経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
2015年台湾サービスデザインツアー1日目 台北到着
DSC00464.JPG
 09月18日(金)、ツアーのメンバーが集合する前日に前乗りで台北に到着。
 昼過ぎに台北松山空港に着いて、iPadminiにプリベイドSIMを入れて、MRT中山站近くのホテルに荷物を置いて。
DSC00458.JPG
 MRT圓山站近くの 「丸林魯肉飯」に遅い昼飯を食いに来た。
DSC00459.JPG
 ここは、ガラスの中の惣菜を指さすだけで皿に盛ってくれるし。
DSC00461.JPG
 メイン料理は、日本語のメニューを指さすだけ。w
 台湾初日は、まだ心体共に台湾化していないので、このくらいの方が良い。w
 因みに、円と台湾元のレートは371円:100元。
 魯肉飯と冬瓜排骨湯で300円弱だ。
 食事後、ぶらぶらと中山のホテルに戻る。
DSC00466.JPG
 大好きだった「山東水餃大王」はつぶれたのか移転したのか、夜に来ようと思っていたのに残念だ。
DSC00467.JPG
 「双城街夜市」を通って。
DSC00468.JPG
 昼間もやっているんですね。
DSC00469.JPG
 裏道を歩きながら、明日の朝ごはんを食べる店を探す。w
DSC00471.JPG
 「大欣大飯店」で少しうたた寝した後、晩ごはんを食べがてら飲みに出てきた。
 ダーシンホテルは、予算が無い時によく使う。
 フロントのジイさんがカタコトの日本語を話すので、古いことと、WiFiがしょぼいのと、朝飯が不味いの以外は便利だ。ww
DSC00473.JPG
 なにが便利なのかと言うと、駐在員御用達の飲み屋街「林森北路(リンセンペイルー)」がすぐ近くにあるからだ。w
DSC00472.JPG
 こういうお店がずらりと並ぶ。w
DSC00474.JPG
 僕は大人なので、もうそういうお店には興味が無くて。
 滷味(ルーウェイ)でもつまみながらビールでも飲もう。
DSC00476.JPG
 金曜日の夜の割には、客足が少ない。
 お店の前の紙銭のちょろりとしか燃やして無かった。
 右側の庶民的な食堂街に移動。
DSC00478.JPG
 この通りは、結構好きなんだよね。
DSC00479.JPG
 でも、結局ほとんど食べずにホテルに戻った。
 東京でギリギリまで働いてたから、今夜はぐっすり眠るぞい。

