。
DSC01295.JPG
 新大橋通り沿いの食堂街って好きなんだよね。
DSC01300.JPG
 おそば屋さん。
DSC01303.JPG
 煮込み丼屋さん。
DSC01304.JPG
 道路際のテーブルで食べてます。
DSC01308.JPG
 あ〜、腹減って来た。w
DSC01311.JPG
 平日の真昼間に小学生らしき子が食事中。
DSC01314.JPG
 修学旅行かな〜。
 明日は大阪にもフィールドワーク行きます。

◇市場好きアーカイブ
15年東京都中央卸売市場築地市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3584
15年沖縄那覇牧志公設市場周辺:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3477
15年チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3412
15年チェンラーイMunicipal 2 Food Market:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3379
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 06:11 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 10日目帰国
DSC05790.JPG
 4月1日の早朝。
DSC05787.JPG
 スクンビットの食堂で、朝ごはんのお粥。
 美味いな〜、これが最後のタイめしか。
DSC05786.JPG
 去りがたい。w
DSC05791.JPG
 朝のスクンビット。
DSC05792.JPG
 朝ごはん屋さん。
DSC05793.JPG
 BSTアソーク駅まで歩いて行く。
DSC05795.JPG
 お坊さんに喜捨する商店の人。
DSC05796.JPG
 朝ごはんというよりは供物屋さんみたいだ。
 みなさん、これを買って喜捨するのか?
DSC05797.JPG
 このお店は、お坊さん用の席がしつらえてある。
DSC05798.JPG
 エスノグラフィは夜討ち朝駆けだというのがよく分かる。
 昼間歩いても、市井の人々の社会システムには出逢わない。
DSC05800.JPG
 朝ごはんはいらんかね〜。
DSC05801.JPG
 魚だ。。
 これは家に持って帰る「中食」用か?
DSC05802.JPG
 アソーク駅に到着。
DSC05803.JPG
 BSTはスカイトレインという高架鉄道システム。
DSC05805.JPG
 車体がラッピングされていて、中が見えない。
DSC05807.JPG
 アソークを出発!
DSC05808.JPG
 パヤータイ駅で、エアポートレールリンク(空港連絡鉄道)に乗り換えて。
DSC05810.JPG
 BSTのホームには、転落防止扉の横にデジタルサイネージがある。
DSC05812.JPG
DSC05814.JPG
 チェックイン出来ました。
DSC05816.JPG
 この空港も東南アジアのハブ空港のひとつだ。
DSC05817.JPG
 持っていたバーツで食べれたのはミスタードーナッツのみ。w
 甘い!
DSC05815.JPG
 これは、いくらなんでも違うだろ。ww
DSC05819.JPG
 はい、乗機します。
DSC05820.JPG
 ボーイング787だった。
DSC05826.JPG
 きれいな雲海だ。
DSC05840.JPG
 無事羽田に到着。
DSC05843.JPG
 新しく首都高速に出来たバイパスで、あっという間に新宿へ。
 ああ、なんて面白かった10日間だったのでしょう。ww

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動
4月01日:10日目帰国



posted by アサノ | 06:13 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 9日目怪しい路地好き(バンコク・ナナプラザ周辺)
DSC05750.JPG
 3月31日、アユタヤから帰って来て泊まっている「3 Howw at Sukhumvit 21」でシャワーを浴びて、夜の街に出てきた。
01.jpg
 既に3大歓楽街のパッポンとソイ・カーボーイには行ってきたので、今夜は一番賑やかなナナプラザだ。w
DSC05740.JPG
 バンコク市内ではここが一番賑やかだと思う。
DSC05741.JPG
 明日帰国するので、一人打ち上げだ。w
DSC05742.JPG
 「ナナプラザ」はゴーゴーバーがコノ字型のビルに28軒入っているそうです。
DSC05743.JPG
 欧米人のお客さんが多い。
 日本人もたまに見ますが、大抵はタニヤやパッポンに行ってしまうのではないでしょうか。
DSC05745.JPG
 私はゴーゴーバーとか興味は無いので、ナナプラザの外のバービアでビールを飲む。
DSC05744.JPG
 軽くビールを飲んだら、次に行こうか。
DSC05751.JPG
 欧米人は結構な高齢者が遊びに来ている。w
DSC05752.JPG
 ライブをやっているお店でビールを飲もう。
DSC05753.JPG
 チェンマイのバンドよりは上手い。
DSC05755.JPG
 フィリピン人バンドなのかもしれないね。
DSC05757.JPG
 ライブバーを2軒はしごした。
 ゴーゴーバーやバービアのように外国人が多くなく、地元の若者が多いのでホッとする。
DSC05760.JPG
 まだまだ宵の口って感じだな。
DSC05747.JPG
 お腹が空いて来た。
DSC05749.JPG
 これから出勤するおねえさん達が道端で食事中。
DSC05767.JPG
 僕も食べよ〜っと。
DSC05769.JPG
 おねえさん達と食べる。w
DSC05771.JPG
 焼き鳥!
DSC05772.JPG
 これって、日本の鶏より全然美味いんだよね。
 タレも日本の焼き鳥に近い、ちょっと甘いかな。
DSC05773.JPG
 ああ、美味しかった。
DSC05774.JPG
 馳星周がバンコクを舞台にした「マンゴーレイン」を書いた時に、巻頭言で「本書をH氏に捧げる。彼がいなければ、この物語が書かれることはなかった。彼がいなければ、バンコクの線路脇にある掘立小屋のような食堂で供される若鶏の丸焼きに舌鼓を打つこともなかった。略」と書いていた。
 まさに、そんな体験だ。w
DSC05762.JPG
 さて、明日は早いから、そろそろ帰るか。
DSC05776.JPG
 おお!元気ですね。w
DSC05780.JPG
 ゲストハウスのあるスクンビットに帰ってきた。
DSC05781.JPG
 まだ宿に帰りたくないな〜。
DSC05782.JPG
 屋台に寄って。
 タイの夜も今夜までか。。名残惜しいな〜。
DSC05785.JPG
 最後はコンビニでお約束のカップヌードル。
 もう持っていたバーツが底をついてきた。ww

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動
4月01日:10日目帰国

◇怪しい路地好きアーカイブ(海外編)

台湾

カンボジア
posted by アサノ | 06:20 | 怪しい路地好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 9日目アユタヤツーリング(後編)
DSC06002.JPG
 3月31日の後半。
DSC06004.JPG
 ワット・マハータートをのんびり歩く。
DSC06005.JPG
 アユタヤの遺跡は、ほとんど原型を留めていないものが多い。
DSC06006.JPG
 ワット・マハータートは14世紀に建立された、アユタヤにある400の寺の中で最も権威が高い寺なのだそうだ。
DSC06007.JPG
 隆盛を極めた王朝も、1767年のアユタヤ陥落によってビルマ軍によって破壊されてしまう。
DSC06009.JPG
 仏像の頭部には黄金が埋め込まれていると信じられており、また手には黄金によって装飾されていたため、アユタヤ陥落によってビルマ兵は仏像を破壊して黄金を持ち去ったそうである。
DSC06011.JPG
 そのためアユタヤの多くの仏像は頭部・手が破壊されている。
DSC06013.JPG
 この仏像は、かなり修復されていますね。
DSC06016.JPG
 僕がこのお寺で一番好きな「ヘビ姫さま」。
DSC06019.JPG
 とても美しいフォルムをしています。
DSC06023.JPG
 今回は遺跡めぐりでは無く、タイの田舎をのんびりツーリングするのが目的だ。
DSC06024.JPG
 古都の観光客の来ない場所は静かで良いな。
 バイクに乗っていると、足に羽根が生えた気分だ。
DSC06026.JPG
 1本橋をバイクが渡っていたので。
DSC06027.JPG
 私も渡ってみた。w
DSC06030.JPG
 住宅街に迷い込んだ。
 その迷うのが楽しい。
DSC06031.JPG
 地元の人が熱心にお祈りをしていた。
DSC06032.JPG
 僕も旅の無事を祈ろう。
DSC06034.JPG
 屋根だけが無い建物を発見!
DSC06035.JPG
 中をのぞいたら、仏さまがおいでだった。
DSC06040.JPG
 高い塀に囲まれた緊張感がありながら、空は抜けたように青い。
 素敵な空間だ。
DSC06041.JPG
 日本人の大学生の一行と出会った。
DSC06043.JPG
 今回、タイに来て初めて会った日本人だった。
 そうしてみて分かったのは、日本人と会ったり話したりしたいと思わなかったんだ〜。ということw
DSC06045.JPG
 「ワット・ロカヤスタ(寝仏の寺」の涅槃仏。
DSC06048.JPG
 全長27mもあるそうだ。
DSC06049.JPG
 17世紀にビルマ兵がお寺や他の仏像は全て壊して行ったのだそうだ。
DSC06054.JPG
 野良犬じゃなくて、みんなの犬。w
DSC06055.JPG
 日本人学生達と別れる。
 彼らはチャーターしたトゥクトゥクだったが、私は自由なバイクだ。
DSC06056.JPG
 誰にも気兼ねせずに、好きな方角に行ける。w
DSC06058.JPG
 川に沿って走って行くと。
DSC06059.JPG
 観光客は誰も来ないところにも小さな寺院がある。
DSC06062.JPG
 バンコクまで流れて行くチャオプラヤー川。
DSC06063.JPG
 トゥクトゥクの少女達としばし走る。w
DSC06068.JPG
 そろそろ腹が空いて来たな。
DSC06074.JPG
 川べりにテラスがあったので、そこでバイクを止めた。
DSC06070.JPG
 「なにも無いよ」というので、タイの炒飯カオ・パットを食う。
DSC06072.JPG
 喉が渇いたのでスプライトばかり飲んでいる。
DSC06078.JPG
 途中、観光客を乗せた象に会った。
DSC06080.JPG
 タイにいると象が珍しくなくなる。w
DSC06082.JPG
 広い草原のような所に出た。
DSC06083.JPG
 まるで北海道を走っているようで、行ける所まで行ってみようと思った。
DSC06084.JPG
 30分ぐらいひたすら走ったら、隣の駅まで来てしまった。
DSC06085.JPG
 タイは広いな〜。
DSC06088.JPG
 ちょっと新し目のガソリン給油機。
 セルフというか自動販売機。w
DSC06087.JPG
 まったく分からない。w
DSC06091.JPG
 オフロードカー屋さんがあった。
DSC06092.JPG
 前に来た事がある「日本人村」。
DSC06094.JPG
 山田長政ら、日本人傭兵がいた場所。
 関ヶ原で負けて、ここまで流れてきたのですね。
DSC06095.JPG
 そろそろ帰る時間なので、大きなガソリンスタンドで給油。
DSC06099.JPG
 バイクを返却して、ホッと一息。
DSC06101.JPG
 レンタルバイク屋さんがレストランと兼業です。
DSC06102.JPG
 おねえさん、ありがとうございました。
DSC06103.JPG
 駅前で焼き鳥とか買って。
DSC06104.JPG
 汽車の中で食うつもり。
DSC06106.JPG
 フルーツも買って。
DSC06107.JPG
 ついでにパッタイも買って行くか。w
DSC06110.JPG
 いきなりホームのテーブルで食べ始めちゃった。
 焼き鳥とタイ米のおにぎり。
 美味いんだよな〜。
DSC06114.JPG
 みんなの犬とも一緒に食べよう。
 こんな感じか。w
 タイの泣けるCM:https://youtu.be/p3kOhdBy39E
DSC06118.JPG
 そろそろ汽車が来るか。
DSC06119.JPG
 さらばアユタヤ。
 今度来る時は「Ayothaya Floating Market(水上マーケット)」があるらしいから、行ってみたかったな。
DSC06121.JPG
 しゅっぱ〜つ!
DSC06122.JPG
 慌てて乗ったら、ホームのベンチにヘルメットを置いて来てしまった。
 まあ、飛行機で持って帰るか悩んでいたので、しょうがないとは思うが。
 ならば、優しかったバイク屋のおねえさんが欲しがっていたから、あげれば良かったとがっかりした。
 チェンマイでパーイにツーリングする為に買った760バーツ(約3000円)だが、保険をかけていたと思って諦めよう。ほぼこれ
DSC06126.JPG
 バンコクに帰って来ました。
DSC06127.JPG
 お疲れさまでした。
DSC06128.JPG
 さあ、帰ってシャワーを浴びたい。
DSC06130.JPG
 明日はもう帰国だ。
DSC06131.JPG
 いいね、この年から旅行するなんて。
DSC06132.JPG
 ママがバックパッカーだったのか?
DSC06134.JPG
 もう履いて来たニューバランスがボロボロ。
 捨てて帰ろうかな。w

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動
4月01日:10日目帰国
posted by アサノ | 06:07 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 9日目アユタヤツーリング(前編)
DSC05932.JPG
 3月31日、スクンビット駅の早朝。
DSC05934.JPG
 朝ごはんを食べよう。
DSC05935.JPG
 うぁ〜、美味しそうだ。
DSC05936.JPG
 世界で、このタイと台湾の食堂が一番好きだ。w
DSC05938.JPG
 朝ごはんを買っていく人。
DSC05939.JPG
 朝なのでお粥を食べよう。
DSC05943.JPG
 ゲストハウスの近くに、こういう食堂があるのが嬉しい。
DSC05946.JPG
 さてさて、MRTの駅に向かう。
DSC05947.JPG
 お勤めに行く人は、皆朝ごはんを買って行くんだね。
DSC05949.JPG
 サンドイッチもありました。
DSC05951.JPG
 スクンビット駅より地下鉄(MRT)に乗る。
 こうやって路線図(グロビジ)で見ても、スクンビット駅はバンコクの中心でどこに行くのも便利な場所だ。
DSC05953.JPG
 ファランポーン駅(バンコク中央駅)に到着。
DSC05955.JPG
 私はこの駅が好きなんだよね〜。
DSC05956.JPG
 バッグパッカーが続々と集まって来る。
DSC05957.JPG
 まずは大好きなアイスミルクティーを一杯。
DSC05958.JPG
 急に音楽が流れ、みんながバタバタ立ち上がりだした。
DSC05960.JPG
 国歌斉唱みたいなものらしい。
DSC05962.JPG
 汽車に乗りましょう。
DSC05966.JPG
 あれれ、自転車のまま乗れるんだ。
DSC05967.JPG
 汽車で行って、走って戻ってくるのもいいね。
 08:30のチェンマイ行き。
DSC05970.JPG
 この汽車に乗って北部に行く旅行者が多いようだ。
 次回はスコタイに行ってみたいな。
DSC05972.JPG
 ガッタンゴットン、出発します。
 タイの汽車はかなり正確。ww
DSC05973.JPG
 前回は3等自由席で20バーツだったが、今回は昨日買っておいたので1等指定席345バーツ。w
DSC05974.JPG
 流石に1等車は快適です。
DSC05975.JPG
 コーヒーとクッキー付き。w
DSC05978.JPG
 他のお客さんはチェンマイまで行くので、私もボ〜っとしてたら降りそびれそうになった。w
DSC05980.JPG
 ほとんどお客が降りない。w
DSC05981.JPG
 本日の目的地アユタヤに到着。
DSC05982.JPG
 汽車バイバ〜イ!
DSC05983.JPG
 人気の無い駅前に降り立つ。
DSC05984.JPG
 駅前の路地に店が密集している。
DSC05985.JPG
 この路地にレンタルバイク屋が並んでいる。
DSC05986.JPG
 さあ、どこで借りようかな。
DSC05987.JPG
 このレンタルバイク屋さんは、パスポートをコピーさせるとデポジットを取らない。
 これはありがたいね。
DSC05989.JPG
 タイカブを1日レンタルで200バーツ。
DSC05990.JPG
 これが借りたバイク。
DSC05992.JPG
 おお!年季の入ったベンツのバスだ。
DSC05993.JPG
 JK発見。ww
DSC05994.JPG
 「ワット・マハータート(仏舎利の寺)」
DSC05995.JPG
 大きなお寺です。
DSC05996.JPG
 仏像が多く、好きなお寺です。
DSC05998.JPG
DSC06000.JPG
 仏さまなので、見下ろしてはいけない。
 写真を撮る時も、しゃがまなくてはいけない。
DSC06003.JPG
 仏教徒ではない観光客が多い。w