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ
09月18日(金):1日目台北到着
09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市
posted by アサノ | 06:14 | 2015年秋 台湾SDツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 10日目 宜蘭経由台北
P1130109.JPG
 おはようございます。花蓮の朝。龍興商務旅店はいいホテルでした。貧乏旅行者にはお薦め。
P1130112.JPG
 昨夜あきらめた「公正包子店」に行ってみると。
 24時間営業というが、朝から行列が出来ている。
P1130113.JPG
 しばらくして行列はテイクアウトの人で、店内で食べる人は食べたい物を紙に書いておねえさんに渡しテーブルで待てば良いことが分かった。
 行列で一緒に並んでいた若い男に聞いてもらちが明かず自分でやってたら、後からそいつもついてきた。(笑)
P1130120.JPG
 「小籠包50元」と「酸辣湯20元」。
 酸辣湯は「サンラータン」と発音していた。ほとんど味はなく自分でテーブルの酢や胡椒で調整する。
P1130124.JPG
 小籠包というよりは小さな肉マンという感じ。10個は食べきれず。
 中身よりも皮が美味しかった。
P1130126.JPG
 ただひたすら作る横から売れて行く。凄い商売だ。
P1130128.JPG
 駅に行って汽車の切符を買おうと思ったら、全然取れない。東部幹線はただでさえ本数が少ないのに、今日は日曜日か。
P1130129.JPG
 こういう時は慌ててもダメなので1時間半待って宜蘭行きの鈍行に乗る。
 こちらは誰も乗っていない。
P1130136.JPG
 約1時間ぐらいで宜蘭駅に到着。
P1130137.JPG
 ここも古い駅舎だ。好きだな〜こういうの。
P1130142.JPG
 宜蘭では1時間の待ち時間があったが、あまりに暑いので待合室で読書。
P1130173.JPG
 旅の最後は宜蘭から台北まで自強号(特急)を奮発!
P1130146.JPG
 おお、新しい自強号だ。台湾製か?
P1130167.JPG
 中もきれいです。
P1130149.JPG
 また海岸線を走る。
P1130157.JPG
 遠く見えるのは亀山島。
P1130170.JPG
 海岸線を離れると、徐々に植生が日本的に変わってくる。
P1130175.JPG
 5〜6時間かかって実質2時間ぐらいしか汽車に乗らず、台北駅に到着。
P1130180.JPG
 台北駅は巨大な建物。
P1130183.JPG
 目の前には台北のランドマーク新光三越がそびえ立つ。
P1130188.JPG
 壊寧街の「良品」で遅い昼食。
P1130185.JPG
 黄牛肉冬粉と鍋貼。良品も以前のように感動する美味さではなくなっちゃったな。鍋貼もベちゃべちゃだし。ガイドブックとかに載って人気が出過ぎたのかも。
P1130192.JPG
 大欣大飯店に戻ってきた。フロントで「お帰りなさい」だって。うれしいね
P1130197.JPG
 シャワーを浴びて、少し休んでから夕食に出る。
P1130199.JPG
 この辺りはなかなか良い店があるが、何も台湾に来て洋風の店に入ることは無い。
P1130201.JPG
 飲み屋街林森北路に並行する通化街で飲むことにする。
P1130210.JPG
 通化街は林森北路で働く人たちの食事処。
P1130205.JPG
 私が飲んでいると、ご出勤前のおねえさん方がお弁当を買いに来る。それを見ているだけでも、酒のつまみにになる。
P1130206.JPG
 学習してきて、最初はあまり頼まないようにする。
 ピータン豆腐とキュウリの酢漬けでビール。
P1130208.JPG
 途中で鶏の砂肝を頼んで、ビール2本目。
 最後は牛肉米粉でしめ。345元
P1130204.JPG
 その後林森北路をひやかして歩く。
P1130202.JPG
 明日は最終日だから、有り金持ってはじけに来ようか。
 今日はおとなしく寝ます。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 おみやげ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 00:11 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(2) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
P1100086.JPG
 本日よりキャリーバッグは大欣大飯店に預かってもらって、5日間の旅に出る。
 まったく予定は無く行きあたりばったり旅だ。
 自分で決めたルールとしては、初日に空港で両替した6万円をまったく根拠無く日割にして、1日2000元(約5600円)で交通費・宿代・食費を賄うことと決めた。
 あとは東部幹線か西部幹線かで南下するわけだが、ぎりぎりまで悩んで台風の余波が残っている東海岸は諦めて西側から行くことに。
 まずは以前から行ってみたかった鹿港(ルーガン)を目指して彰化行きのバスに乗る。
 もうひとつ勝手に決めたルールは、出来るだけ一般的な(乗合いバスとか各駅停車)を利用すること。いざ出発!
P1100087.JPG
 しょっぱなからボケをかます。
 彰化のバスターミナル(そんなもんあったのか?)を見落とし、終点の員林という街まで来ちまった。
 焦る私に、バスの運転手は「ト〜キョ〜?」「トヨ〜タ」「レクサ〜ス」と嬉しそうに話しかけて来る。
 こっちは彰化に戻ってバスを乗り換え鹿港に行く算段を必死に考えているのに、いちいち相槌を打たないと嫌な顔をする。困った奴だ・・・。
P1100098.JPG
 そうしたらこの運転手降りる時になって、地元の員林客運なら鹿港に行くバスがあるとぬかしやがる。
 彰化にもどるよりは若干時間は節約出来るし、間違えて戻るという精神的ダメージが無くて良い。
 1時間近く待ち時間があるので、気を落ち着けるために飯を食いに街に出た。
P1100092.JPG
 「豊原排骨麺」というまったくの飛び込みで入った店だが、近所の子供たちや主婦が食べているので、まあ良い店なのだろう。
 「排骨米粉麺(スペアリブ・ビーフン)70元」と「魯肉飯30元」を注文。
P1100095.JPG
 激うま!昨日まで台北で食べたどの食事より美味かった。
 本場だから「日本人には慣れない臭みがある」ようなことを言う人がいる。
 それは嘘で、世界中で食べてちゃんとしたものはどんな僻地だろうが都会だろうが、嫌な臭みは無い。バリ島で食べた道端のヤギカレーだって、まったく臭くなかった。納豆とかクサヤや臭豆腐のような発酵食品は別よ。
 それにしても昨日のチェーンの魯肉飯屋は酷かった。
 ここの「排骨米麺」と「魯肉飯」は美味しかった。全然味が濃くないのにコクがあるっていうの?如何に丁寧にダシをとっているかだよね。台湾は普通の麺より米粉の方が美味しい気がする。
P1100107.JPG
 思わぬUXで気分が良くなり、神奈中バスみたいに乱暴な運転をするローカルバスに乗り鹿港を目指す。
 まだ体や心が東南アジア旅仕様になっていないんだよね。どんなトラブルでも笑って受け入れるようにならないといけないぞと。
P1100112.JPG
 鹿港に到着。ローカルバスなので変な所で降ろされ、いきなり街を歩きだすがどうも道が分かりにくい。
 この後も台湾全土で感じるのは、デフォルトからスタートしないと分からない案内が多い。「まっすぐ行って」「次を右に曲がって」みたいな感じ。人に道を聞いてもそういう教え方をする。
 概念モデルというか、全体像や大まかな方向を示してから詳細に入るという文化が無いのか、それで済んで来た歴史があるのか。
 これからは観光客や外国人が、突然横から入ってくることもあるのだから、サイン計画はきちんとしよう。
P1100121.JPG
 鹿港はこのような狭い路地が有名。しかもまっすぐでは無く、九曲というぐらいくねくねしてる。
 風が強い地方だったらしく、その対策だとか。
P1100122.JPG
 盂蘭盆なのか路肩に供物や線香を山ほど積み上げている。
 古い街の辻でこういうものが見れると得した気になるな。
P1100109.JPG
 先日台北の林森北路でもミニスカートのホステスさんたちが同じようにお札を燃やしていた。
P1100118.JPG
 これは日本で云う先祖の送り火みたいなものなのだろうか。かなりの紙札を勢いよく燃やしていた。
 そういえば香港映画の「インファナルアフェア」で、この火で殺した組員を燃やしてたな。
P1100126.JPG
 以前行ったイタリアのサン・ジミニャーノの石畳の路地裏みたいだ。
 こういう場所は夜薄明かりの中で歩きたい。
P1100131.JPG
 ここでも送り火を燃やしていた。
 夜この路地裏を歩いていて、送り火が見えたりしたらいい感じだろう。今夜は台中泊のつもりでいたので残念である。つうか、台中でも見れると思ったのに、まったく影も形もやってなかったのは意外。
 尚、もうひとつ期待していた世田谷上町の肉包屋さん「鹿港」のお師匠さまのお店。あまりに普通のお店だったので、前を通っても気がつかなかった。これは食べてみたかったのに残念だ。
P1100142.JPG
 周遊コースの起点についてみると、まったくの観光地。
 写真には撮らなかったが、老街あたりはお土産物屋だらけで風情もなにもあったものじゃない。
 日本でいうと飛騨高山みたいな感じかな。ほんの少しの美観地区をみんなでよってたかって食いものにしているみたい。
 台湾に来てわざわざ半日潰して来る所では無いと思った。先日の九份と同じ印象。
P1100145.JPG 
 秘宝館とか怪奇博物館とか出来ちゃったら終わりでしょう。お客は結構入ってました。
 今度は彰化客運のローカルバスで台中に向かう。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 00:02 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(1) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 初日 台北到着
P1090598.JPG 
 早起きして出発すると、昼には台北桃園空港に到着。沖縄のほんの少し先だものね。
P1090602.JPG
 早速空港で現地の携帯をレンタル。日本にかけるのも持参したドコモの国際ローミング携帯より安い。
 プリベイド式のSIMカードで2時間分1000元(約2800円)とレンタル料が100元/日数。
 もしこの旅行中にご用事のある方は+886955640430へどうぞ。
P1090600.JPG
 宿は2007年のに泊った中山区の大欣大飯店。前回は元円レートが3.8ぐらいだったが、おりからの円高で2.8までになってしまい。
 窓なしシングル8000円ぐらいしていたものが、今回は7200円でこんな広い部屋になりました。ベッドは二つに離せて2名でこの値段・・・。
P1090608.JPG
 昼食を「丸林魯肉飯」で食べる。これだけで300元(約900円弱)。
P1090613.JPG
 こういうトレーから指をさして皿に取ってもらう。ついつい沢山頼んでしまう。
P1090616.JPG
 店を出た後のどが渇いたので、台湾製静岡玉露緑茶を購入。意外と美味い。
P1090627.JPG
 台湾の交通整理の女性警官。可愛らしいね。
P1090636.JPG
 夜は雙城街夜市へ。こじんまりとした地元の人しか行かない夜市だ。
P1090639.JPG
 チャーハンとビーフンの山。先月名古屋の味仙でも作り置きのチャーハンを見たが、台湾では当たり前なのか?
P1090640.JPG
 いろいろなカットフルーツ。
P1090642.JPG
 私の夕食は鶏飯と青菜と赤肉湯でしめて100元。
P1090646.JPG
 お客さんはほとんど地元の家族連れ。きっと家でご飯作らないんだね。 
P1090647.JPG
 これからご出勤のお姉さんは便當(弁当)を買って行く。
P1090648.JPG
 仕上げは近くの雙城街パブエリアでビールを飲んで帰りました。
 この辺りはアメリカ兵相手の飲み屋街。キャッシュアンドデリバリー方式の明朗会計と英語のコミュニケーションが可能です。
 駐在員御用達の林森北路へ行くよりは健全かと。沖縄のコザのクラブ街みたいなものかな。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 00:14 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
台湾旅行 7日目 MRT中山站付近