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動
4月01日:10日目帰国
posted by アサノ | 06:10 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 8日目ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム
DSC05696.JPG
 パッポンからトゥクトゥクで脱出してきた。
DSC05699.JPG
 「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム!!」と言ったら運転手のおにいちゃんは分かったみたいで。
 シーロムからラチャダムリ通りを北上してプラトゥーナム交差点を目指す。
DSC05714.JPG
 「ここだ、ここだ!」と降ろされると、確かにピンクのTシャツが目に入る。
DSC05700.JPG
 「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」はバンコクでも有名なカオマンガイ屋さん。
DSC05701.JPG
 東京でも「ガイトーンTOKYO」として店舗がある。
DSC05702.JPG
 夜も遅いと言うのに、凄い賑わいだ。
DSC05703.JPG
 タイの屋台はどこも美味しいと思うのだが、やはり人は人気店に集まるのか。w
DSC05708.JPG
 早速「カオマンガイ」を注文!
DSC05704.JPG
 鶏肉が妙にフワフワしていて、折角タイに来て野生の鶏肉が美味しいと思ってるのに。。
DSC05709.JPG
 言ってみれば、名古屋のひつまぶしにするようなカリカリに焼いたうなぎが好きな人が、東京の高級な蒸したうなぎを食ったようなイメージか。w
 あまり美味しいとは思わなかった。私の趣味が貧乏くさいのかもしれない。ww
DSC05710.JPG
 それにしても、お客が引きも切らない。
DSC05711.JPG
 カオマンガイって、蒸した鶏を刻んでごはんに乗せるだけだから、大した厨房がいらないんだよね。w
DSC05713.JPG
 この人がご主人か。
DSC05715.JPG
 周りにも飲食店が多い。
DSC05717.JPG
 ここからスクンビットまで歩いて帰ることにした。
DSC05719.JPG
 BTSの高架には遊歩道がついているので、下の景色を見ながら歩ける。
DSC05718.JPG
 タイの人は信心深いね。
DSC05721.JPG
 宗教と生活が密接に繋がっているんだね。
 いつ見ても感心する。
DSC05722.JPG
 アソークまで戻ってくると、路上に屋台バーが並ぶ。
DSC05724.JPG
 もう、結構出来上がっちゃっていますね。ww
DSC05726.JPG
 スクンビットには、バンコク3大歓楽街の「ソイ・カウボーイ」がある。
 元は米軍がいた場所に開けた歓楽街で、沖縄のコザもたいなものか。
DSC05727.JPG
 ソイ(路地)・カウボーイ(アメリカ人)で「カウボーイ横丁」みたいな名前です。
DSC05728.JPG
 3大歓楽街の中では一番小規模であるが、とても活気がある。
DSC05731.JPG
 だいぶ歩いたので、大音量生バンドの入っているバーでビールを飲もう。
DSC05735.JPG
 いや〜!盛り上がって来ました。
 この子達はゴーゴーバーの踊り子ですね。
DSC05738.JPG
 ソイ・カウボーイは日本人がほとんど来ないので、好きです。ww
 別にゴーゴーバーとか入らなくて、通りに面したバーでビールを飲むだけで面白い。

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動
3月31日:9日目アユタヤツーリング
3月31日:9日目怪しい路地好き(バンコク・ナナプラザ周辺)
4月01日:10日目帰国
posted by アサノ | 06:17 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 8日目怪しい路地好き(タニヤとパッポン)
DSC05584.JPG
 3月30日8日目の夕方。
DSC05585.JPG
 バンコクに来たら夜遊びをするしかないので。w
DSC05587.JPG
 BTSスクンビット線ナーナー駅の前にある両替屋がレートが良い。
 まずは資金を両替。w
DSC05588.JPG
 BTSの高架の下をサイアム方面に向かって歩く。
DSC05591.JPG
 途中にいろいろなお店がありますね。
DSC05593.JPG
 こういう焼き鳥は本当に美味しいんだよね。w
DSC05595.JPG
 そのうちに線路生活者?のスラム街を通る。
DSC05596.JPG
 汽車は来ないんだよね?
DSC05597.JPG
 線路上には建造物は無いから、もしかするとたまに来るのかも。w
 YouTubeにあった。The slums of Bangkok タイのスラム街に行く / 危険と隣り合わせの「のどかな風景」
DSC05603.JPG
 そろそろサイアムに近づいて来たかな。
DSC05604.JPG
 先ほどの線路スラムから大して離れていない場所に、巨大なショッピングモールが林立するバンコク一の繁華街だ。
DSC05608.JPG
 サイアムの駅。
 サイアムパラゴンは日本でも有名だよね。
DSC05609.JPG
 流石に暑かったから、ショッピングモールで涼もうか。w
 中は高級ブティックばかり、短パンTシャツの僕はみすぼらしい。ww
DSC05614.JPG
 ビルのエントランスでジャリタレの撮影をやってた。w
DSC05618.JPG
 こういうあたりは、少し前の日本を踏襲している感じだ。
 中流階級や富裕層が誕生してきたのだろうな。
DSC05622.JPG
 日本にも無いぐらい豪華なショッピングモール。
 土地があるんだね。
DSC05625.JPG
 ダイソーも貧困層向けでは無く、日本の香りがするブランドみたいだ。
DSC05626.JPG
 サイアム駅から、BTSシーロム線で少し南に下るとシーロム駅がある。
DSC05628.JPG
 この駅の前には、タイの中の日本「タニヤ通り」がある。
DSC05629.JPG
 まったく日本だ。ww
DSC05630.JPG
 元々は日本の駐在員の街として栄えた場所である。
 今夜の位置関係。
DSC05631.JPG
 これから出勤するオネエサン達が、お弁当を買っている。
DSC05638.JPG
 そういうオネエサン達を観察しながら麺をすする。w
DSC05635.JPG
 なんだろうね、よく分からない麺だがそこそこ美味しい。
DSC05639.JPG
 俺よりごちそうを食べてる少年達。w
DSC05644.JPG
 日本で言うと歌舞伎町でしょうか。
DSC05645.JPG
 来るたびに写真を撮る国辱広告。w
DSC05646.JPG
 薬屋の前に看護婦コスプレ。ww
 これは現地の人のアイディアなのか、それとも日本人駐在員の趣味なのか。。
DSC05665.JPG
 僕はタニヤ通りを突き抜けて、タイのシルク王「ジム・トンプソン店」の方まで来る。
DSC05664.JPG
 ここが、バンコクに来たら必ず来る「Roadhouse BBQ」だ。
DSC05662.JPG
 アメリカンスタイルのバーだ。
DSC05649.JPG
 さてさて、入りましょうか。
DSC05650.JPG
 毎日タイのシンハやハイネケンを飲んでいるのだが。
 ここでは生のギネスが飲めるのだ。グビグビグビ!!
DSC05654.JPG
 モヒートも飲んじゃう。180バーツ(約650円)だ。w
DSC05655.JPG
 ここのモヒートは美味い!砂糖を大さじ3杯も入れるのがコツみたいだ。
 タイでは法外な値段を払っても、ここでは飲みたい。w
DSC05669.JPG
 酔っぱらって外に出たら「パッポン通り」の方に来た。
DSC05671.JPG
 なんだか、今まで来た事の無い路地に入ると。
DSC05672.JPG
 おお!ここは男の人だけのお店だ。。
DSC05673.JPG
 短パンに白いタンクトップが制服か。
DSC05674.JPG
 道路を隔てて、向こう側にはオカマのお店が沢山あるし。
 タニヤが歌舞伎町なら、パッポンは2丁目ですね。w
DSC05678.JPG
 ここでもオネエサンがお弁当買い出し中。
DSC05668.JPG
 相変わらずの国辱広告。ww
DSC05680.JPG
 パッポンの中を歩いてみようか。
DSC05681.JPG
 タニヤに行くのは日本人で、西洋人はパッポンに来る。
DSC05682.JPG
 私もパッポンには風俗っぽい店もあるが、キャッシュオンデリバリーのバーもあるので、こちらの方が好きだ。
DSC05684.JPG
 好きと言っても、タニヤと比較してという意味で。
 特にパッポンで飲む気もしない。
DSC05685.JPG
 バンコックには3大歓楽地帯とうのがあって、このパッポンと、私の宿の近くのソイ・カウボーイ、それとBTSナーナー駅近くのナナプラザだ。
 その中では一番寂れていて、なにかワクワクしないのである。
DSC05686.JPG
 パッポン通りと並行してナイトバザールがある。
DSC05688.JPG
 バッタもんのスニーカーとか。
 ニューバランスは940バーツ(約3500円)だった。
DSC05689.JPG
 深夜路上で遊ぶ子ども達。
DSC05690.JPG
 シーロムは屋台街で有名だ。
DSC05691.JPG
 いろいろな偽ブランド品とか。
DSC05692.JPG
 あまり押売りをしないのは、タイ人の性格からか。
 さっきスニーカー屋でいろいろ教えてくれた青年はミャンマー人だと言っていた。
DSC05694.JPG
 これ以上いてもつまらないので、トゥクトゥクを拾って脱出!