 私の泊まっている「大欣大飯店」のあるMRT中山站付近はとても良い所である。台北火車站までは地下鉄MRTで1駅。写真のような古い洋館(旧アメリカ大使館)もそここにある。

 メインストリート中山北路一段沿いは、街路樹が生い茂り高級ブティックが軒を並べる。

 おお、ルイ・ヴィトンも・・・。最近の原宿表参道みたい。

 お洒落な店も多く。夜はライトアップされて美しい。コダックホテル近くのジャズライブのあるバー。

 このパスタ屋は、夜は地元の若者が列を作ってた。

 そして夜はというと・・・。林森北路(リンセンペイルー)で飲んだくれてしまったので、写真は無し。残りの更新は帰ってからにしましょう。もうすぐホテルもチェックアウトだ。
posted by アサノ | 08:32 | 2007年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
台湾旅行 6日目 高雄から台北

 高雄火車站近くの阿羅哈(アロハ)客運のバス乗り場へ行く。

 台北行きは30分おきに出ており、片道715元約4時間の旅である。しかも待合室にはパソコンがあり、自由に使えてありがたい。

 台湾を縦断するような形で北上する。途中台湾中部はまだ台風の余波か、雨が降りかけてきた。

 昼過ぎには台北火車站に着く。早速新光三越裏懐寧街近くの「良品紅焼牛肉麺」で食事。スタバの斜め向いです。

 牛肉麺(刃切麺90元)と鍋貼(焼餃子1個5元)で100元。この餃子が激うまで、2本しか頼まなかったことを後悔する。明日も絶対食うぞ!