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動
3月31日:9日目アユタヤツーリング1
3月31日:9日目アユタヤツーリング2
4月01日:10日目帰国

◇怪しい路地好きアーカイブ(海外編)

台湾
バンコク・タニヤとパッポン
◇バンコク・ナナプラザ周辺

カンボジア
posted by アサノ | 06:14 | 怪しい路地好き | comments(0) | trackbacks(0) |
【速報】HCD-Net台湾サービスデザインツアーに行って来ました

01.JPG

 今年度よりHCD-Net教育事業部では、海外のHCD/UX関連の動向を知る為のツアーを開催することになりました。  
 初回である今年は、近年サービスデザインへの取り組みの著しい台湾へ、9月のシルバーウィークを利用して動向を探ろうという企画です。  
 ツアーの実施方法としては、現地集合現地解散で、航空券、宿泊の手配は参加者各自が行い、HCD-Netは訪問・見学のポイントのアテンドをするのみという放置プレイ式の良く言えばフリーなものです。

 

■初日9月19日(土)台北  
 台北に三々五々到着し、夕方に小龍包で夕食をとりながら今後のスケジュールの確認。 

 

■2日目9月20日(日)台南  
 午前中に台北駅に集合、台湾の新幹線(高鐡)で台南へ移動。  
 台湾の京都ともいわれる古都台南を観光し、夜は台南では政治家や富豪が集まるという蟹おこわの名店で明日からの活動を祈念して壮行会。
 とは言っても相当飲み食いをして、日本の居酒屋値段だ。  
 ホテルに戻って、明日からの為のスライドの作成や編集に深夜まであたる。
02.JPG
■3日目9月21日(月)国立雲林科技大学  
 早朝に台南駅集合、特急で約1時間離れた斗六へ移動。  
 タクシーで国立雲林科技大学設計学院(デザイン学部)へ向かう。  
 同校は、台湾の国策で建設された広大な敷地と設備を持つ工業大学で、教員は殆どヨーロッパ、アメリカ、日本への留学経験者で占められている。  
 午前中はインダストリアルデザイン科の学生約150名に、参加者それぞれが専門分野の発表を行った。
 学生のうち約50名が中国本土福建省からの単位互換制度を利用して来ているとのこと。
 台湾では世界でも稀にみる少子高齢化が進んでおり、大学も生き残りをかけて大陸からの学生を受け入れており。  
 卒業生は、大陸で生産するプロダクトのデザインを台湾で行ういわゆるチャイワンモデルの仕事に就いて行く。
 また福祉機器のデザインも盛んだそうである。
03.JPG
 昼食は大学のご厚意で、デザイン学部の教授陣と約20名校外のレストランでご馳走攻め。
 流石に先生方も午後の授業を控えており、我々同様にビールは乾杯だけでした。  
 午後はメディアデザイン科で同じように発表と、研究室の訪問で現在取り組んでいる研究を院生から説明を受ける。
 ここで参加者が経験したのは、海外での発表は良いことを詳細に話すのも良いが、何が言いたいかをはっきりさせて単純骨太な構成で行わないと伝わりにくいということ。
 特にHCD/UXの基礎知識が無い学生には興味を湧かせられない。
 まあ、海外と言うよりは学生と言うのは世界中そんなものかも知れない。
04.JPG
 夕方終了後、一旦ホテルにチェックイン。
 私は若手2名と、雲林大学生が運営する台湾の古い住宅を使ったAirbnbに宿泊した。
 斗六の街は農業が主な産業の静かな田舎町だ。
 台北や台南のような都会ではなく、本当に市井の人達と生活を共にする体験も自由な旅の醍醐味ではある。
05.JPG
 夜は、今回大学側の窓口になって下さった楊教授のご招待で海鮮料理をご馳走になる。
 いや、毎食ご馳走攻めで、嬉しい悲鳴を上げ続ける参加者達であった。

 

■9月22日(火)4日目台北デザインファーム訪問  
 朝早く斗六駅に集合、特急で約2時間半かけて台北に戻る。
 この旅では、台湾をほぼ縦断往復するような形で汽車の旅を続けているが、なかなか日本では味わえないのんびりした楽しい時間でもある。
06.JPG
 台北に着いて、各自自分が予約したホテルにチェックインして、昼食後集合して訪問先へ向かう。

 台湾はタクシーが安いので、段々皆慣れて来て集合場所さえスマホに送っておけば、ほぼ完ぺきに集合出来るようになった。

07.JPG
 今回の台北でのコーディネートをして下さることになっている台湾サービスデザイン振興会(SDN台湾支部)のアーサー・ヤン氏と合流。
 氏は、HCD-Net副理事長でありSDN日本支部の長谷川敦士氏からのご紹介である。  
 最初の訪問先は「UXI DESIGN 遊石設計」という、シナリオをベースにしたデザインをする事務所だ。  
 いろいろな事例を見せて頂いたが、病院のオペ室を設計するのに実物大のホワイトモックを大きな倉庫みたいな部屋に配置し、お医者様と体験プロトタイピングをしながら装置の位置やコンセントの位置まで書き込んで行くムービーは面白かった。
08.JPG
 2件目は、「Businessmodels inc 方略」という、サービスデザイン会社。  
 皆さんご存知の「ビジネスモデル・ジェネレーション」を出版しているオランダに本社があり世界中に拠点を持つデザインファームだ。  
 世界最大の経営コンサルティングファームのアクセンチュアの事例などを話してくれた。 
09.JPG
 手法などは、我々がやっていることとさほど変わらないが。
 なにしろガンガン本当に実務で使っている人の言葉の重さがあった。   
 また、我々が「これでいいのかな?」と思っていることのヒントも随所にちりばめられており、腹落ち感が半端なくあったのも良かった。
10.JPG
 後半はディスカッションになったが、面白くて時間がたつのを忘れるほど。  
 最後は記念撮影をして終了。
11.jpg
 終了後はアーサー・ヤン氏と会食しながら、打ち上げ会。無事4日間の日程を終了して、ツアーは解散しました。

 

■9月23日(水)5日目台北  
 それぞれ適宜飛行機に乗って帰るはずであったが。
 連休最終日とあって、全員航空券が取れておらず、もう1泊するという。  
 それではと、千と千尋で有名になった九份を案内することにして、1日観光を楽しんだ。
12.JPG
 なにしろ今回は、よく学び、よく食べ、よく遊んだ旅であった。  
 同じ道を歩む仲間との旅は楽しい。  
 次年度はアセアンのハブ都市シンガポールとマレーシアを予定しているらしいです。  
 是非、次回は参加して下さる方が増えるのを楽しみにしています。

 

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
09月20日(日):3日目台南観光
09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動
09月22日(火):5日目斗六から台北に移動
09月23日(水):6日目台北観光
09月23日(水):6日目九份に行って来た
posted by アサノ | 06:12 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 8日目スクンビットに移動
DSC05824.JPG
 3月30日8日目の朝、おはようございます。
DSC05829.JPG
 朝は暑い国では人が一番活発に動く時だ。
DSC05832.JPG
 まずは朝ごはんを食べに出て来たよ。
 やっぱりランプトリー通りとチャクラポン通りの交差点のカオマンガイ屋台だよね。w
DSC05833.JPG
 おお!今日はいつものおばちゃんだ。
DSC05841.JPG
 豚と鶏とアヒル(家鴨)の3種類。
DSC05835.JPG
 この鍋が美味さの秘訣、豚の足やスネを日本の鰻屋のタレのように長年継ぎ足しながら煮込み続けたカーオカームーの汁だ。
DSC05839.JPG
 今日は大人食いをするつもりで来たので。
 まずはカオマンガイ(鶏めし)だ。
DSC05843.JPG
 トントントン
 やっぱり、ここのカーオカームーに慣れちゃうと、カオマンガイじゃインパクト弱いよね。w
DSC05846.JPG
 大人食いして、カーオカームーをもう一杯。w
DSC05844.JPG
 またしばらく食べれないと思うと2杯食っても物足りない。ww
DSC05852.JPG
 本当にここの飯は美味くて、その為だけにカオサンに来るのも良いかと思う。
DSC05849.JPG
 通勤途中の現地の女の子も食べに来ていた。
 やっぱりカーオカームーだよね。w
DSC05851.JPG
 向かい側の屋台は「パッタイ(タイ式焼きそば)」屋だ。
DSC05854.JPG
 これは当たり外れが無くて、割りとどこで食べても美味い。
DSC05855.JPG
 ゲストハウスに戻って、荷物をまとめてチェックアウト。
DSC05857.JPG
 さらばカオサン。
DSC05860.JPG
 もう長逗留することは無いけど、バンコクに来たら1泊はしたいよね。
DSC05861.JPG
 君たちともお別れだ。
 いいね、毎日そうしていられて。w
DSC05863.JPG
 昨夜のヴィシヌ神やガネーシャ神。
DSC05864.JPG
 どこにでも神は遍在する。
DSC05866.JPG
 さて、どうしようか?
DSC05867.JPG
 トゥクトゥクを拾って。
DSC05868.JPG
 地元の人達の市場近くを通って。
DSC05871.JPG
 へ〜「上海巷」って、華僑の人達の路地なんだろうか?
DSC05872.JPG
 行き先は、ファランポーン駅(バンコク中央駅)だ。
DSC05873.JPG
 駅に到着。
DSC05876.JPG
 私はこの駅がすきなんですよね。w
DSC05880.JPG
 ヨーロッパの鉄道駅のようなアーチ状の大屋根。
DSC05881.JPG
 僕は都会人だから、海外で大自然とかに飽きると駅の雑踏にわざと来たりする。w
DSC05883.JPG
 駅の持っている郷愁と言うか、旅の予感というかいいんだよね。w
DSC05887.JPG
 正式には「バンコク駅」です。
DSC05891.JPG
 チェンマイに行く汽車も出ています。
DSC05893.JPG
 映画「インファナル・アフェア」で有名になった、駅2階の回廊のカフェで大好きなタイ式アイスミルクティー。
DSC05895.JPG
 バンコクに来たら是非飲んでください「Black Canyon Coffee」。
DSC05896.JPG
 駅はいいよね〜。w
DSC05898.JPG
 自転車を汽車に積んで旅に出るドイツ娘。
DSC05901.JPG
 ボウズ席。
DSC05899.JPG
 ドイツ娘をナンパしようとして1時間頑張って退散したタイ男。w
DSC05904.JPG
 明日の切符を買うことにした。
 明日はアユタヤに行くことに決めた。
DSC05903.JPG
 ファランポーン駅からアユタヤ駅までの1等指定席345バーツ。
 以前は前売りを買わなかったので、3等の自由席20バーツだったので学習しました。w
DSC05905.JPG
 さあ、切符も買ったし。
DSC05908.JPG
 今夜の宿に移動するか。
DSC05909.JPG
 どこの子どももゲームが好き。w
DSC05910.JPG
 水洗トイレ。。
DSC05913.JPG
 バンコクにはBTS(スカイトレイン)というモノレールとMRT(地下鉄)の都市交通機関がある。
 今回はMRTでファランポーンからスクンビットへ。
DSC05914.JPG
 スクンビットはバンコクでも中心街に当たる。
DSC05915.JPG
 オフィス街から高級住宅街に変わる辺りかな。
DSC05916.JPG
 緑も多くて、昼間は賑やかだが夜は静かだ。
DSC05917.JPG
 交通機関もMRTとBTS両方の駅があり、とても便利だ。
DSC05919.JPG
 今夜の宿はスクンビットの「3 Howw Hostel at Sukhumvit 21」。
DSC05920.JPG
 小さな清潔で静かなホテルだ。
DSC05925.JPG
 水回りはバッチリ。w
DSC05926.JPG
 シャワーがいいと嬉しい。ww
DSC05928.JPG
 今回の旅で大活躍の5mのテーブルタップ。
DSC05930.JPG
DSC05931.JPG
 ケーブルが5mあると、ベッドの上で作業が出来るのがありがたい。
 明日は早起きしてアユタヤだ。