 歩きながら「胡椒餅」を食べる。熱々で手に持つのが辛い。やはり台北は美味いものが多い。

 またも市場発見!

 美味しそうな檸檬愛玉(ゼリー?)

 セルフサービスで素食(野菜料理)を食べる店。肉に飽きたら、こういう店もあります。ヘルシ〜。

 地下街でコスプレ屋さん発見!ゴスロリですか?

 荷物を預けたMRT中山站の「大欣大飯店」に向かいます。
posted by アサノ | 17:23 | 2007年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
台湾旅行 3日目 身軽旅行編
おはようございます。

 本日より、大きい荷物は大欣大飯店に預け、ディパック一つで南部の方に旅行に行ってきます。期間は3泊4日間。PCも持って行かないし、LAN環境のある宿にも泊まらなさそう。よってブログの更新は19日以降になります。

 予定では、台中→鹿港→台南→高雄のつもりですが、宿を予約しているわけでは無いので、行き当たりばったりですね。やっと本来の貧乏旅行に突入です。

 台湾は新幹線が通っており、台北→高雄間を100分で結んでいます。でも新幹線なら、いつも嫌になるほど乗ってるし・・・。庶民の生活を覗きながら、長距離バスで旅しようかと思ってます。全然安いしね。 
posted by アサノ | 08:18 | 2007年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
台湾旅行 2日目 大欣大飯店の朝編

 おはようございます。泊まった大欣大飯店はなかなか居心地は悪くないです。フロントの男性も女性も日本語ができて親切。
 笑ったのが部屋のシャワールーム。トイレの便器と洗面台とシャワーが一緒にある。糞も味噌も一緒って感じで、以前インドネシアでも便器の真上にシャワーがあるところに泊まったことがあるが、それ以来の衝撃というか、この合理性に脱帽。日本でも単身者用のマンションなんて、ユニットバスにしないで、これにすれば掃除が楽なのに。デッキブラシ一つですべてこと足ります。

 朝食は、トーストとお粥から選べます。お粥セットを頼んだら、ほんの少しの小菜(シャオツァイ)と小さな茶碗一杯のお粥。昨夜の疲れた胃袋にはこのくらいの方が・・・。朝から焼そばとかもりもり食べちゃう中国本土とは違いますね。街を歩いていても、上海などと比べると、落ち着いた雰囲気があります。

 コーヒーはお代わり自由。レストランのおじさんは、無愛想だけど親切、日本語しゃべれます。朝ごはん食べているのは、日本人旅行者のみ。

 さあ、今日は雨が上がったようだし。台北の秋葉原「八徳路電脳街」か日本大好き哈日族が集まる西門町「萬年商業大楼」あたりにでも行ってきますか。故宮博物館とか、全然行く気なし・・・。
posted by アサノ | 07:21 | 2007年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
台湾旅行 初日

 約3時間のフライトで無事台湾桃園国際空港に着きました。着いてみると凄い雨で・・・。気温24℃

 台北駅までシャトルバスで着いたが、雨の中をガラガラ荷物を引きずり歩くわけにもいかず。駅近くの三越裏、懐寧街で食事。

 三實飯(カリカリポーク・焼鴨・焼豚)と酸辣湯で100NT$(約400円)。これは安くて美味しかった。

 台北駅から地下鉄で一駅のところにある大欣大飯店に移動。これは明らかにラブホテル。日本人駐在員御用達のクラブ街「林森北路」のすぐそばだからか?夜うるさくなければ良いが・・・。

 無線LAN完備で朝食付き8000円(窓なし)。初日と最終日は日本語の通じるホテルをと思ったのだが、台湾のホテルは高い!
posted by アサノ | 22:05 | 2007年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site