◇カオマンガイ&海南鶏飯・アーカイブ

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動
3月31日:9日目アユタヤツーリング
3月31日:9日目怪しい路地好き(バンコク・ナナプラザ周辺)
4月01日:10日目帰国
posted by アサノ | 06:19 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 7日目怪しい路地好き(バンコク・カオサン)
DSC05527.JPG
 夜になって食事に出てきた。
DSC05535.JPG
 裏カオサンと呼ばれるランプトリー通りに安いタイめし屋台がある。
DSC05530.JPG
 ビールを飲みながら軽い食事。
DSC05539.JPG
 この辺りは、竹下通りみたいなカオサン通りよりは気の利いたバーなどが多い。
DSC05540.JPG
 欧米人はバーが好きだ。w
 ランプトリー通りはカオサン通りと並行していて、その間には安いドミトリーとかがある。
DSC05543.JPG
 食事を終えて、宿の方に戻って来た。
DSC05544.JPG
 お寺の近くは、カオサン通り周辺と比べると静かで良い。
DSC05550.JPG
 お寺の周りには静かで安い屋台バーが何軒かある。
DSC05551.JPG
 皆でおそろいのダサいアロハを着たおのぼりさん白人。ww
 すげ〜本数のビールを飲んでた。
DSC05562.JPG
 ミニバスを改造した屋台バー。
DSC05557.JPG
 バーテンの女の子がかわいい。ww
DSC05561.JPG
 1杯80バーツのモヒートを何杯も飲む。
DSC05563.JPG
 一人で飲むにはこういう場所が気兼ねが無くて良い。
DSC05564.JPG
 こんな感じの店が何軒かあるので、はしご酒には便利。w
DSC05565.JPG
 かなり酔っぱらって来た。w
DSC05566.JPG
 夜中にガンガン料理をしている店を発見!
DSC05567.JPG
 なんだか鍋があるから「ヌードルをくれ」と言ったら「スープしか無い」というので、それとビールを注文。
DSC05583.JPG
 ソファー席があったので、そこに陣取ってビールを飲む。
DSC05570.JPG
 この辺りまで来ると白人もいない。
DSC05575.JPG
 なんだか分からないスープが来た。
DSC05576.JPG
 野菜がいっぱい入っていて、恐ろしく美味い!
 酔っぱらいが汁ものを食うのは世界共通だね。w
DSC05569.JPG
 よく見ると目の前は仏像だ。
DSC05579.JPG
 ビシュヌ神かなにからしい。
 仏さま、気持ち良く酔っぱらってごめんなさい。w
DSC05580.JPG
 この近辺は観光客はおらず、ほとんど地元の人ばかり。
 家族ずれもいるが、みんな夜更かしだね。
DSC05581.JPG
 だいたいこの辺りは、ゲストハウスから見えるお寺の反対側。
 知ってる人に言う時は「ムエタイジムの辺り」か。
 ↓ 地図の左下。
◇ジパングトラベル・カオサンMAP(PDF)

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動

◇怪しい路地好きアーカイブ(海外編)

台湾
バンコク・カオサン
◇バンコク・ナナプラザ周辺

カンボジア
posted by アサノ | 06:10 | 怪しい路地好き | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 7日目チェンマイからバンコク・カオサンへ
DSC05444.JPG
 3月29日7日目の朝、おはようございます。
 今日でチェンマイともお別れです。
DSC05448.JPG
 チェンマイは良かったので、また来たいです。
 泊まった「Sabuy Guesthouse」もとても良かった。
DSC05446.JPG
 僕の泊まった道路に面した2階の10号室と。
DSC05449.JPG
 L字型の反対の角部屋の7号室が良い。
 泊まる場合は、そこを指定してみよう。w
DSC05439.JPG
 シャワーも安定していた。
DSC05437.JPG
 だいたい外国は電気が日本の100wと違って220wあるので電気ヒーターでお湯が沸くのだ。
 こんな便利なもの無いと思うのだが。w
DSC05450.JPG
 ゆっくり朝ごはんを食べてと。
DSC05453.JPG
 スタッフの皆さんにお別れ。
 右奥のヘルメット姿が、毎晩酔っぱらっている女性マネージャー。w
DSC05455.JPG
 このおばちゃんは、昨日お化粧していた子のおかあさん。
 以前、茨城に嫁いだことがあるので、ブロークンだが日本語がしゃべれる。
 とっても助かりました。
DSC05458.JPG
 トゥクトゥクで空港までひとっ走り。120バーツ(約430円)
DSC05462.JPG
 チェンマイ国際空港に到着。
DSC05465.JPG
 バンコク・スワンナプーム国際空港まで約1時間のフライトだ。
DSC05467.JPG
 僕のお気に入りの「BLACK CANYON COFFEE」のCHA THAI YEN(タイ式アイス紅茶With MILK)65バーツ(約230円)。
DSC05474.JPG
 バンコクにあっという間に到着。
DSC05469.JPG
 バンコク・スワンナプーム国際空港は、東南アジアではシンガポール、香港と並ぶハブ空港だ。
DSC05471.JPG
 歩けよって感じ。w
DSC05475.JPG
 名物のエスカレータ。
 これで地下まで行く。
DSC05477.JPG
 地下のエアポート・レール・リンク(ALR)の駅。
DSC05478.JPG
 市内まで45バーツ。
DSC05479.JPG
 いつも朝一番に着く飛行機でしか来たことが無いので、こんなに観光客がいるのを見たのは初めてだ。
DSC05481.JPG
 パヤータイ駅でBST(モノレールに乗り換える)。
DSC05482.JPG
 BST専用の非接触式プリベイドカードを購入。
DSC05483.JPG
 続いて、サパーンタクシン駅でチャオプラヤー川のチャオプラヤーエクスプレスボートに乗り換え。
DSC05484.JPG
 結構複雑そうな乗り換えだが、慣れてしまえばバンコクの公共交通機関は便利である。
DSC05486.JPG
 バンコクぐらい都会になると、坊さんに席を譲るような信心深い人間はいない。w
DSC05487.JPG
 まあ、乗ってるのは大半が外国人観光客だからね。w
DSC05488.JPG
 N13Phra Artit Pier(プラ・アーティット・ピアー)の船着場で下船。ここまで150バーツ。
DSC05494.JPG
 やっとバックパッカーの聖地「カオサン」に到着だ。
DSC05492.JPG
 船着場からは歩いて5分ぐらい。
DSC05490.JPG
 最近は韓国の若者が増えた。
DSC05491.JPG
 とはいえ、やはり白人天国だ。
DSC05495.JPG
 以前ほどは大麻や薬やってるようなヒッピー(古い!)風ドレッドヘアー若者は減って、普通の観光客が増えたみたい。
DSC05496.JPG
 西洋人って、我々のようにあくせく観光とかしない。
 ひたすら何日間ものんびりとしている。
 以前京都のゲストハウスで新聞を3時間かけて読んでるフランス人に会ってビックリした経験がある。ww
DSC05498.JPG
 お寺のL字型のコーナーの角に両替屋があり、その近くに目指すゲストハウスがある。
DSC05499.JPG
 私のカオサンでの定宿「NEW SIAM GUEST HOUSE」がある。
DSC05500.JPG
 いつの間にか常宿になったのは、喧騒のカオサン通りから離れて静かなのと、ベランダから見えるお寺の緑だ。
DSC05503.JPG
 静かとはいえ、そこそこのお店や賑やかさもあるので、大人のバッグパッカーには良いかも。w
DSC05508.JPG
 部屋はそこそこ清潔で、エアコン、セーフティーボックスもある。
DSC05507.JPG
 ベッドも充分大きいし。w
 WiFiが有料なのが腹が立つ。
DSC05506.JPG
 お湯もちゃんと出る。
DSC05512.JPG
 割りと誰に聞いても、すぐ並びにある「Lamphu House」が良いと言う。
 通りからちょっとだけ奥まった場所なので分かりにくいが。
DSC05511.JPG
 チェンマイにも姉妹店があったが、経営者のセンスが良いのだろう。
 私が泊まろうと思った時は、いつも満室で予約できた時が無い。w
DSC05513.JPG
 部屋に荷物を置いたら、何はともあれチャクラポン通りとランプトリー通り(裏カオサン)の交差点のカオマンガイ屋台に行く。
20140520_1073271.jpg
 この屋台が近いのも、この近辺に泊まる理由の一つだ。w
DSC05514.JPG
 あれれ、今日はおばちゃんじゃないんだ?
 ちょっと不安。w
DSC05518.JPG
 ここのカオマンガイ(蒸し鶏ごはん)がバンコクで一番美味しいと思っている。
 その秘訣は、別に出しているカーオカームー(豚足やすね肉煮込みごはん)のお汁を蒸し鶏にかけるからだ。
 今回は、カーオカームーを食べよう。
 美味すぎるので、仕込みをしている人は変わっていないらしい。w
DSC05516.JPG
 珍しく日本人の女の子を発見!
 白人ばかり見慣れていると、ちいさくて可愛い。w
DSC05523.JPG
 この交差点はぼったくりトゥクトゥクやタクシーのたまり場なので、絶対乗ってはいけません。
 50m歩けば半額で乗れる。w
DSC05524.JPG
 こちらが本物の「カオサン通り」。
DSC05525.JPG
 原宿の竹下通りみたいで、うるさくてあまり好きでは無い。

◇ジパングトラベル・カオサンMAP(PDF)
DSC05526.JPG
 どちらかというと好きなカオサン通りに並行した薄暗いアーケード街は再開発中で、以前の風情が無くなって時の流れを感じる。
 ゲストハウスに戻って、ひと休みしようっと。

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
posted by アサノ | 06:07 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 6日目チェンマイ最後の夜
DSC05384.JPG
 夜になってごそごそ起きだして来た。
DSC05379.JPG
 チェンマイ最後の夜は、懸案だった雑貨屋の立ち飲みに挑戦である。
 まったく言葉が通じないので、タイウィスキーらしきものを指さしてコップについで貰う。
 1杯25バーツ(約90円)だった。安い!
 但し強くてむせる。w
DSC05382.JPG
 奥で飲んでる地元の連中が「一気に行け!」みたいにはやし立てる。w
 彼らに近寄って行って、彼らのソーダの瓶を取って「これで割らせてよ」と僕のコップに注いだ。
 このあたりで仲良くなれるかと思ったら、思いっきり瓶をひったくられて。
 彼らにとっては、ここでの数百円の飲みは凄く貴重なんだなと反省。。
DSC05386.JPG
 それでは、ぶら下がっている菓子でも買って仲良くなろうかと思ったが。
 それにはまだ通いが足りないかなと判断。
DSC05385.JPG
 もっと早くから通って、少しづつラポールを形成しておけば良かったな〜。
 今夜は1杯にしておこう。
DSC05387.JPG
 結構1杯のタイウィスキーで酔っぱらった。w
 ふらふらと、ソイを歩いて来た。
DSC05397.JPG
 白人オーナーの地元料理の店で夕食。
DSC05396.JPG
 トムヤンクンとシーフードチャーハンでビール。
DSC05398.JPG
 ここの店は美味しかった。
 珍しく屋台じゃない。w
DSC05411.JPG
 お堀端まで歩いて来て、ライブハウスに入る。
DSC05406.JPG
 地元のバンドが演奏中。
DSC05408.JPG
 モヒートに切り替えた。
DSC05410.JPG
 バンドの良し悪しは、演奏や歌の上手さじゃなくて色気だと思った。w
DSC05404.JPG
 完全に出来上がって、楽しく街をふらつく。ww
DSC05414.JPG
 ターペー門の方にやって来た。
DSC05416.JPG
 子どもがみんなスマホをいじっている。
DSC05417.JPG
 ひたすらいじっている。
DSC05419.JPG
 もう、サルセン状態。w
DSC05422.JPG
 タブレットやゲーム機ww
DSC05425.JPG
 大人もひたすらスマホ。
DSC05426.JPG
 少しは仕事をしなさい。ww
DSC05427.JPG
 一昨日来たアイリッシュバーへ。
 座った瞬間、僕を憶えているのかサッと前回飲んだ銘柄のビールが出る。
 ますます気持ちよく酔っぱらって来た。w
DSC05431.JPG
 腹減ったのでラーメン食べちゃう。
DSC05428.JPG
 タイは呑み助の天国だな。w
DSC05432.JPG
 お店の女の子が、なんだか分からない食べ物をくれた。
DSC05435.JPG
 カホちゃんへのお土産を買って帰る。
 これは嵩張らなくて良い。w

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
posted by アサノ | 06:10 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 6日目ニマンヘミンとチャルンラート通り
DSC05691.JPG
 チェンマイ大学芸術学部からしばらく歩くと、最近人気のお洒落スポット「ニマンヘミン」がある。
DSC05693.JPG
 美味しいと評判らしい北タイ料理の店「トーン」に来たら。
 なんと!中国からの観光客の大群が・・・。
DSC05696.JPG
 なんとチェンマイの代官山ニマンヘミンは東アジアからの観光客であふれている。ww
 と言っても、日本人は私ひとり。。
DSC05703.JPG
 食事をしようかと店を探したが。
 この人達は、どこにでもいる。w
DSC05706.JPG
 中国からの観光客に囲まれてww
DSC05707.JPG
 タイに来てから食った中で一番不味かった。
 観光客ずれしていて「食えりゃいいんだろ」みたいな態度のお店。
DSC05709.JPG
 お洒落な街ではあるが。
DSC05712.JPG
 東京の人間である私には、珍しくもなんとも無い。w
02.jpg
 さっさと、ここは引き上げて。
 地図上でいえば、左端のニマンヘミンからぐ〜と右端の古い家並みが続く「チャルンラート通り」へ移動しよう。
DSC05721.JPG
 早速、来たトゥクトゥクに100バーツ(約370円)でワローロット市場まで行って貰う。
DSC05727.JPG
 この運転手、走りながらやたら周りのバイクねえちゃんに声をかける。w
DSC05731.JPG
 ラテン系だね。ww
DSC05736.JPG
 旧市街のお堀端の北縁を通って、ワローロット市場を目指す。
DSC05739.JPG
 旧市街、北東のコーナー。
DSC05743.JPG
 ワローロット市場に到着。
DSC05744.JPG
 タガメ
DSC05745.JPG
 タイ人は普通に虫を食べる。
DSC05750.JPG
 隣にある「トンラムヤイ市場」に入ってと。
DSC05751.JPG
 トンラムヤイ市場は、ワローロット市場と比べると生鮮食品などの生活市場だ。
DSC05748.JPG
 さりげなく喜捨する人。
 ハッと気がついてシャッターを切ったが、貰う側は意外とあっさりとしたものだ。
 どちらかと言えば、渡した方が「徳を積む機会を与えてくれてありがとう」なのだそうだ。
 また受け取った側は、どんな高価なものを貰ったとしても自分に対して「喜(捨てられたもの)」だというスタンスで、そんなに喜ばないらしい。
 「喜捨」は、する側の善行のマイレージみたいな事なのだ。貯まったたら来世で幸せになれるとか。w
DSC05770.JPG
 先日来た食堂再訪。
DSC05764.JPG
 今回は大人食いしようと、まず汁ビーフン(センレックナーム)を食べて。
DSC05754.JPG
 そうそう、このクルワンポンと呼ばれる調味料4つセット。
 唐辛子が入った酢(プリック・ナム・ソム)と、唐辛子の入ったナンプラー(プリックナンプラー)と、砂糖、粉末唐辛子が無いといかん。
DSC05766.JPG
 本当にここのセンレックナームは美味い。
DSC05759.JPG
 更に「エッ!」とか言われながら「ガパオライス」も食う。w
 これで汁ビーフンと合せて60バーツ(約220円)。安い!
DSC05768.JPG
 記念撮影!
 そんなに睨むなよ。ww
DSC05773.JPG
 お腹いっぱいでビン川沿いに出る。
DSC05775.JPG
 どこの国でも不良少年は、こういう場所に溜まるんだね。w
DSC05776.JPG
 橋を渡って次の目的地「チャルンラート通り」に向かおうとしたら。
 さっきの不良少年達が写真を撮られたのを見たのか、おっかけて来たので。
 慌てて、通りかかったトゥクトゥクに値段の交渉もせずに飛び乗った。
DSC05786.JPG
 おかげで、ほんの目と鼻の先のターペー門まで100バーツ取られちゃった。w
DSC05784.JPG
 ひっそりお堀端に座っている女の子に声をかけたら韓国の子だった。
DSC05789.JPG
 橋を渡って旧市街に戻る。
DSC05794.JPG
 ぶらぶらと宿まで帰ろうか。
DSC05796.JPG
 小さな「ソムペット市場」をのぞきながら。
DSC05798.JPG
 こういう庶民の生活市場が好きだ。
DSC05799.JPG
 ぶらぶら歩く。
DSC05800.JPG
 チェンマイのソイにはお洒落なカフェが多い。
DSC05803.JPG
 どこでも素敵だ。
DSC05805.JPG
 西洋人が開いた街なのだろう。
DSC05807.JPG
 日本人にはまだ一人も会わない。w
DSC05808.JPG
 チェンマイは花に溢れている。
DSC05811.JPG
 この世の天国みたいな街だ。
DSC05813.JPG
 犬と老人。
DSC05814.JPG
 ゲストハウスの近くまで帰って来た。
DSC05815.JPG
 近所の雑貨屋の店頭にある、立ち飲みバー。ww
DSC05816.JPG
 一度でいいから、ここで飲んでみたいがハードル高そうだ。ww
DSC05817.JPG
 ここは洗濯屋なのか、いったい何屋なんだ。
 ここで髪を切れば良かったかな。w
DSC05818.JPG
 宿に帰ったら、私がいない間ずっと顔をいじっていた娘が凄いことになっていた。ww
DSC05820.JPG
 本日は1万5千歩も歩いてしまった。
 シャワーを浴びて、夜まで昼寝をしよう。

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
posted by アサノ | 06:11 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 6日目チェンマイ大学芸術学部
DSC05593.JPG
 3月28日(土)6日目の朝、おはようございます。
 昨日のツーリングの疲れでぐっすり朝寝坊して起きてきたら、宿の娘がおかあさんに化粧をして貰っていた。w
DSC05595.JPG
 今日もどこかにツーリングに行こうかと思ったが、寝坊したので近所の散歩に変更。
DSC05604.JPG
 宿のすぐ裏にあるチェンマイ最大の寺院「ワット・チェディ・ルアン」にやって来た。
DSC05599.JPG
 黄金の仏像に旅の無事を祈る。
DSC05602.JPG
 なぜ、こういうものがあるのか。w
DSC05605.JPG
 大きな境内を歩いて。
DSC05606.JPG
 私は男なので入れた。
DSC05609.JPG
 かわいい。w
DSC05611.JPG
 巨大な仏塔。
DSC05614.JPG
 インドシナ半島には巨大な石造建造物が多い。
 あまり歴史で習わなかったな〜。
 14〜15世紀の建造だから戦国時代だよね。
 日本にも大阪城とかあったね。
DSC05617.JPG
 大きな仏塔だけど、先端部分は崩壊してしまって。
 以前はもっと大きかったそうだ。
DSC05627.JPG
 少年僧が沢山いる。
 タイでは徴兵制のようにある時期出家するシステムがあるようだ。
DSC05625.JPG
■タイ人には徴兵の義務と出家の義務があります。 
 タイ王国の男性は、21歳に徴兵検査を受ける義務があり、検査合格者からくじ引き(黒票:免除、赤票:兵役)によって実際に徴兵される者が選ばれる。
 出家は最低でも1週間程で長くいる者はそのまま僧侶となり生活している人もいます。
 出家に行かず死んでしまうと親不幸者という考えが強くて現代でもほとんどのタイ人は20になる前に出家して仏教の知識をまなんでいます。
 [世界情報!]タイランドの知識まとめ!
DSC05634.JPG
 「ワット・チェディ・ルアン」を観た後に、城内を西側に水平移動して。
DSC05641.JPG
 どんどん歩いて行く。
DSC05643.JPG
 途中にある家も素敵だ。
DSC05644.JPG
 なんでもない場所にも仏像がある。
DSC05645.JPG
 小さなお寺には官能的な仏像が。
DSC05646.JPG
 これは美しい仏像だな〜。
DSC05647.JPG
 いたる所に「神は遍在する」のである。ユビキタスだ。w
DSC05648.JPG
 日本の京都やバリ島みたいだ。
 こういう街は好きだ。
DSC05649.JPG
 お坊さんも、至る場所にいる。
 社会システムが素晴らしいと思う。
DSC05651.JPG
 チェンマイ城内の西のはずれ。
 お堀にかかる橋まで来た。
 ここからは場外である。
02.jpg
 ちょうど、地図のど真ん中辺りです。
DSC05652.JPG
 チェンマイ大学の医学部の横を通り。
DSC05655.JPG
 随分大きな病院があるんだね。
 ある意味安心な街だ。w
DSC05657.JPG
 結構歩いて来た所に、本日の目的地のひとつ「チェンマイ大学芸術学部」がある。
DSC05658.JPG
 おお!如何にも美大って感じだ。
DSC05659.JPG
 ちょっと昔の日本の美大の雰囲気がある。
DSC05664.JPG
 印象は、多摩美の上野毛校舎のようだ。w
DSC05665.JPG
 土曜日なので授業はやっていないらしい。
DSC05666.JPG
 芸術学部なのでダンスの学科もあるんだね。
DSC05667.JPG
 こうやって見ると、芸術に関する自国語が無いんだね。
 東南アジア諸国に共通するのだが、学問や新しい思想に関しては適切に訳された自国語が無いので、中学生ぐらいから英語で授業をせざるおえないのである。
 良いのか悪いのか。ww
DSC05668.JPG
 メディアアートやデザインの学科もあるんだ。
DSC05669.JPG
 掲示板に一切タイ語が無い。
DSC05670.JPG
 これが校舎内の部屋割りか?
DSC05671.JPG
 前衛(古い!)アートだ。
DSC05672.JPG
 ジョブスはここでも尊敬されているのか。
DSC05675.JPG
 ファインアートの教室もある。美大っぽい。
DSC05676.JPG
 タイ・インタラクティブ・スタジオって何をやっているのだろう?
DSC05686.JPG
 学食かカフェか?
 日本語がかっこいいのか。w
DSC05680.JPG
 お誘いに従って、カフェに入ってみた。
DSC05679.JPG
 流石、学食
 カップヌードル食べる学生が目に浮かぶ。ww
DSC05682.JPG
 学生がいたので話しかけたら。
 後ろの女ん子達が、ぼそぼそ相談して、前の男に「あんた答えなさいよ。」と指図して。
 男の子が「うへへ、僕たちメディアアートの学生です。へらへら」みたいな感じ。
 世界中どこに行っても同じだなと思った。ww
DSC05687.JPG
 構内に日本の方がやっているカフェがあった。
DSC05689.JPG
 おお!こういう作品って上野毛とかによくあったよ。w
DSC05690.JPG
 大学の周りは、なんにも無い野っぱらだった。

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
posted by アサノ | 06:12 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年春タイ北部旅行 5日目怪しい路地好き(チェンマイ・ロイクロ通り)
DSC05340.JPG
 レンタルバイクを返して、シャワーを浴びて少し休んでから夜の街に出てきた。
DSC05338.JPG
 まずは、近くのお寺で無事に帰って来れたお礼のお参り。
DSC05337.JPG
 境内でカラオケをする夫人。??
DSC05341.JPG
 夜店みたいなものも出てる。
DSC05342.JPG